前回のブログで紹介したヘアゴムを、スイーツ柄で作ってみましたキラキラ


こちらです


あやぺこ先生に撮影していただきました


もう少し拡大してみました🔎



何の柄か分かりますか❔❔


正解は


檸檬ですキラキラ漢字なのは、こだわりです


いちごにすることも一瞬考えたのですが、
実は遊助の曲で檸檬って曲があって、
その曲がめっちゃいい曲で、
ライヴに行って聞く度にハンカチが必要なくらいあせる

最初は白地に黄色で檸檬だけにしようとしたのですが、
それだけだと、なんか檸檬がボヤけて可愛くないガーン

黄色と白に相性がいい色と言えばたくさんありますが、
まず緑だと、絵の具の緑って焼き上がった時に、
なぜか黒くなりがちで、だからと言って、
黄色に少しだけ緑を加えて黄緑っぽくしても
少し渋めの雰囲気になっちゃうんですね

一般的に釉薬ではなく陶芸用絵の具を使うと、
塗ったままの色が出るって言われてますが、
塗った色より少し濃くなる感じがします。

実はこの檸檬、気に入って自分用にも描いてみたのですが、
絵の具で描いただけの画像がこちら



なんとなく思い付いたままに描いているので、
多少違いますが、色合いは一緒です
やっぱり青がよりネイビーに近い色になってる気がします

ちなみに裏側がこちら


こちらも裏にヘアゴムを通して出す予定です。

檸檬柄、気に入ってしまいましたおねがい
また別の作品にも取り入れていこうかなって思ってます

あやぺこ先生に提案して頂かなかったら
思いつかなかったかもですね

こちらもプリパに出す予定です。
もう日にちが迫ってますね💦
初めてのことなので、気持ちだけが焦って、
ギリギリになってやりたくなったこと等で
てんやわんやしてますえーん

今はひたすら行動のみなので、頑張ります❕❕

まっきー

AD
突然ですが、これは何でしょう❔❔

ちなみに右上にある小さい星は、だいぶ前に作った
私の愛用中のピアスです星



こうしたら分かると思います








正解は、ヘアゴムでした✨



あやぺこ先生に着モデルをして頂きましたウインク

私もあやぺこ先生と同じロングヘアーで、ヘアゴムは毎日の必須アイテムで、
その日の気分によって変えたりしています

ちなみに裏はこんな感じです。


少し色が剥げてますね
裏は通常何も塗らないのですが、私はもともとの粘土の色が出るのが嫌いで、できるだけ裏にも陶芸用絵の具で塗るようにしています。
もし販売用にするならこの上から同じ色のポリッシュを塗ってニスを塗る方がいいのかもしれませんが、
今回のは、自分用なのでこのままにしています。

お店で売ってるヘアゴムも、可愛いのがたくさんあるのですが、

お気に入りを探してるうちに、陶芸で作れないかな❔❔
って思えてきて星

下地にベースになる青を塗って、そこから白を入れて水で薄めたり、ぼかしたり、更に水を流したりを
何度も何度も繰り返して、お教室で1人ニヤニヤしながら塗り塗りしてました(笑)
可愛くしていく作業って楽しいですよねラブラブ
このヘアゴム、かなりお気に入りで、実は今もつけてます爆笑


これをあやぺこ先生に見ていただいたら、スイーツ柄でも作ってみたら❔
って言われたので、私の大好きなあるスイーツを描いて作ってみました

完成品は次回の更新で。。。

まっきー

AD

パイナップル活用法

テーマ:
本日2回目の更新です✨

陶芸で、パイナップルを作ってみました🍍

パイナップル。。。


パイナップル。。。


もし、お教室で習ったように樹脂粘土で作っていたら、作品のパーツの1つになっていたかもしれません

このパイナップルの形、陶器だからこその使い方を発見しました❕❕
陶器で、輪切りパイナップルは主役、それ以上❔❔の活躍してくれます✨

まず


スプーンを置いてみたら、抜群の安定感✨



大きいスプーンだけじゃありません。
小さいティースプーンも置いてみました


やはり抜群の安定感です(笑)



