安倍政権は、辺野古埋め立て着工へ。
安倍・対米従属政府は
名護市長選挙の敗北を受けわずか2日後の1月21日、
移設のための「埋め立て工事」着工へ向けて動き出した。

稲嶺市長の意向を無視する形で
関連工事の設計などの受注業者を募る入札を公告した。

稲嶺市長は、市の「認許可権限」をフル活用し着工を阻止する構えだが
政府側は、強行突破する姿勢を崩さず
「工事が進めば、逆に稲嶺氏は公約が守れていないと市民から反発を受けることになるのでないか」
とまで言い切っている。

これからの動きは予断を許さない。

しかし、この問題は日本政府の対米従属の姿を明白にしている。

もともと「沖縄の米軍基地」は、
第2次世界戦争末期に沖縄に上陸し占領した米軍が、
住民を虐殺して「銃剣とブルトーザー」で
住民から取り上げ建設したものである。


独立後も「日米安保条約」により「占領」が固定され、
基地周辺に民家が密集し「普天間基地」は世界一危険な基地となった。

少女惨殺事件などトラブルの後沖縄県民の怒りを結集し「撤去」が求められたが、
県民の頭越しに、
「日米合意」によって「辺野古への移設」にすりかえられてしまったものである。

基地問題の根本的解決は、「基地撤去」しかない。
このためには「安保」の根底を変える必要がある。

安保条約では、第10条で
日本国民の「通告」(アメリカの了解など不要!)によって
「破棄」が宣言されれば、
米軍は、
1年以内に全基地を「撤去」しなければならないことになっている。

これからの課題は、
名護市民を先頭に全国民の総結集によって、
アメリカ従属・財界言いなり政権を維持する
暴力機構としての「国家権力」と明確に対峙しながら、
日本の働く人民の「誇りと魂と力」をゆり覚まし
外国(アメリカ)の殺し屋集団を追い出すことである。

働く庶民がみんなで豊かに生きる、
新しい日本の国づくりは、その流れのなかで創造されるに違いない。 メラメラ
AD
1月10日夜の沖縄県議会の臨時本会議で
仲井真知事が、
名護市辺野古の新米軍基地建設のための埋め立て申請を承認したことを
「公約違反」として辞任要求を決議した!

決議文は
「県議会が重ねて全会一致で求めてきた”県内移設反対、普天間基地は国外・県外移設”とする
決議を決定的に踏みにじるものである。・・・
(国の振興策を)”驚くべき立派な内容” ”140万県民を代表して感謝する”などと謝意を述べ、
米軍基地と振興策を進んで取引するような姿がメディアを通じて全国に発信されたことは
屈辱的ですらあり、県民に大きな失望と苦痛を与えた。・・・・・」とし
知事の辞任と県民に信を問うよう求めた。

私も、この議決を心から歓迎する!

いよいよ
今日から、名護市長選挙がスタート。
アメリカと追従政府に屈しない
市民の英断を期待する!

AD
◆★ 巨大企業は「アベノミクス」でぼろ儲け。
 働く庶民は連帯で! ★◆


「天皇制軍国主義への復古」と「多国籍巨大資本とアメリカ言いなり」の
政治を目指す右傾・安倍自公政権は
現在、思いのままに
その「超エリート金持ちが世界一儲かる日本」へ向けての「アベノミクス政策」を
強引に推し進め、
ますます働く庶民の生活を困難しています。

そして、アメリカ軍従属の自衛隊が、戦争できる体制作りのため
「特定秘密保護法」を、平和を願う庶民の心を蹂躙して強行成立させ
「天皇を元首とする」軍国憲法へ向けて、憲法改正への道を
突き進むに違いありません。


これから
日本人の「事なかれ心情」に根ざした「政治無関心の多数」をコントロールして成り立つ
日本の政治
「インチキ民主主義」の本質が、
真実を求める庶民の目には一層明らかになっていくでしょう。

もう
みんなで確実に収入を得られるように自立して
助け合いの新しい社会を築くしか
真摯に生きる働く庶民の未来はない!
と思います。メラメラメラメラ

完全サポートで
誰でも確実に
収入への道が開ける・・・・・
「インターネットビジネス・システム」への入り口は
こちら

    ↓  ↓  ↓
http://vip.edcbiz.net/jphgg/b/index.html

みんなで力をあわせ、連帯パソコンビジネスで
月収100万円を達成し、自立への道をきり開いて
新しい人生を築きましょう。

http://challmn.blog12.fc2.com


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
AD
安倍政権は、
12月6日の参院本会議で、憲法と民主主義の転覆を図り、
自由を圧殺する特定秘密保護法を暴力的手法で
自民・公明の賛成多数により可決。


国会前は終夜
「廃案にせよ」「自由を守れ」と訴える市民の怒りで埋まった。

夕刻に都内で開かれた「1万500人集会」では
戦後最悪、最も危険な「メリカ従属戦争国家」をめざす
安倍政権の打倒を宣言した。チョキ

これから
自由と民主主義をめざすすべての力を結集し
新しい戦いが始まる!メラメラ

「軍隊」や「武器」を持たない筈の日本が
外国軍隊に「武器提供」・・・・・・


「南スーダン」の内乱に付け込み
「平和維持」の名目で大国の戦略に従い
干渉している連合国軍隊に
「緊急性と人道性」が高いと言う口実で
「銃弾1万発」を無償提供することを
安倍政権が決定したしたことが、報じられた。

政府は「例外」と言っているが
なし崩しに「恒常化」する意図は明白である。


社民・共産・生活の党などの野党は
いっせいに「批判」しているが
国民はどうするか・・・・
民主党は
「国民にきちんと説明し、責任ある行動」をとれ」と
あいまいである。

私は、反対野党を支持する。
戦争加担をやめ、即時撤回を求める!メラメラ