裏の公園のツミと草原の鳥

テーマ:

7月も後半、暑さが激しくなりました。こうなると鳥見に行くところも限定されちゃいますね〜。

で、そろそろ到着するシギチを求めて暑~い浜辺に行くには厳しいので、やっぱり、涼しいお山の上の方か、いつもの広い草原か、になってしまいますね〜(^_^;

 

そんな週末、まずは自宅の裏の公園へ。

このところ通勤時間に鳴き声がよく聞こえていたので覗いてみると、居ました居ました、ツミの幼鳥が(^O^)

春桜が咲く頃、公園の遊具の横の桜に巣作りをはじめ、すぐに断念したツミの声が時々していたので、どこか近くで営巣しているのだろうと思っていたのですが、やっぱりね〜^_^

▼だいぶ立派になった可愛らしい幼鳥。

ツミの若鶏は4羽、桜の枝に止まって羽繕いをしたり、セミを捕まえたり、近くにいるオナガに追っかけ回されたり、賑やかに飛び回っていました。

ベンチに座り、様子を見ていましたが、親が来る気配がないのですが?もう親離れしたのでしょうか?時々様子を見にきてみましょう。

 

さて、お山の草原にも行ってみましたが、う~む、花が目立たないですね。

カワラナデシコやキキョウ、ショウブはポツリポツリ、オオバギボウシのお花畑も、黄色いユウスゲも少なめ、シシウドが少し出てきて、タケニグサはそこそこ咲き始めたので、これからでしょうか。

鳥の様子は、なかなか愛想の良い子には出会えませんでした(・・)。

▼ここがソングポストだと言っているような、う○こドリル付きのタケニグサで囀るコヨシキリ(^_^;)

▼囀らないホオアカちゃん、女の子でしょうか?

さて、来週は、もうちょっと高度のあるところで、お花に止まる小鳥を狙いたいのですが、上手くいくかなぁ、乞うご期待です^_^

AD