• 29 Nov
    • 第61回静岡県BBS大会(その2)

      第61回静岡県BBS大会(その1)からの続きです。日本BBS連盟主催の協議員会や中央研修会、関東地方BBS連盟主催の研修会、静岡保護観察所主催の新会員研修会に参加した会員からの報告(伝達研修)が行われました。日本BBS連盟協議員会に出席した県B連本間副会長(三島地区BBS会長)の報告中央研修会に出席した富士地区BBS会稲葉会長の報告関東地連「リーダーズミーティング」に出席した県BBS連盟高塚会長の報告新会員研修会に出席した富士地区会廣瀬会員の報告全国、地連単位で行われる協議会や研修に全ての会員が出席することは難しいため、毎年このような形での協議会や研修内容の情報共有を静岡県BBS連盟では行われており、機関紙「ともだち」や月刊「更生保護」誌の記事とあわせて、全国のBBS活動の最新の動向を知ることができる貴重な機会になっています。次に行われたのが、静岡県内各地区BBS会からの活動報告です。会員数や取り組んでいる活動や課題などが報告されました。浜松地区BBS会常葉大学BBS会(浜松市・学域BBS会)静岡地区BBS会富士宮地区BBS会富士地区BBS会沼津地区BBS会(この日は田内副会長おひとりでの参加でしたが、会員数が60名以上と県内の地区会では会員数が一番大きな地区会です)三島地区BBS会活動面では、各地区で行っている少年院、児童自立支援施設、児童養護施設等への訪問活動、社会貢献活動、ともだち活動が主な内容で、課題面では、地区会は違っても、多くの地区会で会員数の確保や役員の引き受け手がなかなかいないといった問題が報告されました。大会終了後、近くの飲食店に移動して「情報交換会」が行われました。大会に出席した20代から60代まで親子ほど差のある年齢層の会員同士、それぞれの地区の活動の話だけでなく、仕事の悩み、自分の子育ての話、趣味の話などで大いに親交を深めることができました。私自身、約10年ぶりに会って話をすることができた同世代の会員もいて、昔の元気の良い仕事やスポーツの話はすっかりなりを潜め、身体の痛みや医者通いが増えたことで盛り上がってしまい、年齢を感じてしまいました。来賓の方々と一緒に記念撮影東西で約300キロも離れている静岡県で、普段はなかなか会って話をすることができないので、このような機会は貴重です。顔が見える関係作りの大切さを感じました。事務局 池田

      2
      テーマ:
    • 第61回静岡県BBS大会(その1)

      11月26日(日)、秋晴れの中、富士山の麓の街、富士宮市にある富士宮市駅前交流センターきららにおいて、第61回静岡県BBS大会(平成29年度静岡県BBS連盟研究協議会)が開催され、三島地区BBS会からは本間会長以下3名の会員が出席しました。会員綱領唱和、「BBSの歌」の斉唱この大会には、全県のBBS会員のうち、23名の会員が集まりました。来賓として、静岡保護観察所の岸所長様、静岡県保護司連盟の内海副会長様、県更生保護女性連盟の堀会長様、そして地元富士宮市の保護司会、更女会の会長様をお迎えしました。静岡保護観察所長 岸規子様 あいさつ最初に、研究協議会の活動のひとつとして、静岡少年鑑別所の吉田所長様による「少年非行の現状-少年鑑別所の現場から-」と題し、講演が行われました。静岡少年鑑別所長 吉田智子様 による講演少年の処遇のいわば「入口」となる現場で少年と接しておられる吉田所長のお話は、少年鑑別所の日々の業務から、少年の特性まで大変わかりやすく、また、少年鑑別所が「法務少年支援センター」との2枚看板で個人や関係機関からの相談や地域支援活動を行っていること等、初めて聞く内容のことも多々あり、今後、ともだち活動等で少年と関わる際の参考になることばかりでした。見やすくてわかりやすいPowerPointにより説明していただきました。講演の後、各種感謝状等の受賞についての報告があり、中でも静岡地区BBS会は先に行われた日本BBS連盟70周年記念式典において、壇上の皇太子御夫妻の前で、上川陽子法務大臣から法務大臣感謝状が手渡されたという報告がありました。また、静岡保護観察所長感謝状の受賞者には、それぞれ、岸所長から感謝状が手渡されました。静岡地区BBS会 木村太郎 会長静岡地区BBS会、富士地区BBS会  山崎栞里 会員浜松地区BBS会 榛村歩 会員その2 に続く・・・

