処女航海

テーマ:

aw

サンタナのアルバムのコマーシャルが物凄い。ラジオはサンタナだらけだ。

嫌いなわけじゃなく興味がないのにサンタナを意識している自分がいるのがちょっと。

コマーシャリズム。

サンタナは今年の夏、ハービーハンコック、ウェイン・ショーターと特別ライブを日本やらそこいらでやっていて、行きたかったが忘れてたライブの一つだ。別に誰のファンとかいうわけでもないし、サンタナに関してはまともに聴こうと思った事もないし、今回のアルバムも特別いいわけじゃなかった。

この3人、ハンコックとショーターはマイルスバンド時からよくやっているし、サンタナの幅の広さを考えると別に一緒にステージに立つのは不思議な事じゃない。

かっこいい音になるかというと、この3人でそんなもんできると思えない。個性的ではあるけど、なんていうかダサい事やってきた人達でもある。

ダサいけど、3人とも発明家だ。ショーターとザヴィヌルのウエザーリポートのフュージョンなんかは発明の一つだ。あれはへんな音楽だ。

実際に日本で行われたセッションは多くの観客を魅了したらしいが、自分はまだ聴いていない。

この3人ならそれこそノイズや民族、クラシックみたいな音楽以外ならなんでもやれそうである、エレクトリックだろうがガレージだろうがムーディーだろうが。クラシックもいけそうだな。

様はなんでこんなライブに行きたかったかというと、その時多分、好きな音楽より天才肌の音楽が聴きたかったのだと思う。

ジョビンや大貫妙子、矢野アキコも同じ理由で見に行った事がある。すべて国際フォーラムだ笑。


話は「処女航海」maiden voyage


60年代のモードジャズ代表作。モードジャズってものはマイルスが提唱したものみたい。コード進行から奏者を解放したジャズ。いまではなんら珍しくない。スタンダードとよばれるジャズが嫌いなのもコードにしばられた、まさにロックと同じ事だからだろう。中学生が「ジャズやるべ」とさわいでいればいい。


一昔前からポスト~という言葉を耳にするポストロック、ポストエレクトロニカ、ポストジャズ、ポストノイズ、しまいにはポストプログレッシブだ。~以降という意味を持つ「ポスト」という言葉をプログレッシブに付け足すと「先進的以降の~」みたいな事になる。わけわからん。ポストって言葉は佐々木敦がいいだしたのかな。うまい言葉だけに氾濫すると乱用されやすい。こんだけめちゃくちゃならポストばかりでプリがでてきてもいいのだけれど、その辺の常識を崩さないあたりは業界だ。

プリロック=ロック以前のロック。すごい事だね。


話は「処女航海」maiden voyage pt,2 fromごきげんよう


ブルーノートの名作紹介などには必ず載っているこのアルバムは、マイルスバンド在籍時のハービーのデビューアルバムだ。わりとアグレッシブなイメージのハービー。このアルバムももちろんアグレッシブさもあるんだけれど、なんていうか緻密な音楽。最近のラップトップみたいなjazzだ。曲構成が面倒くさそうな感じがする。いわいるプログレの緻密、精巧とはまた別で、静かに変化している。多くのヒップホップの連中が好きな曲に上げるのもわかる。こちとらの意識にあるjazzのやり方(方法)ではない。なにものでもないわけではなく、確実にはっきりしたやり方がみえる。


のちにハービーはソウルをjazzに取り入れたり、テクノやヒップホップを取り入れたり、ジャズの幅をひろげているんだけれど、実はデビューの時点でジャズの存在を大きく広げている。すごいな、この人と尊敬。ドンドンダサくなっているけど、根がかっこいい事がわかると、ダサい曲も意味を持ってくる。

自分の好きな音楽は音そのものもそうだけれど、つくる人間のカッコよさにもある。



AD

jean luc godarrd

テーマ:

DF

JLG/音楽史 ~初めて演奏されるゴダール~

東京オペラシティ リサイタルホール 11月7日(月)


