• 27 Mar
    • 文房具は必要な分だけ立て、残りは見えない場所へ

      文房具は缶などに立てて出しっぱなしにするのが一番ラクですが、たくさんあるとごちゃつくので、よく使う分は「目立つところに出しっぱなし」、予備のものは「見えないところに放り込む」と収納ワザを使いわけましょう。 出しっぱなしにする場合、黒ペン、赤ペン、マジックなどは2~3本ずつ、はさみやステープラーは1つずつ、などと定数を決めてペン立てなどに立てます。 ≫ペン立て メッシュ 引き出し付き このとき、ペン立てのテイストや色合いをインテリアに合わせることを忘れずに。もし適当なものがない場合でも、妥協して買うよりは、食品の空き缶などのラベルをきれいにはがして使うのがおすすめ。 シンプルなので、部屋のインテリアをじゃましません。 色えんぴつなどもケースから出してペン立てに立てれば、見た目もおしゃれで使いやすさもアップします。 予備のものは透明ジッパー袋に入れてキュッとスリムにまとめてから、引き出しやカゴなどに放り込む収納に。 大量にある場合、黒ペン、赤ペンなどとアイテムことに分類した上で袋に入れれば探しやすさがアップします。 場所を取らずに収納できるし、ペン立てに補充するときもすぐ取り出せて便利です。 ≫生活の中で増え続ける小物たちの片づけ

      テーマ:
  • 26 Mar
    • 増殖する文房具や化粧品収納のコツ

      いつの間にか増えてしまう文房具やメイクグッズ。1か所にすべてまとめようとするとかさばって大変です。 出し入れしやすさ、使いやすさを考えると、(ふだん使い分)(予備分)とでを分けて収納するのがおすすめです。 ≫手作り アジアン ガラスの小瓶 お肌のお手入れをする場所がいつも決まっている、という人は、毎日使うモノだけを厳選すれば、まとめて出しっぱなしでOK。 最近は洗練されたデザインのモノが多いので、高さをそろえて正面向きにきちんと並べるだけでスッキり見えます。 小さなクリームなどはまとめてカゴに入れ、アイビーなどの観葉植物を挿したガラスの小瓶をいっしょに飾るなどして変化をつければ見た目の印象もアップ。メイクや肌のお手入れもきっと楽しくなりますよ。 ≫「どんな入れ物」に「どうやって片づけるか」

      テーマ:
  • 25 Mar
    • メイク道具は透明ジッパー袋に、増える口紅はパレットに

      メイク道具は、数が増えすぎるとごちゃついて使いにくいもの。 よく使うお気に入りのモノだけを、並べたりメイク箱に入れたりしたら、残りは透明のジッパー袋にアイメイク用、ファンデーション、チーク、メイク道具などと種類別に分類し、ひとまとめにしてしまっておきましょう。 ≫コスメボックス メイクボックス コツはぎゅうぎゅう詰めにせず、それぞれ大きめの袋に入れておくこと。 袋に入れたまま中身を動かして探せるからラクチン。しまいっぱなしを防げます。 新色が出ると試したくなって、ついつい増えてしまうのが口紅。 使いかけのモノがどんどんたまる一方だけど捨てられない、というのなら口紅用パレットケースに移してしまいましょう。 いちいち1本ずつふたを取らないとわからなかった色が、パレット上なら全色一目瞭然。1つで済むので持ち運びにも便利です。 イマイチかなと思っていた色も、ほかの色と混ぜて使えば意外にステキ! なんてことも多く、メイクの楽しさがアップします。 よく使うモノは思い切って出しっぱなしに。見た目をひと工夫すればきれいな印象になりますよ。 ≫北九州の名物・特産・物産

      テーマ:
  • 24 Mar
    • ストラップやキホルダーは家具側面にディスプレイ

      ファッション小物や雑貨など、お気に入りのモノたちを見えない場所にしまってしまうと出し入れが面倒だし、「どれがいいかな」とくらべながら探す楽しさが味わえません。 ショップや雑貨店のディスプレイを参考に、出しっぱなしなのに片づいて見える「飾る収納」にチャレンジしてみましょう。 ≫薔薇のコルクボード かわいくてつい集めてしまうストラップやキーホルダー。使わないけど愛着があって手放せない、もはや集めるのが趣味という人は、市販のコルクボードを利用してディスプレイしてみてはいかがでしょうか? 押しピンやミニサイズのフックを、ストラップやキーホルダーの数だけバランスよくつけ、そこにひっかけるだけ。 壁や家具の側面にボードを飾れば、何があるか一目で見渡せ、コレクションとしても楽しめます。 ≫本立てにカラーボックスを活用した片づけ収納

      テーマ:
  • 23 Mar
    • アクセサリーや時計はコルクボードに吊るす

      お気に入りは「ディスフレイで飾る収納」でオシャレに演出しましょう。 ≫PS木目調コルクボード ストラップやキーホルダー同様、コルクボードに押しピンを差し、そこにお気に入りのネックレスやペンダント、時計などを吊るせば、どれにしようか選ぶときも一目瞭然。 からみやすいネックレスやペンダントなども、からまらずにすぐ使えるのがうれしいポイント。 センスのいいポストカードやドライフラワーなどをいっしょに飾ればキレイに見えます。 コルクボードこと壁に吊るしても、棚の上に飾ってもすてきです。 ≫住みたい部屋のイメージでモチベーションアップ

      テーマ:
  • 22 Mar
    • お気に入りの本を「飾る収納」しよう

      本を出しっぱなしで収納したくなったときに、お手本になるのが雑貨店やカフェのディスプレイ。 そこでは、ゆったりとしたセンスのいい飾り棚に、すてきなデザインの本の表紙が見えるように並べてあったりと、本も雑貨の1つとして飾られているはずです。 ≫インテリア雑貨 ミニチュア 家ではそこまでゆったり飾るのはムリとしても、好きな雑貨やグリーンをいっしょに飾るアイデアはいただき! たくさん並べることが最優先だった本棚に、飾るスペースをプラスするだけで、不思議とスツキリ早えるものです。 それだけでなく、なんとなくきれいに片づいているディスプレイ棚に変身するからうれしくなります。 飾るスペースは本棚全体の3分の1~4分の1が目安。段ごとに飾るスぺースを作ってもいいし、一番目立つ段だけを丸ごと空けて、そこにまとめて雑貨を飾ってもOK。 全体のバランスを見ながら、一番ステキに見える並べ方を工夫してみましょう。 飾る雑貨は、お気に入りの本だけでなく写真立てや箱、一輪挿し、ぬいぐるみなど何でもあり。しまい込むのがもったいないモノを試しにディスプレイしてみて。ブックスタンド代わりになるような重さのあるオブジェもおすすめです。 ティストや色味に統一感があるモノを選び、厳選したものをゆったり飾るのが上手なディスプレイの秘訣です。 お気に入りのモノは飾って収納しよう。ゆったり飾れば見た目にも楽しめるディスプレイになります。 ≫一時的にモノを置いておく避難所的置き場所を作る

      テーマ:
  • 21 Mar
    • 大物や季節モノは「年中出しっぱなし」で!

      お客様用の布団、冬だけ使うファンヒーターなど、かさばって重いモノは収納場所を取るのが悩みのタネ。 クロゼットから出したりしまったりするのもひと苦労です。 ならば、1年中出しっぱなしにしても気にならないワザを使ってインテリアの一部として活用してしまいましょう。 ≫モノブラシスケッチ_コットン ファンヒーターやストーブなど一時期しか使わないモノは、収納するにしても結構じゃまになるもの。そんなときは、さっと布をかけて出しっぱなしに。 ちょっとした飾り台になって、これまで日の目を見なかった置物を飾る場所にもってこいです。 インテリアにマッチした色やティストの布を選べば、スッキリと見えるのでおすすめです。 ≫楽天市場のレビュー、口コミのランキングを見る

      テーマ:
  • 20 Mar
    • おしゃれな布のカバーリングで布団をクッションに

      友だちや親が泊まりに釆たときのための布団は必要だけど、しまうにしてもクロゼットのなかでじゃまになってしまう‥‥。 そんなときは、思い切って外に出して毎日使えるようにひと工夫しましょう。 ≫太いリボン/約幅65mm×長さ1m切売 夏用の掛け布団は縦に二つ折りにしてからくるくる巻き、キャンディみたいに布で包んで両側を太いリボンでしばれば、かわいいクッションに早変わり。眠るときの抱き枕にだって使えます。 ふかふかの掛け布団も正方形に近い6つ折りにして、正方形の布をふろしさのように包んで裏返しにすると、ボリューム満点のクッションに。 3つ折りにした敷布団やマットレスにも同じ布をかけてから壁に寄せて床置きし、さきほどの掛け布団クッションを背もたれにすれば、座り心地のいいソファとしても使えます。 スッキリ見せるポイントは布の色とティスト。部屋の雰囲気を壊さずしっくりなじむものを選びましょう。 ≫寝室ベッド下を有効活用した片づけ