      テーマ:
  • 15 Nov
    • 第24回市民すこやかふれあいまつり

      11月12日(日)、秋晴れの下、昨年度に引き続き、「市民すこやかふれあいまつり」に保護司会、更生保護女性会のみなさまとともに出展しました。このイベントは、三島市内の福祉、保健関係の団体が出展し、明るい福祉のまちづくりのために毎年開催され、今年で24回目となる市民に人気のイベントです。三島市のマスコットキャラクター「みしまるくん・みしまるこちゃん」を前に豊岡武士三島市長があいさつ。開会前には三島市内にある「芙蓉台保育園」の子ども達による和太鼓「芙蓉太鼓」の演奏が行われました。会場の市民体育館の窓ガラスが割れるのでは?と思える迫力の音です。三島地区BBS会のブースは、例年どおり三島地区保護司会、三島地区更生保護女性会と並んで設置されています。更生保護三団体で一緒になって、それぞれのブースの運営に加え、更生保護活動を広報するチラシやBBS活動のリーフレットを配布します。三島地区保護司会のブース。バザーが大盛況。三島地区更生保護女性会のブース。深蒸し茶の販売や、三島市民に広く知られている「1円玉募金」を行いました。そして、三島地区BBS会のブース。角地で出入り口に近く、密かに一等地です。私たちBBS会は、主に子ども向けに更生ペンギン「ホゴちゃん」「サラちゃん」の塗り絵ができるコーナーを設置し、多数の親子の方々に立ち寄っていただきました。用意した塗り絵の用紙60枚が10時の開始と共に飛ぶような勢いで塗り尽くされていき、200部以上用意した広報用のチラシとリーフレットは午前中のうちに全て配布し尽くしてしまいました。私たちのブースに訪れた多くの方から「更生保護ってなんですか?」「BBSってどういう団体ですか?」という質問を受けました。広報のし甲斐があった反面、自分たちが考えている以上に活動が知られていないことを思い知らされてしまいました。広報活動にもっと積極的に取り組んでいく必要性を痛感しました。みしまるくん・みしまるこちゃんと記念撮影☆事務局 池田

      1
      テーマ:
  • 29 Oct
    • 三方原学園 体育祭に行ってきました!

      皆さん、こんにちは!最近は急に寒くなりましたね。体調には気を付けましょう! 10月7日(土)に浜松にある児童自立支援施設、静岡県立三方原学園の体育祭に参加させていただきました。 (三方原学園の詳細についてはhttp://www.pref.shizuoka.jp/kousei/ko-830/index.htmを参照してください。) 三方原学園には、小学・中学校の分校が設置されており、今回の体育祭は、分校体育祭として実施され、学園に入所している小・中学生が参加しました静岡県内の各地区BBS会からは、浜松まで最も遠い(片道なんと150キロ!)三島から3名、地元浜松から1名の計4名の会員が参加しました前日まで雨が続き開催が心配されましたが、当日はカンカン照りの晴れでした。開催出来て本当に良かったです 子どもたちは、徒競走や綱引き、玉入れなど一生懸命取り組んでました。整列も綺麗にやっていてさすがだなと感心するばかり…。特に印象に残ったのが、二人三脚レース。1人はラムネを開けて一気飲み、もう片方はカップゼリーを箸で掴んで食べる。そのあとに片栗粉の入った箱から顔を入れて2人でマシュマロを探して食べてゴール!というのがレースの流れで、子ども達は顔が片栗粉で白くなりながらも凄く楽しそうにしてました 私たちBBSは、道具の出し入れや障害物競争の物をレース終了毎にセットすることや、体育祭終了後のテントの片付けなど、準備や片付けのお手伝いをさせていただき、私は久しぶりにたくさん動きました!当地区会の本間会長は、親子綱引きの「親側」に借り出され、子ども達相手に大奮闘していました とにかく、子どもたちが楽しんでくれて無事に終われたのがなりより!学校行事は学生生活の良い思い出ですね! 気持ちも晴々する良い1日でした!!中川

