2005-10-18 23:08:57

第4回紅白Flash合戦へ向けて・・・

テーマ:フラッシュ【コラム】

この前の記事でも紹介しました紅白Flash合戦

もう一度、経緯を説明すると、

今まで一年に一度、紅白Flash合戦が年末に開かれてました。

しかし、今年ウェブクリエイターを支援するために発足したMUZOが、

「今年の紅白はせず、slashupとして開催する」と発表したのです。

これにより、2ちゃんねらーが独自に今年の紅白を開催しようとして、

アンケートを行いました(2005年度 紅白FLASH合戦(仮) アンケート )。

その結果は、まだ発表されていません。


実際にこのアンケートのあったWebサイトに行ってみましたが、

MUZOに対してかなり気を使っています。

例えば、作品の公開期間を12/18~24と毎年よりも早く開催し、

slashup01(12/26~31)と期間がかぶらないようにしたり、

時期が近いからといって、(slashup01と)対立していると思わないでください。

忠告したりしています。


まあ、これで2つのイベントが対立するような格好ではなくなったわけですが、

どうしても、イベントの参加人数は二分化されます。

しかし、2chでのFlash公開の場を大事にする意味でも、

僕は紅白を独自にやってほしいと思います。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-10-13 17:03:54

第4回紅白Flash合戦は行われない!? MUZOとFlash板―

テーマ:フラッシュ【コラム】

MMR中心で、最近ブログを更新してきましたが、

その間にFlash界を揺らがす大きな騒動がおきています。

もう知っている方も多いかと思いますが、個人的意見も載せて紹介します。




「flash★bomb '05」終演後にMUZOのが発表した通り、

今年の紅白は行われないようです。(元ネタ:flash★bomb'05 終演

これで、MUZOがイベント名を変えた理由がようやく見えてきました。

その変わりに、slashupが初めてイベントとして始動します。

その名もslashup01 ~冬の陣~

期間は、12.26(mon)~12.31(sat)と今までの紅白と同じなのですが、

異なった点がひとつあります。それは、募集作品内容

今年から、

MOVIE、GAME、音楽、MOBILEコンテンツなどなど多岐にわたって募集となりました。

今までは、flashで制作されたMOVIEのみだったので、かなりの変化です。

確かに、MUZOの目的は「クリエイターの創作活動・表現活動を支援」となっているので、

当然のことではあります。

(元ネタ:MUZOについて

今年のF★Bの終演時にも、そのことが発表されていました。


このことで、一部のFlashの愛好家からは動揺がおきています。

今までFlashは、作る側・見る側の一人一人が築きあげてきました。

しかし、MUZOの一方的な変更から

1つの団体がFlashを独占するのではないか?

というような書き込みをいたるところで見かけます。


その動きの1つかどうか分かりませんが、

裏糞Flash合戦をやろうという提案が出ました。

裏チームと糞チームに分かれて紅白をやるというシンプルな内容。

もちろん、MUZOは関与せず、Flash板だけで・・・。


Flashという世界で、

MUZOFlash板真っ二つに分かれてきかけているような気がする。

もちろんこの2つは、Flashを発展させていくため共存させるべきです。

こうした現状の中で、これからのMUZOの動きに注目が集まってくるのでしょう。



あとがき

最初はニュース記事の予定でしたが、書いてる途中でコラムに変更。

このことは、後々のFlashの世界にも影響を及ぼしてくると思うので、

これから注目すべき出来事です。

連載コラムだった「flash★bombを爆発させて・・・」

もそろそろ書いていこうと思います。

AD
いいね!した人  |  コメント(7)  |  リブログ(0)
2005-10-03 03:11:32

flash★bombを爆発させて・・・04 flash★bombの歴史[後編]

