mukudoriのブログ

2014年6月3日の大阪支部幹事会で3年間の支部長任期を終え、
副支部長としてサポートに回ることになりました。
3年間会員の皆様や幹事さんにご支援いただき厚く
御礼申し上げます。
このブログは継続しますのでよろしくお願いします。


テーマ:



5月16日湖本村でヤイロチョウ観察した後、台中に向かう、ガイドのHsiao さんの案内で

"台中野鳥会"の事務所に立ち寄り、交流する。台湾の野鳥図鑑や野鳥グッズなど皆さん"爆買"。


私はガイドのHsiao さんより呉森雄先生の紹介をうける、彼は今は絶版の「臺灣野鳥図鑑」の出版元の

社長さん、持参の「むくどり通信」5月号を渡し、沖縄ヤンバルクイナの話をした。

彼は未だヤンバルクイナは見ていないとのことであった。先生からは参加者全員に谷口高司氏が

描かれた「えはがき」1セットいただき、卓上カレンダーもいただいた。


この後、バスで大雪山に向かった。サンケイの出現ポイントでバスを降り、側道で身をかがめて

待ったが現れない。野生のサンケイはこちらの都合には合わせてくれない。


あきらめて大雪山の山頂を目指す。大雪山は標高2,275mである。

頂上付近は特別森林遊歩道区域で食堂もゲストハウスも国営のようだ。

お風呂はないがシャワーは完備で電気毛布もあり快適であった。


小雨と濃霧の中、ガイドのHsiao さんが懸命に野鳥を見つけてくれるが、目が老化してる

こともありはっきり見えない。


目の前にキバネホイビ、タカサゴマシコ、ホシガラス、サンケイの♀等現れ写真も撮ったが

シュリエット程度。


サンケイ、ミカドキギはガイドのHsiao さんがガイド仲間から情報を得るようにしてくれていたので

見ることができエキサイトしました。


    

 外人ガイドが英語で対応中               登山車道の注意書き
    
 山頂の標高、気温、湿度が示されている       山頂標識
    
 大雪山ビジターセンター            ここで毎回食事 台湾料理まずまず 御粥はなかった
    
 古木の彫刻                     ビジターセンター内の木彫りのミカドキジ
    

 ビジターセンター内の彫刻               ビジターセンターの展示物


    
 ビジターセンター内                    彫刻
    
 写真の展示                        ワシの彫刻
    
 サンケイの彫刻                        台湾ジュズカケバトを観察
    
 大雪山国家森林遊楽区の看板             ここから上は大雪山国家森林遊楽区



    

ジキタリス きつねの手袋                 ジキタリスのアップ
    
 クワズイモ                         センダングサ系


 ミカドキジ♂

  ミカドキジ♂♀

  ミカドキジ♀

 サンケイ♂

 コンヒタキ

 ベニサンショクイ♂

 ベニサンショクイ

 サンケイ♂♀

  サンケイ♂

 ヤブドリ 中田 亘氏撮影

 カンムリチメドリ中田 亘氏撮影

 アカハラシキチョウ中田 亘氏撮影




AD
いいね!(0)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

台湾・湖本村のヤイロチョウと大雪山のサンケイ、ミカドキギを観察しようと企画し、

このツアーに参加しました。 参加者 9名


湖本村で探鳥 5月15,16日
今回のツアーでは天候に恵まれず、ヤイロチョウ観察の湖本村も小雨で傘をさしての観察でした。


ゴシキドリ、オウチュウ、ジャワハッカ、マルハシ、メジロ、スズメ、クロヒヨドリ、シロガシラ、ベニサンショクイ等観察しました。

ヤイロチョウとの出会はありましたが撮影はできませんでした。


ピッタカフェ

ピッタカフェで地元手料理の昼食をいただき、交流のあったヤイロチョウ研究者の林先生が

わざわざ奥さんと会いに来ていただき感激しました。


ここでツアー参加の皆さんはヤイロチョウグッズのTシャツや帽子をゲットされていました。

     
関西空港から出発                            台湾内はバスで移動

    

 湖本村の寺 ここが基地 バスを駐車し、 昼食の弁当をとる
    
    

 探鳥する                         八色鳥を待つ、悪天候で暗い



    

        注意看板?                        龍過脈 森林歩道             
 ピッタカフェで昼食と買い物
      
ピッタカフェの入り口                    板の八色鳥


    

ヤイロチョウをバックに皆で                      林先生と

    
 林先生と奥様と中田さんと                      ガイドのHsiaoさんと  日本で日本語し

                                 とても熱心に鳥を探してくれた  


ヒゴロモ 中田 亘さん撮影

オウチュウ


 シロガシラ
             


 タイワンオナガ 中田 亘さん 撮影


ヒメマルハシ 中田 亘さん 撮影 


 ヒメマルハシ

 カヤノボリ

 カヤノボリ

 シロガシラ 雨で暗く遠くて


 ベニサンショクイ 空に抜けないのでピントが合わない

 コシアカツバメ

 台湾のチョウ鱗紋眼 探鳥中に見つける


 ナガサキアゲハ

 カエル 探鳥時に見つけました。

AD
いいね!(2)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


春が進み大野川緑陰道の樹木の新緑が美しい。


淀川ではカモ類やユリカモメも渡ってしまい、コアジサシの声がして初夏を感じた。

淀川の護岸にアオサギやチュウシャクシギがたたずんでいた。

淀川の中に立つ鉄塔にミサゴがいつものように休んでいた。


矢倉干潟のシギチドリはコチドリ、メダイチドリ、チュウチャクシギ、ダイシャクシギ、キアシシギ、

イソシギ、キョウジョシギ、トウネン、ハマシギが少し遠いが観察できた。

昨年がダメだったので今年は期待した以上であった。


集合時はうす曇り、矢倉干潟でシギ・チドリ観察時は風が強くなり、肌寒くなりその場で

取り合わせして解散となった。


観察した野鳥は33種 帰り道でイソヒヨドリ、ササゴイも観察した。

参加者 15名





    
 出発前の挨拶                       国道45をくぐる
    

 丸橋氏オオキンカメムシ見つける            副の住吉神社

    

 くまもん君も参加 顔晴 熊本              緑道を行く


    
 新緑がフレッシュ                       淀川の堤防で観察

    
  ヘラオオバコ                        ホザキマンテマ
    

 アカツメクサ                        タニウツギ

 アオサギとチュウシャクシギ



 チュウシャクシギ

 コアジサシ


  
 キアシシギ



 トウネン


チュウシャクシギ

AD
いいね!(2)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。