八ノ矢の森

*******************************************
人から聞いたり日常であった、ささやかだけど
不思議な話を書いていこうと思います。
(TV番組やニュースや本の感想などもありです)
*******************************************

フィンドホーン旅行記 通販はこちら

私のブログに来ていただいて

  ありがとうございます(^^)ノ虹


趣味で漫画を描いて同人誌を作っていましたが、不思議なご縁があって、フィンドホーンセドナに行って漫画を描きました。

「フィンドホーン旅行記」(日本語版と英語版)を描いて本にしました。


スコットランドにあるフィンドホーンは、日本ではまだあまり知られていませんが、世界的なパワースポットの1つとして有名です。


ここにある共同体の創始者であるアイリーンさんは、ある日神様からのメッセージに従って、この共同体を家族と友人と共に作り上げます。

野菜や植物の精霊と話し指導され、オーロラが出るような寒冷地で農業を成功させ、学者すら驚かせます。


様々な奇跡は本になり、BBC等で何度も番組が作られました。


そして世界中から、今も人々が集まる場所になっています。


全く天使や妖精などを信じていなかった私が、この場所に行く事になった不思議な話もブログに書きました。

本を出した当時は、まだスピリチュアルという言葉を知る人もいなくて、ましてや天使を見たからなんて絶対に変な人だと思われそうだったので、本には書けなかったのです。

英語版の方には漫画として描いて入れましたが、日本語版の方には入れなかったエピソードです。

ある日の朝、天井から羽を持った手が降りてきたのです。

今でも、あれは夢であって夢でなかったと確信しています。


不思議な夢の話⑦(フィンドホーンに行く事になった夢の話)


それから8年後、今度は「セドナ旅行記」を漫画で描きました。

こちらは、アメリカのアリゾナ州のやはり世界的なパワースポットです。

ネイティブアメリカンの聖地として有名でしたが、数年前にアメリカで最も美しい観光地として紹介されてから、沢山の人々が訪れるようになりました(日本では、安室さんカップルが行ってから一気に知られましたが)


聖地というだけの事はあり、不思議な事が色々とありました。

漫画には描けなかった、エピソードをブログの方で書いています。


私がセドナに行ったわけ(天使からの伝言②)


フィンドホーンに行く過程で、全く信じていなかった、天使や妖精を信じるようになりました。

元々私はとても現実的なので、こういう存在も1つの現実なのではないかと考えています。

(天動説から地動説へ変わったように、いつか真実が分かる日が来るかと)


何しろ俗っぽい事が好きで(「マツコと有吉の怒り新党」が今一番お気に入り)、性格的に繊細なスピリチュアルの世界を書く事は向いていないような気もしますが、とりあえずこういう世界もあるんだと思って楽しんで読んでいただけるように頑張って書きますね(^^)


目次はプロフィールの所にもありますが、↓になります。

興味のある所をクリックしてくだされば読めます(^^)


目 次



 クローバー**クローバー**クローバー**クローバー**クローバー**クローバー**クローバー**クローバー**クローバー**クローバー**クローバー**クローバー 





大きさが違ってしまいましたが、上はフィンドホーン旅行記、下はセドナ旅行記の1枚です。


(購入希望の方は、コチラ に)


フィンドホーン旅行記再販しました。

今度は少し多めに作ったので、しばらく大丈夫かな。

(2014年7月現在)




テーマ:

 

上の青文字は、ピグや近況の話になっています。

表題の話は、下の黒文字になります。

 

3月前半は父の仕事や病院関係で、2日に1回出張や通院が入ったり、中止になったりで、えらい忙しかったのですが、半ば過ぎから今度は私が友人親戚に会ったり、家にお呼ばれしたり、家に遊びに来てもらったり、泊まりに来たりする機会が多くなって、目が回るように忙しくなっていました。

その上、桜が一気に咲いたので花見も重なって、今年は一体なんなんだという程、人に会ったり、桜を観たりしました。

 

まさか死期が近いんで、神様が皆に会わせているんじゃ…と、疑ってしまったほど、出不精の私には珍しく沢山の人に会いました。

 

西洋占星術だと、割と大きな惑星の移動があったんで、そのせいもあるとは思いますが、今までで一番多忙な春でした。

(まだまだ予定は続いているのですが)

 

3月中は、まだ体力があったので、千葉の友人の家に行った後は、行徳駅で途中下車して、以前見かけて気になっていた熟成肉を食べさせてくれるバル風のお店に入って、お腹はいっぱいだけど、ここを逃すと食べる機会はないかもと、一番小さなステーキと小さなワインだけ飲んで帰ったり、都内の神社巡りにはまっている友人のEさんにつき合って、新橋の烏森神社と人形町の小網神社と上野の花園稲荷神社を参拝して解散した後は、アメ横の路地という路地を観て周ったり、3月31日に、東京散歩の会で柴又に行って、寅さん記念館や帝釈天、矢切の渡しで桜と菜の花を楽しんだ後に時間があるからと、今度は夜の上野公園で夜桜を楽しんだりもしました。

 

でも、4月になるとさすがにだんだん疲れが溜まって来たのと、今までになく歩きに歩いたせいで、普段歩かないのですっかり筋肉のなくなっている足に激痛がするように(- -;)

特に痛いのが、かかとというのが情けないです(あんまり歩かないせいか肉がないので薄くて、地面の震動が骨に直撃した為)

 

昨日、群馬で癒し犬mちゃんの散歩をついつい1時間半もしてしまったので、今日は歩くのも辛いです汗

 

梅雨入りするまでに、ウォーキングでもいいので、なんとか鍛えないと!(老化は足からと言うし!)

