天龍

テーマ:

★京都市北区(堀川通り)・天龍(ラーメン)


ラーメン”天龍”、支店が無いんですよねー!勿体無い!(^^)。
ラーメン並:\550 豚骨・鶏ガラ・屋台味
豚骨・鶏がらベースの”純京都屋台味!”って感じです。


私は、旨い・不味いの表現は嫌いなんですが、ここのラーメンは”メッチャ好み”です!脂があんまり入っていないのに”まろやかな甘味”があるのはスープに神経使って時間かけた証拠ですね。食べてる途中、若干塩が濃い気もしますが後で喉が渇くというこもない不思議な味です。


麺は普通の麺ですが、麺自体が柔らかめなので注文の際は”硬め”が良いでしょうね。このお店、大将と若い衆がいますが、麺茹では大将に頼んだほうが無難です(笑)。


他に、博多ラーメン、味噌ラーメンありますが、私はまだ食べてません。


あっ、今書いてて思い出しましたが、名神南インター下がったラーメン『銀閣』と味のイメージ似てます!(銀閣も好きです!^^)
AD

第一旭

テーマ:
★京都市・第一旭(ラーメン)

第一旭ファンの人は”本家”と”元祖”の違いご存知ですよね・・・。
原則・元祖はFCですが、関東・愛知・兵庫・滋賀・大阪にも『元祖・第一旭』が出店してます。

中には”第二旭”なんて屋号で笑わせてくれる店もありますが、当初はFCに麺・スープ・九条ネギ等の食材を一括提供する”別会社”があったそうですが、その会社も解消したような形となり、現在は”醤油タレ”くらいが”元祖・仲間”の最小公倍数でしょうか。


ゆえに、この記事は”本家”さんのお話と解釈して下さい。
(スタンダード)ラーメン\600・・・新福菜館同様、第一旭もスタンダード・ラーメンでもかなりの量のチャシューが入ってます!非常に嬉しいですね!(^^)。他店での癖で”チャシュー麺”を注文する人は一度スタンダードを食べてからにしましょう!

とんこつベース醤油ラーメンで中細麺。スープは豚骨と肉と両方からとります。澄んだスープに九条ネギ、チャシュー、中細麺がよくマッチしてて上品な味ですね。

”出産を2度経験した豚”をチャシューにしているそうです。やはり、豚も人間も出産経験があるくらいが美味しい(?笑)のかなぁ。ここのお店の魂は”スープを濁らせない”ですね!自分でやったら分りますが、鶏ガラでも強火にしたら一発で濁りますからねぇ(笑)。



ちなみに、本家・第一旭本店の真隣が新福菜館本館です。行列は新福が一歩リードしてますが、両店のレベルは(旨い不味いでなくて)レベルが高い、要は好みの問題ですねー!(^^)。




分るか?佐野実よ!笑。
店、弟子に任せて今、新横浜から”のぞみ”に乗って食べに来い!勉強になるど!
↓↓↓↓

AD

支那そばや 

テーマ:
神奈川県藤沢市に『支那そばや』という有名店があります。

グルメ番組を見たら佐野実氏を知らない人はいないでしょう!オールバックの髪型で好きなこと言うあの感じが悪いオッサンです(笑)。

実は、平塚市に『支那そばや を潰す会』というものがありまして。別に店に何かするという訳でなく、酒を飲のむと(ラーメン屋に限らず)不味い料理店の話題になるらしいのですが、その中でもこの佐野実の『支那そばや は 不味い!』と評判ですよ!笑。

いいい゛すか、皆様。”感じ悪い”んでなくて”不味い!”のが評判なのです。

私も一年程前に食べに行きましたよ、もし、不味かったら佐野実に意見してやろうと思って、でも本人は”新横浜らー博”が忙しいらしく、本店のほうは弟子に任してるそうな・・・。

感じ悪いの、はまあ前からの評判で知ってましたが、ラーメンはですね・・・。高級食材を使ってるのはよく分るんですが、”良い素材のかき集め”が必ずしも”完成された味”になるとは限らない、ことを佐野くんは知っているかしらん・・・笑。
このラーメンを旨いと思って、感謝して食う他の客を見て”薄気味悪さ”を感じましたね!

普通(のスタンダード)ラーメンなのに¥830も取ってこの程度の味か!と激怒しましたし!』しかも、(塩分過多のせいで)帰りに喉が渇いてファミリ0スで余分な出費もしたし・・・。袋入りラーメンの”ワンタンメン”と”細打ち名人”のほうが私の好みだす(・_・)。


おい佐野実!ラーメン通を嘗めんじゃねえーぞ!
この不味い、ラーメン¥830じゃなくて¥380にしろ!


※別にお奨めできる店じゃないんで地図無し!笑。行きたい人はWEBで調べれば何かしらヒットします。

※ちなみに、(その佐野実氏が出張る)”新横浜ラー博”の支那そばや は行列無し、出店してる中で一番ヒマしてたと、先月行った私の友人が言ってました!爆

AD

天下一品

テーマ:
天下一品(日本全国)

★私が天一を知ったのは、京都でなくて当時店が出たばかりの新宿歌舞伎町店でしたね!一言で言うと”ビックリ”しました(笑)。当時、道産子ラーメンがフィーバーして、”味噌バター・ラーメン”が私的には一番だったんですけど・・・。

あるラーメン・サイトで天一のことをこう表現してました・・・。

~相撲をとるつもりで、マワシを付けて土俵に上がったら、後ろから覆面レスラーにドロップキックを喰らわされた!~
と(笑)。



★地方へ出張に行きますと、疲れてる時とか、何に対しても意欲が無い時ってありますよね!元気な時は”裏切られ覚悟”でご当地ラーメンを食うのですが、水戸黄門見て安心したい気分の時ってゆっぱり天一にしとくんですよね(笑)。