      テーマ:
  • 19 Mar
    • 家具は一直線置きして後ろに収納スペースを作る

      整然と片づいた部屋に見せるために、色やティストをそろえるのは王道ですが、ほかにも「モノをまっすぐ配置する」という効果的なワザがあります。 ≫日本製 収納棚 リビング収納 部屋で一番スペースを占める家具の置き方にも、使わない手はありません。 壁に背をピタッとくっつけて家貝を並べている人は多いと思いますが、家具の奥行きが違うと、どうしても前面がデコボコになって統一感がなくなり、雑然とした印象に。 スツキリ見せるためには、家貝の前面を一直線にまっすぐそろえて置くのがおすすめです。 家具の後ろにスポッと「見えないすき間」ができるので、そこを大物収納に活用しましょう。 スノーボードやキー・ボードなど、ふだんは使わないけど、押し入れにしまい込まずに身近に置いておきたいモノや、折り目をつけたくない包装紙などの収納場所にぴったりです。 ≫食器棚や収納家具の激安ショップ

      テーマ:
  • 18 Mar
    • 出窓をインテリアの見せ場にして視線を集める

      ほんのちょっとの手間で、部屋全体がスッキリ見える。 そんな目くらまし効果抜群のうれしいワザがあるのです。 がんばらなくてもちょっとおしゃれに見せられる、お手軽インテリア術をこ紹介しましょう。 マイルームの出窓、どう使ってますか? ≫観葉植物 スタイリッシュ陶器鉢植え 本やCDをずらっと並べる、とか、ぴったりサイズの棚を置くなど、収納スぺ-スとして活用している人も多いと思いますが、実はココ、部屋のなかで一番目立つ場所なんです。 こういう場所にこそ、お気に入りのモノをおしゃれに飾り、インテリアの見せ場を作りましょう。 あれもこれも欲張るのではなく、厳選したモノをゆったりと置くのが、センスよく見せるコツ。 観葉植物などのグリーンをプラスすれば、イキイキとした印象になります。 彼や友だちが来たときも、おしゃれな出窓があれば自然とそのポイントに目がいきます。 その結果、少々散らかっているコーナーがあっても気にならない。そんな目くらまし(?)効果も期待できます。 ≫迷ったら買わないのが片づけの判断基準

      テーマ:
  • 17 Mar
    • 出しっぱなしOKの作業スペースを確保

      ネイルアートやビーズ、ソーイングが趣味などという人は、部屋の隅に小さな机などを置き、専用のコーナーを作ってしまうのもおすすめです。 ≫チークウッドテーブル 机の上に置いていいのは専用の道具だけ。そのスペース内でなら、やりっぱなし、出しっ ぱなしもOKという決まりにすれば、いちいち片づける手間が省け、能率がアップします。 ネイルカラーや色とりどりの糸、ビーズの入ったボトルもずらりと並べてアトリエ風に演出すれば、出しっぱなしでもキレイに見えます。 1か所でもインテリアの見せ場があると、部屋全体の印象がアップします! ≫お部屋の中では使いやすく片づけやすい場所が一等地

      テーマ:
  • 16 Mar
    • 料理のモチペーションも上がる収納とは

      狭いスペースにたくさんの食品、食器、調理グッズや保存容器が集まるキッチン。 モノをムダなく使いこなすためにも、使用頻度の高いモノは「一番よく使う場所」に「出しっぱなし」にすると便利。 生活感があふれるモノを「飾りながら」収納&片づけるワザをマスターしましょう。 ≫隠せるキッチンストッカー 幅46cm ただし、出したままでは雑然と見えるモノは、シンクやガス台の下の棚や吊り戸棚、引き出し、カゴなど、見えない場所にポンポン「放り込める」収納スペースを作るのが正解。 見た目にこだわりつつも、ストレスをためずに片づけられるワザを、できるところから少しずつ試していけばOK。 キッチンが徐々に使いやすくなって、お料理がもっと楽しくなることうけあいです。 ≫キッチンの片づけは食品、食器、調理器具など、モノの収納・整理ノウハウ

      テーマ:
  • 15 Mar
    • よく使うキッチンツールや力トラリーは出しっぱなしに

      おたまや莱箸、フライ返し、木べらなど、毎日使うキッチンツールを引き出しにしまうと、出したりしまったりが面倒。 縦長の入れ物に立てて、出しっぱなしにした方がラクチンです。 ≫カトラリースタンド キッチンツール ただし、あまりたくさん立てると、ごちゃごちゃして収り出しにくくなるので注意。どれもふだん使うモノが1~2個ずつあれば十分です。 使いやすさはもちろん、見た目のいいモノ、テイストの合うモノを選びましょう。 毎食使う箸やスプーン、フォークといったカトラリーも、立てて出しっぱなしがラク。 使うモノだけを厳選して陶器のカップなどに立てておき、食事のたびにそのままテーブルに移動。食事が終わったら入れ物ごとキッチンに運び、洗ったらまたそこに戻す、を繰り返せば、使い勝手バツグンです。 立てる容器の選び方ですが、缶やプラスチック製のモノはカトラリー人れにはいいのですが、キッチンツールを立てると上部が重くなって倒れてしまいます。 陶器など、重さのあって安定感のある入れ物がおすすめです。 予備のカトラリー類は透明ジッパー袋にひとまとめにして、引き出しなどに入れておくと、「かさばらずに収納」&「必要なときすぐに取り出せる」を両立できます。 ≫一時的にモノを置いておく避難所的置き場所を作る

      テーマ:
  • 14 Mar
    • スパイスや調味料はおそろいの瓶に移して

      お料理好きな人のキッチンには、スパイスや調味料などがついつい増えてしまいがち。 ふだんの料理に積極的に使いたいのなら、しまい込まずにまとめてガス台の近くに出しっぱなしにしておく方が便利です。 でも、瓶の色やデザインがバラバラだと、出しっぱなしにしたときに雑然と見えがち。 おそろいのシンプルなボトルを買ってきて、スパイスや調味料の中身を移して使えばスツキリ。 1OO円ショップにもシンプルなキャニスターが売っています。 ≫ベーシック キャニスター 数週間で使いきれる量だけ瓶に人れ、残りは冷蔵庫に保存すれば、色や香りもキープできます。 ローリエやトウガラシなど、見栄えのするスパイスは、粉モノスパイスより大きめのゆったりサイズのキャニスターに入れて並べれば片づいた印象に。 フタの色がシックで余計な飾りのついていないシンプルなジャム瓶などを再利用してもいいでしょう。 直接瓶にシルバーのマジックで「b a sil」などと名前を書きこめば、ラベリングも完了。使うときにも迷いません。 ≫「ただ」のモノはもち込まずに片づけ

      1
      テーマ:
  • 13 Mar
    • ガス台周りの璧に棚やフックをつけて出しっぱなしに

      キッチンツールや、スパイスや調味料など、ガス台周りで出しっぱなしにしておきたいものはたくさん。 でも、そのまま並べたのでは場所ふさぎになるので、ガス台周りの壁の高さを上手に利川して収納する工夫をしましょう。 壁につけられる奥行きの狭いラックや小さな棚をプラスすれば、スパイスや調味料をずらりと並べるのにぴったり。 ≫キッチンラック ワイド ステンレス製のネットやポールを取りつけて、S字フックでキッチンツールを吊るしておけば、料理をしながらすぐ手を伸ばして使えるので便利。 木製やステンレス製など、素材・形がおそろいのツールを吊るせば、出しっぱなしでも雑然としません。 ≫置き場所を変更するノウハウ

      テーマ:
  • 12 Mar
    • 「毎日」鍋と「たまにしか」調をいっしょに置かない

      鍋やフライパン類をガス台やシンクの下に収納している人は多いと思いますが、毎日使うう鍋やフライパンなどは.扉を開けて収り出す、という手間がやはりおっくう。 特に、たまにしか使わない鍋やフライパンと重ねて収納していると、出すのにもしまうのにもイライラしてしまいます。 ≫レンジフードフック タワー ならば、使う頻度によって「住所」を変えましょう。 たまにしか使わないものはガス台やシンクの下でいいのですが、毎日使う鍋やフライパンだけ1個ずつ、外に出してしまえばいいのです。 ガス台前の壁にフックをつけて吊るしたり、ガス台からひょいと振り向いたところにあるオープンラックなどにさっと人れられるスペースを作るなど、ちょっとの工夫でぐんと使いやすくなります。 ≫「ただ」のモノはもち込まず