      1
      テーマ:
  • 17 Oct
    • BBS活動も70周年

      どーも皆様こんにちは。秋風が身に染みる季節、いかがおすごしでしょうか。会長の本間です。さて、本年を以てBBS運動も京都から始まって70周年を迎えました。三島地区ができて9年、私が生まれて25年、静岡地区ができて約30年…さかのぼっていっただけでも歴史の長さがお分かりいただけるかと思います。9月23日、国立青少年記念オリンピックセンターにて「BBS活動70周年記念式典」が開催されました。日本全国から集まる会員、その総数約150名!さらに今回の式典は皇太子ご夫婦も参列されると言うこともあって、会場は厳戒態勢。警備も分厚く、式典も粛々と進んでいきました。(これは式典後、静岡県から参加した会員一同で撮影)そして今回は法務大臣表彰にて静岡地区が代表受領ということを当日知り、静岡地区の木村会員が上川陽子法務大臣より感謝状が渡されました。上川大臣が静岡からの議員であることもあったでしょうが、他地区のこととは思いながらも、非常に光栄なことだと感じますその後元BBS会員で、現在は非行少年の立ち直りを支える団体の理事をしておられる高坂氏からの講演、「刑務所のアイドル」と呼ばれるPaix2のミニライブが開かれました。さだまさしの名曲「いのちの理由」や、ひとりでできるもんでも使われた「SAYいっぱいをありがとう」など、心温まる曲達が披露されました。BBS活動も連綿とバトンタッチを続けて70年。これから80,90,100年とつないでいくためにも、私達が次の世代へと続けていけるようにしていきたいと考えています。

      2
      1
      テーマ:
  • 05 Aug
    • 一般公開ケース研究会

      みなさん、こんにちは。三島市内での第67回”社会を明るくする運動強調月間”を締めくくる活動として、「一般公開ケース研究会」が7月28日(土)午後に開催されました。(演台の横には更生保護の象徴でもある「ひまわり」の花が飾られていました)会場となった三島市社会福祉会館の大会議室には、三島市内の更生保護関係者やPTA(教員・保護者)等約100名が集まりました。私たち、三島地区BBS会からは、本間会長と事務局の池田の2名が参加しました。 本研究会では、毎年、事例研究を行っており、今年は「15歳コウセイ君の場合」と題し、部活動をやめてから、夜遊びや無断外泊、さらには、万引きやバイクの無免許運転で保護観察処分を受けてしまった中学3年生の事例を元に、地域でできることについて分科会形式で話し合いました。参加者からは、「子どもたちへのあいさつや声かけを地域で取り組む」「地域の子どもの居場所を作る」「子どもの気持ちにもっと耳を傾ける」等々、様々な意見が出されました。私が所属した分科会には、偶然にもともだち活動を通じてお世話になった保護司の先生が参加されており、話し合いを通じてBBSについて全く知らなかったというPTAの方々に、BBS活動をアピールすることができました。保護司会で準備していただいた、チラシの中には更生保護の一員としてBBSが紹介されていましたが、地域の子どものことに関わるたくさんの方々が集まる貴重な機会なので、来年度からは、参加者への配付資料の中に日本BBS連盟で作成しているリーフレットや当地区会で作成した会員募集のチラシを入れていただけるよう、お願いしてみたいと考えています。事務局 池田

      3
      テーマ:
  • 22 Jul
    • 一球入魂!~交流ソフトボール大会~

      はい、どーも。会長の本間です。連日連夜非常に暑い日が続いておりますが、いかがおすごしでしょうか。熱中症には水分と塩分が大切ですので、意識して摂取することを勧めます。さて、非常にベタなタイトルから始まりましたが、7/11火曜日、三島市内の長伏グラウンドにて「第3回社会を明るくする運動 ふれあい交流スポーツ大会」が開催されました。三島市のお隣、函南町にダルクという薬物依存から抜け出すために努力している団体があります。これは保護司会との交流の一環としてスポーツを通じて親睦を深めようというものになります。私は今回初めて出席させていただきましたが例年2試合実施するそうで、昨年ダルクは保護司会&更女会&三島市および函南町職員のチームに連敗。今年は気合いの入り方が違いました。お分かりいただけますでしょうか。「そろいのユニフォーム」です。しかも昨年の敗戦がよほど悔しかったのか、相当に練習を積んできていたようでした。試合前の練習を見ていてもそれが伝わってきます。私も今回は2試合にフル出場。基本的に運動は苦手なのですが、内野に捕手に投手に打撃に奔走。1試合目こそ完敗でしたが、若手中心に組み上げた2試合目は接戦をものにし何とか勝利。試合自体は白熱していましたが、雰囲気的には終始和やかに、時々笑いが起きながら行われました。試合終了後にはダルクの皆様一人ずつに「ナイスピッチング賞」や「よく走ったで賞」、はたまた「ナイスファッション賞」など趣向を凝らした賞が贈られ、賞状が手渡されました。ダルクの皆様の中からは「毎年貰った症状はみんなで飾ってます!」といった声も飛び出し、非常に楽しい雰囲気で終わりました。外の日差しは非常に強く久しぶりに真っ黒になりましたが、私自身も非常に楽しかったです。立ち直るためには一人の力では決して乗り越えられないことというものも出てきます。そんな中で誰かが見守ってくれている、背中を押してくれる、というのは非常に心強いものです。社会を明るくする運動強調月間ということにはなっておりますが、毎日少しずつでも貢献できたら、と感じています。

      テーマ:
  • 16 Jul
    • 恵明学園「星まつり」に参加しました!