お家でパスタを食べる時スプーンとフォークを、こう置いてもいいかもしれないですね✨


しつこいかもしれませんが、こちらも抜群の安定感です(笑)


パイナップルのこういう使い方はいかがですか❔

食器洗い機では洗えませんが、通常の食器洗剤でなら、何度洗っても大丈夫ですウインク

まっきー
AD
私はもともと陶芸を習っていて、お皿や花瓶など、
自分なりにオリジナルを目指してこだわって、
コツコツ作品製作をしていたのですが、
なんか、陶芸の技術だけじゃ物足りなくなって、
何かもっと、違う分野も取り入れられないかな?
そう思っていたのが、フェイクスイーツとの出会いでした✨

前置きはさておき、なかなか完成写真を撮影する暇がなく、
先日あやぺこ先生に撮っていただいた写真がこちら




可愛く撮って頂けて嬉しいです爆笑

自分でも撮ってみたのですが、まだ加工できていなくて💦

このピンクは釉薬を使っているのですが、ムラが出やすあので、
通常よりも多めの回数を塗りつつ、少しグラデーションにしたかったので、
ヘタの方は少し薄めにしています

釉薬って同じ色で同じくらい混ぜて、同じ回数塗ったつもりでも、何故か色が濃くなったり薄くなったりするんですよね💦

けど、だからこそ1つ1つのいちごちゃんたちの個性が出て面白いですよね✨

陶芸の粘土でいちごを作成するのは、実は思ったより難しかったです。
樹脂粘土なら簡単にできることが、陶芸用の粘土だと、思い通りに成型ができなくて💧
特にへた!陶芸粘土で粘土を薄く伸ばすのが、すごく難しくて、まず薄くしようと伸ばすと、固くて伸びない。
理想の薄さになった頃には、乾燥しきってポキッガーン

そうならないようにと思って水を多めにしてみると、ねちゃねちゃで、剥がしやすいように布の上で作業しても、布から離れないガーン
そんな作業を何度も何度も試行錯誤して、やっとです💦

焼上がった、いちごちゃん達を最初に見た時はめちゃくちゃ嬉しかったですおねがい

普段果実の引き立て役みたいなヘタですが、是非注目して見に来てくださいねいちご

まっきー



いちごの箸置き

テーマ:
今回初めてイベントに参加させて頂くことになって、まず考えたのが、大好きな陶芸と大好きなフェイクスイーツのコラボした物を出せないかということでした。

お教室仲間の、たかぼーさんにヒントをもらって、あやぺこ先生にも許可を頂いたので、作成しました爆笑


まず、いちごの成形。
陶芸粘土ですが、あやぺこ先生に習った方法で作成しました

前のブログで何故か少しもったいぶってたあれです(笑)



下のグレーのが成形してすぐので、上の白いのが、1週間乾燥させたものです。

白土粘土は、最初はグレーなんですが、乾燥させると色が白になるんです

このままだと強度が弱いので、素焼きするとこうなります


残念ながら最初に作った2つは、くっつけるのが弱かったみたいで、
焼いてる途中に離れ離れになっちゃいましたえーん

4つのうちの1つはヘタまで💦

まあ、それは1週間経った段階で取れちゃってたんですが、
後で樹脂粘土でつけてもいいかなって思って焼いてもらいました。

4つのいちごは何かのディスプレイ用にします

素焼きの後は釉薬かけです。
通常なら、このまま釉薬を塗るのですが、今回塗る釉薬は、色が出にくいので、
保険の為に、あまりやらないやり方ですが、もう1行程増やしました。


これは釉薬ではないのですけどね💦
やり過ぎるとヒビが入ったりするかもしれないので、薄めに塗ってます

そして釉薬を塗ったらこうなります



色が全く分からないですよね(笑)
私もきっちり塗ったつもりですが、焼き上がりがどうなるか、正直毎回ドキドキですラブラブ

陶芸作品の色は、陶芸用絵の具で塗った場合はある程度想定できますが、
釉薬で塗った場合は、いろんな条件によって良い意味でも悪い意味でも思ってた色が出ない場合もあるんで、毎回完成が楽しみですおねがい


実は先日やっと完成しました爆笑
まだちゃんと写真が撮れていないので、撮れてから見せますね🍓


まっきー