テーマ:フラッシュ【コラム】

今日は一日で12時間くらい寝てた。

なのに、咳が一向に止まらない・・・_| ̄|○

とりあえず、寝すぎたので今はもう眠くない。

だから、リアルの事は忘れて今日は書く。




前回、少し説明が抜けてしまいました。

F★B会場配布誌「bombloid(ボムロイド)」には、

F★Bの歴史が書かれた記事があります。

F★B最後の配布誌にこれが書いてあると言う事は、

きっと大事なことなんだと思い、

この記事を読んだ事のない方も、

また読んだ方にももう一度確認していただきたいとの思いをこめ、

そのまとめをここに記したいと思います。


flash★bomb運営の苦難・・・

[bombloid 2005.9.23の「flash★bombの軌跡/奔走」の記事のよる]

①2003年7月20日

FLASH50氏の確信FLASH上映ライブはおもしろい

皆で一つの作品を共有できるFLASH上映ライブをやりたい。

FLASH★BOMB'03の告知

否定的な意見が多数送られる。

イベントの準備やOpening Splash(KIKI氏制作)の公開。

30名以上の参加職人の発表、そしてチケット即日完売。

・嘲笑や罵倒の中で・・・

FLASH★BOMB'03は満員御礼。

大盛況でイベントは幕を閉じる。

そして、掲示板では制作者と観客との距離が縮まる。


②2004年7月20日

・FLASH板でのアンケート

そこからF★Bの出場権を掛けたダービー開始。

    東京会場と大阪会場のチケット即日完売。

・7/17東京、7/18大阪にてflash★bomb'04開催

     どちらの会場にも止まらない手拍子が・・・。


③2005年7月20日

・「MUZO」の誕生

    webでの創作活動支援、イベント運営を行う目的で創設。

・MUZO初イベント「FLASH☆BOB」開催

    過去2回のflash★bomb作品を厳選公開。

大画面でフラッシュを見る楽しさの実感と本イベントの期待を高める。


最後にwosa氏がFLASH☆BOBにて語った言葉を記す――

僕達は、今でも面白いと思ったことをただ面白がってやっているだけなんです


あとがき

僕らが、何気なく見ているフラッシュも

このような努力がなければ見れなかったのかもしれない。

フラッシュを作ってる人、見ている人一人一人が、

今のネットで公開されているフラッシュたちを支えている。

今回、これをまとめて珍しく感動しました。

これだけしないと、オフラインイベントは出来ない。

そんな単純な事が書いてみて初めて分かりました。

今回は、歴史をまとめただけで、僕から言う事は何もありません。

しかし、これを読んでそれぞれに何か感じてほしいと思います。

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2005-09-30 02:50:10

flash★bombを爆発させて・・・03 flash★bombの歴史[前編]

テーマ:フラッシュ【コラム】

なんだかんだで一日更新しなかった~。

その代わりに今日は二度更新する・・・。たぶん。

忙しさの中、合間をぬってなんとかまとめたので是非見てください。




flash★bombが生まれるまで・・・

[bombloid 2005.9.23の「flash★bombの軌跡/前哨」の記事のよる]

①2002年1月
・2ちゃんねるに、「FLASH・動画板(以下FLASH板)」が創設

      初めは閲覧者希望者が多かったものの

徐々にFLASHの制作発表が増える。

このころから、FLASH制作者からFLASH職人へと呼び名が変わる。

・時事ネタのパロディや「2ちゃんねる全板人気トーナメント」の

   盛り上がりにより「FLASH板」の人気が上がる

制作者と観客とが共に存在する板へ成長。

大画面でお気に入りのフラッシュを、皆で見ながら楽しみたい・・・


②2002年10月

・2ch・イベント板主導で

「帰ってきた2ちゃんねるナイト」というイベントが開催

しかし、そこで公開されたフラッシュはわずか4つ。

FLASH板の住人がこの上映の失敗に対し

数々の無念の書き込みが・・・。


③2002年年末~2003年年始

・オンラインイベント「紅白FLASH合戦」開幕

・フラッシュのオフラインイベントをやりたい
というたくさんのスレの書き込みが・・・

相談の後「FLASHNIGHT2003」というイベントの開催決定。

年始、著作権や資金の問題にてイベント実現が遠のく。

・「イベント板&FLASH板コラボpresents/2ちゃんねるないと」

として息を吹き返す


④2003年9月

・FLASH50氏に「FLASHNIGHT2003」のとりまとめ役へ推挙

「2ちゃんねるないと2003」が開幕、好評を博す。

FLASH50氏の胸中へ一つの確信が生まれる。



あとがき

は~、結構こういうのまとめるのって時間かかるんですね。

それにしてもすごい歴史があるんですよ、FLASHには・・・。

本当、たくさんの人の努力があったんですね。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005-09-27 18:04:43

flash★bombを爆発させて・・・02  flash★bomb'05レポート[後編]

