mukudoriのブログ

2014年6月3日の大阪支部幹事会で3年間の支部長任期を終え、
副支部長としてサポートに回ることになりました。
3年間会員の皆様や幹事さんにご支援いただき厚く
御礼申し上げます。
このブログは継続しますのでよろしくお願いします。


テーマ:

ハシビロコウ ペリカン目ハシビロコウ科 英名:Shoebill

分布はアフリカ、エチオピア区の南スーダンからザンビアの湿地に分布する

アフリカの野鳥です。アフリカでの生息地の破壊で羽数が減少しICUNのレッドリストで

絶滅危惧Ⅱ類に指定されています。

関西ではこの野鳥を飼育しているところはなくホームページを見て楽しんでいました。

ところが最近、神戸で飼育していることを新聞で知りました。「神戸どうぶつ王国」です。

「神戸花鳥園」のあったところです。経営継体が変わり2014年7月から

「神戸どうぶつ王国」としてリヌーアルオープンしています。どうもその時から

展示されているようです。

この鳥、誰かに似ているようにも思え、人間くさく好きな鳥です。

早速神戸へ行き観察してきました。

ここには4羽のハシビロコウが飼育されています。私は3羽を見ました。

この鳥はアフリカの湿地ではハイギョ、テイラピヤ、カエル、ヘビ、ワニ子等を

餌としているようです。 

あまり動かない鳥と思っていましたがここのハシビロコウはよく動きます。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

2016年8月30日遅いお墓参りに私の故郷、またコウノトリの故郷でもある

但馬、豊岡市出石町に帰省しました。

 

お墓参りを終えると楽しみにしていることがあります。

それは恋人に会うように必ずコウノトリに会うことです。

コウノトリ郷公園に行けば直ぐ会えるのですがやはり自然の中で生きている、

生活している姿を探します。     

         

       コウノトリ郷公園ないで給餌をアオサギ、ダイサギと待つコウノトリ、 

       午後3時に給餌があります。この時期コウノトリは繁殖も終わり落ち着いている。

        

         青空をバックに飛ぶコウノトリは美しいです。

        

      私が小学生のころ見ていたコウノトリは1971年自然界で絶滅しました。

        

     私が子供のころは生き物にあふれていました。ドジョウ、小魚、イナゴ、トンボ等

     それらお追いかけて遊びまわっていました。このいきものたちはコウノトリの

     命を支えていたのです。水銀農薬が使われだし小さな命は消えてゆきました。

        

        中学生頃になるとコウノトリが死んでいるとよくよく聞きました。

        

       出石川のコウノト、この出石川で泳いだり、魚釣りして遊びました。

        

   小坂田んぼのコウノトリ、今は豊岡市ですが子供のころは出石郡小坂村でした。

        

         この風景は子供のころ見た風景と同じで、嬉しいです。

     小坂小学校通学道で見た風景です。多くの人々の努力のたまものです。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ツバメのねぐら観察 8月13日(土) 赤坂下池(豊中市)

赤坂下池のツバメねぐら観察会に参加しました。ここは2回目の観察です。

集合場所は大阪モノレール柴原駅前ロータリー(午後6時) で分かりよい。

大阪支部、U50のリーダーさんが受付後"赤坂下池"に案内してくれ、観察後の"鳥り合わせ"と

世話をしてくれました。

       

 

観察場所の赤坂下池は住宅地の中にある池で、池の周りはヨシが生え、その周りは

高さ2m位の金網ヘンスがあり、狭いとはいえツバメも安心して夜を過ごすことができます。

10,000羽位のねぐらですが,安定したねぐらです。

 

暑い夜で赤坂下池に着くまでには墓地を通りますが皆で行きますので怖くはありません。

池につきこんなところにツバメが来て飛んでくれるのかと思いますが、日が沈み夕焼けの

雲が赤く染まるころ集まりだしアッーという間にたくさんのツバメが飛び交い始めました。

 

観察した野鳥 11種 参加者28名

カイツブリ、バン、ハシボソガラス、ハシブトガラス、ツバメ、コシアカツマメ、ヒヨドリ、オオヨシキリ、

ムクドリ、スズメ、カワラバト

 

ツバメはなぜ集団ねぐらを作るのか

これは大きな謎ですが、集団で警戒することで天敵から身を守り安心して眠れる。

集団でいたほうが捕食される可能性が薄まる効果がある。

         

受付開始

猛暑の中28名の参加者あり

金網から観察

カイツブリ

バン

コシアカツバメもいた

電線止まるツバメ

赤坂下池はこんな池

夕日を映した池の上を飛ぶツバメ

夕日の中を飛ぶツバメ

月とツバメ

ヨシを掴んで眠る

ヨシの中のツバメ

渡良瀬遊水地、宇治川、淀川鵜殿で集団ねぐらが知られていますが、

世界最大のツバメの集団ねぐらは南アフリカのマウント モーランドで

3,000,000万羽の大集団のねぐらがあるそうです。

11月~4月まで観察できます。

http://barnswallow.co.za/

世界遺産に指定されています。まさにナチュラルワンダーです。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。