にほんブログ村 アニメブログへ にほんブログ村 映画ブログへ
SEO
TOMCAT SYSTEM
2008-04-13 01:42:38

バンブーブレード -BAMBOO BLADE- 第26話「"それから"と"これから"」

テーマ:バンブーブレード
「これが室江高剣道部だ」

バンブーブレード26-01
朝稽古として自宅の道場でひたすら素振りを続ける川添珠姫。そんな彼女の竹刀に、モンシロチョウが止まる……
季節は春を迎えていた。
半年は経過しているみたいです。


バンブーブレード26-02 バンブーブレード26-07 バンブーブレード26-08 バンブーブレード26-09
珠姫は鈴木凛と待ち合わせをして、一緒にブレードブレイバーの劇場用新作映画超剣戦隊ブレードブレイバー 集結!四聖獣の戦士達』を見に街まで出てきています。
バンブーブレード26-03 バンブーブレード26-04 バンブーブレード26-05
シナイガールの死ぬシーンでは揃ってあうあう号泣しています。
バンブーブレード26-06 バンブーブレード26-10
シナイガールの死からシナイダーはシルバーブレイバーに変化し、4人でブレイバーロボに乗り込む。ファイナルチェンジしたビッグブレイバーロボは『ビッグブレイバーロボ大聖剣ブレイド・オブ・トリニティクラッシュ!!!』で敵を粉砕する。
て、技名なげぇ!!!!
無駄にこの作品はブレイバーのシーンに気合い入れて作ってるよな。アニメ製作スタッフって、なんでこうも劇中劇に力を入れたがるんだろうか。そしてそんな劇中劇が独立した作品になる事も多いが、大抵はパッとしない。

バンブーブレード26-11
とりあえず、凛とタマちゃんはご満悦です。
「ブレイバーも、ちょっと格好良かったわ」
「はい。シナイダーも」
互いの好きなものを認め合った2人。

バンブーブレード26-12
いよいよ3年生となるキリノには、何やら思うところがあるようで。
とりあえず、普通の部屋では竹刀を振りますのは危険なので止めましょう。

バンブーブレード26-13 バンブーブレード26-14
新入生のシノブとマコト。剣道部に入る方向で話が進んでいるようだが、どうやら自分たちの意志で決めたのではなく、事情があってそういう話になっているようだ。
特にのんびり系らしいマコトとは対照的に、シノブはかなり気に入らないご様子。
「同じ身体にいいんだったら、あたしは他のスポーツを選ぶわ。
 卓球とか、ラクロスとか、カバディとか、セパタクロウとかぁ!」

なんでこの娘の嗜好はそんなにマイナー系なんだ。特に後ろ二つは普通の高校には部活なんて存在しねぇよ。
慣れているのかシノブの怒りを全く意に介さないマコトに、剣道が大嫌いだと叫ぶシノブ。だが結局一緒に見学に来ています。
ツンデレ過ぎだよ、君。

バンブーブレード26-15
2人が見学に来た時に、よりによって道場にいるのはタマちゃんのみで、どうすれば良いのか判らずにおろおろしまくりです。
バンブーブレード26-16
そんな所にやってきた助っ人はまたよりによって東聡莉という、全く役に立たない助っ人です。
バンブーブレード26-17 バンブーブレード26-18
マコトの先輩という言葉に、何やらスイッチが入ってしまう2人。が、さとりんの方向性は思いっきり間違った方向に進んでます。
バンブーブレード26-19
竹刀で真剣白羽取り、しかも失敗という『芸』は見事にすべる。
ああ、悲しいぐらいに役にたってないよ、さとりん。
バンブーブレード26-20 バンブーブレード26-21 バンブーブレード26-22
そこへやって来た第2の助っ人は宮崎都。しかもさとりんに『芸』を見せてくれと頼まれて、愛用の木刀を指に乗せる。更に竹刀を木刀の下にして、最後はそれらを飛ばしてキャッチするという荒技を披露する。
「剣道関係ないじゃん」
バンブーブレード26-23
というシノブのツッコミに、キレかけるミヤミヤ。シノブもブラック・ミヤミヤに睨まれても負けていません。
タマちゃんの度重なる「普通に稽古を見せた方が」という提案は悉く無視されています。

そこにやって来たのは、ようやく頼りになりそうな面子。
バンブーブレード26-24
中田勇次と栄花段十朗の2人。ユージの質問から、2人の新入生が剣道未経験者だが、防具だけは兄たちのお下がりである事が判明する。
そしてなんとこの時点でダンくんが部長だと判る。
もう部長交代してるのか。部長交代って、3年になる前にやるものだったっけ? 纏め役にはユージの方が向いているような気がするのだけど、ダンくんを選んだんですね。
「今時剣道なんか、やってる意味ないわ!」
「そんな事はありません」
剣道を否定するシノブだが、タマちゃんがそれをハッキリと否定する。
「「「「「「剣道は、楽しい!!」」」」」……です」
新2年の部員達が一斉にハモる。みんなの声に押されて、タマちゃんの声が「楽しい」辺りで小さくなるのがなんとも可愛い。
そしてようやく登場の3年2人。
バンブーブレード26-25
「話は聞いたわ。1年諸君!
 剣道へのそんな偏見はもう古いよぉ。
 今どきぃ~?
 ノノノン、ノン。
 今だからこそ、レッツ剣道!
 カモン、とぅげざぁー!!」
バンブーブレード26-26
「剣道はね。確かに防具はゴテゴテしているし、地味だし、小手は臭いけど、やったら絶対楽しいよ」
テンションの高い桑原鞘子と、笑顔で語る千葉紀梨乃。2人とも相変わらずのようです。

バンブーブレード26-27 バンブーブレード26-28 バンブーブレード26-29 バンブーブレード26-30
そしてようやく、まっとうな稽古を1年生たちに披露する時が来ました。
やっぱりタマちゃんの相手はユージのようだ。相変わらず他の子ではつとまらないということか。
バンブーブレード26-31
突然の変化に戸惑い、少し興味を示し始めるシノブ。
興味を示したマコトはまったくの素人で、先輩達のようになれるのかと不安を覗かせる。
が、そこにやって来たのは超初心者顧問の吉河先生……
顧問になってる! 顧問云々もそうだが、部長のダンくんや実力者のさとりんと戦ってるミヤミヤが部活入ってから剣道を始めた事を教えてやれば良いのではないのだろうか。
バンブーブレード26-32
しかも吉河先生が妊娠して、産休に入ってしまうという事実が発覚。結婚までしていたらしい。そして妊娠3ヶ月……旦那、手が早いな。半年前にはまだ付き合うところまでも行ってなかったのに。
しかし3ヶ月で産休って早くないか

吉河先生のお腹に手を当てるタマちゃんたち。3ヶ月では赤ん坊はまだ虫ですから、動いても判りませんよ。
バンブーブレード26-33
代わりの顧問は既に決まっている、という事で呼ばれて現れたのは石橋賢三郎……まさかと思ったが、やはりこいつが吉河先生の旦那のようです。デレデレで必要以上に過保護な様子からして、3ヶ月で産休をとるようになったのは、こいつが言い出した事か?
そして新しい顧問、ではない。
「新しい顧問は、こいつだ。
 出て来いやっ!!

何で高田延彦なんだよ。
バンブーブレード26-34 バンブーブレード26-35
そして現れたのはブレイド・ブレイバを名乗る……いや、誰が見ても石田虎侍だから。あまりの事にみんな惚けてるよ。
バンブーブレード26-36 バンブーブレード26-37 バンブーブレード26-38
そんなコジローにしがみついて喜ぶキリノ。
キリノの喜び方は、とてもただの顧問と生徒の関係には見えない、と思うのは私だけでは無いはずだ。卒業後に結婚とか言ってもおかしくないような雰囲気醸し出してます、この2人。

理事長の奥さんのお友達の婆は引っ越したのと、吉河先生が成明高校の林忠明先生の推薦状を獲得した事もあり、復職が適ったらしい。
ん? アレは小田島礼美の母親だったから、礼美も引っ越したって事か?
行動力があると自慢げに語る吉河先生。確かにその行動力で石橋と結婚にまで漕ぎ着けたわけだしなぁ。
アニメになって出番が増えてコジローとの絡みが増えてたから、てっきりコジローとくっつくのかと思っていたが。

しかし見学にきた日に色々と起こるよな。
そんな二人の新入生にコジローがようやく名前を尋ねる。
岩佐誠
外山忍
バンブーブレード26-39 バンブーブレード26-40
聞き覚えのある二人の名字に驚く部員達。
こう来ましたか……
あの二人の弟と妹だった訳ですが、仲の良さから見ると幼なじみ。と、考えると外山と岩佐も幼なじみだったのですね。
岩佐家はツンデレの家系なんですね。
バンブーブレード26-41
そんな二人にお兄さんの分も一緒に剣道しようと誘うキリノ。
マコトは元々その気があったようだし、シノブも考えてみると前向きな姿勢に変わったので、ほぼ確定のようだ。

バンブーブレード26-42 バンブーブレード26-43
そして再び練習を開始しようと、コジローが取ってきた武具の竹刀袋には、かつてキリノの作ったコジロー長官マスコット人形がぶら下がっていたのを見つけて、思わずキリノの目から涙がこぼれる。そして妙に気合いが入ってます。
学校を止めても、自分たちの事を忘れてなかったというのが嬉しかったのでしょうかね。

復職祝いに屋台のおでんを食べる2人。
コジローはノブちゃんの紹介でバイトしながらも、バイトが終わったらひたすら素振りをしていたらしい。
素振りのキツさと夢中になれるものだというのを思い出したらしい。
武道において、基本というのはとても大切です。真剣にやれば、それだけでクタクタになるほどに疲れるものです。
に、してもあの次回予告の漁はイメージではなく、事実だったのか!?

そして朝、道場で素振りをしていたタマちゃんは、朝稽古に来た珠姫父と久しぶりの稽古を行う。
これはアバンのシーンの続きなのか、それとも別物なのか…
タマちゃんの成長を感じる珠姫父。しかしまだ珠姫父にはかなわないようです。珠姫父、かなりの実力者なんですね。林先生とかと互角かそれ以上なのだろうか。

土手沿いの道を自転車で登校するタマちゃんは、去年1年の出来事を振り返る。
バンブーブレード26-44
「お母さん……私……
 ……2年生になりました。
 …………
 ……剣道が、大好きです!




YouTube動画 最終回エンディング

九州・博多の『第六十三回 鳳凰旗大会』に向かう室江高剣道部。
OP曲『BANBOO BEAT』に合わせてみんなの今を紹介。
マコトとシノブもちゃんと入部しています。最初にさとりんとしゃべってる爺さんは誰?
小川芽衣はしっかり剣道を続けているようです。
そしてサッカーをする岩佐と外山。こいつら、サッカー部に入部していたって事か?
小西は髪の毛を短く切って、心も入れ替えています。アニメ版では心を入れ替えたのか判りにくかったのですが、ここで証明されましたね。
キャリー・西川は相変わらず。
礼美の母親も健在で、今度は石橋と車ぶつけてますね。
凛も参加していますが、仲良く喋っている相手は後ほどハッキリしますが、やはり特撮つながりで仲が良いのかな。
原作にしか出てない鎌崎高校の岩堀猛と近本成海もコジローの後ろにちょこっとだけ登場。

バンブーブレード26-45 バンブーブレード26-46 バンブーブレード26-47 バンブーブレード26-48
そして出会う運命の二人、川添珠姫榊心(さかき・うら)。
原作を知らないと、誰なのかすらさっぱり判らないですね。
とりあえずかなりの実力者と運命的な出会いをしたのだろう、というのは推測がつきますが。

……原作が進んだら2期を製作しようというのかな?
でも、だいぶ話を作って、進級までしてしまったよなぁ。その辺の調整がいるようになってしまうが。


とりあえず、珠姫たちはみな無事進級を果たしていた。
特にさとりんの進級は奇跡的だ。やはり学年上位を誇る3人から教えてもらったのが利いたのか。

ED雰囲気からすると、やはり原作で名前だけが出ている「鈴木リン」が鈴木凛なのでしょうね。オリジナルをするにあたって、原作者から彼女を使う提案などがあったのではないか、という気がします。

最終回、コジローについて何事もないかのように話が進んでいくので、どうなる事かと思ったりもしました。
後半のオリジナルシナリオは、かなり駆け足で進んだ感じが否めないですが、綺麗にまとまったのではないかと思います。

しかしこーした作品は深夜枠より、ゴールデンで子供達が見れるようにした方が良い内容だよな。
まぁ、どうみてもおもちゃとかの売れる要素がないし、スポンサーの力とか、そういう大人な事情が多々存在しているのでしょうが。

おまけ:YouTubeアニメ動画 BAMBOO BLADE OP DVD ver

これが本当のOPだ!!