      みなさん、こんにちは!三島地区BBS会日大支部、日本大学3年の中川穂南です。私は7月2日(日)に恵明学園「星まつり」に参加してきました。恵明学園は、三島市にある児童養護施設で、毎年七夕の時期になると地域の人達と一緒に施設内で「星まつり」を実施しています。今年は曇り空で雨が心配されましたが、雨は降らず無事に開催する事ができました。三島地区BBS会からは本間会長をはじめ4人、そして浜松地区BBS会の方が1名来てくださいました。三島市内の吹奏楽団の演奏から幕を開け、三島の伝統芸能しゃぎりも披露されました。このお祭りでは、受付をすればチケットが貰え、学園の子どもたちだけでなく、地域の人々も多くの屋台を楽しめる制度となっています。私達BBS会員は、地元の町内会の方々と一緒に、かき氷の屋台の運営を担当しました。ゆっくり楽しく出来るだろう、と余裕を持っていた私達ですが…かき氷はかなりの人気でオープンとともにどんどんお客さんが来てくれて、最初の余裕など、どこへやら…とても忙しかったです。学生会員組はシロップをかけて渡し、社会人会員組は一生懸命氷をかいたり補充などしてくれました。大変でしたが、子供達の『ありがとう』や『頑張って』という言葉をかけられたらそんな大変さなど飛んでいってしまいましたね〜♡1時間半程で屋台での活動が終わり、お祭りのフィナーレはとても幻想的なプロジェクションマッピングと上に吊るされた20個ほどの花火がシャワーのように光るとてもダイナミックで綺麗な花火の演出も見る事が出来ました。なんだかんだで最後は自分達もちゃっかり楽しんでましたね。とても楽しかったです!星まつりに参加出来て良かった!本格的な夏のスタートを切ることが出来ました!今年はどんな夏になるかなぁ…♡中川

      テーマ:
  • 09 Jul
    • ポスター表彰式に出席してきました

      こんにちは!毎日暑くなってきましたがいかがお過ごしでしょうか!さて、7月はご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、「社会を明るくする運動強調月間」です。今年は「もどらない、もどさない」をテーマに全国各地で様々な活動が展開されます。さて、三島市でもその第1弾!「第67回社会を明るくする運動 児童・生徒ポスター表彰式」が7/1土曜日、社会福祉協議会館で開催されました。これは三島市内の小中学生の力作1,026点の中から三島市美術協会選考のもと、約80点が表彰されるもので、その内の1つに特別賞枠として「三島地区BBS会会長賞」が存在します。式典では推進委員長でもある豊岡武士三島市長や、三島ライオンズクラブ、三島ワイズメンズクラブの会長らが出席しておりました。賞状授与の様子を少しだけお見せします。そんな中私も賞状を。賞状授与後には受賞者と記念写真という一幕もありました。今回の選考の決め手について、選考委員の先生は「表情が非常に豊かな作品や、原色を上手に使った作品、それから発想豊かな作品が今回は非常に多かった。例年以上に選考が難しかった。」とおっしゃっていました。ポスターを描きながら明るい社会について考える時間も立派な社会参加の1つだと思っています。きっとこの場に参加してくれている子供達にも良い機会になったかな、と考えています。

      テーマ:
  • 14 Jun
    • 三島ホタルまつり

      みなさん、こんにちは。事務局の池田です。本州各地で梅雨入りが宣言されてきましたが、みなさまいかがお過ごしでしょうか?6月10日(土)、三島駅前の市立公園「楽寿園」にて、毎年恒例の「三島ホタルまつり」が開催されました私たち、三島地区BBS会は地域の一員としてこのイベントの実行委員を務めており、今回は会場雑踏警備部門の運営が担当ですここ数年、三島市は市街地のあちこちでホタルが乱舞する街として知られてきており、地域の市民イベントにもかかわらず、特に首都圏からの来場者が増えていますこのため今年から、雑踏警備をボランティア中心ではなく、民間の警備会社の警備員さん中心に切り替え、BBS会は、その指揮運営をすることになりました。初めての試みでしたので、細かい点で色々問題はありましたが、来場者に怪我人など出ることなく、今年も何とか無事に終わることができました地域の市民イベントなので、ステージで行われた地域アイドル「あいぜっちゅー」のミニコンサートには大勢の追っかけさん?が雄叫びを上げ、家族や友人同士で来ている方々は、市内の福祉施設が出店する模擬店で飲み物などを買い求め、ベンチで楽しそうに語り合っていましたステージイベントの最後は、恒例のホタルの放出明かりを落とした夜の空に、ちらちらふわふわとホタルが舞い上がると、場内からはひときわ大きな歓声が上がり、無事フィナーレとなりました。

