2006-01-06 16:31:04

初めての結婚式~そして僕はいつも笑われる~

テーマ:結婚準備

さて、ちょっとだけ僕の結婚式の話。



2005年ももう終わりって頃に式を挙げた僕。いや、僕だけじゃなくて嫁も。さ
すがに僕一人で式を挙げるなんて暴挙はしない。


|д゚)・・・ソモソモ、ダレトユビワヲコウカンスルノカ。。。



と、言うわけで、まあ、みんなに「良い結婚式だったね。」と言って貰える位
には無事に式も終わったのですが、そこはそれ、僕のことですから、万事が万
事うまくいくわけが無い。


|д゚)・・・ソウイウ、ホシノモトニウマレテルカラネ。。。



以前にもちょろっと書いたのですが、僕が式を挙げた式場は、ナント、結婚式
のリハーサルたるものが無いのでおわす。


じゃあ、どうすんのかと言うと、式の直前に外国人の神父さんが良くわからな
い日本語で軽く説明してくれるのです。そんで、その説明の最後に、神父さん
が、「大丈夫。周りにいる人が次にどうしたらいいか小声で教えるから。」と
おっしゃって下さいました。


いやあ、なんとも力強いお言葉。自分でも笑顔が引きつるのがわかる。が、式
場がそういう方針である限り、まあ、それに従うしかないので、まさに運を天(
神父さん?)に任せて本番にのぞむ!!


|д゚)・・・マア、ナルヨウニナルサ。。。



そして、ついに始まる結婚式。おおー。さすがに100人近い人たちが列席してく
れているので、自分に刺さる視線が痛い。。。


|д゚)・・・シカモ、ミンナ、ニヤニヤシテル。。。



とはいえ、もう始まったのはどうしようも無いので、周りのスタッフの指示に
従いながら右に左に身体を動かす。いっそ、ラジオコントールかなんかでスタ
ッフが僕の身体を操縦してくれればいいのに。。と思いながら、自分で身体を
動かす。


|д゚)・・・マア、アナタノ「ケッコンシキ」ダシネ。。。



そうこうしているうちに、なんだか、僕が嫁のベールを上げる場面がやってく
る。




嫁のベールを手で持ち上げ、ティアラに引っかからないように注意しながら、
「よっこらせ」と嫁の後ろにベールを降ろす。。。







で???どうするんだっけ?????(´゚д゚)?







誰かどうするのか教えてくれるのかなー?と思ったが右を見ても左を見ても誰
もいないし、何も聞こえてこない。?(゚Д゚≡゚Д゚)?


|д゚)・・・ミミヲスマスンダ。。。



どーっすっぺ???と、思ったがこれから取る全ての行動が間違っていそうな
ので、とりあえず、チューをすることに決めた。イエ━ヽ(=゚ω゚)人(゚ω゚=)ノ━イ!!


|д゚)・・・イチバン、タノシイコトヲエランダナ。。。



と、言うわけで、早速嫁をそっと抱く僕。。。。そして、ゆっくりと顔を近づ
けてチュー。。。。をしようとしたところで、神父さんに慌てて止められた。
出来ればもうちょっと早く止めて欲しかった。。。(*ノωノ)あぷ~


|д゚)・・・シンプサンニモ、ソウテイガイノコトダッタンダヨ。。。



それにしても、神に仕える神父さんでも慌てることってあるのねん。


|д゚)・・・ショウガナイジャナイ、ニンゲンダモノ。。。



式場内に溢れる爆笑の渦。僕は今までにこんなに爆笑に包まれてる結婚式を知
らない。そもそも、一番最初に飛んできた「ガッツクな!!」という野次が、
親父(実父)の声って言うのがすごく気になる。もうちょっとフォローしたれや。


|д゚)・・・イマサラ、オヤジニ、ナニヲキタイシテル・・・?