にほんブログ村 アニメブログへ  ←良かったらクリックして下さいビックリマーク

関 連 商 品
バンブーブレードDVD 一本目

¥3,380
Amazon.co.jp

BAMBOO BLADE

¥6,962
Amazon.co.jp

バンブーブレード DVD 三本目

¥6,061
Amazon.co.jp

バンブーブレード DVD 四本目

¥6,061
Amazon.co.jp

バンブーブレード DVD 五本目

¥6,061
Amazon.co.jp

BAMBOO BLADE

¥6,702
Amazon.co.jp

小説 BAMBOO BLADE 合宿と呪いの竹刀 (ヤングガンガンノベルズ)/土塚 理弘

¥900
Amazon.co.jp

BAMBOO BLADE ファンブック 7.5

¥900
Amazon.co.jp

BAMBOO BLADE 8 (ヤングガンガンコミックス)/土塚 理弘

¥530
Amazon.co.jp

アニメ 感想 レビュー
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008-04-13 01:40:13

バンブーブレード -BAMBOO BLADE- 第25話「剣道とそれがもたらすもの」

テーマ:バンブーブレード
岩佐と外山の暴力事件、川添珠姫の退部、宮崎都の件が落ち着いた室江高校剣道部は『第三十五回昇龍旗高校剣道大会』に出場する。この大会は石田虎侍と石橋賢三郎が試合して、コジローが勝った因縁の大会。

バンブーブレード25-01
母の墓前に試合に行く事を伝えるタマちゃん。
実は何かの区切りごとに報告してるのか?

移動中のバスで蹌踉めいてダンくんの頭に手を付くミヤミヤは素敵ですが、キャリー西川の姿を目撃して、ダンくんの頭を締め付ける下りは最高だよ。

バンブーブレード25-02
この大会は団体戦ではなく、個人戦の大会のようで、全員が勝負する事になる。
エントリーの際に出会った2人は、追いつくことは出来ないと言うキャリー西川に、追いつけなくとも直ぐ後ろにいるかもしれない、と返す。
もうすっかり、キャリーの言葉の呪縛からは逃れる事が出来ているようだ。

気合の入る室江高校剣道部員だが、さとりんは一回戦からタマちゃんとぶつかることになり、ストレートで敗北してしまう。

バンブーブレード25-03
ミヤミヤは東聡莉と共に特訓する以外にも、小田島礼美の家で、キャリーとミヤミヤの勝負のビデオを見て研究までしていた。
初戦からキャリーと戦う事になったミヤミヤは、気合十分でこれに挑む。
勝負は実力で勝ると思われるキャリーが優勢に進むが、ミヤミヤはさとりんの「相手の意表を突く一本を取る」アドバイスを守り、一瞬の隙を伺い続ける。
バンブーブレード25-04 バンブーブレード25-05
そして狙い済ませた胴打ちて1本取り、勝利を収めて勝つ喜びを知る事になる。
ただしその後の2回戦では惜しくも敗退している。
しかしミヤミヤは礼美の部屋に入った時、その部屋の様子を見てどう思ったのだろうか……

バンブーブレード25-06
千葉紀梨乃と桑原鞘子は4回戦まで駒を進めるも、善戦空しく敗北。
そして中田勇次は栄花段十朗との勝負になっていた。
バンブーブレード25-07
実力をつけてきたとは言え、キャリアの長いユージとしてはまだまだ負ける訳にはいかないと、気合の入るユージは1本先取する。しかしダンが貫き胴と見せかけての面打ちを決めて、勝負は五分に持ち込まれる。
着実に力をつけているダンだが、仮にもユージはタマちゃんが認めるだけはある実力者、まだ初めて1年と経たないダンの上を行っており、最後の1本はユージが取って勝負を決する。
バンブーブレード25-11
ダンくんは何故か自分の方が先駆者のような発言をしてます。何故上から目線……
ここでツッコミを入れるのではなく、苦笑いを浮かべるにとどまる辺りが、やっぱりユージくんだなぁ、と感じてしまう。

バンブーブレード25-08 バンブーブレード25-09
同じ頃、試合会場を離れ、ミヤミヤとキャリーの2人は、近くの野原での勝負を行う。
あくまでも二刀流のキャリーとの勝負に拘るミヤミヤ。
「あんた、どうして二刀流なの? 試合じゃ使えないのに」
「昔見た、SAMURAI movieが二刀流だったのよ……
 一目でココロを、奪われたわ。
 社会人になったら、試合でも使えるもの。
 styleを変えるつもりはないわ。
 一度掴んだものはテバナサナイ!

キャリーの日本語は妙に流暢なところに、時々英語だったり、外国人喋りが混ざってくる妙な感じです。

そしていよいよ5回戦。
タマちゃんと秀玉高校・鈴木凛の対決となる。
バンブーブレード25-12
緊張している感じのタマちゃんをリラックスさせる為に、タマちゃんのほっぺを引っ張るキリノ。
赤ん坊のほっぺたみたいに良く伸びます。
バンブーブレード25-13
激しくぶつかり合う両者。タマちゃんは観戦する石橋から見ると、まるで後の事を考えず玉砕覚悟で攻め込んでいるようにすら思える程の激しい攻めをみせる。
バンブーブレード25-14
攻撃の中で小手を先取するタマちゃん。

バンブーブレード25-15 バンブーブレード25-16 バンブーブレード25-17
二刀流のキャリーを相手に善戦するミヤミヤだが、礼美のカメラのフラッシュに思わず目を閉じた一瞬にキャリーが攻め込む。
しかし咄嗟に振り上げた竹刀が、キャリーの竹刀を弾き飛ばしてしまう。
地面に目一杯刺さるって!!! 竹刀ですよ? 木刀でも真剣でもないのですよ!?
バンブーブレード25-18
あまりの事態に呆然とするキャリーに面を入れるミヤミヤ。
「なんて、馬鹿力なの……」
「のー、いっつ・あ、ぱわー・おぶ・らぶ
ダンくん英語で返すミヤミヤ。竹刀に相合い傘まで書いてるよ、この娘!! 礼美も愕然です。

バンブーブレード25-19
そして同じ頃、タマちゃんも凛に1本取られ、これで勝負は五分と五分。
タマちゃんの実力が上がっている事に、驚くと同時に闘志を燃やす凛は、上段に構えを取る。
バンブーブレード25-20
「敵が強い程、燃え上がる。
 それが、私の剣道!!」

コジローは上段との戦い方というより、心の持ちようをアドバイスしていただけのようですね。
「その相手が本当にお母さんだったら、お前は負けてもいいのか」
「いいえ、それが誰でも私は勝ちたいです」
バンブーブレード25-21 バンブーブレード25-22
対するタマちゃんは正眼の構え。
「お母さん、私。
 剣道が好きになりました

好きでも嫌いでもなく、ただ生活の一部でしかなかった剣道を、好きだと言えるようになったようです。
バンブーブレード25-23 バンブーブレード25-24
最後は凛の上段からの攻撃に対して、鋭い突きいれて勝負を決する。
凛、アトミック・ファイヤー・ブレードを喰らって、激しく吹き飛んでいます。
や、だから年上・男・経験者という縛りはどうしたよ。
そんな様子を自分の試合の合間に眺めるユージ。
バンブーブレード25-25
「突き有り、一本! おめでとう、タマちゃん」
本当に、保護者のような子だね、ユージくんは。
バンブーブレード25-26 バンブーブレード25-27
タマちゃんの勝利を喜ぶ部員達。そしてタマちゃんは凛との再戦を約束する。
これでタマちゃんの優勝も見えてきて、コジローの職も安泰かと思えたのだが。
バンブーブレード25-28
前回の一件で学校側を納得させる為、張本人達2人の退部届だけでなく、コジローも責任を取って退職していた。学校を去るコジローは、部屋も引き払ってしまい、親友のノブちゃんと何処かへと姿を消す。
もしかすると、結局2人を退部扱いにはしなかったのだろうか。
校長としては、2人が事件の前に退部していたなら、それで保護者たちを納得させるような感じの事を口にしていた。

にほんブログ村 アニメブログへ  ←良かったらクリックして下さいビックリマーク

関 連 商 品
バンブーブレードDVD 一本目
¥3,380
Amazon.co.jp
BAMBOO BLADE
¥6,962
Amazon.co.jp
バンブーブレード DVD 三本目
¥6,061
Amazon.co.jp
バンブーブレード DVD 四本目
¥6,061
Amazon.co.jp
バンブーブレード DVD 五本目
¥6,061
Amazon.co.jp
BAMBOO BLADE
¥6,702
Amazon.co.jp
小説 BAMBOO BLADE 合宿と呪いの竹刀 (ヤングガンガンノベルズ)/土塚 理弘
¥900
Amazon.co.jp
BAMBOO BLADE ファンブック 7.5
¥900
Amazon.co.jp
BAMBOO BLADE 8 (ヤングガンガンコミックス)/土塚 理弘
¥530
Amazon.co.jp
アニメ 感想 レビュー
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008-04-01 00:00:29

バンブーブレード -BAMBOO BLADE- 第24話「剣と道」

テーマ:バンブーブレード
退部届けを見て川添珠姫の教室に駆け込んでくる千葉紀梨乃。
退部理由を問う。
ハンブーブレード23-01 ハンブーブレード23-02

「私は勝たなくちゃいけなかったんです。みんなそう思っていました。
 勝たなきゃいけなかったし、負けちゃいけなかった。
 あの大会で判りました、私より強い人はいっぱいっぱいいます。
 私は、みんなのお役にたてません。
 ……剣道続ける意味が判らないんです」

強さだけが自分の存在価値であったタマちゃんは、負けた事で剣道部における自分の存在意義を見失っていたようです。
そんな珠姫にキリノは部活を続けなくても平気なのかと問いかけるが、タマちゃんは「興味ありません」と返して立ち去る。

キリノはタマちゃんの退部届けの事を部員達に相談するが、答えは見つからない。
ハンブーブレード23-03
そして同じように部活に顔を出さない宮崎都だが、栄花段十朗は「俺じゃ力になれないのかな」と落ち込んだ様子を浮かべる。
その事をひとまず石田虎侍に話す事としたキリノはコジローにタマちゃんの退部届けの話をする。
しかし部活は個人の自由であり、無理に引き止める訳にはいかないというコジローの言葉に、ついに温厚なキリノがキレる。
ハンブーブレード23-04 ハンブーブレード23-05
「なんで逃げるんですか! 
 …………
 あんた顧問でしょ!」

おそらく単純に部活が嫌になったとか、他にやりたいことがあるので辞めた人間なら、キリノもここまでは真剣にはならなかったのでしょう。事実、これまで剣道部は
外山と岩佐が原因で多くの部員が辞めたりしているのですから。
しかしタマちゃんは少し事情が違う。初めての敗北の壁にぶつかり、道が見えなくなってしまっている。それを個人の自由だと言って放り出すのは、本人の意思を尊重しているのではなく、単純に現実から目を背けているだけだ。

そして翌日には、珠姫が剣道部に姿を見せないだけでなく、宮崎都と千葉紀梨乃の2人に至っては学校にすら登校していなかった。
ハンブーブレード23-06
負けた事にショックを受けているミヤミヤはともかく、タマちゃんも練習に参加せず、キリノまで姿を見せない。キリノの様子が最近おかしいと怪しむ中田勇次だが、サヤはあくまで言葉を濁す。
相変わらずユージは感が良いです。

夕方、帰宅中のタマちゃんは自転車がパンクしてしまう。
ハンブーブレード23-07
自転車を押して帰る事になったタマちゃんをユージが偶然見つけて一緒に帰る事になる。
やはりタマちゃんの説得はこの子です。
父親に無理にやらなくていいと言われたから、剣道をしないというタマちゃんに、ユージは「今まで無理してやってたの?」と問いかける。
一瞬、自分の意思というものを見せないタマちゃんに対して、ユージが珍しく怒りを見せるのかと思った。口元しか見せていないしね。
「タマちゃんは、剣道強くなりたいって思った事、ある?」
「…………?」
「あの人に勝ちたいって思った事ある?」
「……ユージくん?」
ユージは自分が負けた時の気持ちを語り始める。
「きっと今、タマちゃんが感じているような気持ちだよ。
……すっごく悔しいんだ
ハンブーブレード23-08 ハンブーブレード23-09
「悔しい……」
「そう。タマちゃんはあの人、凛さんに負けて悔しいんだよ。
タマちゃんは今まで誰よりも強かったから。
その悔しさをどうしていいか判らなかったんだね」

