写真の腕を上げたいね | ぢょやの「なんじゃ言よんな」(Ameba版)

ぢょやの「なんじゃ言よんな」(Ameba版)

うさぎ、らん太好きな主による思いつきブログ

職場の通勤路に早咲きの桜があって、きれいなピンクの花びらに野鳥が群がっているのを見かけたのが3日ほど前。

最初は「めっちゃ鳥がおるなあ」って思う程度だったんだけど、だんだんと「これは写真に収めるのも悪くない」という気になって、通勤だけどちょっとカメラ持っていってしまえと、昨日ちょっとだけ早くカメラを持って出かけてみたんだけど・・・

 

これまで撮影してきたのは風景で、動く物といってもせいぜい電車。動きの読めるものしか撮影した経験がなかったんで、この野鳥の撮影ってのは勝手がまったく違うことに驚いた。

 

まず、広角の標準レンズじゃ小さくしか写らないんで、望遠で撮ることになるわけだけど、そもそも自分がまだ望遠に慣れていない。

望遠で撮ってるのお月さんくらいだからなあ。

望遠で合わせて撮ろうとしても、動き回られると全然アングルに入ってこない。おまけに、望遠のままで捉えようとしても、どこを見ているのか分からなくなる。特に桜がわしゃわしゃあるところを見ていると、今自分がどこを捉えているのか分からなくなるのだ。

 

野鳥はめちゃめちゃ動き回るので、捉えたって思ってもちょっとしたタイミングですぐにアングルから消えてしまうし、ピント合わせもなかなか大変。

おかげで昨日はまともにピント合わせて撮れたのが1枚だけ。あとはどこにピントがあってるのかよく分からない&構図的にちゃんと鳥が入ってないようなものばかりで。

 

悔しいので、今日は昨日より早く出て、再チャレンジ。

まあまあ上手く撮れたかなって写真が何枚か撮れました。

 

桜とメジロ。桜の上にちょこんと乗ってる感じです。桜とメジロ。桜の上にちょこんと立ってるメジロ。前向きの角度の顔も可愛い。桜とメジロ。桜の花びらを前に、蜜を吸おうかどうしよか迷ってる感じです。桜とメジロ。桜の花びらにくちばしをツッコんで蜜を吸ってるのかな。桜とメジロ。桜の花をついばんでいます。桜とメジロ。枝に止まって桜を見ています。桜とメジロ。下向きに飛び出そうとしているところかな。色が濃くてきれいです。桜とヒヨドリ。ヒヨドリはかっこいいですね。桜とヒヨドリ。桜の中に埋もれている感じです。桜とヒヨドリ。枝に止まって休憩でしょうか。桜とヒヨドリ。桜の花びらにくちばしをツッコんで蜜を吸っているのかな。桜とヒヨドリ。枝から飛び立とうとしている瞬間です。桜とヒヨドリ。ヒヨドリを真ん中に絵になる構図です。桜とヒヨドリ。首を捻って桜の花をついばんでいます。桜とヒヨドリ。桜の枝にぶら下がる感じで逆さになって桜の蜜を吸っています。桜とヒヨドリ。枝に止まってる姿がカッコイイです。丸子川沿いの早咲きの桜。たぶん河津桜の仲間だと思われます。ピンク色で鮮やかです。こちらに野鳥がわんさか群がっています。

 

まあまあ上手く撮れたと言っても、画素数通りに引き延ばすとピントが甘かったり。

あと、鳥が羽ばたくのをしっかり羽を撮ろうと思うと、結構なシャッタースピードが要るんだなってのが分かりました。1/250くらいだとまだ羽がぶれてる感じなんですね。

風景でなんとなーく良い写真を撮ってるくらいだと分かりませんが、こうして動き回るものを撮ろうとすると、まだまだなんだなと思い知らされる。さすがにカメラは奥が深く、そして自分はまだ入口に立ってる程度なんだなと。

 

野鳥を撮るという試みは一つステップアップするきっかけにはなったかな。

一つずつ、頑張って精進していこう。