広島の弁護士事務所で働く母、39歳からバレエを始める

事務員暦14年。心理学大好き。
何を思ったか、突然バレエを始めました。


テーマ:

今日のレッスンは2名!

1人あたりバー1本の贅沢でした(≧w≦)。

 

暑い日に、冷房の効いた部屋で汗をかく運動をさせてもらえるってのも、

なんだかすごい贅沢だよなぁって思う。

ありがたい。

 


もう最近は、バーの先頭だろうが最後尾だろうが、
堂々とまちがえても平気でなんとかやっているので(笑)、
今日は堂々と最後尾をやりましたよ(≧w≦)。

同じような説明を何度も繰り返し聞いているけれど、
ほんま、バレエも、奥が深いと思う。
昨日、合気道に行って奥が深いと思ったけれど、
これも、また違う奥深さ。

一つの個所を直そうと思ってそこばかりに集中すると、
他がおろそかになる、おかしくなる。
常に全体を見ながら、出来ないところを修正していく。
手の先だけ、足の先だけ、体の向きだけ、という話には決してならず、
常に、全体。
先の動きを頭で追いながら、作っていく。

なんてマルチタスクな世界なんだろうと思う。

だからこそ、完成形まで遠く、じっくりじっくり少しずつコツコツ慣らしていくことに
意味があるんだろうなぁ。

ピアノもそうだし何でもそうなんだろうけれども、
完璧にやろうと思ってもできないから、
常に常に、「今の自分のベスト」に満足しながら学んでいく。
自分はまだこのレベルだけれども、このレベルの中で自分では自分に酔いしれるという感覚(笑)。

このレベルの自分に満足できるという感覚(笑)。
これがあるから、私は、ピアノが未熟でも、バレエが未熟でも、満足して酔いしれて、
続けることが楽しいのかもしれないな(^-^)。

 

間違えることもまだたくさんあるけれど、

振付のパターンがほぼ分かるようになったから、
なんとか、自分で覚え、組み立てることはできるようになった気がする。
2年経つと、こんな感じにもなってくるんだね。


レッスンメモ>>
●バーのフラッペ
前前・前・横・後→後前後ポンポン→後後・後・横・前→前後前ポンポン→横8つ腕回す。

●パセ→パドシャ→パセ→パドシャ連続
右から出発の時はできたのに、左からの出発ではおかしくなった(笑)。
パドシャの後、シャで、足を出す。こういうのは考えて止まるとわからんくなるので、
リズムと勢い(≧w≦)。

●グリッサード→エシャッペ→反対グリッサード→エシャッペ→反対グリッサード→アッサンブレ→プリエ・シュス    

●ピケターン
足の着地位置に注意。前の足の近くに降りる。      

●アラベスクソテ→パセ→アラベスク→グリッサード→グランジュッテ→グランジュッテ
                                                                                                                                                                             
             

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。