ブルティガラ

テーマ:

 先日、友人とハービスプラザのブルティガラ へ。
友人とは6ー7年ぶりなので積もり積もった話で盛り上がりました。
ワインのセレクションもよかったし、料理(パスタをメインで頼みました。)
も満足。パンも◎。
優雅なひとときでございました。
また誰か誘おうっと。
 さて一緒に行った友人とは、高校の同級生で何度も何度も連絡がとれなくなりつつ
何かの縁でつながっている。
 部署はちがったものの同じ会社で偶然に再会して、お互い会社を辞めてからは
連絡が途絶えていた。
 私が再就職した先の前任者が偶然この友人と知り合いで今回会えることとなりました。
縁って不思議。
 今年になってからそう言う偶然が多いので不思議な気分。

AD

CHEZ SOLVIVA

テーマ:
兼ねてから目をつけていたオーガニックイタリアン にいってきました。
初めてオーガニックワインをのみました。最初はスパークリングワイン、
2杯目は、ブルゴーニュの白。さらっとしていて濃厚を求める人には
物足りないかもしれないけれど、やさしいまろやかさが女性受けしそうです。
食材もオーガニックにこだわっていて、野菜の本来のパンチのある味わい。
メインに頼んだ鴨肉がとっても美味。
ちょっぴり高いけれど雰囲気も落ち着いていて、大満足でした。
☆☆☆
AD

丁寧に食べる、丁寧に生きる

テーマ:
タイトル未設定
少し前、鎌倉遊びいったときに何から何までかわいくておいしい、丁寧に作られたジャムの専門店を見つけた。Romi-Unie Confiture(ロミ・ユニ コンフィチュール) というお菓子専門家のお店。私が買ったのは、大好きなブルーベリーとレモンがはいったジャム。毎日ヨーグルトに混ぜて食べていたらあっという間になくなってしまった。うーむ美味である。最近食事をとる時間があわただしくて丁寧に作ったものを食べるということ自体が私にとって贅沢となってしまった。このジャムを食べる度に自分の食生活の内容の貧しさを目の当たりにするようで恥ずかしい気持ちに。物があふれているということが普通の今ってこんな風に丁寧ということが大きなテーマなのだなあと感じ入りながら空になったジャムの瓶を眺めた。

AD