• 30 Jan
    • 住吉の久寿餅

      ブログ繋がりの方お薦め、川崎大師にある住吉の久寿餅 。 横浜三越で偶然見つけてしまいました。 ひんやりもっちりとした久寿餅の食感。 もうたまりませんですー。 黄粉に黒蜜掛けるのが定番の食べ方のようですが 私は黒蜜だけ掛けて食べることが多いかな。 黄粉、むせるんだもの... あ、黄粉、黒蜜の上から練乳を掛けても美味しいそうです。

      3
      テーマ:
  • 26 Jan
    • 「VIMON」 - 東京駅1F キッチンストリート

      昨秋だったか、東京駅八重洲北口1階が おしゃれなグルメストリート(レストラン街)に大変身しました。 そこで以前から気になっていたステーキ&ハンバーグのお店 VIMON に初めて立ち寄りました。 私、普段はハンバーグをあまり口にしません。 なぜだか胸焼けしてしまうことが多くて。 ところが!! ここのハンバーグは違いました。 新鮮なお肉をミンチにして 何のつなぎも使わずに成形して焼いたのみ。 肉の臭みは全くありません。 ミディアムレアの焼き加減で、 軽く塩と胡椒で味付けされ供されます。 胸焼けとは無縁。 こんなハンバーグだったら、毎日食べたいっ! このお店、黒牛のお肉の部位ごとに 60g、120g、180g が用意されています。 お給料日だったのでちょっぴり奮発しました。

      8
      テーマ:
  • 23 Jan
    • 自宅でケータリング! ( きまぐれやさん)

      今日は、待ちに待ったケータリングパーティの日。 11時にきまぐれや さんのシェフ吉田さんと相澤さんのお二人が来宅。 お料理を頂く私たちは5名。 12時位からのんびり開始。ということで、早速ですがレシピのご紹介~♪ ●食前酒: 友人持参のキウィの白ワインに りんご煮汁をたらしたさっぱりしたカクテル。 透明なワインと、グラスの底のりんご果汁のグラデーションがキレイ。 ●おつまみ: ドライトマトと自家製アンチョビのピザ ●前菜: 牡蠣のフライ/イカ墨のライスサラダ/ベーコン/豚ばら肉 ●スープ:ほうれん草と三浦大根のスープ ●主菜: 芝エビと白菜のパスタ(写真) ●お肉: 鴨肉のコンフィ ●デザートA: きまぐれや風ショートケーキ クリームブリュレ ●デザートB: 大人のためのパフェ(お酒のジュレとアイスクリーム) 美味しかったのはもちろんですが どのお料理もすべて、丁寧に作られていたのが印象的でした。 シェフいわく、丁寧に作ることを大事にしているのだとか。 これで予算は5000円。 当初は3000円のコースを、と思いましたが、こちらは6名以上からとのこと。 コーヒーやお酒は招く側が準備しました。 自宅台所でよその方が料理を作ってくれるというのは、 なんともくすぐったいというか、こそばゆいというか。 不思議な感覚。 「ちゃんと手伝いなさい!」という母の声が聞こえてきそうで なんだかそわそわしてしまったヮ(笑)