メチャクチャいきたかった。まさか泊まりで仕事とは・・・。今の職場に所属してから数々の伝説を見逃しているように思う。


うわっ、甘いとおもってたお菓子がショッパイ!!見事な創造のうらぎり。このスナック菓子万歳。二度とかわん。


で、ゴダール。

なにかっていうと、鬼才菊池ナルヨシが中心になってゴダールの魅力を批評家小沼純一と語り、ゴダールの映画で使用されてた音楽を演奏するというもの。

ゴダールの音楽といっても調べる限り、様々な作家がいる。

ガブリエル・ヤーレ。「勝手に逃げろ」でゴダール音楽手がける。いまじゃ巨匠。

モーリス・ルルー。ゴダールじゃないけど、「赤い風船」「白い馬」なんかの音楽もやってたみたい。「LE PETIT SOLDAT」でゴダール音楽手がける。

ジョルジュ・ドルリュー。フランス映画音楽代表みたいな人。なんか優雅な感じの音が得意なのかな。「LE MEPRIS」(軽蔑)でゴダール音楽手がける。

ミシェル・ルグラン、この人はヤバイ!!マイルス・デイヴィス、ジョン・コルトレーン、ビル・エヴァンスらビッグ・アーティストを招き、ビッグ・バンド『ルグラン・ジャズ』を吹き込みなんかしてる。クラシックも精通してるし、センスがいいって自分からみるとこうゆう事だ。「恋人のいる時間」でゴダール音楽手がける。

ポール・ミスラキ。フランス映画オヤジ。「アルファヴィル」でゴダール音手がける。

てな具合。あとクラシックそれこそリストとかバッハとか使ったりしている。ナルヨシはなにを演奏するのだろうか?

ゴダールの映画の見方はいろいろあってファンとか批評家とかがうるさくなりやすい類の作品(後半とくに)がおおい。

でもね、音楽もそうだけれども、こうゆう芸術まがいのものの見方が大概の人がショボイ。「ゴダールはさー」とか、もう見てられない。

この感覚はラーメンを食いにいく貧乏な人間と同じ。うまいだまずいだ何味だ淡水だ出汁だ太いだほそいだ。もううるさい。どうでもいいだろ貧乏なんだから。しかもラーメンだけなぜそこまでこだわる。庶民のこだわりとか言い出す始末。ラーメンこだわる人とはやっていけない。やってられない。

ナルヨシがゴダールのなにを語るのか聞いてみたかったな。

ナルヨシはザビィヌルバッハ以外にめちゃくちゃいろんなもんに手を出してて、本も結構でてて、面白いから全部買ったんだけど、まだ講義や語りを聞いた時はない。東大講義が終わった今、いいチャンスだったのにも関わらず、仕事泊まりとは・・・。

ナルヨシはずるいなー。

AD

boards of canada

テーマ:

21e

新作でて3週間くらい立つのかな。boards of canada / the campfire headphase。

適当にcd買って聴いて、まーそんなに進化するバンドじゃないからこんな感じかーと思っていたんだけど、ちょいとかけたい曲があってLPでも購入。

ミキサー通してヘッドホンで聴いてたら、やばい事になっている。

気分がはまったのかもしれないけれど、音楽的じゃない音というか、サイケ感すら漂う。

最近タバコをやめ酒を控え、夜な夜なランニングしていて健康ブーム到来なのだが、はしってる際に聴く音楽はヤバイやつにしていて、すぐにハイになりながら走っていられるんだけれど、これ聴いてはしってたら、もうすごい遠くに来ていて、たぶん5キロくらい家から離れたところで、プレイヤーの電池が切れてシラフになって帰りはもうね・・・。コンビニで電池買ったけど、もう脳内麻薬は分泌される事はなくて。

次の日の筋肉痛が心地よくて今でもランニングは続けている。岩手の彼らの影響か。まだ続いているのだろうか。


ところで今ランニングする際につかっているプレイヤーはなんとshockwaveなのだ。カセットテープね。アナログLPからRECしてアナログカセットへ。アナログライク。

MP3プレイヤーとかどうしても買う気になれなくて、まーi podシャッフルもらったんだけど即なくしてね。なんか音のでるものはでかくないと信用ならんというか。なぜかオーディオは古い人間。

でまー、走るにあたってコンパクトなほうがやっぱいいかなと思い、重い腰をあげてプレイヤー買いにいったんだけど、なかなかしっくりこなくて。

そもそも何ギガほしいかって、30あれば、いいかなという具合。中古i podでもいいんだけれども、なんか好きになれない。デザイン。appleのデザインセンスと異なるところにいるのだなと改めて思う。

マックかわいいとか意味わからん。




nujabes

テーマ:

pcの調子が悪かったので新たにフリーのウイルス検索ソフトavastを導入したところ。一挙に10にも及ぶウイルスが検知された。

セキュリティーとか興味ないし、無頓着なのでこうなる。パソコンの前に向かいながらハードそのものに愛着がないのが自分でもわかる。mac使う人はハードそのものに愛着があったりするようにも思う。劇的な違いがある。


話はnujabes。

hi

11月11日に全国一斉発売は2nd。[modal soul]

1stから2年立つ。

馬鹿やばいアルバムじゃないけど、今だによく聴いているなーという感じ。目指すところではある。こうゆう感じ。

この人普通にレコ屋の店長ってのがたまらない。彼女もベッピン。

めざすところだ。卓球も似合う。