ユージの言葉を聞いて、ようやく自分の気持ちに気が付いたタマちゃん。
怒るのではなく、相手の気持ちを酌んで語る。やっぱりユージくんな対応でしたね。
ハンブーブレード23-10
「負けるって……こういう事なんだ」
「今止める事はないよ。剣道はちゃんとその先を用意してくれてる
「何?」
「その悔しさをバネにして、頑張って次は勝つんだ。
 悔しさよりずっと大きな喜びがあるよ

「頑張って勝つ……」
「そう。俺はタマちゃんと違って、いっぱい負けてるから、それを知ってるんだ。
 それを知ったら、剣道が好きになるよ

ユージは一般の人間よりは少し才能があるのでしょうが、彼の実力は才能よりも努力で勝ち取ったものだった。
ユージの言葉に開眼し、悔しさと鈴木凛に勝つ為にもっと強くなりたいという気持ちをもったタマちゃんは、ユージの自転車を借りて走り出す。
しかしユージは大人だな。とても高校一年生とは思えない程に大人な意見を述べている。コジローなどよりずっと大人だ……ユージは将来先生とかなると良いと思うよ。

ハンブーブレード23-11
彼女の向かった先は町戸高校の石橋賢三郎。かつて上段の構えを見せた彼に上段との戦い方を指南してくれるように頼む。しかしかつてその石橋を相手に上段の構えで勝利した男が、タマちゃんの直ぐ側にはいた。
今ではすっかりへたれ教師となってしまっているが、コジローだ。
再び自転車を走らせて室江高校へと取って返したタマちゃんは、コジローに教えを請う。
最初のうちはやる気を見せないコジロー。
ハンブーブレード23-12 ハンブーブレード23-13
「俺がお前に教えてやれる事なんかないよ。お前の方がずっと強いんだし」
部活なんだから楽しければいいだろうというコジローだが、悔しさを理解したタマちゃんは、諦めない。
ようやく自分の剣道というものを見つけたタマちゃんは、負けた事にちゃんと向き合いたいと語る。タマちゃんの熱意に自分の若い頃を思い出して、遂にコジローは承諾する。
が、今日は自転車で走りすぎたため、体の小さいタマちゃんは疲労困憊で、練習は明日からという事に。
しかし、冷静に考えれば上段はユージだって使えるし、たぶん珠姫父も使いこなせる気がします。まぁ、そこはアレか。アニメでは漫画以上に脇役のようになっているが、主役である石田虎侍の見せ場というモノが必要なのだろう。

そしてその頃、宮崎都は相変わらず街を目的もなく徘徊していたが、探していたのか偶然のなのか、東聡莉がその姿を見つける。
部活に戻るように説得するも、どれだけ練習しても相手も同じだけ練習すれば、永久に追いつくことは出来ない、と語るミヤミヤ。すっかりキャリー・西川の「forever」に洗脳されてます。
ハンブーブレード23-14
それでも諦めずにそれなら相手が練習を休む正月なども練習すれば、差は絶対に縮まると説得を続けるさとりん。
しかし拒絶の意思を示すミヤミヤ。
「追いつくのに何年掛かるのよ、努力しても無駄なら剣道なんかやってる意味ないわ
が、これにさとりんの怒りにスイッチが入る。
ハンブーブレード23-15
「そんなの勝手に決めないでよ!
 努力が無駄なんてなんで言えるの? なんで決められるの?
 私はそんな事思った事無いよ。
 たった一回負けただけで、諦めて、ふて腐れて、逃げようとしてるあんたに、そんな事言わせない。
 止めるんなら、勝って止めてよ!
 私の特訓まで無駄にするな!!

言い切った後に、我に返ってますが……
彼女だってこれまで何回も敗北を味わっているだろう。練習しても勝てずに更に練習した事はあるはずだ。一度の敗北で全てを投げ出してしまうのは許せないのだろう。しかも、ミヤミヤに至っててはたかだか数ヶ月の剣道経験しかないわけですし。
それに、実際には同じだけ練習しても、成長速度は違う。上手くなればなるほど、成長速度は当然遅くなる。その差が縮まらないという事はないのだ。
ハンブーブレード23-16 ハンブーブレード23-17
さとりんの気迫と説得に負け、再びやる気を取り戻して剣道部に戻る決意をするミヤミヤ。
2人ともしっかりマスコットつけてるのですね。

ハンブーブレード23-18
キリノの下に訪れたサヤは、キリノが退部届を書いているのを目にする。
本人に何の断りもなく部屋を訪れるような間柄なのですな。親もサヤなら、キリノに言うことなく家に上げているという事なのでしょう。
手紙の文面を隠そうとしながら、封筒の方を隠しきれてないキリノ。頭隠して尻隠さずとはまさにこのこと。
自分が止める事で何とかして貰おうと考えていたようです。
ま、実際のところ部長とは言え、一人の生徒が退部した程度で解決する問題とは思えないのですが、そこはそれとして。
ハンブーブレード23-19 ハンブーブレード23-20 ハンブーブレード23-21
「あんた何でいつもそんなにバカなのっ!
 苦しい時も辛い時も、笑ってる。自分一人、苦労しょいこんで。
 こんな事で悩みは消えないの。泣いていいんだよ。
 苦しんでいいんだよ。そしたらアタシだって力になってあげられるじゃない。
 悩みなんて、自分じゃどうにもならないんだよ。
 他人の力を借りてやっとどうにかするもんなんだから……
 アタシに言いなよ! 一人で決めないでよ。
 あんたがそうしたい事なら、アタシは着いていってあげるから」

サヤの説得を受けて、決心がついたというキリノ。
その決断が休部なのか、それとも二人を切り捨てる事なのかは判らない。
しかし、この構図はサヤがキリノを襲ってるようにしか見えない、と思ったのは俺だけだろうか。

ハンブーブレード23-22
翌日、ダンとユージ二人きりの道場に外山と岩佐が姿を見せる。そして二人から休部の話を聞かされる。
その間に相手をしろという外山に、受けて立とうとするユージだが、ダンは自分がやるという。
まぁ、ここでユージが出てはユージが勝利してしまうだろうからな。
いくら才能を見せ、上達しているとは言え、仮にもかつて部で一番強かったという外山が相手では分が悪い。しかも多少恐怖もあるのか、堅くなっているし。
そんな2人の立ち会いを眺めながら、剣道が嫌いじゃないと語る岩佐。それは外山も同じらしい。
明らかに以前とは違う様子で、シゴキでもイジメでもなく、稽古か試合のようにちゃんと構えを取れたところに、綺麗な攻撃を仕掛けていってます。
ハンブーブレード23-23
そしてダンがついに一本取るのに成功する。
思わず外山が切れたかと心配した岩佐だが、外山はそれを手で制する。
ハンブーブレード23-24
「やっぱり、俺には向いてねぇ。最後までつまんなかったなぁ……剣道」
もちろん本音という訳ではないのだろう事は岩佐の表情からも判る。そもそも全く練習してないのに、あれだけ戦えるというのは元々の実力があったとは言え、驚異的な事だ。
ハンブーブレード23-25
退部届をユージに託して去ろうとする2人に、ユージはキリノが作ったというマスコットを手渡す。
そうか、マスコットを作った時に、一度寝ようとしてから電気がついたのはこの2人の分を作るという意味だったのか。
去っていく2人に礼を述べるユージとダン。剣道は礼に始まり、礼に終わる武道ですから。
ハンブーブレード23-26 ハンブーブレード23-27
2人が去り、力が抜けてへたり込むダン。そこにさとりんに伴われてミヤミヤが姿を見せる。

2人の退部届をキリノに差し出すユージ。わざわざ退部届を持ってきた2人の気持ちを察して、キリノも一瞬は悲しそうな表情を見せるも素直にそれを受け取る。
ハンブーブレード23-28 ハンブーブレード23-29
「ビックリしたぞ、何時の間にうちの部こんな騒ぎになってたんだ?」
確かにダンの言う通りではありますが、お前が言うなよ、という感じです。
すっかりラブラブモードに入ってます。
ハンブーブレード23-30
部長としてみんなに心配掛けたくなかったというキリノだが、サヤは部長だって部員なんだと言うと、「だよね」とキリノは笑顔を返す。
そして残りはコジローとタマちゃんだけとなる。
ハンブーブレード23-33
が、そこに残る2人も遂に道場へと姿を見せる。
「お帰り、タマちゃん」
ハンブーブレード23-34 ハンブーブレード23-35 ハンブーブレード23-36 ハンブーブレード23-37 ハンブーブレード23-38 ハンブーブレード23-39 ハンブーブレード23-40
これで再び剣道部は復活。しかしなんで向日葵がバックなのだろうか。
わずか1話で元通りになったよ。もっと話数を掛けても良さそうな内容なのですが、えらく駆け足だな。

今回は説得側の台詞が長台詞が多かったです。

今回で最終回でも良さそうな締め方ですが、まだ最終回ではありません。後2回もある。
次回は別の大会でタマちゃんリベンジのようです。
ミヤミヤは青空で道着を着ている様子からすると、正式な試合ではなく、外で一騎打ちとかするのかな?

にほんブログ村 アニメブログへ  ←良かったらクリックして下さい☆

関 連 商 品
バンブーブレードDVD 一本目
¥3,690
Amazon.co.jp
BAMBOO BLADE
¥6,962
Amazon.co.jp
バンブーブレード DVD 三本目
¥6,061
Amazon.co.jp
バンブーブレード DVD 四本目
¥6,061
Amazon.co.jp
BAMBOO BLADE
¥6,702
Amazon.co.jp
「バンブーブレード」OPテーマ~BAMBOO BEAT/EDテーマ~STAR RISE/千葉紀梨乃(豊口めぐみ),桑原鞘子(小島幸子),宮崎都(桑島法子),東聡莉(佐藤利奈) 川添珠姫(広橋涼)
¥944
Amazon.co.jp
BAMBOO BLADE ファンブック 7.5
¥900
Amazon.co.jp
小説 BAMBOO BLADE 合宿と呪いの竹刀 (ヤングガンガンノベルズ)/土塚 理弘
¥900
Amazon.co.jp
BAMBOO BLADE 8 (ヤングガンガンコミックス)/土塚 理弘
¥530
Amazon.co.jp
アニメ 感想 レビュー
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008-03-22 17:34:26

バンブーブレード -BAMBOO BLADE- 第23話「嘘と沈黙」

テーマ:バンブーブレード
バンブーブレード23-01
朝一番、川添珠姫は母親の墓の掃除をしていた。
そして自分の敗北を墓前に報告する
「母さん……負けました」

敗北してしまった剣道部。
バンブーブレード23-02
しかし千葉紀梨乃と桑原鞘子はいつも通り。元々今の一年が入部する前の剣道部は、進学校らしく一回戦敗退も普通だったのだから、当然なのかしれない。むしろここで負けた事で良い戒めとなったのだろう。むしろふぬけとなっている石田虎侍が逆に気合いを入れられています。
しかしここで問題となるのは、キャリー・西川に負けた後、ずっと引きずっていた宮崎都と、初めて同世代の少女に敗れた川添珠姫の二人。
ミヤミヤは急なバイトの為、部活を休みとなる。
掃除当番で送れて練習に現れたタマちゃんは一見するといつも通り。

部活中、校長先生に呼び出される石田虎侍。
前倒しでのクビなどと栄花段十朗にはからかわれますが、話の内容は遥かに重い内容だった。
バンブーブレード23-03 バンブーブレード23-04
大会当日に起こした外山と岩佐と喧嘩。二人は逃げた為、捕まっていないが、目撃証言によって彼らが喧嘩していた事が明らかとなっていた。二人は剣道部の所属であることから、剣道部の1年間活動自粛が決定事項ではないものの、検討されているのだという。二人の行為と他の部員には関係はない、と主張するコジロー。しかし何かあれば連帯責任という形を負うのが、現代の部活動の常。
苦悩するコジローに、校長は今年の剣道部が積極的に活動している事も考慮してか、外山と岩佐が今年になってから一度も大会に出ていないという事実を指摘して、彼らは本当にまだ剣道部員なのか、と問いかけてくる。
これは暗に部員ではないと否定すれば、連帯責任を逃れる事を容認するという校長の提案のようです。

部活中。
バンブーブレード23-05
そんな事になっているとしらないサヤたちは脳天気に予算アップなどあるのでは、という期待をしている。
成長してさとりん相手に抜き胴で一本取るダン。なんとなく覚えるという辺り常人ではありません。
バンブーブレード23-06
練習に気合いが入るタマちゃんだが、幼馴染である中田勇次は彼女の異変を敏感に察知していた。そして何かを試すように上段の構えを取る。
「ジョーダンは止めて、ユージくん」
タマちゃんは戦意を喪失してしまう。これは、上段とジョーダンを掛けた高等古典芸能(駄洒落)……・では、ないよな。

バンブーブレード23-07
部活動が終わり、コジローに話がある呼び止められた2年生のキリノとサヤ。
「何だ先生、借金か?」
と茶化しますが、真剣そのものの表情でそのジョーダンにも反応しません。ユージは明らかに異変を感じ取っていたようですが、何も言わずに帰宅。
この子、もの凄い人の機微に敏感だな。
バンブーブレード23-08
タマちゃんに何か言いたいユージですが、言い出せずにいると、タマちゃんがマスコットを自転車につけているのを目にする。

残ったキリノとサヤは剣道部に降りかかった事件のあらましを聞かされる。
バンブーブレード23-09
外山と岩佐に対しての憤りを覚えるサヤ。
そんなサヤにコジローは校長から暗に提案されていた二人が既に剣道部員ではなかった、という方法で回避する手段がある事を告げる。大会にも出ていないだけでなく、そもそも練習にすら参加していない、実質辞めているのと同じである。
バンブーブレード23-10 バンブーブレード23-11
「つまり、2人を切り捨てるって事ですよね? 嘘をつくって事ですよね?」
「そうすれば、学校側は説得できる。どのみち処分は変わらない。あの2人も文句は言わない」
「でも……本当にそう決めちゃって良いんですか? 先生」
「決めるのは俺じゃない。お前だ、キリノ
「……え!?」
二人の部員の為に1年間の活動休止を受け入れるか、それとも二人を切り捨てて現メンバーの為に部活動を続けるのか、コジローはその決断を部長であるキリノに託す。
「これはお前達の部活の問題だ、部長のお前が決めるんだ」
「あんた顧問でしょうがっ!!」
「だからだ」
「え?」
「部活は、お前達生徒のものだ。お前達が一番良いと思う方法を、俺が学校に伝える」
バンブーブレード23-12
普段と違い、あくまで淡々と話すコジローの言葉が、逆に重みを伝えます。顧問としての責任、それを考えればコジローが決めるのが筋というものだ。コジローにしてみれば二人を切り捨てて部活動の存続させる方が良いに決まっている。
コジローは明後日までに結論を出して自分に答えを聞かせるように言う。
しかし実際に部活動をするのは部員達であり、部員達の為の部活動である。それゆえに彼女らにとって少しでも後悔しない選択をさせようというのだろう。
無論、どんな結論を彼女が出そうと、最終的にその決断に対する責務は全てコジローが背負う事になる。学校側へは、あくまでも自分で下した決断として報告するでしょうから。

バンブーブレード23-13
帰宅する途中でユージはタマちゃんの様子が変わった事をタマちゃんに告げる。その事に自覚がない様子のタマちゃん。
タマちゃんの異変、それは部活を始める前の状態に戻っている、というものだった。


バンブーブレード23-14
バイトがあると言って部活を休んだミヤミヤだが、それはウソだった。キャリーとの戦いによる敗北が未だに尾を引いていたのだ。高校に入ってからは部活動に明け暮れていたミヤミヤは放課後の長さを実感する。
そこに現れたのはダン。薄々ミヤミヤのウソを感じ取っていたのか、それともファンシーショップ・ムームーに姿が無かったからなのか、部活が終わってからミヤミヤを探し続けていたようだ。
バンブーブレード23-15
ダンはミヤミヤに一緒に頑張ろう、という励ましの言葉を掛けて手を差し伸ばす。その手を受け入れようとしたミヤミヤだが、ダンが覚えたという貫胴を教えてあげる、という言葉を聞いてその動きが止まる。
才能に溢れて、どんな事でもあっという間に上達するダン。そんなダンに自分の気持ちは判らない、どんなに頑張っても叶わないことがあるのだと語る。
「どうしたって勝てない相手なら、剣道やってても無駄じゃない!」
バンブーブレード23-16
ミヤミヤは走り去ってしまう。
ミヤミヤもこの短期間での上達を考えるとかなり才能があるとは思うのですけどね。説得はむしろユージとかの方が向いていたのだろうか。文武両道ながら、彼の場合は才能より努力人だろうからね。
武道において何に重点を置いてやるのか、という事もあるのでしょう。ミヤミヤには『勝つ』という事が重視されています。無論、勝敗のあるものですから、勝つ事は重要。しかしそれだけが全てでもない、という事を知る事が出来るかどうか、というところでしょうか。

バンブーブレード23-17 バンブーブレード23-18
暗くなっても道場の残っているキリノとサヤの二人は、来なくなっていた外山と岩佐のことに思いを巡らせる。いつの間にか二人が来ないことに安堵していた。二人によってこれまで数々の迷惑を顧慮するなら、二人を見捨てるのが妥当だろう。しかし、キリノは直ぐに答えを出せないでいた。
ここに来てまさかのスポットが当たった外山と岩佐。原作でももはや岩佐がおまけ漫画に登場する程度の存在で、その存在そのものが忘れかけられているというのに。


バンブーブレード23-19 バンブーブレード23-20
自宅の道場で門下生に稽古をつけるタマちゃんだが、再び昔のタマちゃんに戻っていた。むしろ昔よりも容赦なくなっているかもしれない。
バンブーブレード23-21 バンブーブレード23-22 バンブーブレード23-23
「何か、あったのか?」
「何もありません」
「それにしては、今日は酷く変わっていたが」
「ユージ君にもそう言われました。
 どこがいつもと違うのですか?」

「何か、まるで……勝ちを急いでいるように見えたな」
「でも、ゆっくりしてたら負けちゃいますよ
勝ち急いでいるようだ、という評価を下した珠姫父は、勝利に拘りすぎているように見えるタマちゃんに暫く剣を置いてみるように薦める。
これまで幼い頃からさながら体の一部のように使い続けてきた竹刀、そして剣道。それと距離を置くことで今の自分を見つめ直す機会を与えようとしているようです。
しかし考えが袋小路に入り込んでいるタマちゃんは、何をどうすればいいのか、判らなくなっているようだ。

翌日──
外山と岩佐の件についてまだ結論が出せないでいながらも、部活(朝練?)に姿を見せたキリノだが、更衣室の椅子の上には退部届けが置かれていた。
慌てて差出人を確認するキリノ。
バンブーブレード23-24 バンブーブレード23-25
そこには『川添珠姫』の文字が……そして自分の自転車につけていたキリノお手製マスコットも防具と共に返されていた。
外山辺りが男気を見せたのか、と思ったら違いましたorz まさか距離を置けと言われて退部までするとは。

つい先日までは順風満帆だった室江高校剣道部。しかしまるで芋蔓式に崩壊の一途を辿る。
残り3話。果たしてそれぞれがどのような解決方法を導いていくのでしょうか。
オリジナルとなって急に波乱含みです。
次回予告がミヤミヤとダンだったという事は、ミヤミヤの話は次回で解決かな? 時間的にも1日しか猶予がないので、外山と岩佐の解決がメインになりそうですが。
タマちゃんの方の解決は難しいですが、やはりユージが動くのか、それとも凛が出てくるのか、はたまた主人公らしくコジローが動くのか。いずれにせよ、タマちゃん解決編は2回ぐらい先かな。


にほんブログ村 アニメブログへ  ←良かったらクリックして下さい☆

関 連 商 品
バンブーブレードDVD 一本目
¥3,690
Amazon.co.jp
BAMBOO BLADE
¥6,061
Amazon.co.jp
バンブーブレード DVD 三本目
¥6,061
Amazon.co.jp
バンブーブレード DVD 四本目
¥6,061
Amazon.co.jp
BAMBOO BLADE
¥6,061
Amazon.co.jp
小説 BAMBOO BLADE 合宿と呪いの竹刀 (ヤングガンガンノベルズ)/土塚 理弘
¥900
Amazon.co.jp
BAMBOO BLADE 7 (ヤングガンガンコミックス)/土塚 理弘
¥530
Amazon.co.jp
BAMBOO BLADE 8 (ヤングガンガンコミックス)/土塚 理弘
¥530
Amazon.co.jp
BAMBOO BLADE ファンブック 7.5
¥900
Amazon.co.jp
アニメ 感想 レビュー
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008-03-22 17:30:08

バンブーブレード -BAMBOO BLADE- 第22話「敗者と勝者」

テーマ:バンブーブレード
剣道の神様って、いるね

バンブーブレード22-01
久しぶりの朝稽古を父親と共にする川添珠姫。
関東大会へ参加する事になった室江高校剣道部。
バンブーブレード22-02
宮崎都は練習とはいえ、東聡莉から1本取るほどに上達を遂げていた。その事に刺激されていく剣道部員達。
剣道具店の店主から坂口からタマちゃんが良くなった、という事を聞かされる。
バンブーブレード22-03 バンブーブレード22-04
帰り道、饒舌に撮影の事を話すタマちゃん。もう何度も同じ話をユージにしているようです。タマちゃんがこんな話を出来る相手がユージぐらいしかいないのかもしれない。
そのユージはみんなが成長していく中、自分だけが負けたらどうしようという不安に駆られているようです。

総合的には一般の高校の女子剣道部よりは強い室江剣道部。それゆえに油断しないように言いながらも、優勝出来る可能性を感じる石田虎侍。
バンブーブレード22-05 バンブーブレード22-06 バンブーブレード22-07 バンブーブレード22-08 バンブーブレード22-09 バンブーブレード22-10 バンブーブレード22-11 バンブーブレード22-12
試合を前に千葉紀梨乃は勝利を祈り、戦隊ヒーローをモチーフにしたお手製のマスコットを一人一人部員に配る。ちなみにダンとユージはそれぞれスーパーダンとスーパーユージ、コジローはコジロー長官。

そして大会当日。もちろん、石橋賢三郎率いる町戸高校の面々も参加。
バンブーブレード22-13 バンブーブレード22-14
石橋は他にももう一校教えているはずですが、そっちは参加しないのだろうか。
開会式が始まる。
普通の剣道の大会はこんな感じなのでしょうか?
ブロック違いにより、町戸高校との対戦は決勝でとなる。

バンブーブレード22-15 バンブーブレード22-16
抽選の結果、大会の初戦はキャリー・西川が通う英進高校となり、都はリベンジに燃える。
互いに先鋒として勝負に挑む事となるキャリーとミヤミヤ。
公式戦では高校生は二刀流が認められない以上、成長しているミヤミヤにもチャンスはある、と考える室江高校のみんな。しかし二刀流を使いこなす、という事は一刀でも相応の実力を有しているという事の裏返しである。その事実を完全に忘却していた。
先鋒ではさとりんがまず一勝をあげる。
バンブーブレード22-17
そして次鋒戦。力勝負からの一歩引いて、籠手を狙ってきたところをすかさず打ち込んできた胴で一本を先取されると、ミヤミヤは勝たないとこれまでの努力が意味を成さないと焦る。更にミヤミヤも成長しているが、自分も成長しており、その差は永久に埋まらないと挑発するキャリーの言葉もあり、次第に動きが悪くなり2本目も取られてしまう。
バンブーブレード22-18
すっかり落ち込むミヤミヤだが、残る桑原鞘子、紀梨乃、珠姫は問題なく勝利を収めて次の試合へと駒を進めた。
いくら才能があっても、一朝一夕で上級者に勝てるほどに強くなれるほど、武道の世界は甘くは無い、という事でしょう。それにミヤミヤにはメンタル面での弱さがあるので、そうした点を変えていくのが大切なのかもしれない。

その後も順当に勝ち進んでいく室江高校。
コジローは順調に勝ち進む剣道部に満足げだが、タマちゃんとさとりん、それにもう1人が勝利すれば勝ち進む事が出来るという、単純な星勘定をする彼に石橋は警告を投げかける。

バンブーブレード22-19 バンブーブレード22-20
タマちゃんは大会に参加している鈴木凛を見かけて声を掛ける。
そんな彼女に、凛は「どうしてブレイバーがシナイダーに勝てないのか、今日教えてあげる」と告げる。

そして同じ頃、ゲームセンターで外山と岩佐の二人は、別の学校の生徒とちょっとした事から喧嘩となる。

3回戦でついに凛のいる秀玉高校との対戦となる。
バンブーブレード22-21
3回戦まで勝ち残った秀玉高校の実力は高く、キャリーとの敗戦によって落ち込んで動きの悪くなっているミヤミヤは敗北、さとりんが勝利を収めるも、続くサヤは負け、キリノが辛うじて勝利を掴み、勝負の行方は大将戦へと縺れ込んだ。
タマちゃんなら大丈夫、そんな気持ちがあるのか、気の緩みが見られる部員の様子に眉を潜めるコジローだが、そのコジローの中にもやはり緩みがあった事に彼自身気付いていなかった。