そんな訳で、僕の結婚式は爆笑の渦に包まれておりました。うん。みんな普通
の結婚式とは違う笑顔だった。


|д゚)・・・ミマモルヨウナ、エガオデハ、ナカッタヨネ。。。








これから式を挙げる新郎の皆さん、ベールを上げた後はチューじゃ無いみたい
ですよ。気をつけて下さい。(で、正解は何なのかと言うと、それはいまだに良
くわからんとです。)

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-12-19 12:27:32

初めての小顔エステ2~そして放置プレイ~

テーマ:結婚準備

さて、ついに始まる男の小顔エステ。


「男の」って付けたけど、僕の今回は別にメンズコースではゃ無いので、結局

は女性とおんなじことをされる。



と、言うわけで、えらいこと美人なエステティシャン(?)の人にアレルギーだ
とか、乾燥肌かどうかとかを聞かれてついにエステが始まる。ちなみに、美人
と個室で二人きりである。ドキドキしない訳がない。


|д゚)・・・ウカレスギ。。。



先ず、最初にされるのが、変な低周波を出す機械で、肩とか顔とかを温めて血
行を促進させるというもの。


その機械を当てていると確かにじんわりと温かくなってくる。低周波と言う事
なので、ぶっちゃけて言えば電子レンジと一緒である。そう、僕は今、電子レ
ンジでチンされているのである。


|д゚)・・・レイトウショクヒントイッショ。。。



んで、レンジでチンされた後は、なんかマッサージをされる。顔のセルロース
を潰したりするらしい。で、頬骨のした辺りをぐりぐりされるのである。もう、
本気でぐりぐり。なんか、僕、怒られるようなことしたかな?っていう位、ぐ
りぐり。


|д゚)・・・ソンザイガ、アク、カモ。。。



ちなみに、このぐりぐり、かなり痛いと聞いていたのだが、僕はそれほどでも
ありませんでした。ぐりぐり。


|д゚)・・・ツラノカワガ、アツイカラ。。。



で、顔をぐりぐりされた後は、アゴだとか鎖骨の辺りだとかをマッサージされ
る。なんでも、顔の老廃物をぐりぐりと押しつぶしたので、それが体内の方へ
流れていくように、リンパ(って何?)のつまりとかを無くすらしい。ちなみに、
これをやるとおしっこが近くなるそうです。だから、老廃物達は最終的に、お
しっことして排出される模様。ちなみに、僕はあまりおしっこが近くなりませ
んでした。


そして、このマッサージ。特筆すべきは、最後に鳩尾を押されます。これまた、
ぐりぐりと。マッサージをしながら、一連の流れの区切りで鳩尾をぐりぐりと
押されるのです。いやー、まさかエステに来て急所(玉ではない)を攻められる
とは。しかも、ぐりぐりと。


|д゚)・・・アベシ。。。



最後に、30分位パックをして終了。僕はパックの間は当然就寝。


|д゚)・・・イビキニチュウイ。。。



大まかな流れを纏めると、


個室に通される

着替えを除かれるという羞恥プレイ

美人のエステティシャンから質問攻め

美人のエステティシャンが電子レンジでチン

美人のエステティシャンが顔をぐりぐりプレイ

美人のエステティシャンが身体のをマッサージ+鳩尾をぐりぐりプレイ

美人のエステティシャンに目隠し(パック)された後、放置プレイ




これでナント27,800円(120分)。


安くね?全国のキモオタ達はメイド喫茶なんて行ってないで、3万円握り締めて
エステに行くべきだと思うんだけど。めくるめく体験ができるぜよ?


|д゚)・・・シカモ、キレイニナレル。。。








ちなみに、小顔の効果はちゃんとありましたよ。りんごとは言わないけど、ス
イカ位の大きさになりました。あ、小玉スイカね。

AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2005-12-15 10:37:17

初めての小顔エステ1~先ずは入場まで~

テーマ:結婚準備

さて、以前行くと言っていたもう一つのエステ体験記。



前回はスキンケアのエステだったのですが、今回は小顔エステ。



ちょっと前に、嫁が行って来てやたら小顔になって帰ってきた奴だ。僕も、顔
がリンゴ位の大きさになるんじゃないかとちょっとドキドキ。


|д゚)・・・コッカクヲムシシテルネ。。。



とりあえず、場所がわからなかったので、嫁に携帯で場所を聞きながらおしゃ
れな街をウロウロ。?(゚Д゚≡゚Д゚)?


嫁に操作されるがままに、たどり着いた所はおしゃれな街にあるおしゃれなビ
ル。このビルの上の方に件のエステがあるらしい。


ぶっちゃけて言えば、こんなおしゃれなビルに足を踏み入れるだけでドキドキ
する。(*ノωノ)あぷ~


|д゚)・・・ココニハ、オシャレジャナイビルガナイヨ。。。



今回は、予約の時間が合わなかったので、僕一人でエステに乗り込んでいく事
になる。


「ヽ(  ̄д ̄;)ノ エー!?こんな所に一人で乗り込んでいくの~?」と思った
が、ここを乗り越えないと小顔の夢は露と消えてしまうので、意を決してビル
に乗り込む。


おしゃれなビルにむっさいデブが入っていくのを周りの人はどんな気持ちで見
守っていたのだろう。。。


|д゚)・・・タブン、ダレモキニシテナイトオモウナ。。。



ビルの中に入り、エレベータで上がる。そして、おもむろにエレベータの扉が
開くと、そこはおしゃれなエステの店内(?)が広がる。


度重なるおしゃれの波状攻撃に田舎育ちの僕の心は早くも打ちのめされている
わけですが、そこにきれいなお姉さんお姉さんが「いらっしゃいませー」とか
言ってるもんだから、すっかり僕は借りてきた猫どころかお風呂場に連れ込ま
れた犬くらいの気持ち。(いわゆる、逃げ出したいってことだ。)


|д゚)・・・ショウシンモノメ。。。



とりあえず、言われるがままなすがままに受付を終え、なんだかよくわからな
いけど、個室に通される。ちょっとしたホテルの一室みたいな感じでクローゼ
ットと洗面台、テーブルなんかがあったりする。


なんだか、ガウンに着替えてくれって言うからガウンに着替えていたら、お茶
を持ってきたお姉さんにセミヌードを見られるハプニングもあったりで、もう
すでに何がなにやら。


|д゚)・・・マタ、ハズカシメヲウケタカ。。。








男の始めてのエステなんて、室内に入るだけでイベント盛りだくさん。続きは
次回へ。。。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2005-11-24 15:14:10

エステ体験記2~ついにヌルヌル~

テーマ:結婚準備

そんな訳で初めてのエステがついに始まる。


|д゚)・・・ドキドキ。。。



先ず、足に変なカバーかけられて空気で圧縮される。なんでも足の老廃物を除
去するんだそうな。


その際に、スタッフのおねーさんから、



スタッフ:「きつくないですか?」



といわれるが、そもそも締め付ける物なんだから、そりゃあ、きついだろうに。
と、思うが、それじゃあエステにならないし。。。と思いつつ僕の口からでた
言葉は



僕 :「・・・よくわかりません。。。」



ああっ!なんて体たらく。穴があったら入れたい!!!っていうくらい恥ずか
しい。


|д゚)・・・ナサケナイ。。。



そんな僕をクスッと鼻で笑ってちょっと強めてくれるスタッフのおねーさん。


その後、頭をターバン(?)で固められて、顔に「ふもーっ」って感じで蒸気を
あてられる。これって、エステじゃ無かったら、ちょっとした嫌がらせだよな
ぁ。。とか考えていると、どっから現れたのか、いや、多分入り口から現れた
嫁が僕の顔を覗き込んで、



嫁 :「どう?きもちいい??」



と聞いてくるが、はっきり言ってまだ足を圧迫されて顔に嫌がらせを受けてい
るだけなので、気持ちいいとか気持ち悪いとか以前の状態である。



とかなんとか思ってるうちに、仰向けのまま顔を洗われてパックをされる。は
っきり言って、これは暇だ。ぶっちゃけ寝るしかない。そりゃあ、寝癖も出来
るさ。


|д゚)・・・ヒラキナオッタ。。。



と、言うわけでしばし就寝。


|д゚)・・・ネゴトニチュウイ。。。



しばらくすると、顔からパックが外されて、なにやらヌルっとした物を顔に付
けられてスタッフのおねーさんが滑らかな手つきで僕の顔をマッサージする。


これが、なんとも言えずエロい感じである。だって奥さん、うら若い女性が僕
にヌルっとした物を塗って、手で滑らかにヌルヌルと擦るんですよ。そりゃあ、
ドキドキするっちゅーねん。(*ノωノ)あぷ~


|д゚)・・・ハァハァ。。。



で、無抵抗でされるがままにヌルヌルとされてる僕ですが、さっきから気にな
ることが。


なんか知んないけど、顔を一通り撫でた後に、こめかみを押すのだ。なんだ?
秘孔か?後で顔が「ボコンッ」とかなって、「ぱわっ!」とか言いながら死ぬ
のか??と思うくらい、毎回、秘孔(こめかみ)を押される。


|д゚)・・・ホクトシンケン。。。



ちなみに、この時の表情ってどうしたらいいんだろう?僕はうっかり無表情で
(゚‐゚*)ホケーッとしてたんだけど、よく考えたら、スタッフのおねーさんが気
持ちよくお仕事できるように満面の笑みの方がいいのだろうか???