      2
      テーマ:
  • 11 Mar
    • 食器棚は「白」と「色つき」で分けるとスツキリ

      食器棚のなかが、ごちゃついて見える最大の原因は、いろいろな色の食器が混ざっているから。 食器の質感や大きさ、高さが違っていても、食器の色をそろえて並べれば、統一感が出てスッキリ見えます。 ≫食器棚 スリム 幅58cm 高さ182cm たとえば、一番目につく段は透明なグラス類やガラスの食器だけにして、その上の段はふだんよく使っていてお料理も映える白系、一番上の段には色つきの食器などと、おおざっぱなルールで並べるだけでもOK。 この場合もびっちり詰め込まず、ゆったり並べれば、ふだん使いの食器もちょっとスタイリッシユに見えます。 ≫使い勝手が悪ければ置き場所を変更するノウハウ

      1
      テーマ:
    • 引き出しはざっくり放り込むのに最適

      オープン棚を収納に使う場合、棚仮の高さを全部同じにする必要はまったくありません。 一段だけ高さを狭めて、ぴったりサイズの桟くて平らなカゴ数個を入れて引き出せるようにしましょう。 ≫平らなバスケット かご 引き出しのないオープンラックに、放り込み収納もOKの引き出し機能がプラスされ、グンと使いやすくなります。さらに、見た目の変化がついてオシャレ度もアップ。 形や大きさの違う小皿類や予備のカトラリー類、お弁当用の小物、ふきんなどを、種類別にざっくり分けて収納するのに重宝します。 すべての引き出しにいえることですが、あまり細かく分類したり、ぎゅうぎゅうに詰め込むとかえって使いにくくなるので注意。 「1つの引き出しに1ジャンル」を目安に、ゆったり放り込む収納にしておけばストレスなく使えます。 ≫壊れたり使っていない家電、AV機器、電子機器の処分

      テーマ:
  • 10 Mar
    • ワイン木箱も「放り込む」収納に大活躍

      酒屋さんで1箱500円程度で分けてもらえるワイン木箱は、キッチンの収納グッズとしてもとても優秀。置いておくだけでさまになり、しかもたっぷり入るので、じゃがいもなど冷蔵しない野菜、缶詰、おやつやストック良品をまとめてざっくり入れておくのにぴったりです。 ≫ワインの木箱 ただしぎゅうぎゅう詰めだと、探しにくく取り出しにくいので、7割収納を厳守するのがコツ。なかでモノを動かせるくらいのゆったり収納にします。 ワインの木箱は床にじか置きして重ねるだけでも絵になりますが、オープンラックの下段で引き出し代わりに使うのも便利です。 ひと手間プラスして、底面に市販のキャスターを取りつければ、引き出すのがラクになり、より使いやすくなります。 ≫キッチンは食器棚の整理やゴミ箱の工夫

      テーマ:
  • 09 Mar
    • 同じタイミングで使う仲良しさんはひとまとめに

      朝食は洋食だったらパンとコーヒーとフルーツヨーグルト、和良だったらごはんとみそ汁と、サラダを添えた目玉焼きなど、だいたいパターンが決まっている、という人は、使う食器をひとまとめにしてカゴやトレイにまとめておくと便利。 忙しい朝に、食器棚の前であれとこれ、などと迷わずに、全部まとめてサッと取り出せます。 また、ティーポットとカップ&ソーサー、シュガーポットとスプーンなども、ひとまとめにしておきましょう。 ≫ランチトレイ 食器棚のなかにトレイやカゴこと引き出せるように入れてもいいし、カウンターに出しっぱなしにしてもOK。クロスをかけておけばホコリも気になりません。 冷戚庫内でも、ひとまとめテクは応用できます。パンにつけるジャムやバターをまとめた「洋食セット」、ふりかけやのり、侮干しなどをまとめた「和良セット」など、カゴやトレイにまとめて入れておくとラクです。 ≫北九州の名物・特産・物産はこれ

      テーマ:

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。