      テーマ:
  • 01 Jun
    • 日本BBS連盟総会に出席してきました

      どーも皆様こんにちは。会長の本間です。どうでもいいかもしれませんが、当方、最近落語をよく聞くようになりました。1、2個できるようにしても面白いかなあ、とも思っています。さて、さる5/27,28と国立オリンピック記念青少年総合センターにて日本BBS連盟総会が開催され、静岡県代表として(厳密にいうと会長代理として)出席してきました。会場は日本全国から集まった会員達総勢約60名(理事含む)初めて出席しましたがちょっと緊張…総会自体は日本BBS連盟全体の事業計画、今年9月に行われる70周年記念行事についてなどが協議され、各都道府県の提案事項など様々な意見が寄せられました。そしてBBS総会の夜といえば、まあ、わかる方はわかると思うのですが、楽しい交流会が控えているわけでして。各都道府県、各世代が多く集まって楽しく盛り上がりました。熱い思いも、交流も、非常に楽しかったです。また今年は9月に世界更生保護会議が東京で開催されることとなり、BBSについてもワークショップが開かれることが決定しました!これは広島の社会人会員が当日登壇されるそうです。興味のある方はぜひ!このようにBBSは日本全国、熱い思いで成り立っております!

      2
      テーマ:
  • 23 May
    • 平成29年度三島地区BBS会総会を開催しました

      皆様、こんにちは。会長の本間です。うだるような暑さも来ていますが、いかがお過ごしでしょうか?さる5月21日(日)、三島市民活動センターにて平成29年度三島地区BBS会総会を開催させていただきました。当日は見事な晴天に恵まれ、当総会には来賓として静岡保護観察所BBS担当官である前田保護観察官をはじめ、三島地区担当観察官である横田保護観察官、三島市役所福祉総務課の吉田課長、三島地区保護司会の瓜島会長、三島地区更生保護女性会の竹下会長にご臨席いただきました。前田保護観察官は、以前にもBBS担当観察官をしてくださったことがあり、私のことも覚えててくださいました。総会では昨年度の活動報告並びに決算報告、そして今年の活動計画や目標、予算について審議し、参加してくださった皆様のおかげでつつがなく終えることができました。私自身挨拶から議事の進行まで、非常に緊張しました。ここ数年挨拶や議事進行を担当しておりますが、いまだになれないのが正直な心境です。本年度の活動について、会員の獲得に向けた広報活動や、学生会員への運営知識の習得支援などを目標として掲げています。三島地区は本年度で再発足して9年目になります。昨年度は今まで経験のない社会人会員中心の活動をしてみて、まずは今の活動の幅をしっかりと維持すること、それから活動の原資となる学生会員をいかにして確保していくかが今後の課題なのではないかな、と感じています。総会後に実施した意見交換会でもその点について様々な意見が交わされました。今後はいよいよ来年に控えた10年目に向けて、まず学生会員たちの活動のしやすい場を設けていくと共に、三島地区会のますますの発展を目標にしていきたいと思っています。今後ともぜひ三島地区BBS会について変わらぬご支援のほど、よろしくお願いいたします。本間雄大