テーマ:フラッシュ【コラム】

今年のF★B 続き

第3部

100 color pencils(2501 )

第1部での公開予定だったが、

本番ぎりぎりにできたらしく第3部の始めに上映された。

CGを使い、今までのMGよりも技術的に凝った作品でした。


umeyon the★movie!! (梅四 )

個人的には「梅四エキス」の衝撃が忘れられない職人。

作品は、シンプルに描かれたキャラが画面狭しと動き続けるPV。

ひとつのアニメを見ているかのような技術に感動。


廃墟の傭兵(てのり )

アクションシーンでの動きや登場人物たちのクールな台詞がよかった。

でも、ムリせず声優に声を吹き込んでほしかった作品。


曼朱沙華(まんじゅさげ) (宵一 ←準備中)

BGMを全く使わずに、和風を極めたフラッシュ。

この作品をみて、海外の方に日本を理解してもらえる

フラッシュ職人の需要があるような気がした。  


Twinkle 取れないマスク (流星星野 )

子供向けの絵本を読んでいるかのようにストーリーが進むフラッシュ。

しかし、

ストーリー自体は子供よりも大人向けだな~と感じさせる落とし方でした。

無重力少女SORA(nae )

flash★bombへ行こうでも紹介したnaeさん。

今回は、「ハクシャクノテンシ」のような作品ではなく、PVでした。

エヴァンゲリオンを思い起こさせるスピード感重視のフラッシュです。


銀河鉄道の夜に(赤木虫大 )

文章と画像をうまくコラボさせた詩的フラッシュ。

文章作家と写真家とフラッシュ職人の気持ちをうまく反映させたフラッシュでした。


土煙高田馬場 (日暮里本社 )

有名な話を現代風にアレンジさせたフラッシュ

(といいつつ僕は元を知らない)。

人間の動きを忠実に再現しているところがやはりすごかった。



第4部

超絶無職ニィトガイ (アンタイトル)

皆さんおなじみのキャラ毒男をユニークに描いたPV風ギャグフラッシュ。

世の中を大げさに描くギャグで会場中の笑いが止まりませんでした。


団地妻- Apartment Wife - (halcyon )

F★Bではおなじみ団地妻シリーズ。

今回も日常をコミカルに描き、爆笑させていただきました。


母娘漫才 飴鞭家ジェシー・ケイト [ダイジェスト版] (みやかけお )

一週間で作ったと言っていた漫才風フラッシュ。

会場の人とひろゆきに対する挑戦状とも思えるネタもなぜか許せてしまう。

しかし、みやかけおさん本人の登場シーンでは

ひろゆきに土下座するハプニングも・・・。


ファンキーブッダ (すなふえ )

すなふえ風少し変わった仏像紹介。

テンポの速い曲にのせて紹介され、後半で一気に笑いをとられました。


NIGHTMARE CITY -CATASTROPHE- [mirror1 ] [mirror2 ] (み~や )

flash★bombへ行こうでも紹介したみ~やさん。

しかも、僕の紹介した「NIGHTMARE CITY」の続編。

見事でした。前作よりも実際のアニメに近いストーリー展開になっている。


僕らの道は金と命とアダルトビデオ (とろっこ )

設定は単調ながら、二人の登場人物の台詞の掛け合いがおもしろい。

グラフィックも凝ったものでした。


通勤大戦争 (つかはら )

flash★bombへ行こうでも紹介したつかはらさん。

日常によくあることを見事につかはらワールドにしていました。

ひそかに前作の主人公・染井吉野が出すお茶目さがイイ。

ご本人の登場では、

物語の登場秘話で

「あそこに飛んでいけたらなぁ」という発言が笑ってしまった。



全作品の発表が終了し、エンディングも無事終了した後、

スタッフの方から、今回が最後の「flash★bomb」でしたということが話され、

来年からは「/UP」になるとのこと。

それでも、「マインド的なところは変わらない」と言ってました。


今回の企画は、このflash★bombが終わり、

次のステージに行くことが何を表すか?