|д゚)・・・キモチワルイヨ。。。



などと考えていると、なにやらまたパックが始まる。この時点でエステ開始か
ら多分、1時間半くらい。ずーっと仰向けなので、背中が痛い。贅沢を言えば、
寝返りをうちたい。


が、そんなことができるわけも無く、ジーっと背中が痛いまま仰向けで我慢。
あまりにも背中が痛いのでまた寝る。


|д゚)・・・マダネルカ。。。



寝ていると、またパックが剥がされてエステ終了。やっと身体を動かせる喜び
を味わいながら、例の脱衣所で着替える。


着替えながら鏡を見ると、w( ̄△ ̄;)wおおっ!見事な寝癖が。お肌の感じは
あんまり変わった感じがしないが、明らかに髪型は変わっている。寝癖で。



と言う訳で、結局僕も寝癖直しスプレーのお世話になりました。


|д゚)・・・マエガミ、タッテマスヨ。。。








と、まあ、こんな感じが男の視点から見たエステです。あ、ちなみに気持ち良
かったですよ。「また行きたい」と思いましたもん。

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2005-11-22 14:20:55

エステ体験記1~初めてのエステ~

テーマ:結婚準備

さて、この間、初めてのエステを体験してきました。


今回行ったのは、ブライダルエステプランに含まれる、スキンケア系のエステ。



嫁と同じ時間帯で予約していたので、早速嫁と一緒にエステへ...((((=・o・)ノゴー♪


|д゚)・・・ヒトリダト、ココロボソイカラネ。。。



で、行ってみると、なんかこじんまりした待合室みたいなとこに上がることに
なる。そこで靴を脱いで用意されていたスリッパに足を通すと、な、なんと、
つま先しか入らない。


|д゚)・・・ダイエットスリッパカ・・・?



こ、これはちょっと履きづらいというか、スリッパ脱いでいいですか?って気
分でもんもんとしていると、



スタッフ:「あっ!すみません。そっちの黒いスリッパです。」



と、隅っこに片付けられていたスリッパを指差す。そういうことは早めにいっ
て欲しいものである。(*´・ω・)(・ω・`*)ネー



で、男性の更衣室には鍵付きロッカーなんてシャレた物が無いらしいので、貴
重品を片っ端から嫁に預ける。その後、スタッフのおねーさんに案内されて男
性用更衣室に通される。



更衣室に・・・?


|д゚)・・・コウイシツダヨ。。。





っていうか、これは脱衣所だよね。シャワーの。


|д゚)・・・マア、ソウトモイウカモ。。。



ほら、奥にはシャワーが付いてるし。着替えるところなんざ、1m四方くらい
しかないし、そもそも、更衣室の扉はカーテンしか無いし。脱いだ服を置いて
置く籠も、どっかの日帰り温泉の籠を彷彿させるもので物悲しい。



なんだかなー。やっぱりエステにおける男性の地位ってのはこんなもんなのか
しらねぇ。。。なんて考えながらふと前を見ると、



「寝癖直し用スプレー」



へ?寝癖?寝るの???多分、僕、イビキ掻くよ???


|д゚)・・・ネゴトモイウカモ。。。



と、何かと僕を困惑させる装備があっちこっちにあって、エステ始まる前から
なんだか帰りたい気分でいっぱいに。



とはいえ、ここまで来て何もしないで帰るのはあんまりなので、パンツ一枚に
水色の安っぽいガウンという人間ドックにでも来た様な服装で更衣室を出る。


|д゚)・・・オッサンヤネ。。。



すると、スタッフのおねーさんが、


スタッフ:「こちらのベッドに仰向けに寝てください。」


と言うので、「どっこいしょーいち」と掛け声をかけながらベッドにあがろう
とすると、



チラッ



どころではなく、モロンと僕のパンツが見える。周りはスタッフのおねーさん
だらけ。


なんとなく気恥ずかしいので、一生懸命パンツを隠しながらベッドに上がる僕。
(*ノωノ)あぷ~



多分、相当色っぽくて、正直気持ち悪かったに違いない。僕のこの乙女心はど
こから来たのか。エステだからか?


