宙組別箱公演発表!! | ムラオの宝塚ブログ

ムラオの宝塚ブログ

宝塚好きな男子があれこれつづります


昨日は来年の宙組別箱公演も発表になりましたね。

∇TBS赤坂ACTシアター公演「FLYING SAPA~フライングサパー~」
作・演出/上田久美子
主演/真風涼帆・星風まどか

∇日本青年館ホール/シアター・ドラマシティ公演「壮麗帝」
作・演出/樫畑亜依子
主演/桜木みなと

トップコンビ主演作品の方はプロット読んでもワケわかめww。全く意味不明ww。よくこの文章で通ったな、というぐらいだけど、今やブランドと化したウエクミ(上田女史」)作で「なんだかよく分からないけどすごそう」感はあるかな。とてつもない得体の知れなさを感じますww。

で、裏の公演は予想通り、2回のバウ主演を経てのズン(桜木)の東上初主演。タイトルが凪七瑠海主演の「蘭陵王」と対句になっているような印象だけどww、プロット読む限りは面白そう。腹心の友イブラヒムは是非とも和希そらでお願いしたい。っていうかソラカズキしか有り得ない気が。で、さらに言えばヒロインは夢白あやでなく、天彩峰里でお願いしたい。ココ重要。宙娘では圧倒的にじゅり(天彩)推しです、はい。

ずんもいろいろ真価が問われる時期に差し掛かってきましたねー。彼女もスターの宝庫95期生の一人ですが、柚香光や月城かなと、朝美絢のようにビジュアルがウリのタイプでもなければ、礼真琴のように圧倒的な実力がウリでもなく、瀬央ゆりあのようにキャラ押しのタイプでも水美舞斗のように筋肉押しでもない。「じゃあ何が武器なん?」感は未だに否めないけど、ま、実力派寄りなのかな。穴はないし。ただ映像で見ててもどーも舞台の印象がちんまり、って感じですよね。決してヘタではないのに。ってか技術ある方なのに。その辺、いかに大きく見せられるかがこれからの課題なんでしょう(棒読み)。意外にも野心的な言動が見られる点は面白いかと。

宙組でずんが東上初主演を獲得して、残りは来年末の雪組KAAT神奈川芸術劇場&シアター・ドラマシティ公演の主演が誰になるか、ですねー。現トップコンビが10月の東京宝塚劇場公演で退団するとして、KAAT&DCの裏の梅田芸術劇場メインホール&豊島区立芸術文化劇場公演は彩風咲奈のプレお披露目なのでしょう。KAAT&DCは、最近のベテラン別格重視の傾向から彩凪翔(まだまだ残留と仮定)に回るのか、朝美絢が獲得するのか注目です。なぎしょ(彩凪)は既に下級生2番手・咲(彩風)の東上主演作「ハリウッド・ゴシップ」の2番手に回っちゃってるしなー。ここからの東上主演は難しかったりするのかな…。

その「ハリ・ゴシ」。今日スカイステージで稽古場風景を見ましたが、なぎしょが前組長の梨花ますみの元愛人ってすごい設定ですよね…。みとさん(梨花)、わざわざ自分で台詞で「年増の女優」って言ってはいたけど、なんだかすごいもの見ちゃった感じ…。年増どころか、大年(以下自粛)…。




↓ポチッとしていただけたらうれしいです!