あべ力也 official blog

世田谷区議会議員あべ力也の日々の活動を報告します。


テーマ:

藤本正人所沢市長は4月から、2年続けた「ふるさと納税」の返礼品をやめた。昨年は同時期に23件231万円あった寄付が、今年はゼロ(12日現在)。それでも「決断して良かった」と言う?

こんな身勝手な言い訳をする市長で所沢市民がかわいそう!政策決定の過程も不明確!独断決定ならその責任は市長に!

そもそも[ふるさと納税]は寄付制度の愛称で、都市部の住民が田舎のふるさとに寄付する制度ではありません。市民が自分の住む自治体に寄付することも可能な制度です!また、[ふるさと納税]による効果で最も重要なのは自治体の税収ではありません。返礼品などで提供される産品やサービスによってその自治体内にある事業者や産業の活性化といった経済効果の比重が大きいのです。自治体の税収が大して増えないから一降りたというのでは身勝手な敵前逃亡ではないでしょうか?返礼品や提供されるサービスにかかるコストも自治体職員の人件費以外は、新たな経済需要です!市長が税金を使うことしか考えず、地元自治体全体に需要を呼び込む経済活動に考えが及ばないというのでは市長たる資格は無いのではありませんか?

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

世田谷にもいます世田谷区長や東京都知事と一緒にポスターを作っている議員と候補者!区民の皆さん最近目立ってきた都議選目当てのポスターに注目して見て下さい!

 

http://www.holg.jp/interview/kitagawamasayasu3/

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

 

 任期満了に伴う郡山市長選は16日、投開票され、現職品川萬里氏(72)が6万7354票を獲得し、元郡山市議の新人浜津和子氏(63)に3万3991票差を付け再選を果たした。品川氏は子育て支援などを訴え、市内全域に築いた後援会を中心に選挙戦を展開し、有権者に浸透した。投票率は過去最低の38・05%だった。当選証書付与式は19日午前10時から市役所で行われる。品川氏の任期は27日から4年。

■開票結果(選管最終、敬称略)

当67,354品川萬里72無現
 33,363浜津和子63無新
  無効1,348 持ち帰り2

【戦いの跡】
 東日本大震災と東京電力福島第一原発事故後、2度目の郡山市長選は品川氏が市政の刷新を訴える新人を退けた。震災と原発事故から6年が経過し、復興が新たな段階を迎える中、市民の多くが市政の継続を選択した。
 品川氏は昨年の12月定例議会で再選を目指して立候補を表明した。「市民総活躍郡山」をスローガンに1期4年の実績と、子育てと女性の活躍に対する切れ目ない支援や教育環境の改革、浸水被害対策の推進、環状道路の完成などの政策を訴え、幅広い層に浸透した。
 新人として挑んだ前回の市長選と状況は一変し、連合福島、県農業者政治連盟をはじめ、多くの団体、企業から推薦を受けた。支援する団体、市議、県議の後援組織と市内に築いた約40の後援会を軸に市内全域で優位に戦いを進めた。後半は、前回、支持が広がらなかった旧市内を中心に遊説を重ね、浮動票の獲得に努めた。この4年間、各種会合や催しに小まめに顔を出し、市民との対話を心掛けてきたことも強みとなった。
 浜津氏は今年1月、市議会の最大会派「創風会」から推されて立候補を表明した。小中学校の給食費無料化や保育所の待機児童解消などを訴えて初の女性市長を目指した。前回の市長選で品川氏に敗れた元市長の後ろ盾を得て現市政に批判的な保守系の票を取り込むとともに、共産党の支持を受けた。しかし、出遅れは否めず、知名度不足を最後まで克服できなかった。創風会の市議の一部が選対と距離を置くなど会派が一枚岩になれず、厳しい戦いを強いられた。
 投票率は初めて40%台を割り込み、過去最低となった。現職優位のムードが漂う中、選挙戦は盛り上がりに欠き、市民の関心が高まらなかったとみられる。市選管委は今回、市役所に投票日を周知する横断幕を掲げなかった。期日前投票の出足が思わしくなく、終盤になって急きょ、看板を設置するなど啓発の在り方に課題を残した。(郡山本社報道部長・紺野正人)

■郡山市議補選当選者決まる

 郡山市長選と同時選で行われた郡山市議補選(欠員2)も16日投開票され、学習塾経営の新人馬場大造氏(57)=無所属=と会社役員の新人渡部龍治氏(49)=民進=の2人が当選した。
 投票率は38・04%(男37・63%、女38・43%)、当日有権者数は男女とも市長選と同数。当選証書付与式は19日午後2時から市役所で行われる。任期は16日から平成31年9月3日まで。

(  カテゴリー:主要 )

支持者と万歳する品川氏(中央)。左は妻和子さん
支持者と万歳する品川氏(中央)。左は妻和子さん
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。