バンブーブレード22-22 バンブーブレード22-23 バンブーブレード22-24
試合が始まると、上段に構える凛に、タマちゃんは母の面影を重ねてしまいまたも集中力が緩む。そこにすかさず攻め込んできた凛の片手面を受けてしまう。別に弱点と知っていたわけでもなく、彼女が上段の構えを得意とするのでしょう。
まさかタマちゃんがこれほどあっさりと一本先行されるとは思っていなかったのだろう、キリノたちは声をあげて応援を行う。
だが、その様子を眺める石橋はタマちゃんの敗北の可能性を見て取っていた。
真っ向からぶつかる両者の実力は拮抗していた。
しかし勝利をタマちゃんの気持ちの焦りを生み、冷静さが欠け、動きを悪くする。それは更に焦りを生む。
「勝たなきゃ」
バンブーブレード22-25
価値に拘る執念が、タマちゃんの中で封じるべき突きを使わせてしまう。だが、それは凛には使ってはならない技だった。
バンブーブレード22-26 バンブーブレード22-27
これまで躱された事の無い突きが躱され、逆に面打ちを受けてしまう。
バンブーブレード22-28
タマちゃんの一方的な敗北という、室江高校剣道部の誰も予想しなかった形で、大会の幕は閉じた。

奇しくも勝利というものに拘りすぎた2人が大切な一線で敗北する、という形になった大会です。今後のこの2人の動向に注目が集まる、というところですか。

元々、タマちゃんの突きは強力だが、技としては未熟なものです。年上の経験者男子にしか使ってはいけない、というのも当たった時のダメージは勿論の事、加減が出来ないからというのがあるのでしょう。正しい技として身についていないので、力加減が出来ない。タマちゃんの中にブレイバーとしての必殺技というのがあるから、無意識に力が篭ってしまっているのかもしれない。
しかし凛から見れば、それは未熟な技でもあり、ブレイバーの必殺技である以上、念頭に入っている技故に、躱されてしまったのでしょう。

しかし、結局ブレイバーがシナイダーに勝てない訳を説明はしてくれないのですね。あくまでその身を持って知るようにという事なのでしょうが。
おそらくは勝ちに拘るが故に、生まれる焦燥と敗北を前にした時の心の問題なのでしょうが。

そんな訳で次回は大会後の話。

にほんブログ村 アニメブログへ  ←良かったらクリックして下さい☆

関 連 商 品
バンブーブレードDVD 一本目
¥3,690
Amazon.co.jp
BAMBOO BLADE
¥6,061
Amazon.co.jp
バンブーブレード DVD 三本目
¥6,061
Amazon.co.jp
バンブーブレード DVD 四本目
¥6,061
Amazon.co.jp
BAMBOO BLADE
¥6,061
Amazon.co.jp
小説 BAMBOO BLADE 合宿と呪いの竹刀 (ヤングガンガンノベルズ)/土塚 理弘
¥900
Amazon.co.jp
BAMBOO BLADE 7 (ヤングガンガンコミックス)/土塚 理弘
¥530
Amazon.co.jp
BAMBOO BLADE 8 (ヤングガンガンコミックス)/土塚 理弘
¥530
Amazon.co.jp
BAMBOO BLADE ファンブック 7.5
¥900
Amazon.co.jp
アニメ 感想 レビュー
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008-03-09 20:56:01

バンブーブレード -BAMBOO BLADE- 第21話「川添珠姫と鈴木凛」

テーマ:バンブーブレード
「何コレ?」
「VHDです」
「何それ?」
「さあ……」



バンブーブレード21-01 バンブーブレード21-02
中田勇次が剣道部の道場に姿を現すと、そこには他の部員が勢揃いしていました。
宮崎都はもうへろへろのようです。
桑原鞘子と千葉紀梨乃はユージと川添珠姫の関係の進展を期待していますが、もちろんそんな物はまるでなし。というか、まったく念頭にすらないようです。


バンブーブレード21-03 バンブーブレード21-04 バンブーブレード21-05 バンブーブレード21-06
川添道場では小沢剣友会がブレイバーの殺陣の稽古をやっています。台詞を口にしているのは、場の空気を
判りやすくする為でしょうか。この映画ってコスモ・サーティーンとブレイバーが共に戦う映画ではないのか?
劇場用新キャラクターであるシナイダーのサポートメンバー、シナイガールの中身も男性。小沢剣友会には女性(スーツアクトレス)がいないようです。
台詞を暗記している鈴木凛。シナイダーの事を話す時は、笑顔を見せるようです。


バンブーブレード21-07
衝撃的な映像……キャラT着てるよ!!!
普段から着ているのでしょうか。大人びた容貌と雰囲気を持ちながら、こんなTシャツを着る。学校では果たしてどんな存在なのかが気になります。
早々に寝ようとした2人。目覚ましをセットしようとするが、その目覚まし時計を見た凛が突然熱く語り出します。
この時計と同じ型の時限装置を止める場面は、凛の中で名場面第3位らしい……
ちなみに1位はシナイダー初登場2位は必殺シナイタイフーンを編み出すところだそうだ。
まさにシナイダーパレード。
タマちゃんの名場面……10位から始まってますよ。
お布団の上で正座して、熱く語り合う2人。だが、互いに大好きなキャラが違うので、次第に意見に食い違いが出てくる。激しくヲタ。
爆弾を止めたのがシナイダーか、ブレイバーか、という論議になり、DVDを見直し出します。
時限装置を止めるには、白と赤、どちらを切るべきか悩むブレイバー。
イエローとブルーの適当っぷりもスゴイ。が、シナイダーの説明もかなり適当です。
「赤だ! ブレイバー!」
「シナイダー! 何故だ!?」
「知れた事。白はすなわち白旗。
 敗北の証。
 剣士ならば赤を斬る!!

バンブーブレード21-08
それに納得するブレイバーもスゴイよ。
止めたのはブレイバー、しかしシナイダーのアドバイスがあればこそだと、熱弁する凛。対するタマちゃんもシナイダーのアドバイスがなくともちゃんと出来た、と反論。
バンブーブレード21-09 バンブーブレード21-10 バンブーブレード21-11
更に次の話にまで話が広がると、もはや手がつけられません。ついにはシナイダーの死亡シーンまで見てます。
「このシーンは、確かに感動的ですよね」
「シ、シナイダーは、死なないんだぁ」
バンブーブレード21-12
そのシーンを見て号泣する凛。どんなけ好きなんだ。
バンブーブレード21-13
結局起床時間まで鑑賞してしまい、移動のバスで寄り添って寝てます。


バンブーブレード21-14 バンブーブレード21-15
撮影中、シナイガール役の藤村が怪我をしてしまう。急遽代役が必要となる。おやっさんがやろうとしますが、いくら何でもあの体格では無理。
段取りを記憶している凛が代役に名乗りでる。そして本来凛がやる筈だった女子校生役をタマちゃんがやる事になってしまう。おやっさん、シナイガールどころか女子校生は更に無理があります。変装やCGの処理でなんとか出来るレベルではありません。普通に親父として登場になりますよ。
バンブーブレード21-16
台詞は後から入れる、という事ですが、普通はスーツアクターはそもそも台詞は別の声優とか俳優なのでは……
タマちゃん、緊張でガチガチ。台詞も完全棒読み。対して凛はかなりの役者っぷりを発揮。他の面々も感心しています。
バンブーブレード21-17
が、ここでタマちゃんの中に眠るブレイバーの血が目覚めてしまいます。
バンブーブレード21-18 バンブーブレード21-19 バンブーブレード21-20 バンブーブレード21-21 バンブーブレード21-22 バンブーブレード21-23
シナイガールの攻撃を思わず受け止めるタマちゃん。撮影を完全に忘れて勝負を始めてしまう凛とタマ。
しかし2人の勝負にはシナイダーとブレイバーが間に入って水入りとなります。

一時休憩を取り、話をする2人。
バンブーブレード21-24 バンブーブレード21-25
「強いのね」
「……いえ、そんな」
「でも、私の方が強いわ
 だって、私はシナイダー。あなたはブレイバーですもの」

「でも、ブレイバーは負けた事無いですよ。
 シナイダーは最初の方で何度も」

「だからよ。だからブレイバーはシナイダーに勝てないの
「それって……」
凛の言葉の意味が理解できないタマちゃん。
負けて得るもの、負ける事による成長を知らなければならない。奇しくもそれは以前に石橋賢三郎がタマちゃんに言ったのと同じ事を示しているのですが。
ともあれ、凛が最後に「タマちゃん」と呼ぶなど、2人はちょっとうち解けたようだ。

その頃、部の面々は。

キリノ宅ではサヤが遊びに来ていて、部の変化について語り合っています。
バンブーブレード21-26 バンブーブレード21-27
部のみんなが休日にでも練習に来るようになったのはタマちゃんのおかげだ、というキリノに対し、サヤはそれだけでなくキリノが頑張っているからだと語る。
「あんたがさ、一生懸命部を支えてくれたのも大きいと思う。
  でないとさ、みんなあそこに集まってない気がするんだよね。
 今のみんなの巡り合わせってない気がする。
  だから、なんていうか、あんたは大した奴なんだよ!!

恥ずかしい台詞禁止!!


バンブーブレード21-28
そしてランニングするミヤミヤ。それを応援する栄花段十朗と付き添いの桑原鞘子。
ミヤミヤ、胸がランニングの邪魔そうです……
アニメオリジナル、ミヤミヤ愛用のサイドカー付き自転車をさとりんが漕いでいるのは、ダンがあの足ではミヤミヤについて行けないからか。キャリーと勝負する為、体力をつけようとしているようです。
バンブーブレード21-29
が、そんなところにキャリーが登場。彼女のランニングコースだったようです。
「あなたが走れば、その分、いやそれよりもっと私は走る。差は決して縮まらない。イコール、私に勝つのは無理ね」
自信満々に言うキャリーに言葉の出ないミヤミヤだが、それを否定するのはさとりん。
バンブーブレード21-30
「宮崎さんは別人みたいに頑張ってますから。
 必ず、あなたを倒して見せます。

  たぶん、きっと、そのうちには……
    そういう可能性もあるんじゃないかな、と思う今日この頃です」

どんどん自信を無くしているようです。
どんなけ尻すぼみなんだ。

そしてユージ君は道場で稽古。そこに研修から帰った石田虎侍がやってくる。
自主練は川添道場の方ではないのですね。
バンブーブレード21-31
「タマちゃん、新しい友達が出来ました」
「友達?」
「ええ……でも、もしかするとアレはライバルなのかな」
このユージの台詞が単にブレイバー好きとシナイダー好きという意味なのか、それとも凛も剣道をしている、と気付いての事なのか……


バンブーブレード21-32
帰りの車。台本を嬉しそうに見つめるタマちゃん。名も無い役とはいえ、ブレイバーの映画に出演できたのがかなり嬉しいようです。
バンブーブレード21-33 バンブーブレード21-34
凛も剣道部に所属しており、関東大会で今日の続きをしようと約束する。

凛は原作の榊ウラのような存在のようです。ウラも特撮オタクっぽいし。
次回からは関東大会が行われるようです。

どうでもいいですが、最近のアニメや漫画ってヒロインにヲタな娘が結構いますよね。
これアレか。やはりヲタな可愛いヒロインでヲタクでも可愛い娘と出会えるんだよ、というオナニー精神なのだろうか……

にほんブログ村 アニメブログへ  ←良かったらクリックして下さい☆

関 連 商 品
バンブーブレード O.S.T./TVサントラ
¥2,779
Amazon.co.jp
「バンブーブレード」OPテーマ~BAMBOO BEAT/EDテーマ~STAR RISE/千葉紀梨乃(豊口めぐみ),桑原鞘子(小島幸子),宮崎都(桑島法子),東聡莉(佐藤利奈) 川添珠姫(広橋涼)
¥944
Amazon.co.jp
バンブーブレード DVD 四本目
¥6,061
Amazon.co.jp
バンブーブレード DVD 三本目
¥6,061
Amazon.co.jp
BAMBOO BLADE
¥6,061
Amazon.co.jp
バンブーブレードDVD 一本目
¥3,766
Amazon.co.jp
アニメ 感想 レビュー
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008-03-03 01:25:23

バンブーブレード -BAMBOO BLADE- 第20話「ブレイバーとシナイダー」.

テーマ:バンブーブレード
おのれブレイバー、ここで会ったが久しぶりだ!