      テーマ:
  • 13 May
    • 駿府学園茶摘み会に参加してきました

      皆さん、こんにちは!三島地区BBS会日大支部長(予定)の中川穂南です。来週開催する三島地区BBS会総会で承認をいただいた後、今年度から日大支部長を務めることになります!1年間どうぞよろしくお願いします。 5月13日(土)に静岡市内にある少年院「駿府学園 」の茶摘会に参加してきました。この行事は駿府学園の園生達が管理している茶畑で茶摘を体験出来る行事です。しかし、当日はあいにくの大雨となってしまい茶畑へ出向いての茶摘は中止となってしまい、1日体育館での活動となりました。はじめに園生達が実際に茶畑の管理の為に使用している機械の紹介がありました。除草剤を撒く為の機械や茶畑の葉を均等に切るための道具など予想以上に大きい機械も登場して非常に驚きました。次に、茶畑で採れた茶の葉を手揉みしました。私自身、茶の葉を手で揉むということが始めてで下から熱しられている茶の葉同士が固まらないように揉む事はとても難しかったです。(ちなみに、もし茶摘みができていたらこんな感じでつみ取ります)昼食を挟んだあとはお茶会を開き、実際にお茶(煎茶)を味わいました。とても香りが良く1煎目は少し甘みを感じ、2煎目は少し苦味が出で、3煎目はとても良い渋みが出ました。全て手作業のお茶は今まで飲んだ中で1番美味しかったです!そのお茶の感想を踏まえた短歌の発表も行いましたが、この短歌のレベルがとても高かった!園生たちの毎日の手入れの辛さに加え、家族への感謝も含まれた短歌は発表があるごとに館内がどよめくほどでした!今回の行事の大きな目的は、普段家族と離れた学園で生活している園生達が、家族と一緒に過ごす機会を作ることにあるそうで、何らかの事情により、家族が来ることができない園生がいる場合は、BBS会員がそういった園生と一緒に昼食を食べたりします。今回、私達は実際に園生と話す機会はありませんでした。少し残念な気もしましたが、園生達がみんな家族と会う事が出来ているということになるので、これは非常に嬉しいことです。では、ここで私も一句…。家族への 感謝の気持ちが 伝わって将来輝く 未来かな 

      テーマ:
  • 09 May
    • 三島地区保護司会総会に出席してきました

      はい、どーも。皆様こんにちは。今年は御殿場勤務のおかげか例年よりも桜を長く楽しみました会長の本間です。桜を見て心が洗われるのは本当になんでなんでしょうかね。さて、掲載が少々遅くなりまして大変申し訳ございませんが、4/21金曜日、三島市社会福祉協議会館にて、平成29年度三島地区保護司会総会が開催され、関係機関として来賓に招かれ、会長として私本間が出席してきました。式典には岸静岡保護観察所所長を始め、豊岡三島市長、高橋三島警察署長などの皆様が招かれ、後ろの方に孫のような年齢の私が着席する。毎度のことながら非常に緊張する局面です。最初に国歌を斉唱するのも国家公務員である保護司の総会らしさを感じました。その後岸観察所長からは、「再犯率の上昇と犯罪の高年齢化が大きな課題の1つではあるが、特に少年犯罪に対する課題も検討していく必要があると思っている。」との挨拶、豊岡三島市長からは「先日自分が三島市長になって初めて、三島市内の犯罪件数が0という週があったが、次の週には12件と一気に増え、犯罪の抑制の難しさを感じている。」とコメント。続けて高橋三島警察署長からは、「これは全国的な傾向に言えることだが、三島市内の犯罪は窃盗の次に薬事犯罪が多いのが特徴であり、薬事犯罪は再犯率が非常に高いのが特徴。全体的に犯罪件数は減少傾向にあるが今後再犯率を以下に減少させるかも課題であるといえる。」と挨拶がありました。三島地区保護司会からはいつも多大なるご厚意と活動へのご協力を頂いており、2月の保護司会・更生保護女性会・BBSの3者協議でも活動の幅とその量に対し非常に大きく評価をして頂きました。社会人会員が増え、活動に関してやり方を工夫していく必要がある場面も増えてきましたが、今後とも精力的な活動ができるよう、連携を強化していきたいと考えています。

      テーマ:
  • 22 Apr
    • 三島市広報紙「広報みしま」に会員募集の告知を掲載しています

      既にごらんになった方もいらっしゃるかもしれませんが・・・三島市内の各戸に配布されている三島市広報紙「広報みしま」の4月15日号に、会員募集の告知を掲載しています。インターネット経由でもごらんいただけます。(PDFファイルが開きます)https://www.city.mishima.shizuoka.jp/kouhou/kouhou_data/kouhou_pdf/201704150/pdf/P12X13.pdf私たち、三島地区BBS会の活動に興味、関心がある方は、お気軽に電話又はインターネット経由でお問い合わせください。三島地区BBS会事務局 池田