それをテーマにこのブログ独自の見解を書いていこうと思っています。




あとがき

やっと、イベントレポートも書き上げました。

でも、これからはリアルの方で忙しいかも・・・。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-09-26 20:57:51

flash★bombを爆発させて・・・01  flash★bomb'05レポート[前編]

テーマ:フラッシュ【コラム】

企画説明

新企画のスタートです。

今年のflash★bombは主催者側にとって大きな区切りになったようです。

それはいったい何だったのでしょうか?

フラッシュを語る上で絶対に避けることのできないイベント――flash★bomb

その動きは必ずフラッシュにおいても大きな影響をうけるはずです。


今年のF★B

1歳6ヶ月の注意事項G-STYLE

 ブザーと共に会場が暗くなり、

 スクリーンの右端には「G-STYLE(34歳)」の文字が現れた。

 その時点で会場は爆笑。

 中身もありきたりなネタにもかかわらず会場の笑いを誘った。

 さすが、G-STYLEさんである。


attentionKIKI

このイベントの注意事項を忠実に、笑いを取りながらまとめていた。

時事ネタなんかも飛び出し、おもしろさ最高である。


楽園フィナーレスキマ産業

今年で三度目になる「楽園」シリーズの最終作。

個人的には、最初で最後の「楽園」になってしまって残念である。

アスキーアートのキャラを利用したとは思えないダイナミックな作品に、

会場全体が息を呑んだ。


ここでオープニングが終了。ゲストや司会者が登場した。

個人的には、生ひろゆきにビックリ。


第1部

EMDCR 153回帰

今までの作品とは一味違い、素材をそのまま利用したMG系フラッシュ。

シンプルな動きは、会場の来客者に印象を残すものだった。


ムサベツカウンターストップエジエレキ

エジエレキさんお得意のゲームを模した作品。

次々と敵キャラを倒していく爽快感がたまりません。


aspEct 伊織

2,3の分解された白黒の顔が

 ひとつになるのをひたすらに繰り返されるフラッシュ。

 表現の繊細さに魅了されてしまいました。


VBso-shi

細かな動きを利用してガンアクションゲームを見事に再現。

奇想天外なオチにもワロタ。

ここで、制作者が登場。女性の方だったのでビックリ。

かなりかわいらしい方でした。


第2部

山陰国盗り合戦FROGMAN

flash★bombへ行こうでも紹介したFROGMANさん。

地元、鳥取&島根を元にしたおもしろいネタを見せていただきました。

会場もはじめからおわりまで笑いが止まらなかった。


なぜなにどうぶつらんど(nnm )

nnmさんらしいちょっと変わったおもしろフラッシュ。

今までにない新しい笑い。間の取り方がとてもよかった。


夢オチ(TNT )

作者のコメントでは、「オチは誰にも予想のつかないものにした」

ということでしたが、それでいてこのタイトル。

内容は、かなり実験的な要素の加わった作品だったので、

 これからが楽しみです。


dollぴろぴと

まるで、まったく別の世界にいるような感覚になりました。

この人の作品を見た後は、言い表せないような感情に支配されます。


異形花魁華屋敷穴清水
flash★bombへ行こうでも紹介した穴清水さん。

司会者の方からあらかじめ「お子様は注意!」という忠告が入った。

 人間の闇を残酷なストーリーで描く手法は変わっていなかったが、

「屋敷牢」とはまた違う恐怖を描き、こういう描き方もあるんだと感心した。

  

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。