      5
      テーマ:
  • 22 Jan
    • 生麦魚河岸通り 番外編

      これがお昼に食べた「生麦丼」。 蟹、海胆、イクラ。 蟹はたっぷり。 海胆はミョウバンを使っていないため 薬くさくなくて甘い。 幸せだなー。

      テーマ:
    • 生麦魚河岸通りで撮る ~ 鶴見・国道駅

      鶴見駅から一つ目の鶴見線「国道」駅にある 生麦魚河岸通りに出掛けてきました。 多くのお魚屋が軒を連ねるこの通りに 今年の写真展のテーマ「食」に因む題材を求めて。 この通りは、お寿司屋さんや一般個人が新鮮な魚を求めて 平日は交通整理を伴うくらいごった返すとのこと。 お店を順繰りに覗いてみると、 アサリ蜆、赤貝、青柳、つぶ貝、ミル貝、北キ貝、とこぶし など、貝を扱うお店が多いことに気付きます。 今回は撮影がメインですが、密かな楽しみも... な、なんと!貝柱の王様、平貝と、海胆を買って 道端でみんなで食べてしまいました。 こんなことになるかと思い、 有志が事前に紙コップ、割り箸、日本酒 (中瓶2本)、醤油を 持参する用意周到ぶり。 ちなみに、三大貝柱って、皆さんご存知ですか? ① 平貝、②帆立貝、③青柳(小柱) とのこと。 私はお恥ずかしながらこのとき初めて知りました。 いい写真が撮れたかどうかは、微妙に後回しに... まあ、いつものことです。 この写真はつぶ貝。 ちっちゃいのから大人のこぶし二つ分くらいのものまで いろいろありました。

      テーマ:
  • 19 Jan
    • お気に入りの風景 東京駅日本橋口

      東京駅の日本橋口そばに、 お気に入りの風景があります。 これです! この青いイルミネーションが好き。 少し早めに仕事を終えたので、 皆さんにお見せしたくて撮ってみました。 素敵でしょう?

      6
      テーマ:
  • 16 Jan
    • 映画 『父、帰る』

        父、帰る 言葉で多くを語ることのない映画。 写真でしか知らない父が、12年ぶりに戻ってくる。 兄弟二人は、その父に連れられ、車で小旅行に出掛ける。 父親がなぜ家を離れていたのか。なぜ戻ってきたのか。 それについて語られる場面は、一切ない。 そしてこの旅の終わりが何を意味するのかについても、 答えは提示されない。 ロシアの自然を舞台とした、とても暗示的な作品。

      2
      テーマ:
    • 映画 『MONSTER』

      モンスター   客7人を殺し死刑となった アメリカの実在の売春婦を題材とした映画。 不遇の幼少時代を経て売春婦となり 町の片隅で生きてきた主人公が、 ようやく出会った愛する人(同性愛の女性)との生活を守るために、 次々に殺人を犯してゆく。 被害者の遺族の存在を無視することはもちろん出来ないけれど 主人公が売春婦から足を洗おうとしても 世間がそれを許さなかった、という一面もあるように思う。 同じ女性として切なく身につまされるところの多い作品だった。 家庭内暴力によって彼女を殺そうとした父親を 母親が射殺(正当防衛)したという過去を持つという 主演のシャーリーズ・セロン。 彼女は、主人公を演じきるために13キロも体重を増やしたという。 その演技は圧巻という他ない。 お勧めの一本です。

      1
      テーマ:
  • 15 Jan
    • 青柳ういろう 抹茶味

      また買っちゃっいました、青柳ういろう 。 黒砂糖、さくら、小豆、抹茶、どれにしようか迷った挙句 抹茶にしました。 抹茶の色と味に心が躍ります。

      2
      テーマ:
    • 職場の歓迎会&新年会: おごじょ家 (東京・日本橋)

      2005年1月14日 日本橋のおごじょ家 にて。 このお店ではいろんな焼酎を扱っていて、こちらはその一例 。 焼酎好きの方には喜ばれること請け合い。 メニューの最後に、一人一人の目の前に釜飯が出てきます。 「いいと言うまで、絶対に蓋を取らないで下さいね」と いう店員さんの言葉を守り、みんなでじっと待つ。 その風情をお伝えしたかったのですが デジカメで撮るの忘れました、残念。 終電過ぎてもおしゃべりに花が咲いてずるずるいてしまい、 結局タクシーで戻ってきました。 目が覚めてしらふになったら、ちょっと後悔。 新年早々、色々物入りだというのに、もー。 とにもかくにもご馳走さまでした!

      2
      テーマ:

プロフィール

achiko

性別:
女性
誕生日:
血液型:
AB型
お住まいの地域:
神奈川県

読者になる

AD

カレンダー

1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

このブログの読者

読者数: 121

読者になる

旧ランキング

このブログはジャンルランキングに参加していません。

ランキングトップへ

AD

月別

一覧を見る

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。