      1
      テーマ:
  • 05 Mar
    • 更生保護3団体勉強会を行いました

      みなさん!こんにちは。三島地区BBS会日大支部の中川です。この頃は暖かい日もあり、春の兆しが感じられますね。 そんな2月25日(土)10時〜12:30頃まで三島市社会福祉会館3階会議室にて、三島地区保護司会・三島地区更生保護女性会・三島BBS会の更生保護3団体で集まり勉強会を行いました。各組織から3名ずつ集まり計9名での勉強会になりました。2時間程意見交換をしてお昼ご飯を食べながら談笑して解散という形になりました。 主な話し合いの内容ですが、私たちBBS会からは今年度の活動内容の振り返りや今後の課題について、保護司会からは社会貢献活動について、更生保護女性会からは活動内容の振り返りや感想と今後について、それぞれ報告があり、それらを元に話し合いをしました。 私は三島地区BBS会の日大支部を代表して参加しましたが、私達が今回の勉強会で特に意見を頂戴したかったことは、日大生の会員減少についての対応についてです。 来年度からは2人の日大支部会員になるという現状を知ってもらい、今後どのように対応していけば良いのかなどを意見して頂きました。 やはり、まず行わなければならないことは、BBS会という団体と活動を知ってもらうためのPRです。しかし、ここ数年で、日大キャンパス内においては、様々な宣伝活動やポスター作成、ビラ配りは禁止されており、学生が自由に出来る事がかなり限られています。 難しい状況の中で、例えば保護司会や更生保護女性会の力を借りて、ポスターを貼らせてもらったり、興味を持った学生がすぐに活動体験出来るように、活動に参加する機会をたくさん設けてもらう…などたくさんの意見を聞く事が出来ました。今回、保護司会や更生保護女性会の方からいただいた意見は、新年度の活動で是非取り入れたいと思いました。 私は今回初めてこのような勉強会に参加させてもらいましたが、一番記憶に残ったのは、保護司会と更生保護女性会の方々が言っていたこと、それは「長く続けている事が素晴らしい。」という事でした。 三島地区BBS会も私が入会する前から歴史を持っています。今現在は人員不足に悩まされたり、なかなか定例会でも人が集まれないという現実もあります。しかし、このようにずっと組織が続けられている事はとても素晴らしい事であり、同時に周りで活動を支えてもらっている事に感謝し、誇りを持って良いのではないかと感じました。 私にとっては今年度は最後の活動となりましたが、来年度から日大支部長としても活動に一層積極的に参加したいと思いました。皆様、来年度も三島地区BBS会並びに日大支部を宜しくお願い致します。中川穂南

      3
      テーマ:
  • 05 Feb
    • 新会員研修会に参加してきました

      みなさんこんにちは。先日風邪を引き尋常じゃないくらい鼻水にさいなまされてました会長の本間です。(若干汚い話ですみません)1/28土曜日、観察所が主催となって実施されました新会員研修会に、県の役員として参加してきました。これは入会歴3年以内の会員を対象として、観察所や協力機関との連携方法を学んだり、先輩会員との交流を図ったりする、そんな研修会となっています。実際の講義として静岡保護観察所企画調整課の佐藤課長より更生保護制度の概要の説明を受けたのち、今回の会場でもあった少年の家の白井施設長よりBBSに期待することとして「人に対して幸せを分け与えるにはまず自分が幸せであること。その中から少しずつ分けてあげてほしい」という言葉を頂きました。その後静岡県BBS連盟の高塚会長からBBSとの関わりや、今後についてお話を受けた後、新会員達を交えた座談会に。参加してくれた新会員からは「新しく会員を増やして地区独自の活動をしてみたいけどどうしたらいいか」や「ともだち活動としてケースを持っているが、どうやって話を膨らませたらよいか」といった相談を受け、先輩会員である役員たちでアドバイスを重ね、終始和やかなムードで研修会は終わりました。これから地区や県の未来を担う大切な会員たち。少しでも成長につなげていけるよう精進できたらと思います。