バンブーブレード20-01 バンブーブレード20-02 バンブーブレード20-03
OPでは10年前に謎の女の子が超剣戦隊ブレードブレイバーを見ています。しかもシナイダーの死に涙してますよ。
しかしここで驚いたのは、ブレイバーって戦隊モノだったという事実。いつも出てくるのはレッドブレイバーだったのですね。てっきり単体のヒーローかと思ってました。


石田虎侍が研修に出掛ける事になり、その間剣道部は休みです。久しぶりという事は、最近は土日も稽古付けだった、という事でしょうか。
バンブーブレード20-04 バンブーブレード20-05
で、中田勇次は川添珠姫にヒーローショーのチケットをプレゼントします。自分と二人で行こう、というのではなく「誰か友達誘って行ってきなよ」とか言っている辺り、この二人の関係は進歩しそうにありません。千葉紀梨乃と桑原鞘子の冷やかしもまるで通じていません。ブレイバーもゲストで来る、という事でめちゃ嬉しそうなんです。
バンブーブレード20-06 バンブーブレード20-07 バンブーブレード20-08 バンブーブレード20-09 バンブーブレード20-10
しかしキリノとサヤは気を回してタマちゃんの誘いを断り、宮崎都は自主練習、栄花段十朗はその付き添い、東聡莉はミヤミヤによって強制的に練習参加の為、一緒に行けない、という事で結局ユージが一緒に行く事になりました。

バンブーブレード20-11
夜、ブレイバーに入る、というだけでお風呂の時間が長くなるタマちゃん……てっきりまたタマちゃんの口からユージと一緒に出掛けるという事を珠姫父が聞いてショックを受けるのかと思いましたが、それはなかったですね。翌日の夕方に例のお客が来るらしい。
用事があるので夕方になる、という事でなんとなくその『用事』が何かは察する事が出来てしまいます。
バンブーブレード20-12
生ブレイバーを見れる、という興奮のあまりに眠れないタマちゃん。


翌日――
下調べはバッチリで、会場の位置まで把握しており、ユージはたじたじです。
バンブーブレード20-13
今の戦隊モノコスモ・サーティーンについて熱く語るタマちゃん。専門用語まで飛び出します。
ここまで饒舌なタマちゃんはユージも始めて見たらしい。
バンブーブレード20-14 バンブーブレード20-15 バンブーブレード20-16 バンブーブレード20-17 バンブーブレード20-18
ショーでは、蘇ったデスアーマーに対して苦戦するコスモ・サーティーン達だが、そこにレッドブレイバーが駆けつけて共に戦います。タマちゃん、すっかり夢中です。登場しただけで目を輝かせて、横を通っただけで大感激です。
バンブーブレード20-19 バンブーブレード20-20 バンブーブレード20-21
会場にはおっきいお友達はタマちゃんとユージぐらいかと思いきや、もう一人お姉さんがいました。セーラー服を着ているので女子高校生ですね。このお姉さんが応援するのはシナイダーだけらしい。じゃあなんで来ているのか、というツッコミは置いておこう。
しかし、この日は休日で朝からショーを見に来ているのに、何故セーラー服着用なのだろうか。
ちなみに最近のヒーローショーはおっきいお友達の姿も沢山ある事が多いです。

バンブーブレード20-22 バンブーブレード20-23 バンブーブレード20-24
ショーが終わり、ブレイバーの映画の話になると、レッドブレイバーだけでなく、他のブレイバーたち、更にシナイダーも登場する、という話でタマちゃんはもちろんお姉さんの目も輝きます。


バンブーブレード20-25
アイキャッチもブレードブレイバーです。

さて、剣道部の面々はというと、なんだかんだで結局みんな練習に来ているようです。
元々練習つもりだったミヤミヤとダン、それに付き合わされたさとりんはともかく、適当な用事をでっち上げていたサヤとキリノも練習です。
バンブーブレード20-26
しかし練習の途中で、話はタマちゃんとユージの事に……2人の仲の進展を望むサヤとユージですが、結局部のメンバーが出した結論は、2人の仲に進展はなさそう、というもののようだ。

そしてクイズ大会。
バンブーブレード20-27
子供達に混じってタマちゃんとお姉さんも参加してますよ!?
バンブーブレード20-28 バンブーブレード20-29 バンブーブレード20-30 バンブーブレード20-31
いつ参加受付をしたのだろうか。ヒーローの限定品が掛かってヒートアップする二人。子供達を置いてけぼりの一騎打ち。クイズでは引き分けとなり、歌の勝負です。
バンブーブレード20-32 バンブーブレード20-33
お姉さん鈴木凛は『シナイダーの歌』 超熱唱して、司会のお兄さん、感心を通り越して少し引いてます……得点は95点と高得点。
バンブーブレード20-34 バンブーブレード20-35
一方、タマちゃんは歌は苦手なようです。ガチガチに堅くなり、名前も噛んでますよ。『超剣戦隊ブレードブレイバー』を歌うが、結果は45点
すっかりバカ展開が素敵です。惜しむらくはお姉さんの歌がアニメ中で本当に歌っていなかった事でしょうか。

バンブーブレード20-36 バンブーブレード20-37
勝負に負けて落ち込むタマちゃんですが、そんなタマちゃんの下にお姉さんがやってくると、景品をタマちゃんにくれます。なんとなく予想していましたが、お姉さんはシナイダーさえ手に入れば満足らしい。
おかげで立ち直ったタマちゃん、握手会だけでなく、撮影会まで参加する気満々。付き合うユージくんも大変だ。


バンブーブレード20-38
ようやく帰宅したタマちゃん。
そんなタマちゃんを出迎える珠姫父……ではなく、
バンブーブレード20-39 バンブーブレード20-40
ブレードブレイバー!!!
まさかの展開です。タマちゃんもビックリです。
バンブーブレード20-41
お客様はブレイバー!? が、次の瞬間、ブレイバー、マスクを脱いじゃいますよ。ダメだよ、子供の夢を奪っては……いや、まぁタマちゃんの事だからスーツアクターの存在ぐらい知っているでしょうが。むしろ、ブレイバーのスーツアクターが誰だったかというのも知っていそうだ。
小沢剣友会は父の知り合いだったようです。タマちゃんが小さい頃にも実は実は殺陣の指南を受ける為に、やって来ていたという衝撃の事実が発覚します。
バンブーブレード20-42 バンブーブレード20-43
タマちゃん、めちくちゃ嬉しそうなんですが。雑魚寝なんてさせられない、と張りきり具合。
バンブーブレード20-44
映画の撮影の見学へのお誘いも二つ返事でOKですよ。

バンブーブレード20-45 バンブーブレード20-46

そしてこの撮影について回るシナイダーの大ファンの女の子登場。
あの時のお姉さん……タマちゃんの事覚えてねぇ!!!

つか、この娘、学校はどうするんだよ。

今回は、タマちゃん輝き過ぎです。いつものミヤミヤ以上に輝いていますよ。

にほんブログ村 アニメブログへ  ←良かったらクリックして下さい☆

関 連 商 品
BAMBOO BLADE
¥6,061
Amazon.co.jp
BAMBOO BLADE
¥6,061
Amazon.co.jp
バンブーブレード DVD 三本目
¥6,061
Amazon.co.jp
バンブーブレード DVD 四本目
¥6,061
Amazon.co.jp
「バンブーブレード」OPテーマ~BAMBOO BEAT/EDテーマ~STAR RISE/千葉紀梨乃(豊口めぐみ),桑原鞘子(小島幸子),宮崎都(桑島法子),東聡莉(佐藤利奈) 川添珠姫(広橋涼)
¥944
Amazon.co.jp
BAMBOO BLADE ファンブック 7.5
¥900
Amazon.co.jp
小説 BAMBOO BLADE 合宿と呪いの竹刀 (ヤングガンガンノベルズ)/土塚 理弘
¥900
Amazon.co.jp
BAMBOO BLADE 8/土塚 理弘
¥530
Amazon.co.jp
BAMBOO BLADE (1) (ヤングガンガンコミックス)/土塚 理弘
¥530
Amazon.co.jp
アニメ 感想 レビュー
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008-02-23 13:35:39

バンブーブレード -BAMBOO BLADE- 第19話「アルマジロとセイザンコウ」

テーマ:バンブーブレード
今回からオリジナルです。

バンブーブレード19-01 バンブーブレード19-02 バンブーブレード19-03
宮崎都を遊びに誘う友人達だが、ミヤミヤは部活で行けない。何故そこまで部活に夢中になるのか、それはもちろん栄花段十朗がいるからです……相変わらずのバカップルぶりを遺憾なく発揮。
ダンくんは、ミヤミヤの大切だった「小太郎」にそっくりらしい……その『小太郎』というのは犬、というベタなオチではありません。センザンコウです……
何飼ってンだ、ミヤミヤ。

バンブーブレード19-04
前回のテーマソングネタからようやく回復した桑原鞘子。周りの人間は結局サヤが落ち込んだ理由がよく判っていないようだ。
バンブーブレード19-05 バンブーブレード19-06
とにもかくにも、これでようやく再出発となり喜ぶ千葉紀梨乃。石田虎侍もやる気になっています。
バンブーブレード19-07
しかし悔やまれるのは先へ進めなかった事らしい。先輩の石橋賢三郎に言われた川添珠姫を同年代の女子に負けるという状況、とまではいかなくても対等に戦う相手と戦わせたかったようだ。
そのタマちゃんをコジローが病院に連れて行く間、室江高校剣道部は部員同士での試合を行う事になる。
バンブーブレード19-08 バンブーブレード19-09
ミヤミヤはまだ東聡莉から一本も取った事がないらしい。確かに実力的にはタマちゃんには適わないけど、タマちゃんも認めるレベルですからね。しかしミヤミヤの殺気を感じ取るさとりんはニュ○タイプか!?

男子は男子同士での勝負。
バンブーブレード19-10
やはり中田勇次は強い。しかしそのユージから一本取ったダン。ユージとしてはその実力に恐怖のようなものでも感じているのでしょうか、ちょっと冴えない表情。仮にも有段者で、部内ではコジローよりも実力が上で、唯一タマちゃんと稽古の相手が出来るレベル。そのユージから初めて数ヶ月のダンが一本を取るというのは驚異的な事です。
一方で女子の勝負ではミヤミヤは一本も取れずに負けています。ちなみにさとりんが全勝しているようだ。
バンブーブレード19-11 バンブーブレード19-12
ミヤミヤに気を遣ってアドバイスしようとするさとりんですが、もちろんヤブヘビ。そんなミヤミヤを慰めるのはもちろんダンくん。一緒に新しいミヤミヤの竹刀を買いに行く約束をする。


バンブーブレード19-13
病院で診察を終えたタマちゃんは、打ち身の治療に来ていた石橋とばったり出会い、車で送ってもらう事になる。
「負けたのは初めてか?」
負けたんじゃありません! 棄権ですから」
「続けていたら勝っていたか」
「はい」
「だろうな」
実際、あの怪我のまま継続していても試合には勝っていたでしょう。
「おまえは一度、本当に負けた方がいいな」
「どうしてですか」
負ける事で初めて見えてくる景色もある……」
石橋は自分自身を重ねているようです。コジローに負けた事で、初めて感じた気持ち。
実際、負ける事で学ぶというのはあります。強すぎる為に負ける事を知らないでいると、逆境に弱い人間になってしまったりする事もあります。世の中、実力が上だからと言って必ずしも常に勝利出来る訳ではありません。
負ける事で身に付く事もある。お前のような年頃にはそれも重要だ」
「意味が良く判りません」
まだ高校一年生にはなかなか難しい事ですから、タマちゃんがそう感じるのも仕方ない事。
「負けるのは、イヤです
ここでタマちゃんま負けず嫌いな性格が顔を見せます。ま、かなりの負けず嫌いでなければ、これほど強くはならないでしょう。大人達に囲まれて、大人相手でも負けたくなかったからこそ、今のレベルにまで成長したのでしょう。
そして負けるのが嫌、というのは当然の事。逆にそうした強い意志も重要な事ですから。負けたくない、その思いが人を強くする。その真逆がキリノなんでしょう。負ける事にそれほど強い拒絶を示さないので、実力を発揮できないでいてしまっている。

バンブーブレード19-14
さて、竹刀を購入にきたミヤミヤとダン。
バンブーブレード19-15 バンブーブレード19-16 バンブーブレード19-17
ミヤミヤが選んだ竹刀を外国人女性も同時に握る。竹刀を巡って口論となります。最近のミヤミヤはダンの前でも地を少しずつ出すようになってますね。
バンブーブレード19-18
で、その仲裁に入るダンですが、これがますます事態をややこしくする。流石に学年二位の成績なので英語も堪能……ですがヒアリングはダメなようです。文法はバッチリなので、淀みなく喋るものの完全に日本語発音。たぶん、通じないよ。

バンブーブレード19-19
ダンくんを「アンデルセン」と読んで抱きしめる女性。当然ミヤミヤは激昂。
バンブーブレード19-20
「あんた誰。アンデルセンって何よ」
バンブーブレード19-21
「私は人呼んで、
キャリー・
西川
8年も日本生活しているので、日本語は堪能です。て、ちょっと待て、人呼んでって何だよ。本名じゃないのか?
「そしてアンデルセンとは、私がCaliforniaで飼っていた、愛しのArmadillo!!
アルマジロ扱いです……

「ダンくんに触るな! ダンくんのどこがアルマジロなのよ!
   ダンくんは、ダンくんは……穿山甲よ!!