|д゚)・・・ボウヤダカラサ。。。








なんて書いていたら、なんだか長くなっちゃったので先ずはここまで。次回は
ついにエステが始まります。

いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)
2005-11-14 13:57:45

初めての結婚式

テーマ:結婚準備

さて、いよいよ結婚式が迫ってきて、同時に仕事も忙しくなってきて、心身共
に病んでいます。


と言う訳で、日々結婚式の準備をしていたら、ブログを書く暇がなくなりつつ
あるわけですが、まあ、仕事の合間に書いております。仕事嫌いですし。


|д゚)・・・タマニハ、シゴトシナサイ。。。



で、日々ペーパーアイテムとか作りながら、過ごしているわけですが、ここで
ふと気づいたことが。






実は、僕、恥ずかしながら、結婚式やるの初めてなんです。


|д゚)・・・フツウハ、タイガイ、ミンナソウヨ。。。





そんな訳で、当日のことについてもわからないことがてんこ盛り。例えば、指
輪交換の際の手の高さ。


いや、あんまり高いと嫁の手が届かなくなっちゃいますし、変な位置だと嫁が
僕に「お手」をしているように見えてしまいます。


果たして、一番かっこいい手の高さはどんくらいなのだろう???


とはいえ、日頃嫁の尻に敷かれている僕。ここ大一番で、みんなの前で嫁に「
お手」をさせるのもなかなか乙かも知れない。


|д゚)・・・オテノマエニ、ヒダリストレートガ、クルトオモウナ。。。



とか考えていることを嫁に知られたら、きっと今夜のご飯は嫁がおでんで僕は
鍋のふたとかに違いない。


|д゚)・・・「フタ」スラ、ナイカモ。。。



他にも、キスはどこにすればええぇん?いや、まあ、単純に考えれば口にすれ
ばいいような気がするけど、最近はほっぺだとかおでこだとかにするのもアリ
なんだそうな。


と、なれば、なるべく人とは違うところで行いたい。手にでもしておくか?


そもそも、キスは指輪の交換の後だっけ?先?


うほー。もう何が何やら。


|д゚)・・・オチツケ。。。



退場するシーンなんかも、聞いたところによると、嫁はドレスを着ているので
かなり機動力が落ちるそうだ。むう。いきなり置き去りにしてしまいそうな気
がする。日頃から一緒に歩いていると置き去りにし勝ちだし。。。




実は先月、僕の同期の結婚式があったので、ちょっと参考にさせていただこう
と、いろいろと観察していた。まあ、手の位置とかは全然見てなかったけど。


|д゚)・・・チャントミテオケ。。。



この時の花嫁は身長が140cm代のかなり小柄な人だったので、当然、それに合わ
せて高い靴を履いてるだろうし、さぞかし機動力が低下しているに違いないと
思って、僕の同期が如何にそれをカバーするのかとワクワクしながら見守って
いると。。。





いや、花嫁、すっげースタスタ歩いてるんですけど。





なんだこれ。花婿がふつうのペースで歩いてるんだけど、大した苦労をするで
もなく、スタスタと付いていく花嫁。


|д゚)・・・ハヤアルキ、ジッコウチュウ。。。



普通に大股でノシノシと歩いてるし。


|д゚)・・・オオマタアルキ、ジッコウチュウ。。。



どうなんだ?あんまり気にしなくてもいいのか????まるで参考にならん。



そんな訳で、僕の疑問は解決しないまま、刻々と当日が近づいてくるわけです。


どうなることやら。。。。


|д゚)・・・タブン、ドウニモナラナイヨ。。。








ちなみに、新郎が大階段を下りるときに滑って転びそうになってました。実は
新郎の方が機動力落ちてるのかも知れません。

いいね!した人  |  コメント(14)  |  リブログ(0)
2005-10-26 12:14:00

プレゼントと水着グラビア

テーマ:結婚準備

披露宴で両親に渡す贈り物が決まらない。



自分が生まれた時の体重の人形とかもあるが、そんなもん渡された日には重く
て大変そうだし、そもそも、披露宴が終わったら、貴重品などを持って帰って
もらおう等と親不孝なことを考えているので、あまり荷物を増やしてあげたく
ない。そう、すべては自分のため。


|д゚)・・・オヤフコウモノ。。。



とはいえ、やはり、長年お世話になった両親である。披露宴で贈り物くらいは
してあげたいし、やはり、両親もある程度の期待はしているだろう。


まあ、期待を裏切るのは得意だけど、こういうときくらいは期待に応えてあげ
てもよかろうもんじゃないですか。


|д゚)・・・サイショデ、サイゴカモ。。。



で、色々考えては見るものの、なんか良い贈り物が見つかんないなーと思って
いたら、嫁がアルバムを作って渡すという案をだしてきた。



才才-!!w(゚o゚*)w。二人で1冊のアルバムを作って渡す。僕の成長を懐かしむ
と同時に、嫁の成長を知ることも出来る。なんてすばらしい案なんだ!!



