横峯式教育法

テーマ:
 横峯式について実際導入して子どもたちはいきいきと輝き、こんな可能性を持っているんだと驚かされ、そして今までその可能性の目を積んできたと思うと申し訳なくなるくらい本当に子どもにとってすばらしい教育法であると思います。しかし幼児教育会では批判ばかり、実際見ずに批判ばかりして何を考えているのか?どんな保育方法も目指すものは同じであり、子どものためである。子どもが自ら進んでなんでもし、楽しく学べるどこに批判することがあるのか?わたしも実は、半信半疑で3年間横峯式を勉強し、導入しました。それでも不安な点があり大学院で学ぶことを決意しました。予想通り、幼児教育者は初めからだめと決めつけていました。論議することもできませんでした。その他の教授は、大いに関心がある方や非常にいいと言っていただける教授もおられました。大学院はこの3月で修了となります。学んだことは横峯式は素晴らしい教育法である確信をえたことです。もし異論があるならいつでも討論したいですが、それも許されない感じはなんなんでしょう。