こっちはセイザンコウ扱い……

■アルマジロ
バンブーブレード19-アルマジロ
*分類*

哺乳綱 貧歯目 アルマジロ科
*分布*
北アメリカ南部からアルゼンチン
*大きさ*
最大種(オオアルマジロ)
頭胴長:75-100cm、尾長:50cm、体重:30kg
*食性*
夜行性で雑食。昆虫類やカタツムリ、ミミズ、ヘビなどを食べる。
*備考*
全身ないし背面は体毛が変化した鱗状の堅い板(鱗甲板)で覆われている。
四肢は短いが、かなりはやい速度で移動することができる。頑丈な鉤爪のついた力強い足をつかって、すばやく土をほることもできる。
尾をいれずに体長約1mもあるオオアルマジロからわずか15cmの種まで、大きさは種によってかなり差がある。
敵に出会うと、丸まってボール状になり身を守るとおもわれているが、実際に完全なボール状になることができるのはミツオビアルマジロ属 Tolypeutes の2種だけである。
アルマジロの肉は味がよく、食肉としても賞味されている。
いくつかの種は、乱獲と生息環境の破壊によって絶滅の危機にさらされている。

■穿山甲
バンブーブレード19-セイザンコウ
*分類*

哺乳綱 センザンコウ目(有鱗目) センザンコウ科
*分布*
中国南部から台湾、インドシナ、ネパール等の東南アジアにかけての森林地帯
*大きさ*
頭胴長:50~60㎝、尾長:28~35㎝、体重:2~6kg
*食性*
昆虫食。専らアリやシロアリを好んで食べる。
*備考*
一見すると爬虫類のようだが、列記とした哺乳類。
全身を包む鱗は毛が変化したもので、非常に質が硬く、鉄板にさえ傷をつけられる程。
眠る時や身の危険を感じた時は、体を丸めて鱗の生えていない腹部を隠すようにして身を守る。
こうした護身術や、アリ・シロアリ食に適応した外見から嘗てはアルマジロに近縁の動物と考えられていたが、
解剖学的な見地から別の系統と考えられるようになり、現在は独立した目を立てられている。
林の中に深さ2~4mの巣穴を掘って生活し、基本的には夜行性。
地上で生活するが、木登りも巧いし、泳ぎも巧み。
鱗が漢方薬の原料になる上、肉が珍味とされている為過剰に捕殺されており、早急な保護が叫ばれている。
尚、近縁種がアフリカに4種ほど、インドとその周辺に2種いる。


ダンくん、人間扱いされていません……2人とも言い争うも、どっちも似たような生物だよ。ま、自分が大事にしていた生物なので、全く異なる分類のものと同じにされるのは不本意でしょうが。
2人は決着を剣道でつけることになる。


バンブーブレード19-22
夜、川添家ではタマちゃんがユージと電話中。
石橋に言われた事が気になるのか、試合に負けた時の気分をユージに訊ねるタマちゃん。
そんなタイミングで現れる珠姫父。来週知り合いが泊まりに来る、とか言っていましたがその話はそのまま流れてしまいました。次週もそのネタは内容なので、更にその先ぐらいにこの時の話が生きてくるのだろうか。泊まりに来るのはキャリーなのではないか、という気がしていたのだけど。

バンブーブレード19-23
翌日、室江高校剣道部に殴り込みに来る。キャリー。コジローの英会話はさっぱりみたいです。
バンブーブレード19-24
ダンくんを巡っての勝負、と知りキレるコジローとユージ。ユージはモテそうな気がするのだけど、鈍くて気づいていないだけなんだろうか。

バンブーブレード19-25 バンブーブレード19-26 バンブーブレード19-27
この勝負に勝てばミヤミヤが元気尽く、と期待するキリノとサヤだが、タマちゃんがあっさりとキャリーが強いという事を認める。そのキャリーは二刀流で構える。
ココで誰もツッコミが入らなかった事があったのですが、それは後ほど。

バンブーブレード19-28 バンブーブレード19-29
初めて戦う二刀流を相手に攻め倦むミヤミヤは、攻めにはいるがあっさりと1本を取られる。早い攻撃を必死に受けるが、攻めに回らなければやられると踏んで攻撃に転じる。しかし実力差は明白。続けて2本目も取られてしまう。

バンブーブレード19-30
試合に負けて落ち込むミヤミヤ。キャリーがダンに抱きついてくるが、ダンはその手を放してもらうと。
「そーりー。あいむ・のー・あんでるせん。あんど、まい・らばぁーず・おんりー・わん、ミヤミ~ヤ・ふぉーえばー」
はっきりとミヤミヤだけが好きだと告げる。ってか、なんでわざわざ英語なんだ。日本語が通じる、て言ってるのに。しかもキャリーは日本語で返している。
バンブーブレード19-31 バンブーブレード19-32
感動してダンくんに抱きつくミヤミヤ。キャリーにダンくんが謝ると、「謝らないで」と語るキャリー。
……あまりの三文芝居にユージとコジローは呆れかえってます。キリノとサヤも言葉が出ない様子。
さとりんとタマちゃんが感動してますけど。


バンブーブレード19-33
試合に勝って、勝負(恋)に負けたキャリー。しかしまだ諦めていないようですが、最後にはアンデルセンではなく、ダンくんと呼んでいるのに注目。
バンブーブレード19-34 バンブーブレード19-35
そしてミヤミヤも、キャリーとの勝負を経て、これまで教えを請わなかったさとりんに教えて貰う気になったようです。この勝負がミヤミヤを成長させた、という事ですかね。
何やら盛り上がっているのをよそに、ここでタマちゃんがユージの袖を引いて声を掛ける。
バンブーブレード19-3
「ユージくん、ユージくん」
「何、タマちゃん」
「あの……高校生って、公式戦じゃ二刀流使えないンじゃなかったっけ」
「……
あ、じゃねぇよ! 誰も突っ込まないと思ったら、気付いて無かったのかよ。コジローもそれぐらい気が付こうよ。前にダンくんには注意してたろうに。
ちなみに以前に書いた通り、二刀流そのものは全日本学生剣道連盟で認められていますが、高校生以下の公式戦では認められていません。ま、今回のは公式戦ではないのだから、別に反則ではないけど。
ちなみに二刀流といえば宮本武蔵ですが、彼も普段から二刀流で戦っていたわけではなく、普段は一刀で戦っています。

にほんブログ村 アニメブログへ  ←良かったらクリックして下さい音譜

関 連 商 品
バンブーブレードDVD 一本目
¥3,652 Amazon.co.jp
BAMBOO BLADE 二本目(初回限定盤)
¥6,061 Amazon.co.jp
バンブーブレード DVD 三本目
¥6,061 Amazon.co.jp
「バンブーブレード」OPテーマ~BAMBOO BEAT/EDテーマ~STAR RISE/千葉紀梨乃(豊口めぐみ),桑原鞘子(小島幸子),宮崎都(桑島法子),東聡莉(佐藤利奈) 川添珠姫(広橋涼)
¥944 Amazon.co.jp
バンブーブレード O.S.T./TVサントラ
¥2,646 Amazon.co.jp
Bamboo Collage(初回生産限定盤)(DVD付)/高橋瞳
¥1,850 Amazon.co.jp
アニメ 感想 レビュー
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2008-02-16 14:11:53

バンブーブレード -BAMBOO BLADE- 第18話「大会とその後の室江高」

テーマ:バンブーブレード
バンブーブレード18-01 バンブーブレード18-02
怒りが頂点に達して東城高校の小西に対して封印していた突きを放った川添珠姫。その威力と迫力の前に、小西は肉体的・精神的ダメージで打ち震える。
バンブーブレード18-03 バンブーブレード18-04 バンブーブレード18-05
だが、足の怪我を重くみた顧問・石田虎侍によって、試合はタマちゃんの棄権となる。タマちゃんの怪我を見抜いていたユージとコジローの二人以外は、コジローが審判団に何を話しているのか判らなかったのでしょう。
バンブーブレード18-06 バンブーブレード18-07
棄権させられた事をコジローに抗議するタマちゃん。
「あたし、『突き』使ったんですか……?」
だが、頭に血が上っていた彼女は自らが突きを放っていた事すら自覚がなかったようだ。
バンブーブレード18-08 バンブーブレード18-09 バンブーブレード18-10
千葉紀梨乃に「もう休んでいいから」と言われるが、タマちゃんはまだ剣道を侮辱した小西が許せないようで、小西をにらみ付ける。
小西、もう完全に壊れてます
バンブーブレード18-11
そんなタマをキリノが宥め、緊張状態の抜けたタマちゃんは倒れてしまう。
力の中心に立つタマちゃんと、みんなを精神的に支えているキリノ。この二人の存在が室江高校剣道部の強みのようです。
この時点で既に密かにさとりんが復活しています。もうお腹は大丈夫なのか……

バンブーブレード18-12 バンブーブレード18-13
さて、試合は2勝2敗1分 5本ずつの引き分け。この為、勝敗は代表戦に持ち越します。
ミヤミヤ、ダン、ユージの3名が解説。

■代表戦 室江高校・千葉紀梨乃 対 東城高校・青木
バンブーブレード18-14 バンブーブレード18-15 バンブーブレード18-16 バンブーブレード18-17
絶好調なキリノ、今の彼女ならば負ける気はしない。しかしそんな時、キリノの弟たっくんがやってくる。弟から母親の検査結果と退院の報告を受けてしまったキリノは、緊張の糸が解けてあっさりと敗北。
バンブーブレード18-18
ちょっと落ち込むキリノと桑原鞘子ですが、一瞬で立ち直って寧ろ試合の楽しさ満喫してます。
バンブーブレード18-19 バンブーブレード18-20 バンブーブレード18-21
ちょっとだけ惜しかったかな、と思うコジロー。まったくもって間の悪い事です。
「何も剣道に命を掛けている訳じゃなし。
 精一杯頑張って、
   沢山学んで楽しめたら、それでいい」

自分の仕事の為に、大会で優勝! を掲げていたくせに、ちゃんと先生しています。

東聡莉も体調は完全に復調していますが、宮崎都にあっさりと切り捨てられる。お約束なキャラだなぁ。
バンブーブレード18-22
自分の怪我のせいで落ち込むタマちゃんに、むしろ負けたのは自分が『朧蜜蜂』を喰らって負けたからだ、と語るキリノ。『朧蜜蜂』喰らったんだ……どんな技なのかはまだ判らないままですが。それを受けるより前に1本とってしまったさとりんはやはりかなりの実力者という事か。

バンブーブレード18-23
そしてやはり殊の外鋭い栄花段十朗はみんなの様子がおかしかった事に気付いていたようです。まっとうな状態だったのはサヤだけでしたから。自分の出来る事は試合の前にすべてやるしかない、と考えるコジローですが、ミヤミヤの場合だけは特殊だよなぁ。彼女の場合は試合中が一番キケンなんだもんなぁ。

バンブーブレード18-24 バンブーブレード18-25 バンブーブレード18-26
一方、小西はトイレで苦悶……やはりチキンだったようです。重圧に耐えられないタイプのようです。
しかし、小西のファンの娘達は何をどう見たら、あの試合を見てあの後に小西が逆転できた可能性がある、と思えるんだよ。
バンブーブレード18-27
勝利したのに苦悩する小西、対してタマちゃん達は負けたにもかかわらず笑顔を見せる。とにかく試合に勝たなくてはいけない、と思い込んでいる人間と、楽しんでいる人間の違いなのでしょう。


バンブーブレード18-28
自宅でアニメを満面の笑みを浮かべて見るタマちゃん。基本的にこの娘の見るアニメは、格闘・戦闘モノのようです。しかしここまで絵美を浮かべんでも……
バンブーブレード18-29
そんなタマちゃんの部屋を訪れるタマちゃんパパ。突きを使った事を指摘されます。突きを使った事そのものは責めるのではないが、しかし突きはあくまでも使ってはダメだ、と釘を刺す。
「お前の突きは、キケンなのだ。
   相手の事だけじゃあない、お前の事を考えて言っている。
     アレは心を、お前の剣道を乱してしまう

バンブーブレード18-30
「タマキ、お前の突きにはとても荒々しいモノ
    ……修羅が憑いている!