と、1も2も無く賛成すると、



嫁:「でも、boozeの両親に私のアルバム渡しても意味ないよねぇ。(o・。・o)あっ!
そっか。別々に作ってそれぞれの両親に渡すからいいのか。」




Σ(- -ノ)ノ エェ!?なに、ソロ写真集作るの???


っていうか、それは、既にアルバムが存在してんじゃないの???


|д゚)・・・アルバムノシャシンヲ、リヨウスルシネ。。。



とはいえ、嫁はなんだか色々調べたりしている。なので、そういう物なのかな?
と思いつつ、変なことを言うとこっぴどく怒られるのでグッとこらえる。







で、しばらく後。。。



嫁:「ねぇねぇ!!6ページずつそれぞれの写真で1冊のアルバムを作ればい
いんじゃない???<o( ̄^ ̄)o>」



と、まるで鬼の首を取ったかのように名案(?)を僕に披露する嫁。僕にしてみ
ればやっと嫁が時代に追いついたくらいの気分だったので、意見が同じにな

ったと思って、



僕:「いや、普通はそういうもんだと思ってたんだけど。なんか、それぞれの
アルバムを作るって言ってたから、そういうもんなのかと思ったよ。実
際、水着グラビアでも作るのかと思ったね。(゚д゚;)」



と、素直に感想を述べたら、



嫁:「そう思ってたならちゃんと言ってよ!私の暴走を止めるのがあんたの役
目でしょう!!??ヽ(`Д´)ノ」



やっぱり怒られる僕。なぜいつも怒られるのか。。。


そもそも、嫁の暴走を止めるなんて大役、僕には無理にも程がある。


|д゚)・・・マッタク、オソレオオイ。。。








とはいえ、嫁の水着グラビアを受け取った時の両親の顔をちょっと見てみたい
と思う今日この頃です。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005-10-21 13:17:59

身代わりの術

テーマ:結婚準備

さて、相変わらず進んでいない結婚式の準備。あな、恐ろしい。。。



とりあえず、僕らといえども衣装チェンジは行う。おしゃれな王様は一日に何
回も着替えたんだ。披露宴なんだもん、僕らだって1回くらい着替えてもいいは
ずだ。



と、言うわけで衣装チェンジ用の衣装までも選び、当日のダンドリの中にも組
み込んでみる。



才才-!!w(゚o゚*)wなんだかちゃんと準備しているみたいじゃないか。


|д゚)・・・アクマデ、「ミタイ」ネ。。。



ここで、当日のことをちょっと妄想してみる。


|д゚)・・・モウソウゾク。。。



嫁が衣装チェンジの為に僕らが席を立つ。




するとどうだろう?主のいなくなった高砂がとても寂しげではないか。まるで、
そこだけ光が射していないかの様に雰囲気が暗い。周りの人たちも歓談しなが
ら食事をし、高砂には目もくれない。実際、誰も見てないのだから、地球温暖
化防止の為に高砂辺りの証明を落としてもらってもいい位だ。


|д゚)・・・デンコチャン、カンゲキ。。。



・・・( ̄  ̄;) うーん。しかし、さすがにちょっと寂しいのぅ。。。



そもそも、結婚式の準備があまり進んでいないので、ぶっちゃけこんなの気に
している場合では無いのだが、気になるものは気になる。



嫁もやっぱり気にしていたようで、というか、嫁の方が大いに気にしているよ
うで、やっぱり嫁もどうにかしたいと言う。



やはり、ここはどうにか身代わりを置いて、僕の代わりに友人からの酒をがぶ
飲みしていてもらうしかなかろう。



しかし、なにを身代わりに置いておこうか。。。



忍者みたいに丸太を置いておくわけにも行かないし、等身大Booze&嫁人形を置
くには製作日数が足りない。


個人的には、カーネル○ンダースの人形にいて欲しいのだが、良く考えるとあ
んなおじいさんが身代わりってなんとなく嫌だ。そもそも、年齢的に媒酌人と

間違えられそうな勢いもある。


|д゚)・・・チキンヲモッタ、バイシャクニン。。。



そこで、色々考えてみると、僕は「塚地」のほかにも「トトロ」に似ていると
の噂もある。


国民的アイドルに似ていると言われるのだから、大変光栄と思わねばならぬが、
相手は人間じゃないので微妙である。。。


しかし、嫁は元々トトロが大好きなので、もうトトロまっしぐら。もう誰も嫁
を止められない!ウォーε=ε=ε=(丿 ̄ο ̄)丿


|д゚)・・・ボウソウレッシャ。。。



そんな訳で、僕らの身代わりはトトロになりました。っていうか、他の人たち
ってどんなものを身代わりにおいてるんでしょうね?もしかして、何も置いて
無いのかしら。。。