      2
      テーマ:
  • 23 Jan
    • 保護司会新年総会に出席してきました

      はい、どーも。雪も舞っている厳寒の折、いかがお過ごしでしょうか。会長の本間です。日に日に布団から出るのが非常にハードになってます。さて、1月16日にみしまプラザホテルにて、「平成28年度三島地区保護司会受章を祝う会・新年総会」が開催され、関係団体の一つとして招待され、私本間が出席させていただきました。会場には多くの関係者並びに受章された保護司の皆様が集まり、終始和やかなムードで開催されました。まず三島地区保護司会、瓜島会長より「最近はコンピュータ隆盛の時代で顔も見ず、声も聴かずにコミュニケーションがとれる時代になってきた。しかしながらその中で顔を見て、直接コミュニケーションを取る『手作業』が明るい地域社会を作るために必要なのではないか」まず関係者挨拶の代表として豊岡武士三島市長や森延彦函南町長からのあいさつ、来賓紹介を終えた後、鳥羽一郎が歌った更生保護協会の歌「愛をみんなで」を合唱しました。興味のある方はぜひ聞いてみてください。乾杯後は楽しい酒席の時間に。当然一番若手ですので注ぎに回りその3倍くらい注がれ・・・。もともとお酒が好きな僕にとっては恐縮ながらも楽しいものです。会場の空気が温まってくると今度はビンゴ大会のスタート。1位の人にはなんとプラザホテルのペアお食事券!!!!(ホテルの方が提供してくださったそうです)・・・は当たらず、今年は沢山のお芋を持って帰ってきました。続いては宴席には歌がつきものとカラオケ大会に。豊岡市長の加山雄三から始まって、保護司の皆様の美しい歌声が響き渡ります。坂本九に吉幾三、中にはデュエットも(ふたりの大阪ですね)。終始盛り上がった宴席もたけなわ。最後は恒例の3本締めで終了しました。三島地区BBS会も保護司会の皆様には多大なるご協力を頂いています。こうして地道ながら活動を続けていけるのもご理解とご協力あってのことです。今後も様々な活動を協力して実施できるよう、BBS会も努力していきたいと思います。会長 本間雄大

      テーマ:
  • 02 Jan
    • 新年のご挨拶

      皆様あけましておめでとうございます。会長の本間です。2017年を迎えるにあたりまして、一言ご挨拶申し上げます。昨年中はみなさまに多大なご支援を頂きまして誠にありがとうございました。振り返ってみますと・複数のともだち活動・初の社会人の方が多くなっての活動・少年を交えたグループワーク・児童養護施設での活動(恵明学園)簡単に列挙してもこの様に多くの活動に恵まれることができました。これもひとえに皆様の活動に対するご理解とご協力のたまものだと思っております。BBS活動は正直に申し上げてなかなか理解を得るのが難しい活動ではないかと常々思っております。そんな中で私たちが微力ながら力を尽くすことで、ほんの少しでも明るい地域社会に貢献できるよう、本年も精進してまいります。本年も変わらぬご支援のほど、よろしくお願いします。 

      1
      テーマ:
  • 18 Dec
    • 駿府学園 餅つきに行きました!

      こんにちは!三島地区BBS会の中川です。12月11日(日)に駿府学園(少年院)へ餅つき大会に行きました。この餅つき大会は、毎年年末に静岡地区BBS会が中心になって、途切れることなく50年以上続いている伝統行事です。私自身、駿府学園への訪問は3回目になりますが餅つき大会への参加は今回が初めてでした。当日は静岡地区BBS会から1名、静岡市内の保護司や更女の方々あわせて16名が参加しました。今年から、新しい試みという事で少年達も全員参加になり、寮ごとに分かれて合計20名ほどと一緒にお餅をつき、紅白大福を作りました。内容は餅をつくグループとあんこの重さを計り丸くするグループに分かれ、最後にみんなで大福を作るという流れでした。全員が餅をつけるよう、10人を5人ずつ2チームに分け行いました。驚いたことに、少年達の半数以上が餅つき経験者でした。ですので、私達以上に詳しく手慣れた様子で餅をついていました。そのあとの大福作りはほとんどの少年が初めてで、『大福を上手く形成するのが難しい。』や、『愛情を込めて作りました。』などと言って、とても楽しんでいる様子でした。そんな中、私が1番印象に残った出来事は、私が少年達と一緒に作業をしていた時にあんこが入っているタッパーから距離が遠く取りに行こうかなぁと考えてたところ、私が餅を平べったくしたのを見計らって、『どうぞ。』と言ってあんこを丁寧に渡してくれたことです。とても優しい行動に心が温かくなりました。その他にも、話しかけると少年の方から、お餅の話以外にも、『大学生ですか?』とか、『なんで参加したんですか?』など積極的に話をしてくれて、とても嬉しく感じました。餅つき大会が終了した後は、駿府学園から「少年の家」の多目的ホールに移動し、参加した保護司、更女会、BBS、みんなでお弁当を食べながら談笑を30分ほどしました。☆「少年の家」のパンフレット、地域交流スペースもあり、地元に開かれた施設です。“楽しかった” “良い経験になった” そんな言葉を聞くと、こちらこそ本当に楽しかったです。という気持ちになります。自分はまだまだ知らない事がたくさんあって、まだまだ学ばなければ!と思える良い機会でした。中川穂南

      テーマ:

プロフィール

三島地区BBS会

自己紹介:
BBSとは、「Big Brothers and Sisters Movemnt」の略称です。 BB...

続きを見る >

読者になる

AD

カレンダー

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。