 

━…━…━…━…━…━…

 

 

今回は、上記に書いたように先日花見で大宮氷川神社に行って気づいた、我が家と大宮氷川神社のご縁の話です。

 

去年、開花が遅れてしまって、大宮公園の花見ができなかったので、今年こそはとリベンジしに行ったのですが、4月4日だったので、あったのは散る花びらだけでした汗

それでもアカシデという樹齢100年の大木の近くにシートを敷いて、桜の花びらが入ってきてしまって困りながらも、お弁当を食べながら、久方ぶりのおしゃべりは楽しかったです。

 

先に大宮氷川神社のお参りをしたのですが、参道を歩いていたら、2017年で明治天皇行幸150年なのを記念して、当時の絵巻物の展示が参道沿いにされていました(複製の物)

 

以前にも書きましたが、天使と話すPさんがうちの母は前世で、明治天皇の乳母をしていて、幕府に対しても威張りきっていたそうです。

明治天皇が江戸改め、東京に移り住んだ時にも一緒に来たと言っていました。

 

天使と話をするPさん(2) 前世の話

 

明治天皇は、江戸に来た際に大宮氷川神社を出雲神社や鹿島神社と肩を並べる神社と認定したのですが、決まって10日後には行幸する為に出発をしてしまったそうです(板橋や蕨を経て、浦和で一泊)

天皇一行をいきなりお迎えする、神社側は大変だったと思います。

 

この絵の中には、うちの母の知り合いもいっぱいいたんだろうなと思って、蒔絵を観ていました(^^;)(乳母だった母は、歩いたとは思えないので、輿か何かで一緒に行ったのかも)

 

この日は本殿前の舞台で、小学生くらいの女の子たちが「さくら」の歌に合わせて舞の練習をしていて、金色の鈴がいっぱいついた巫女鈴というのかな?をシャンシャン鳴らす音もきれいで、皆で良いものを見せてもらったねえと言っていました。

 

次の次の日に、今度は従兄の子供が就職の相談がてら、我が家に泊りに来ました。

カードや生年月日などで色々と観たのですが、あまりよろしくないので困ってしまいました。カードに対策も出たのでアドバイスもしたのですが、せっかく新車もあるので、彼女の仕事運の方位の良い大宮氷川神社に、一緒にお詣りに行く事にしました。

 

参拝後は、私のお気に入りの戸田の七福の湯に一緒に行ってのんびりしようという事になったので、朝の9時前には出発しました。

 

車を駐車場に止めて、2人で参道の反対側から本殿に行くと、中に直垂姿の男性陣がいっぱいいて、2日前に舞の練習をしていた女の子達が、きれいな桜の模様の入った巫女姿で歩いていました。

 

皆さんで並んでいるのを、2~30人の人が眺めています。

ちょうど隣に立っていた、大宮のガイドのパスカードを首からぶらさげていた人に、「これは何かのお祭りなのでしょうか?」とお聞きしました。

その方は、さすがのガイドさんで色々と教えて下さいました。

 

これは花しづめの祭り(鎮花祭)という、大宮氷川神社にある大中小の様々な行事のうちで、一番大事な3つの中の1つという事でした。

 

帰ってから調べたところ、「4月から5月にかけて春の花が飛び散る頃は、気候が不順だったり、新しい環境に慣れなかったりと肉体的にも精神的にも不調になる時、 病から身を守るためにも薬草を神前に供えて無病息災を祈願したのが鎮花祭」という事です。

 

直垂も巫女の衣装も素敵だったので、写メを何枚か撮っていたのですが、撮影は禁止という事で、神様に思わず心の中で失礼しましたと謝ってしまいましたあせる

 

せっかくなので、お詣りの後も少し待って奉納舞を全部見たのですが、

子どもたちが本当に愛らしくて、舞やお囃子、さくらの歌もとても良かったです(練習の時はお琴も歌もカセットテープみたいだったのですが、当日は数人の直垂を来た男性たちが歌っていました)

 

桜の時期はほぼ終わりでしたが、本物の桜の枝と巫女鈴を持って花しづめの舞を踊る子ども達を観て、なんだか心が洗われるねえと従兄の子供と話していました。

子どもの頃に、神社の舞台に上がり、こんな可愛い衣装を着て踊るような、神様とのご縁があるって幸せですね。

 

ずっとずっと昔から、こんな風に神様に歌や舞を奉納してきたのかなと思うと、なんて雅で美しい慣習なんでしょうと感動したり、昔の日本の風景とでは今とずいぶん変わった所もあるんだろうなと、しみじみとしていました。

 

ガイドさんが、巫女さん達の写真は撮っては駄目だけど、門は撮影しても大丈夫だよ、と言うので写真を撮ったのですが(↑の門の写真)、大宮氷川神社の門は、京都の上賀茂、下賀茂神社と同じ形式だという事も教えて下さいました。

 

以前、ブログ記事でも書いたかもしれませんが、昔母が下賀茂神社に行きたいと言いだして、行った先で明治天皇が御幼少の頃に遊んでいた木馬を見た事があります。

母も前世で、この木馬で遊んでいる明治天皇を見ていたのかもねえなどと言っていましたが、大宮氷川神社と下賀茂神社って何か繋がりがあるのかな?

 

私の高校2年3年の担任が、大宮氷川神社の宮司さんの家の人だったのですが、西〇〇家と東〇〇家があって、交互に宮司さんをやっていたと聞いていたので、今はどちらが宮司さんをやっているのか、ガイドさんに聞いてみました。

そうしたら昔は交互だったそうなんですが、今は違うという事です。

一緒にやっているのかな? 神社の規模が大きいですものね。

 

というわけで、大変良いものを見せて頂いて、タイミング的に最高だったね!と、2人で大喜びをした後に、予定通り七福の湯に行きました。

 

でもって昨日なんですが、急にふと母と大宮氷川神社のご縁に気づいたのですね。

 

うちの担任が大宮氷川神社の家の人だったというのは、卒業してからずいぶんしてから知りました。

母が前世で明治天皇の乳母だったというのは、天使と話すPさんから聞いたのですが、それもここ10年の事です。

この2人に前世での関わりがあるなんて、今まで考えた事もありませんでした。

 

でも明治天皇と前世で関わりの深かった母が、生まれ変わって娘の担任として、やはり明治天皇と関わりの深い神社の子孫と三者面談とかしていたのですが、そこに何かしらのご縁みたいなのがあったのかなと思ったのです(日本全国の神社の数って、コンビニよりも多いとか聞いた事があるので、そんな中でピンポイントでご縁の深い神社だし)

 

そういえば、フィンドホーン関係で寄付を何度かした養護施設も明治天皇縁の皇族の方が最初に作った所だったし、前世って何かしらこんな風にご縁が出来るのかなあと不思議な気持ちになりました。

 

そこの寄付を母に提案したのも、高校で大宮氷川神社の家の人が担任になったのも、東京と群馬の行き来が多いので、両方を統括していると思われる、関東一宮の大宮氷川神社でのお正月の参拝を決めたのも、全部私だったんですが、これはどれも本当は母の前世からの明治天皇がらみのご縁だったのかもしれないと、つい昨日あれっ?という感じで思いついたので書いてみました。

 

大宮氷川神社と関わって何十年も経っていて、ものすご~く今更な話なんですが(^^;)

 

それじゃ、それを繋げる役になった私はなんだろうって感じですが、私は占い師の I 先生に「木と木を繋ぐ紐」で、人と人、人と物を繋ぐ役目があると言われたので、前世と今生の母と明治天皇がらみのご縁を結んだのかもな~と思いました。

 

中国では、人との縁は同じ舟に乗るまで100年と言うくらい結ぶまでが大変のようですが、こんな風に幾つかのご縁を今生でも結んだ母と明治天皇と大宮氷川神社の神様は、遠い昔からの輪廻転生の中で深いご縁があって、もしかしたら何度も何度も色々な関わりを持っていたのかもしれませんね。

 

大宮氷川神社は、正式参拝の一番安いものが値上げで2千円から5千円になってしまったので、ちょっと負担が大きくなってしまったので(うちは火曜日誕生日の歳もお札を頂くので)、もう氏神様だけにするか、他の神社に変えようかという話を母としていたのですが、今回きれいな花しづめの舞も見せて頂いたし、神様はそういう俗っぽい私の不満とは全く関係なく、厳かにいらっしゃるし、ご縁もあるみたいだし、やはりこれからも参拝をさせて頂こうと思いました。

 

矢切の渡しの舟の前から見た、向こう岸の写真です。

 

他にも私の体験した不思議話を色々と書いています。

天使と話をしたり、魂から直接過去現在未来を聞く事ができるPさんという不思議な人の話も下記に書いています。

不思議話やスピリチュアルが好きな方は、よかったらどうぞ~(^^)

 

★天使と話す不思議なPさんの話

 

★私が体験したちょっと不思議な話

 

目 次

 

   
人気ブログランキングへ

 

帝釈天の廊下から見えた桜の写真。

今年は本当にお腹いっぱい桜を見ました。

 

 

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。