バンブーブレード18-31
熱弁を振るうタマちゃん父。が、その間にCMが開けたアニメを録画したり、してます。しかも憑いているのはブレイバーだと認識している上、ちゃっかり父のイメージ画に「しかもそれ、なまはげです」と、ツッコミまで入れてます。
バンブーブレード18-32
とはいえ、高校で剣道部に入って、タマちゃんが変わったのをタマちゃん父も喜んでいるようです。話しやすくなった、というのは感情の起伏が現れるようになったのもあるのかもしれませんね。

バンブーブレード18-33 バンブーブレード18-34 バンブーブレード18-35
さて、キリノは負けてしまったものの、それを悔いる事無く、もう次の事を考えているようです。
キリノの携帯の待ち受け画像の写真は試合後でしょうか……
何故かテーマソングを作ろうとか考え出して、その事をサヤにメール。サヤの先走りで自分がテーマソングの作曲をするのだ、と思い込んでしまいます。
バンブーブレード18-36
しかも徹夜して一晩で作る馬鹿っぷり。
バンブーブレード18-37 バンブーブレード18-38
お昼休みに自分の自信作の曲の事を思い浮かべて笑うサヤは怖いです。危ない人です。
しかし当然そんなサヤの努力はキリノによって無に消されます。
バンブーブレード18-39
テーマソングは『ブレードブレイバーOP
バンブーブレード18-40 バンブーブレード18-41
タマちゃん大喜び。何故かさとりんも喜んでます。
バンブーブレード18-42
風で自信作の譜面が飛ばされ、追いかけたサヤは噴水で寒中水泳……
馬鹿っぷりが素敵です。しかも何故か曲をバックに歌詞が流れてるし。これ、この娘のキャラソンとかなんでしょうか。

さて、噴水にダイブしたサヤが帰ってしまった剣道部では、怪我をしているタマちゃんが指導をします。怪我をしていても部活に出てくるようになったのは、良い傾向なのでしょう。見学ではなく、指導をさせる辺りはコジローもよく考えています。
バンブーブレード18-43
さて、壁に何もない道場を寂しく感じていたコジローは、ダンや中田勇次の言葉を受けて、ユージの書いた習字やタマちゃんの賞状を飾る事とします。

バンブーブレード18-44 バンブーブレード18-45
家に帰ったタマちゃん、賞状は随分と粗雑に扱われていたようです。
しかもタイミング悪く、タマちゃんパパは賞状を額に入れて飾ろうかと考えていたようで、タマちゃんが賞状を学校に持って行く、と知って少し寂しそう。
娘が初めて貰った剣道の賞状なのでしょう、飾りたいのは当然の親心。しかもかなり娘を溺愛していますから。

翌日――
バンブーブレード18-46
早速持ってきたユージの習字。達筆ですが、剣道と何も関係有りません。昔から剣道してるんだから、関係ある事を書こうよ……
しかもダンは書いてきた絵を飾れ、とか言い出す。
バンブーブレード18-47 バンブーブレード18-48
絵はもちろんミヤミヤ……ホント、無駄に上手いです。
バンブーブレード18-49 バンブーブレード18-50
しかもミヤミヤの喜びようから、ミヤミヤを見てスケッチしたという訳でもないのだろう。この子、本当に文武両道な上に、芸術的才能まであるよ。性格も良いし、人の気持ちを察する事も出来る、外見以外は完璧超人だな。
道場に絵を飾るって事に流石に難色を示すコジローだが、ブラックミヤミヤに脅迫、絵を飾る事に……
バンブーブレード18-51
いったい、どこの壁だよ。少なくとも剣道場の壁じゃねぇよな。
そして唯一の頼み処、タマちゃんの賞状は。
バンブーブレード18-52 バンブーブレード18-53 バンブーブレード18-54
コジローの言葉に顔を曇らせた事から、察する事が出来ますが、父親の気持ちを察する事の出来たタマちゃんが家の額縁に納めてきました。
片親ながら、本当にまっすぐで良い子に育っています。
こんな娘ばかりなら、世のお父さん連中は嬉しいだろうに……


さてさて、原作との兼ね合いで次回からはオリジナル展開のようです。


にほんブログ村 アニメブログへ  ←良かったらクリックして下さい☆

関 連 商 品
バンブーブレード 二本目(初回限定盤)
¥6,061 Amazon.co.jp
バンブーブレード DVD 二本目
¥6,061 Amazon.co.jp
「バンブーブレード」OPテーマ~BAMBOO BEAT/EDテーマ~STAR RISE/千葉紀梨乃(豊口めぐみ),桑原鞘子(小島幸子),宮崎都(桑島法子),東聡莉(佐藤利奈) 川添珠姫(広橋涼)
¥944 Amazon.co.jp
BAMBOO BLADE (1) (ヤングガンガンコミックス)/土塚 理弘
¥530 Amazon.co.jp
BAMBOO BLADE 7 (ヤングガンガンコミックス)/土塚 理弘
¥530 Amazon.co.jp
BAMBOO BLADE ファンブック 7.5
¥900 Amazon.co.jp
アニメ 感想 レビュー
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2008-02-10 01:46:59

バンブーブレード -BAMBOO BLADE- 第17話「光と陰」

テーマ:バンブーブレード
バンブーブレード17-01 バンブーブレード17-02
 東城高校の生徒によって倉庫に閉じこめられてしまった「タマちゃん」こと川添珠姫。そんな彼女のピンチを救ったのは東城校の大将・小西。
バンブーブレード17-03 バンブーブレード17-04
 一時は優しさを見せるが、実の目的は不戦勝ではなく、相手を弱らせて叩きのめそうという目的があった。誘導した道にわざとテニスボールを転がしておき、それを踏んでしまったタマちゃんは転倒、足を挫いてしまう。小西の様子から、それらが小西の仕業と悟るタマちゃん。
 小西はわざわざ自分の仕業です、と披露する必要があったのだろうか。屈辱感を味わわせたかったのだろうか。

バンブーブレード17-05
 何にせよ、試合にギリギリ間に合う大将二人。タマちゃんは足の痛みを隠して試合に臨むが、「コジロー」こと石田虎侍や他の者と違って付き合いの長い「ユージ」こと中田勇次は彼女の異変に気付く。

 しかしそのまま試合は開始。

先鋒:室江高校・「さとりん」こと東聡莉 対 東城高校・青木
バンブーブレード17-06
 本来の実力なら、十分に勝てる相手です。しかし、この娘はやってくれました! 流石はお笑い担当。体調不良で実力が発揮できません。
バンブーブレード17-07
 しかも、理由がお昼の食べ過ぎ!!!
バンブーブレード17-08 バンブーブレード17-09
 激しい腹痛に悩まされるさとりん。あっさりと小手で1本取られる。しかしそこで異変が。突然波が引き、調子を取り戻した! かと思いきや、再び激痛。苦しむさとりんに青木が必殺技朧蜜蜂を繰り出す!!
バンブーブレード17-10
 かに思えたが、そこで再びさとりんに復調が! ひるんだその一瞬に、高速の胴打ちを放って引き分けに持ち越した……色んな意味で大変な娘だ。体調が普通なら余裕で勝利できただろうに。
 しかし青木も青木で、朧蜜蜂って何だよ。なんで必殺技なんて考えてるんだ、この子は。

次鋒:室江高校・「ミヤミヤ」こと宮崎都 対 東城高校・寺地
バンブーブレード17-11 バンブーブレード17-12
 ダンの言葉を受けて調子の上がっているミヤミヤは猛烈な勢いで攻め込む。未熟ながら、鋭い攻めに東城校顧問の先生も焦りの色が隠せない。この娘は経験の無さでチームで一番実力が無いですが、ダン同様に才能は十分にありそうです。
バンブーブレード17-13 バンブーブレード17-14
 が、そんなミヤミヤの視界に嫌な人物が映る……もちろんこの人、小田島礼美です。その姿を見て、2本を取られてしまう。ミヤミヤ、悪夢再び(笑)
 手作り応援旗まで作ってますよ!! そして側のお客さんが困惑顔な辺り、スタッフの作りも細かい。
バンブーブレード17-15 バンブーブレード17-16
 彼女のせいであっさり負けてしまったミヤミヤとコジローが口論をするも、「ダン」こと栄花段十朗の一言で乙女モードに突入するミヤミヤ。この変わりよう! 可愛すぎるよ、この娘。

■中堅:室江高校・「サヤ」こと桑原鞘子 対 東城高校・佐藤
バンブーブレード17-17
「キリノ」こと千葉紀梨乃の為に頑張るサヤ。一方で、足が次第に痛みを増していくタマちゃんを、小西があざ笑うように見据える。
 テレパシーで会話してます(笑) に、しても激しく悪人顔だ!
 そんな小西の様子に、タマちゃんは幼い頃に父親から聞いた言葉を思い出す。
「剣道は、心が乱れていると強くなれない。つまり、優れた武道家となるには、心も優れていなくてはならん。疾しき心を持っている者は、強くなれんのだ
 武道家の師範らしい言い言葉です。

「父さん、この人は……剣道家じゃないです!
バンブーブレード17-18
 闘志を漲らせて「必ず倒す」と誓うタマちゃん。

 その間に、サヤは時間ギリギリで小手を決めて1本を取る。
 友情の力という奴でしょうか。

■副将:室江高校・千葉紀梨乃 対 東城高校・井口
 試合に臨むキリノに、みんなが心で励ましの言葉を贈る。
「がんばれキリノ」
「がんばって先輩」
「がんばってください」
「がんばれ!」
が、ただ一人さとりんだけが自分の腹具合でいっぱいいっぱいです(笑)
バンブーブレード17-19 バンブーブレード17-20 バンブーブレード17-21
 そのキリノは絶好調。集中力が高まり、実力を存分に発揮して、相手を圧倒する。そんなキリノに対してコジローは「人呼んで『トランス・キリノ』」と名付ける。
 ダサっ!!
 ともあれ、キリノは2本取って勝利を収める。

■大将:室江高校・川添珠姫 対 東城高校・小西
バンブーブレード17-22
 いよいよ大将戦。
バンブーブレード17-23 バンブーブレード17-24
 試合開始時、タマちゃんの異変を感じていたユージはタマちゃんの足の異変に気付き、コジローに耳打ちする。
バンブーブレード17-25 バンブーブレード17-26
 小西は足を痛めているタマちゃんに、いきなりぶつかって苦しませようとする。が、これが正義の味方に憧れる少女に更に火をつけてしまう。会場内が静まりかえってしまう程の気合いを放つタマちゃんに、完全に飲まれる小西。
 前にも手洗いに行っている場面があったり、今回も手洗いの映像が映っている事から、おそらくはチキン。本来精神的に弱い人間なのだろう。試合前はトイレで吐いているのではないのだろうか。
バンブーブレード17-27 バンブーブレード17-28 バンブーブレード17-29 バンブーブレード17-30
 まったく攻め込めない小西は、受けからの返し技を狙うが、キレたタマちゃんが繰り出したのは禁じ手の突き。小西が吹っ飛んでます。
 そりゃあ、男さえも吹き飛ばす技ですから、いくら身長があっても女性では吹っ飛ぶわな。
バンブーブレード17-31
「アトミック・ファイヤー・ブレード」
 そんな突き技にユージ命名? それとも、前からタマちゃんが名付けていたのだろうか。リンかけとかじゃないんだから……そんな微妙なネーミングを!!
 場内は女子の試合で突き技が出た事に騒然。喰らった小西は完全にびびってしまい、手を差し伸べるタマちゃんにすら戦いています。
バンブーブレード17-32
 が、タマちゃんの足は酷く腫れ上がってしまっている。
 当然でしょう。ぶちかましを受け、更に足に一番負担の大きい突き技を放ったのだから。
バンブーブレード17-33
 そんなタマちゃんの様子に、コジローが席を立ち上がる……


バンブーブレード17-34


 次回はタマちゃん、棄権ですね。
 指導者としてはあそこまで足を痛めている選手を続行させるわけにはいかないでしょうから。
 次回予告ではタマちゃん父がタマちゃんを叱っている様子がある事から、試合で禁じていた突き技を出した事を心を鬼にして叱っているのでしょう。こちらも立派な指導者ですな。

関 連 商 品
バンブーブレードDVD 一本目
¥3,652
Amazon.co.jp
バンブーブレード 二本目(初回限定盤)
¥6,061
Amazon.co.jp
バンブーブレード DVD 三本目
¥6,061
Amazon.co.jp
「バンブーブレード」OPテーマ~BAMBOO BEAT/EDテーマ~STAR RISE/千葉紀梨乃(豊口めぐみ),桑原鞘子(小島幸子),宮崎都(桑島法子),東聡莉(佐藤利奈) 川添珠姫(広橋涼)
¥944
Amazon.co.jp
バンブーブレード O.S.T./TVサントラ
¥2,780
Amazon.co.jp
BAMBOO BLADE ファンブック 7.5
¥900
Amazon.co.jp
BAMBOO BLADE (1) (ヤングガンガンコミックス)/土塚 理弘
¥530
Amazon.co.jp
BAMBOO BLADE 2 (2)/土塚 理弘
¥530
Amazon.co.jp
BAMBOO BLADE 7 (ヤングガンガンコミックス)/土塚 理弘
¥530
Amazon.co.jp
アニメ 感想 レビュー
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。