幹部インタビュー 〜委員長〜

テーマ:
こんばんは!流れ星

広報班2年の田中です!
今回は幹部の、我らが委員長大木拓人さんにインタビューしました爆笑




それでは、
第18回青二祭の委員長の素顔に迫っていきましょう!!



Q1.青二祭スタッフになったきっかけは?
青二祭スタッフになるきっかけをくれたのは、幼馴染みのさや香でした。第16回青二祭のスタッフ募集締切の日に、さや香に「拓人絶対これ好きだと思うし、向いていると思うから一緒にやろうよ!」っと言われたのがきっかけで、青二祭スタッフになりました!







Q2.幹部になった理由は?
なぜ幹部になったかと言うと、青二祭16thの時自分たち高校1年生の代は、本当に青二祭と青二祭の仲間が大好きでみんなでお互いを刺激し合いながら仕事をしていてプライベートでも仲が良く「ピクニックしたり、クリスマスパーティーしたり、年越しをみんなで一緒に過ごしたり、初日の出を見に行ったり、初詣に行ったり」っと会議のなくなった今でもみんなで集まるくらい仲が良く本当に素敵な仲間に出会えました。そんな仲間に出会ってほしいそして、自分の中のビジョンである青二祭を作り上げるために信頼出来る幹部と一緒に作り上げる必要があると思い幹部になりました。







Q3.今年の委員の印象は?
今年の委員はとてもアットホームで仲が良くて、会議後にみんなでひと駅ぶん歩いてご飯食べたりと仲良しだなっと思うよ!自分から仕事を探して働いてくれる委員がいるからこそ、周りにいる委員も引っ張られて一緒になって仕事をしている様子が見受けられるかな!
残念だったのは、後半の会議へのスケジュール管理のできない委員が多かったのが見てて残念に思ったかな。でも、その分会議に全部出席している委員がリーダーシップを身につけて周りを巻き込みながら仕事をする委員が、沢山いて成長しながら仕事を振り分けるリーダーシップなどを身につけてくれている委員もいて嬉しかったし頼りになってた😊






Q4.委員と幹部の違いは?
幹部と委員の違いは8月から一日24時間のうち18時間は毎日のように青二祭のことを考えている事かな☺️それと今まで以上に青二祭が大好きなった!






Q5.今年一番大変だったことは?
今年一番大変だったことはパンフレット作成かな☺️幹部の中でこーたとかれんと俺と去年のダンス・ショー班長とで1週間で作ったことが大変だった事!でも、この作業があったから改めて仲間の大切さとか他にも色々と学べたからよかったと今では思うよ😊







Q6.本番に向けて意気込みをどうぞ!
今年の青二祭のテーマである「Cheer」を色々な形で感じていただけるよう、9月から6ヶ月間準備してきました。18年間1度もチャレンジしてこなかった事にチャレンジしたり装飾やOPVやパフォーマンスなど、今を生きる高校生がクオリティーの高いものを準備してきております。明日青二祭に来た際、この青二祭が皆様の背中を推す源となるイベントとして感じとっていただけたら光栄です。


{6B729D30-6B0A-4CDC-A1CD-AAD79666DBAA}





インタビューは以上です!
インタビューにお答えいただきありがとうございました!

常に青二祭、委員の事を考えている拓人さんは、委員全員の憧れです照れ
笑顔も素敵ですねウインク


そして青二祭までもうすぐとなりました!
こんな素敵な委員長のもと、委員全員が団結して行われる青二祭は、絶対誰でも楽しめます!!
まだ迷ってるあなたも、ぜひ赤坂BLITZへ!!

AD