ところで、”ビッグマック”と”天一”、どっちが連食に耐えられるんでしょうか・・・笑。
皆様こんばんはー♪

えー。わたくし、ネタが無くなったのではございません!笑

★グルメ談義、京都のラーメン情報において、これほど説明が鋭いサイトは無いのではないかと思ってます!(^^)。それを紹介したかったのだぁー!!笑

ラーメンのホームページって、沢山ありまよねー、京都も御多分に漏れず!笑。私も”好き者”ですから、ラーメンサイトは一応全部拝見させて頂いてますー。

で・私の”グルメサイト”に対する信頼度というのは、コメントしかないのですが、一番信用できないのは、
①ランク付けしたがる!
②旨い・不味いの表現が多い!
③有名店に記事が偏る!
でしょうか・・・(笑)。

ある程度の”好き者”は、自分の”舌のセンスと経験に自信”を持っているから、(会ったことがない人の)”旨い”なんて話は聞きたくない、というか参考にならないのです。

その点、ここのブログ は好き者が唸る記事です!


★皆様、アメブロの”z-plus”さんの『また食べたい 京都のラーメン』を是非、観てから、京都のラーメンを食して下され!<(^^)>

いい樹なもんだ

テーマ:
★京都市嵯峨野・いい樹なもんだ(民家アートスペース)
右京区天龍寺今堀町15-13
http://akarian.hp/infoseek.co.jp/

●私の母が、こちらのイベントの招待状を頂いたもので、記事を掲載致します。

民家アートスペース
民家空間 いい樹なもんだ


こういう素敵な場所があるんですねー!
『いい樹なもんだ』のオーナー黒田茂樹氏の作品展示の他、企画展、貸しギャラリーも行っているそうですので、是非ご活用下さい。

●頂いた催事案内の内容
八ケ岳のおらんうーたん展 (3/4金~3/27日)
三日間だけの手作り展 (4/1金~4/3日)
田島れに エンブロイダリーアート展 (4/8金~4/24日)
住人 黒田茂樹の作品展 (4/29金~5/17火)


お問合せは、ホームページをご欄下さい。←クリック



★京都市・先斗町・バーソウルバッグ

★立地的に、木屋町と先斗町とどちらとも紹介できるお店です。京都以外の人には先斗町のほうがバリューがあってソフトなイメージですね。

先斗町はポルトガル語が語源だそうです。対して木屋町は木材屋さんが軒を連ねていたから、木屋町。

★バー・ソウル・バッグのバーテンダーは女性・美幸さん。色んな種類のお酒は勿論の事、辛口トークで面白い評判のお店です。ところで、”ディベート”って、日本人が苦手としているんですよね。日本では与党の自民党あたりが一番苦手としている・・・(笑)。

仕事の交渉も恋愛術もディベートを磨くと為になるカモカモ!

バー・ソウル・バッグでディベートを磨こう!

新世界

テーマ:

★新世界・大阪市・恵美須町

このブログ でも紹介させて頂いた、”大阪・恵美須町の新世界”のことをより詳しくご存知のモアイさんのサイトを覗いてみませんか?

モアイさんのブログ

ジャンジャン横丁だけでなくて、新世界全体の達人のような方です!

★私は、(5年前の単身赴任時代)この界隈に入り浸りになる前に、新世界の本を結構読みました。※写真は、”初代・通天閣”でロープウェイで”ルナ・パーク”と連絡していたんですね。パリの凱旋門の上にエッフェル塔を載せたイメージです。

これら、全て初めから最後まで民営だったのですから、大阪人のパワーというものは凄いんですね!ちなみに、京都の琵琶湖疎水事業は国の補助金をアテにして建設したもので、用途・性格が違うとは言え、東京への対抗意識を自前のお金で賄うというスピリットは凄いものです!

★現在の通天閣は三代目で、公営ではなく、”通天閣観光株式会社
が経営する民間テーマ・パークです。


★京都市四条先斗町・和風スナック・とみや

ここのお店、ユニーク経歴です!
先代、女将さんが定年というか年齢的に引退する際の”後継者”をどうしたか?
お店の常連さんの総意で、”お店の常連客”の中からママを選定したのでした!笑。

先代がおでん屋さんだったので、現在も”おでんがメイン”です。大阪の下町の雰囲気とは違う京都人の下町風情が味わえるお店です!

この立地で、この価格?なんて嬉しい誤算というか驚きのあるお店ですし、一人で行って馴染みになってから、誰かを連れて行くと”通人として一目置かれる”こと間違いなし!


どうします?(^^)
京都三条木屋町・サントリー・バー・木屋町

BARとは棒。カウボーイが馬を”繋ぐ棒”がある店、がBARの呼称の始まりであることは皆様もご存知だと思います。そして、パブはパブリックですから、パブは大衆酒場ということになり今の日本のパブやバーは、本来の意味とかけ離れた”お店形態”になってますよね?笑。

どちらかと言うと居酒屋~立ち飲み屋のイメージが本来の意味(語源)なのですから・・・(笑)。日本でパブというと、若い女の子がいて、その女の子の料金も酒代に上乗せされるんですから・・・ちょっと変!笑。

★では、パブリックを大衆というより”大衆適正価格店”と勝手に解釈すれば、”サントリー・バー”ほど嬉しい存在のお店はありません。日本全国にありますから、大人の酒飲みが、命の洗濯を兼ねてくつろいで飲める店でなのす・・・。

★”サントリー・バー・木屋町”も、ゴージャスなイメージに似合わない、低価格・明朗価格でサービスを提供するお店ですから、安心して飲めますね。そして、木屋町という立地を考えたら、格安の大人のお店と思って利用して間違い無いです!(^^)。