都バスへのバイオディーゼル燃料導入事業について
燃料供給事業者を選定しました
~法律で規格化されたFAME5%混合軽油の実用化に向けて~

平成19年5月30日
環境局
交通局

 都は、平成19年10月から平成21年3月まで、「都バスへのバイオディーゼル燃料導入事業」を実施します。
 これは、国の規格に適合したバイオディーゼル燃料を混合した軽油※1を都バスに率先して導入し、営業走行を通じたB5燃料導入の効果を検証するとともに、今後の普及拡大に向けたバイオディーゼル燃料利用などのあり方を提示していくものです。
 このたび、本事業に燃料を供給していただく事業者を、下記のとおり選定しましたのでお知らせします。

1 選定事業者

 バイオディーゼル燃料の普及拡大に向けた本事業の実施目的も踏まえて、次の2グループを選定しました。

  • グループ代表者 日本石油販売(株)
    構成員 レインボーエナジー(株)・木村化工機(株)
  • グループ代表者 シナネン(株)
    構成員 日本植物燃料(株)・日本埠頭倉庫(株)

2 今後のスケジュール

 今後、東京都環境科学研究所において、供給するB5燃料を使用した排出ガス等の調査などを行い、10月以降、都バスへのB5燃料の供給を開始する予定です。

 ※1 平成19年3月31日、揮発油等の品質の確保等に関する法律施行規則の改正により、軽油に5質量%以下の脂肪酸メチルエステル(FAME※2)の混合が認められました。(B5燃料)
 ※2 FAME(Fatty Acid Methyl Ester)は、パーム油等の植物油などを原料として、ディーゼル自動車用燃料として使用するために化学処理されたものです。


問い合わせ先
環境局自動車公害対策部計画課
 電話 03-5388-3497
交通局自動車部車両課
 電話 03-5320-6128


http://www.metro.tokyo.jp/INET/OSHIRASE/2007/05/20h5u300.htm

以上 東京都の報道発表




AD

6月22日に野村證券主催の

野村 地球環境テクノロジー コンファレンス2007にて講演予定です。


私以外に

経済産業省 産業技術環境局 環境経済室長の藤原豊氏

野村リサーチアンドアドバイザリー 高橋浩明氏

日本スマートエナジー 大串卓矢氏

サンケァフューエルス 若林恒平氏

バイオエタノールジャパン関西 金子誠二氏

が、講演される予定です。


弊社もそうですが、日本とかジャパンとか付く会社が多いですね。

エネルギー関係の企業は海外を意識していることが多いからでしょうか??



AD