それにしても、新郎の代わりに酒を勧められるトトロ。。。イマイチ夢が無い
ような。。。

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2005-10-19 12:14:40

席次表パニック

テーマ:結婚準備

席次表である。



いやー、席次表については、以前から「決めるのが大変(゚д゚)(。_。)ウン!」
と聞いてはいたのだけど、これがやってみるとほんとに大変。


|д゚)・・・キクト、ヤルトデハオオチガイ。。。



実際には、嫁がメインになって頑張ってくれた。ナイスガッツだ嫁!


まあ、実は元々、僕がメインにやるはずだったんだけど、いつの間にか嫁がメ
インになっていたという厳しい現実があった訳だが。(*ノωノ)あぷ~


そもそも、うちの家族はそういうことには基本的に無頓着で、僕は内心「全員
が座れればいいんじゃね?」位に考えていたのだが、そうは問屋が卸さなかっ
た。


|д゚)・・・ジンセイ、ソンナニアマクナイヨ。。。



嫁の実家が土地柄、そういうことに厳しいのである。そんな訳で、先ずは親類
席について嫁が案を作ってはメールで嫁両親に問い合わせて、色々とあーでも
ない、こーでもないと席順を決めていた。


決めていたのだが、子供と大人の対比やら上座だ下座だと気にすることが多く
て、ちっとも決まらない。


結局困った末、新郎側家族と新婦側家族が同じ席に座るという、異例の席順が
出来上がる。


ちなみに、家族席の場所は微妙に最下座じゃない辺りも摩訶不思議なポイント
である。(´゚д゚)



こんな席順でお義母さんが許すわけも無いと思っていたら、なぜかOKが出た。
まさに、無理を通したら道理が引っ込んだ瞬間である。(゚д゚;)


|д゚)・・・オカアサンモ、ツカレタンダヨ。。。



そして、ここに来てやっと僕の両親にも席次の案を提示して意見を求める。ち
なみに僕の両親に意見を求めるのはこれが最初。と、言うのも、さっきも書い
た通り、僕の両親はイマイチいろんな事に無頓着。どうせ意見を求めても、た
いした意見は返って来ないに違いないという確信があったからである。



結果は、予想通り、「いいんじゃない?」との返事。さすが僕を育んだ両親。
ほんとに考えているか気になるくらいの勢いである。


|д゚)・・・カンガエテイルト、シンジヨウ。。。



そんなこんなで、親類席が決まるのに約半月。。。


しかし、まだ、親類席以外は草案のままだ。



と、言うわけで、仕事中、嫁からメールが来る。席次案を考えてくれたようだ。
しかし、周りに知り合いが少ない人がちらほら。と言う訳で、対処案を考えて
送る。


嫁は嫁で、女の子が席で1人みたいな状況になるのが嫌と申す。んで、僕は基本
的に隣の人との会話が弾むことを重点に置いて考える。


で、そこから、双方の案を改良しながら、席次表がテニスのラリーの様にメー
ルで行ったり来たり。そもそも、一つの画面を見ながら打ち合わせないからこ
んな事態になっているのだが、共働きな僕らは家でのんきに席次表を考えてい
る時間はない。それに仕事中にやれば残業代もでるのである。仕事中に明らか
に仕事と関係ないエクセルを開いている僕。


上司に見られたら怒られそうだが、今日は上司陣がみんな打ち合わせで外出中。
もう、これ見よがしにエクセルを開いて席次表に取り組む。


|д゚)・・・キュウリョウドロボー。。。



そんなメールでの席次表ラリーが続くこと2時間半。出てきた案は9つにも上り
ながらも、良さげな案がなんとか出来上がる。イエ━ヽ(=゚ω゚)人(゚ω゚=)ノ━イ!








こうして出来上がった席次表。とりあえず、一つの大きな壁を越えたぞ。

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)
2005-10-17 14:00:00

コンタクトレンズをゲットせよ!!

