仙名彩世退団発表に思う | ムラオの宝塚ブログ

ムラオの宝塚ブログ

宝塚好きな男子があれこれつづります


テーマ:

本日二度目の更新です。

花組娘1・仙名彩世の退団発表、もしかしたらもしかして今日あるのかも、と思っていたらその通りに…。バウや別箱でヒロイン経験はあったものの、新人公演ヒロインはついぞなく、劇団が正路線の娘役としては育ててこなかった中、娘1に抜擢された背景には、以前にも記事化した通り、前任娘1の花乃まりあに手を焼いたトップスター・明日海りおの強い希望があったのはまぁ間違いないでしょう。

以降、娘1としては大劇場4公演か…。やはりちょっと短かったなー。別箱公演含め、いわゆるヒロインっぽい役をあえて宛てられなかったことも複数回あったし、最後まで徹底して劇団愛が薄かった印象…。終始「資格外にもかかわらず娘1にしてやったんだから感謝しろ」的な扱いでしたよね。そういうところ、ブレない劇団も逆にすごい、みたいな。象徴的なのが、晩秋の花組3分割公演のポスター問題。全国ツアー組の華優希、舞空瞳が、凪七瑠海主演の別箱では音くり寿もポスター入りしているのに、ゆき(仙名)は、出演するみりお(明日海)主演の舞浜アンフィシアター公演「Delight Holiday」のポスターに入らず、「切手」ですらないという…。「Delight Holiday」 っていうぐらいなんだから、トップコンビがラブラブな感じのポスターでもよさそうなものなのに…。「劇団の仕打ちもここまできたか!」と呆れましたが、本人もそのあたり、いろいろ居づらさを感じてしまっていたのではないかと心配。

本当はみりおとの同時退団を望んだけど劇団が認めなかったのか、それとも居心地の悪さに耐えかねて本人が自発的に引いたのか…。ま、その辺は一般ファンに知るよしはないわけで…。

退団記念にミュージックサロンがめぐってきたけど、それとて劇団の「せめてそれぐらいやらせてやるか」的な、むしろ当てつけがましい発想が透けて見えて、もろ手を挙げて「よかったね」とは言えない気も。

明日の記者会見を見ないと分からないけれど、本人としては憧れだった「あかねさす紫の花」の額田王ができて満足できた感じなのかな…。ミューサロ入れて、残りの3公演が充実したものになることを祈らずにはいられません。

しかし、みりお…。やっぱりヤモメかなー。ヤモメにしても1作(=来年2作目退団)なのか、彼女が敬愛する元月組トップ・瀬奈じゅんのように2、3作やるのか…。引き際をちゃんと見極めてほしいよなー。相手役がゆきに代わって元気を取り戻し、前の相手役には寄せることのなかった信頼感を見せていたのに、そのゆきを見送って若い娘役とよろしくやるとか許せん気もするなー。「ゆきからエネルギー吸い取ってポイ!かよ」って感じで。リアルバンパネラか!!

いわゆる「バツ3」ですよねー。バツ3なんて言うと、世間ではドン引き対象というか、いろいろ詮索されますよねー。最初の相手役は誰も望んでないと思われるのに勝手に居残った人なのでカウントする必要はないのかもしれないけどww、後妻2人を見送るってだけでもタカラヅカ史上、稀ですよね…。そしてこの元トンデモ妻こそがある意味、ゆきの蓋だったという…。

しかし、花組ってトップコンビの同時退団って、真矢みき(現ミキ)と千ほさち(引退)までさかのぼらないとないんですよねー。

ともあれ、明日の会見を見守りたいと思います。


↓↓ポチッとしていただけたらうれしいです!

ムラオさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス