かふぇ・あんちょび

このカフェ、未だ現世には存在しません。

現在自家焙煎珈琲工房(ただの家の納屋ですけど…)を営む元バックパッカーが、

その実現化に向け、愛するネコの想い出と共に奔走中です。


テーマ:
200807291832000.jpg
今日も暑い一日でしたね。

お客さんである小さな喫茶店から、お店のオリジナルブレンドを作る依頼を請けています。
今日は一日焙煎をして、あれこれ組合せを試していましたが、なかなかドンピシャの感じになりません。
お店の方でもアチラのイメージと微妙にズレがあるようで、今回ので試作4号という事になります。

…とりあえず今夜はビアガーデンに行こうっと。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:


 暑い日が続きますね。


 私は暑い国や暑い季節が好きで、汗をダラダラ流しながらデレーっとするのは平気な方ですが、それが快適なのかというと、まあ快適ではありませんよね。

 

 一方で私には別の問題がありまして、密閉された小さな空間というのが苦手です。

意識が他のところに向いていれば平気なのですが、いったん密閉空間を意識し始めると、なんか息苦しいような、酸素が足りなくなるような錯覚に陥ってしまいます。

 一度だけ泊まった事のあるカプセルホテルでは寝付けませんでしたし、カラオケボックスやサウナは大嫌いです。


 ですから、夏の暑い日や冬の寒い日でも、極力部屋の窓は開いていて欲しいのです。


 という訳で、私の部屋のエアコンはなかなか活躍の機会がなく、日が沈んでから一旦部屋の温度を下げるのに使われるくらいで、あとはさっさと窓を開けてしまいます。


 でも、私の部屋は家の西に位置していて、西日で壁がアッついんですよねー・・・。


 今年はちょっと西日対策に取り組んでみました。



       ひまわりの芽


  これが5月くらいの段階です。


 
       鉄壁のディフェンス


 現在。

 ロシア生まれの品種だそうで、背の高さが2メートル以上になりました。

もう花も終わりのようで、なんだか 『 千と千尋の神隠し 』 に登場したカオナシみたいに首をうなだれている子もいますが、毎日すくすくと育つ様子がとても可愛らしく、嬉しかったです。


 ロシアの大地に訪れる短くて強烈な夏の日々、一面に咲く向日葵の畑で微笑む、麦藁帽子に木綿のワンピース、そばかすがあってちょっと色素の薄い感じの背の高いロシアの娘さん・・・なんて感じの妄想をして楽しんでいます。


                                                                          
       ロシア美女


 ちゃんと種をとっておくから、来年また会いましょうね。



 夏はまだまだ続きます。

 後半戦は、ロシア娘からチャイナ娘へと防御陣が交替します。


 
       あさがお


 ひまわりの後方では、中国生まれのあさがおたちがせっせと蔓を伸ばして緑のカーテンを織っている最中です。



 寝苦しい夜でも、部屋の壁の向こう側にいる彼女たちのことを想うと、なんだかちょっとだけ暑さも薄れるような気がします。


AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 テレビのニュースでこの話題が取り上げられていました。


 これスゴイですねえ・・・、パチンコ屋さんとか、喫茶店とかも公共的施設という訳で、県が施設内での禁煙を強制するという事ですよね。

 ビバ、健康! って感じですか。



 うーん、なんとか逃げ道はないものだろうか・・・?


 喫茶喫煙という言葉があるように ( あるのか? ) 、個人的には禁煙の喫茶店っていうのにはなんだか違和感があります。


 私はヘビースモーカーという訳でもないので、コーヒーを飲みに入った女性に人気の洒落たカフェが禁煙ならば、それはそれで平気でもあるんですけれど。



 こだわりの家具の配置とか採光とかが考え抜かれていて、観葉植物があふれる素敵な空間で、契約農家から仕入れたオーガニックのサラダを食べ、自家栽培のハーブティーなんかを飲んで気の置けないお友達とおしゃべりをする天気の良い午後って、ステキですよね☆☆


 ・・・・・・。


 ・・・え~! そんな店しかなくなっちゃうの!?



 分煙というカタチで選択肢が認められるならば、私は断然、薄暗い店内にシェードの付いた照明がぶら下がり、むくつけきオトコたちや妖しげなオンナたちが煙草の煙をくゆらし、そんな彼らの鈍感な味覚でもハッとする味わいの珈琲を出すような、そんな小汚い喫茶店のカウンターに立っていたいものです。


 受動喫煙がどうのこうのと問題になるようでしたら、店の扉にはでっかく、


  『 喫煙者保護区 』


のマークを掲げ、他人の喫煙までも許せぬという筋金入りの嫌煙家の入店をお断りします。


 公共的施設という点が問題ならば、会員制のクラブの体裁を取ってもいいです。



 ・・・妄想はとどまる所を知りませんが、商売になりそうもないなこりゃ。

私の珈琲が、もんのすごく美味ければなんとかなるのかもしれませんが・・・。


 はぁ~あ、健全な世の中ですねえ。

 ほとんどが税金である煙を吸って、財源確保の為の度重なるたばこ税値上げにも屈せず納税を続け、それでも肩身の狭い思いはますます強まるのだろうなあ。

 



 

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 ・・・ふーむ、珈琲の仕事がヒマになるこの時期は、夏休みと称してのんびりと旅行記の執筆でも再開するのだろうと思っていましたが、おかげさまでというか何というか、仕事がそれほど減らず、なによりの日々を過ごしています。


 今日は一日焙煎機につきっきりで、明日から始まるお肉屋さんのセール用の珈琲豆を焙煎していました。

麦茶と焙煎したてのコーヒーの試飲で水分補給を繰り返しながら、汗ダラダラの一日でした。


 お肉屋さんでは、一年に4、5回セールをやるらしいのですが、今回のは開店3周年のセールで、割引にも気合が入るのだそうです。

私の珈琲豆も、便乗して2割引で売り出します。


 2割引・・・、自分が買い物をする側の場合には、それほど気にも留めない割引なんですよね。

ところが、値下げする側にまわるとこれがまた結構デカイんですよ・・・。

私がこのお店のセールに参加するのはこれで2回目なのですが、前回のセールで結構な数の珈琲豆を売りさばいて、ホクホク顔で計算した売上額を見たときのショックを忘れる事ができません。


 いーや、それでも普段買い控えているお客さんに私の珈琲を飲んでもらえるいい機会ですので、ここはひとつ太っ腹で行きますよ~。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 さあて、世の中が連休中って事は商売人には稼ぎ時って事ですよ。


 という訳で今日も珈琲豆を売ってきました。
お肉屋さんは連休のなかびに強い業種のようで、明日も休みの今夜はバーベキューや焼肉を楽しむ家庭が多いのか、ひっきりなしにお客さんが入ってきて大繁盛のようでした。


 パンの売れ行きもよいのですが、本日の南九州かなりの暑さで、やはり私のコーヒー豆だけいまひとつ勢いに乗り切れません。
パン完売で売場が早仕舞いしてしまうまでに、ようやく春の休日の8割くらいの量を売り上げて本日は終了です。


 うーん、これでも健闘している方なんだろうなあ・・・


 ほとんど中毒の私自身はともかく、このクソ暑いのにコーヒーを飲むお客さんも、結構いるもんなんですよね。


 よーし、暑い夏は珈琲は売れない というギョーカイの常識は常識として、明日も売場に立っておばさま達に甘いトークを仕掛けましょうかね。


                                                                             
       Hannne



 今日のハナちゃん。


 小屋の中は蒸し暑いようで、木陰でウロウロしたり寝そべったりの優雅な一日を過ごしてました。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

 基本的には、自分の自由を認めてもらうにはヒトのそれを認めなければならないと思っています。

 ですから、どちらを選ぶかと問われれば、口やかましいモラリストではなく、ある程度懐の広い傍観者の態度です。

 



 そもそも、キャスターの山本モナさんがプライベートで何をしようが、関係なくないですか?

 不倫が褒められた行動だとは思いませんけれども、そうした秘め事を公共の場に引きずり出して偉そうにモラルなどを語るヒトたちが、彼女より品性が優れているとはとても思えません。

 己の下劣な覗き見趣味であるとか、それを仕事にしないとお金がもらえないとかいう事を考えると、やはり私も彼らもまた恥ずかしいのではないかと思います。

 まあ、私自身の品性も低俗ですから、正直面白くもあるんですけど…。

 だから、そんな魔女裁判の血に飢えた観衆みたいなヒステリックな態度でヒトを糾弾するのは止めましょうよ。

 お互いちょっと抜けていてばかな方が、一緒に生きていくのに楽だと思いますけど。
 
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

ジョージア ヨーロピアン微糖190g 缶×30本入
¥2,299
味園サポートヤフー店


 うーん、私は缶コーヒーを長い事飲んでいないのでどんな味なのかわかりませんが、最近テレビで流れているこの缶コーヒーのCMは、イイですね~。


  ジョージア上出来人生劇場


 焙煎機の冷却箱の中でぐるぐるかき回されている焙煎後の珈琲豆に、舘ひろしが手を突っ込んで あちっ! ってやるあのCMです。


 私もよく手を突っ込んでボリボリと豆をかじって味見しています。


 あの女の子が、リア・ディゾンなんですね。

名前は聞いたことありましたが、ようやく顔を確認しました。


 それにしても、焙煎ガール、いいなあ・・・。


 タクシーの運転手さんたちが、長時間の運転やお客さんに気を遣う仕事の合間に、缶コーヒーを飲んでホッとひと息つけるのは素敵な事だと思います。

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

 日曜日はネクタイを締めてお肉屋さんのパン売場のレジに立ち、珈琲豆の売り込みをする日です。

私が分けてもらっている棚のスペースは幅60センチほどではありますが、スーパーでいうならばちょうどガムや乾電池が置いてあるレジそばの位置ですから、レジを手伝ってパンを包装しながら上手に声をかければ、お客さんにもう一品、100g入りの珈琲豆を買ってもいいかな、と思ってもらうのはあながち不可能という訳でもありません。


 この売場がオープンしてふた月半になろうとしていますが、パン屋の売り子のおねえさんとの呼吸もお互いわかってきて、袋詰め・・・会計・・・、そしてココ! 合計何円になります の直前の一瞬の間 が私の勝負のタイミングです。


 

 さて、このドイツハム・ソーセージの工場と売店の経営者である社長は養豚業を営むおヒトで、現場を仕切る店長はドイツで食肉加工を学んできた息子さんです。

 お店は郊外の国道沿いの眺望の良い高台の、ヨーロッパの農家風の洒落た建物です。


 そして、そのお店の駐車場のすぐそばにある小さな小屋に、ハナちゃんは住んでいます。

同棲相手でもあった恋人を失って久しい現在の私にとって、ハナちゃんは最も近しい女性という事になるでしょう。

 このガソリン価格高騰の昨今、私が毎週片道1時間かけてこのお店に通っているのは、彼女に会えるから というのが大きな理由となっています。


                      
       ハナちゃん



 彼女も最近では私のことを憎からず想ってくれているようで、前日のパンの耳などという気のきかない手土産しか用意できない不甲斐ない私の訪問にも、大喜びで小屋を飛び出して出迎えてくれます。


 ところで、彼女の 「 ハナちゃん 」 という名前、名付け親は誰なのでしょうね?


団塊世代っぽい社長が付けたとすると 「 花ちゃん 」 ?


ドイツ帰りの店長が付けたとすると 「 Hannne 」 というドイツ女性の名前なのかなあ?



 ハナちゃんはミニブタという愛玩用の品種で食肉用ではないそうですから、私はそれほど別離の心配をせずに済んでなによりです。


 

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:
風と共に去りぬ (1)/マーガレット・ミッチェル
¥780
Amazon.co.jp

 はい、今日も相変わらず工房で汗だくになりながら読書三昧です。


 配達はなし、明日の注文の電話が1件、売上げはご近所さんが買いに来てくれた1件のみで、のーんびりとしたヒマな一日でした。

 我が珈琲工房はただの納屋ですので、天井はなく屋根は半透明の波型のプラスチック ( ウチらへんではこの素材を タキロン と呼ぶのですが、これが正式な名称なのかはなはだ自信がありません… ) で、中はまるで温室状態です。

 今日は椅子を軒下に引っぱり出してグダグダしておりましたが、いい風が吹いていてまあ気持ちが良かったです。


 さて、先日ご紹介した 『 レット・バトラー 』 は文庫版がまだ途中までしか書店に並んでおりませんので、次なる作品はおのずとオリジナル版の 『 風と共に去りぬ 』 という事になりました。


 私の持っている文庫版は昭和52年発行 平成2年第33刷のもので、定価は520円となってます。

本体価格505円とあるので消費税3%の時代で、活字も現在のものと較べると結構ちっちゃいです。

本の値段はかなり上がっているのですね。


 平成2年というと、私は18か19かそれくらいの頃です。 ふうん・・・。



 そんな自分自身の読書歴に対する思い入れもあるのでしょうが、あらためてオリジナルの方を読んでみると、やはり圧倒的にコチラの方が優雅で格調高い筆致に思え、古き良きアメリカ南部に思いを馳せる事ができます。

 これと較べてしまうと新版の 『 レット・バトラー 』 の方はいかにも安っぽく感じます。


 うーん、でも、どうなんでしょう?

原作、翻訳ともに時代が違ってますもんねえ。

 特にこの小説が書かれた当時には、スカーレット・オハラのあの人物像は、かなりハレンチでエキセントリックだったのではないでしょうか。

そう考えると、現代の新版としてのレット・バトラーも、あれくらいはエロ描写が入って安っぽくてもそれはそれで時代をあらわしていていいのかもしれません。


 

 ・・・とまあ、まるでジョージアの農園貴族のような優雅さの、私の夏の一日でした。


 これは、長い夏になりそうです。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
新編・風と共に去りぬ レット・バトラー1 (ゴマ文庫)/ドナルド・マッケイグ
¥800
Amazon.co.jp

 

 えーと、環境と偽善に関する話題はもういいです。

 そもそも自営を始めたばかりの私の所得は平均的日本人と較べるべくもなく低く、リサイクル以前にそのリサイクルすべきモノの購買力がほとんどないので、これはこれでひとつのエコロジーのかたちです。


 そしてさらに、そのなけなしのお金で買った前述の本は書店のベストセラーの棚にありましたし、この著者のヒトはまさか他人を偽善者呼ばわりする事によって得た印税収入を私利私欲の為に使うはずがなく、私の払ったお金も真にして善なるエコロジーの為に使われることはもう疑うべくもありません。


 という事で、私は私の信じる道を往きます。



 さて、夏休みの課題図書2冊目は、私が長年耽溺している長編小説 『 風と共に去りぬ 』 の新編で、主人公がスカーレット・オハラからレット・バトラーに交替し、あの同じ時系列を別の角度から描いてある非常に面白い作品です。


 以前に 『 風と共に去りぬ 』 には続編として 『 スカーレット 』 というその後の物語が描かれたのですけれども、私にはあの展開はどうにもメロドラマチックに過ぎて蛇足に感じました。


 今回の文体と展開にはそれほどの違和感もなく、なにより私はこの 同じ事件、同じ物語を別の視点から眺める という手法が大好きなのです。

 映画で言えばタランティーノの 『 パルプ・フィクション 』 にちょっとそんな感じがあります。


 うーん、それにしてもこれは面白い本です。

懐かしのスカーレットも、レット・バトラーも、ミッチェルの原作とはまたちょっと違った魅力で、それでも生き生きと描かれています。


 ちなみに今日は珈琲の配達に2件行って、配水管の洗浄の訪問セールスにやって来たヒトに無理矢理アイスコーヒーをご馳走した以外は、暑い工房で両足を洗面器の水に浸しながらずっとコレを読み耽っていました。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。