テーマ:結婚準備

さて、周りから「アキバ系だよね!」と気軽に気さくに言われる僕。当然のよ
うにメガネをかけている訳だが、結婚式と新婚旅行の時にはコンタクトレンズ

で行おうかと、ちょっとおしゃまなことを考えている。


と、言うのも、サングラスなんぞをかけてみたい訳ですよ。そもそも、メガネ
をかけている僕は普段サングラスなんぞかけることも無く、たとえ真夏の日本
晴れだろうが、西日に向かっていようがサングラス無しに車の運転をこなす。


おかげさまで、西日でもちゃんと見えるし、スキーのときにゴーグル無しで滑
っていても雪目にもならず平気だったりします。


でも、サングラスはやっぱり憧れの一品。マトリクスのモーフィアスみたいな
サングラスをかけたいのです。買ったのはネロみたいなサングラスですが。


|д゚)・・・モウ、ナニガシタイノヤラ。。。



実は、今も使い捨てコンタクトを持っているのですが、僕の右目が微妙に乱視
なぞを持っているため、2週間使い捨てだったのです。とはいえ、普段はメガネ
っ子な訳ですし、運動するときしかコンタクトを使わないのでとても非効率!


まあ、毎日コンタクトを使用しないのはコンタクトつけるのヘタクソなので、
つけるのに時間がかかるからなのですが。。。(*ノωノ)あぷ~


そんな訳で、今回は1日使い捨ての乱視用コンタクトをゲットするべく、僕は立
ち上がったのであります。


と言うわけで、早速、以前にメガネを買った眼鏡屋さんへ。≡≡≡ヘ(*--)ノ



とりあえず、眼鏡屋さんで視力を測ってもらうと、なんだか、あるはずの右目
の乱視がほとんど出てこない。(´゚д゚)?


そういえば、前にメガネを作ってもらったときもあまり乱視は強くないって言
っていたような気がする。。。(゚д゚;)



乱視用じゃない、普通の使い捨てコンタクトの方が安上がりなので、普通の使
い捨てコンタクトから試してみることにする。


そこで、先ずは処方箋が必要なので、眼鏡屋のとなりにある、眼鏡屋と提携し
ている眼科へ向かう。


なんか、どえらく狭い待合室というか、廊下に椅子だけ置かれているような待
合室には受付すらなく、閉所恐怖症の人だったら発狂しちゃうんじゃねえの?
って言うくらい圧迫感がある。うん。狭いとこ大好きな僕はとことん落ち着く。


しばらく待合室で落ち着いていたいのだが、残念ながら待合室には他に人はい
なく、しぶしぶと診療室に入る。


|д゚)・・・マタサレナカッタノニ、イヤガッテル。。。



っていうか、受付が無いってなんだかすごいな。いや。眼鏡屋から店員と共に
処方箋をゲットする為に来る人がほとんどなんだろうけど、一応、表には眼科
の看板が出てるのだから、うっかり保険証持って人がやってきたらどうするん
だろう???っていうか、診療室に入ってもレジ一つないし。割り切ってるなぁ、
色々と。


で、そこにいる医者も割り切ってる感溢れるおっさんで、なんだか、「そこに
いて、自分の勉強をしつつ、時々処方箋取りに来た人だけ診ればお金もらえる
からここにいる。」ってオーラが全身から溢れていた。うん。客が来たんだか
ら靴くらいちゃんと履け。なんだか、客(僕のこと)とやる気の無い医者の間で
ペコペコしている眼鏡屋の人がかわいそうだ。


|д゚)・・・ガンバレ!メガネヤノヒト。。。



早速、僕の目を医者が診ようとする。というか、本を読んでいたのに、その後
手も洗わないで僕の目を診ようとしているが、大丈夫なのか?(゚д゚;)


とりあえず、ものすごくめんどくさそうに診てくれたのだが、眼球に傷も無く
(そりゃ、普段はメガネなんだし、当たり前)、他に問題も無いということでさ
っそくコンタクトを試すことに。


そう、とりあえず、コンタクトを着けてみて、眼球に合うかどうか試すのであ
る。(-ω-;)


何が言いたいのかと言うと、僕はさっきも書いたとおり、コンタクトを着ける
のが、ヘタクソなのである。その僕が衆人環視の中でコンタクトを着けるので
ある。ものすごいプレッシャーだ。(*ノωノ)あぷ~


|д゚)・・・ジーットミテルヨ。。。








プレッシャーに耐え切れないので、続きます。

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。