タカラヅカスペシャルでトップ歌唱曲公募!! | ムラオの宝塚ブログ

ムラオの宝塚ブログ

宝塚好きな男子があれこれつづります


テーマ:

昨日国内出張から戻ったところ、明日から国外出張。片道8時間ぐらいかかる上、結構な長期出張でうんざり…。帰国便を探していたら、直航便が取れず、某リゾート経由にならざる得ないことが判明。これ幸いと、9時間ぐらい遊んで帰ってくることにしましたww。ちょうど日曜だし、そもそも夏休みを取得できる見込みも全くないので、これぐらい大ありかと。この夏に一時帰国して、タカラヅカを見てお茶会開いてww(!)という野望は打ち砕かれました。そのリゾート、個人的には行き慣れて大好きなところでもあり、楽しみです。

先日受けた手術の病理検査の結果を聞きに行きましたが、問題なしで一安心。ご心配のコメントを寄せてくださった方々、ありがとうございます!!

さて、年末に開かれる『タカラヅカスペシャル2018 Say! Hey! Show Up!!』でトップが歌う曲を公募するとか。「ハッスルメイツ!」もそうだけど、最近の劇団、かなり公募頼みになってますねww。3曲の候補から1曲選ぶとか。個人的な好みを語りつつ、予想してみます。



(専科)轟悠
(1)「俺の生き様」(『猛き黄金の国 -士魂商才!岩崎彌太郎の青春-』より) 
(2)「パッサージュ」(『パッサージュ-硝子の空の記憶-』より)
(3)「Passion 愛の旅」(『Passion 愛の旅』より) 

なぜか理事(轟)だけ、自身の主演作から。まぁここは人気の高かったオギー(荻田浩一氏)の「パッサージュ」かなー。当のオギーが退団してしまい、これを逃すとなかなか聴くチャンスもなかろうってことで。

オギーといえば、香寿たつきがトップ時代の星組のショー「バビロン~浮遊する摩天楼~」が大好きでした。今もタカラヅカに残ってくれていたら、どんな作品を生み出していたんだろう、と時々思ったりして。理事、声もうカスカスなんで、ソロはここからの1曲にとどめてほしいけど…。


(花組)明日海りお
(1)「ル・ポァゾン」(『ル・ポァゾン 愛の媚薬』より)
(2)「Dance With Me」(『ジャンクション24』より)
(3)「My Life Your Life」(『JIN-仁-』より) 

最近はみりお(明日海)にセクシー萌えしているファンも多そうだし、「ル・ポァゾン」かな…。「My Life Your Life」も合いそうだけど。「ル・ポァ」は最近になって再演が続いたけれど、やはり初演のレベル、感動に遠く及ばず…。再演のたびに「ウタミミ」(剣幸・こだま愛)時代の月組はすごかった!と再認識させられるという…。


(月組)珠城りょう
(1)「風のシャムロック」(『エールの残照』より) 
(2)「忍の乱れ」(『花の業平~忍の乱れ~』より)
(3)「蒼穹の彼方」(『太王四神記 Ver.II』より) 

これは「風のシャムロック」かな。個人的には大好きな「花の業平」の「忍の乱れ」もありなんだけど、「エールの残照」は月組作品ってことで。この曲、谷村新司氏の手によるもので、当時結構話題になりましたよね。

この上演年だったか次の年には、紅白歌合戦で歌う谷村氏のバックダンサーを姿月あさとと風花舞を中心とした月組生がつとめたんですよね~。「ズンコもゆうこもかっけぇぇぇ!!」と思いながら見ていたのが懐かしい。本番終了後には出演した月組生が谷村邸に招かれたとかなんとか誰かが言っていたような。私、谷村氏とは飛行機で乗り合わせたことがあって。羽田-南紀白浜という相当マニアックなフライトでしたww。


(雪組)望海風斗
(1)「朝日の昇る前に」(『華麗なるギャツビー』より)
(2)「かわらぬ思い」(『ブラック・ジャック 危険な賭け』より)
(3)「初めて見た朝日のように」(『愛のソナタ』より) 

これは「朝日の昇る前に」でしょう。雪組作品ってこともあるし、だいもん(望海)とかりんちょさん(杜けあき)ってイメージ的にかぶる部分もあって。芸風もさることながら、組子に厳しそうなあたりもww。だいもん見るたびに「現代のかりんちょ」と思ってしまうww。だいもん主演で「忠臣蔵」の再演を、という声も結構多いみたいだし。

「かわらぬ思い」もいいですよね。個人的には「テンダーグリーン」の主題歌「心の翼」と対をなしている印象。ってそれもそのはず。両方とも正塚晴彦作品ですね。


(星組)紅ゆずる
(1)「LUCKY STAR!」(『LUCKY STAR!』より)
(2)「エル・アルコン-鷹-」(『エル・アルコン-鷹-』より)
(3)「パッショネイト!宝塚」(『パッショネイト!宝塚』より)

これは「LUCKY STAR!」だな。紅の初舞台作品でもあるし。難しそうな「エル・アルコン-鷹-」を紅に真面目に歌われても…って感じだしww、「パッショネイト!宝塚」はフィナーレで歌ってるのがすごいヘタだった印象もあって。結局消去法でも「LUCKY STAR!」しか残らないww。しかし、初舞台生だった16年前に彼女がトップになると思っていた人っていたのだろーか。ほんとドラマですな。



↓ポチッとしていただけたらうれしいです!

ムラオさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス