明日海りお退団記者会見に思う | ムラオの宝塚ブログ

ムラオの宝塚ブログ

宝塚好きな男子があれこれつづります


テーマ:

花組トップ・明日海りおの退団記者会見のもようを各社ネット記事で見ました。

朝日新聞のネット記事(有料)が一問一答風で分かりやすかったかな。かなり涙、涙の会見だったようだけど、みりお(明日海)の来し方を振り返れば、月組時代の「不思議な準トップ」、かなりの学年になってからの花組への組替え、組替えから日も浅いまま花組トップ…となかなかヘビーな道を尋常でないプレッシャーを抱えながら歩まされたわけで、いくつも「涙の理由」があったんだろうなーと推察。長期トップの宿命として「ようやく退団を発表できる!」という解放感も相当程度あったことと思います。

先に退団発表した星組トップの紅ゆずるも涙の比重が高い会見だったのは記憶に新しいところですが、前宙組トップの朝夏まなとは涙もなくカラッと、だったことを思うと、生徒それぞれでなかなか面白いですよね。思いっきりカラーが出るというか。

みりおは相当早い時期から「将来のトップ候補」と見込まれてエリート街道一直線でしたが、何しろ小柄で華奢。ビジュアル的にはどう見ても女の子、ということで下級生時代は「人気トップへの道は険しそう」と思わされたもの。VISAガール前任でもある元雪組トップの音月桂とどうもイメージがかぶるというか、キム(音月)もひたすらトップ街道を歩みながら「女の子」感がどうしても抜けきらず、劇団が望んだ「人気トップ」には及ばないままそそくさと退団してしまった印象。ある時期までみりおは「キム再び」になるような気がしていましたが、なかなかどうして。元はフェアリー、少年タイプでありながら、キャリアを積むうちに「骨太な男らしさ」も身に着けたのはあっぱれだったかと。

会見で退団決定時期については自身最大のヒット作ともいえる「ポーの一族」の頃と明らかにしていたけど、これってみりおに限らず「後付け」で、当然ながら劇団的にはもっと早くに退団スケジュールを決めているんでしょうね。とはいえ、紅ゆずるはお披露目公演の「スカーレットピンパーネル」の時と言っていたように、それぞれのトップ人生のハイライトとなるような公演の時期に退団を意識するのも間違いないはず。であるならば、自身が強く憧れ、再演を切望した「ファントム」を先ごろ成功裏に終えた雪組トップの望海風斗ももう間違いなく退団時期を決めているんだろうなーということが頭をよぎり、ちょっと寂しい気にも。あ!ちなみに「ファントム」はブルーレイディスクをネット注文したのですが、「在庫なし」とのことでまだ届いていませんww。

みりおが5年半もの長期トップを務めることができたのはスポンサーVISAの意向も大きかったであろうことは想像に難くないですが、VISAはみりおなき後、誰に付くのかが大きな関心事ですよね~。愛華みれ、春野寿美礼、音月桂ときて明日海りお。いずれもトップ就任が確実な「御曹司」が選ばれ、5~7学年下の生徒に引き継がれていることを鑑みると、95~98期の誰か、みたいな感じかな。ビジュアル的には「爽やか系」か「涼しげ系」の系譜ですよね。バタ臭かったり、キャラの濃いタイプは皆無。それを踏まえると、個人的には雪組の永久輝せあ(97期)の可能性が高いかな~と思いますがどうなるか。3番手に昇格するとみられる宙組の桜木みなと(95期)もあるかもしれないけど、さすがにいろいろちと地味か。ずん(桜木)より、ひとこ(永久輝)の方が御曹司感、強いですよね。

そしてみりお自身の進路も気になるところ。以前記事にしましたが、個人的にずっと前からみりおは退団後は東宝芸能に進むと信じて疑わなかったんですよねー。早いうちから劇団の寵愛を一身に受け、スポンサーも付き、在団中に娘役もこなし卒業後の性転換に苦労もなさそうで、なおかつ品行方正そうなところ(←ほんとはどうか知らないww)が一路真輝とかぶるし、みりお本人は瀬奈じゅんフォロワーでもあるし。が、東宝芸能は既に朝夏まなとを獲得しており、その道は事実上絶たれた。みりおは個人事務所でやっていくタイプでもないだろうし、なんとなく梅田芸術劇場入りという感じもしない。となると、やはりメジャーな芸能プロダクション所属だろうと。ホリプロは系列のブッキングエージェンシーを含めて既にトップOGや娘1OGが飽和状態な気もするけど、何気にトップOGは安蘭けい以来いないですよね。トウコ(安蘭)とはもはや一世代違って仕事(役)が競合することもないことを考えるとホリプロはあり得そう。あとは天海祐希以来となる研音(※天海は退団直後からの所属ではない)とか、これまでにトップOGの所属はないものの大のタカラヅカファン・北川景子を擁するスターダストプロモーションあたりも関心を持っていたりするのでは、と想像。アミューズは割と最近のトップOG・柚希礼音がいるし、つい最近、愛希れいかが所属しちゃいましたしね。紫吹淳、貴城けいが所属するオスカープロモーションもありかな。オスカーといえば、幹部がかつて「タカラヅカOGがファンを活用できるのは1,2年」なんて発言をしていました。卒業したての頃はいいけど、1~2年でファンは離れていき「元タカラヅカ」の看板を2年3年と引っ張ると失敗すると。実際そうなんでしょう。何はともあれ、みりおさんには少し体重戻して健康的な姿で芸能界デビューしてほしいです。

で、一番気になるのは花組の今後。現有メンバーではみりお、仙名彩世のほか、鳳月杏、桜咲彩花、花野じゅりあら上級生の主要メンバー、次代のホープ・舞空瞳の離脱が決まっていてこれだけでもかなりスカスカに…。さらには瀬戸かずやあたりの上級生何人かもみりおと同時退団しそうな気も。花組ってみりお体制になってから望海風斗、芹香斗亜、真彩希帆、朝月希和…と他組に放出する一方で、入ってきたのってちなつ(鳳月)だけ??そのちなつも出てしまうわけで、実質補充のないままここまで来たツケが一気にきそう…。

次のトップはフツーに考えると現2番手・柚香光、娘1は華優希が残留するとして実力的にかなり不安な状態。センターのクオリティがた落ちですよね…。かといって専科から凪七瑠海がトップに落下傘、宙組から芹香の里帰りというのも考えにくい。かちゃ(凪七)は2番手羽根を背負うのは間に合わないだろうし、キキ(芹香)も今さらねぇ…。たらい回しに次ぐたらい回しで、宙が「終の棲家」にならないのは逆に気の毒。とりあえずカレー(柚香)を昇格させて毎公演「はいからさんが通る」や「花より男子」みたいな漫画原作、2・5次路線で作品ブーストかけてやっていく以外ないのかな…。ま、みりおがトップになる前後も花組は急激に組構成が若返って不安視されながら、いつの間にか人気組になってたし、そこはShow must go on。意外と何とかなっていくものなのかも(棒読み)。


それと、さきほど上げた記事を以下に再掲しておきます。

========
しばらくの間、コメント受付設定が「アメーバIDを持っている人だけ受け付ける」になっていましたが、持っていない方からも受け付けられるように変えましたのでご報告です。
========


↓↓ポチッとしていただけたらうれしいです!


ムラオさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