05年バレンシアGP

テーマ:
 今日も、公式サイトのライブビデオ観戦でした。目の疲れ対策でフルスクリーンにして見ましたが、ちょっとはマシだったかな? あと、125ccは観戦途中に晩ご飯タイム、250ccは、観戦途中に赤ちゃんお風呂タイムがかぶってしまったため、一部しか見ていません。……というわけで、以下は本日行われたバレンシアグランプリの結果を含みます(以下改行)











 まず、125ccですが、勝ったのは、カリオ選手。ポールポジションのガデア選手は、途中までトップを走っていたのですが、残り6周と言うところで転倒……地面をのたうち回って悔しがっていたのが印象的でした。チャンピオン争いのトップを走っていたルティ選手は、9位でゴールし、カリオ選手を抑えて、シリーズチャンピオンになりました。

 250ccは、序盤は、バーベラ選手がトップを行き、ロレンゾ選手が二位を走る展開でした。その後、ロレンゾ選手が、トップに立ち、「今度こそ行けるかな?」と思っていたところで、お風呂タイム。お風呂が終わってみてみると、結局ペドロサ選手がトップを走っていて、ロレンゾ選手は、二位でゴール。来年は、ペドロサ選手がいないのでどこかで勝てるでしょう。ペドロサ選手との決着はMotoGPに上がってからつけて欲しいですね。

 MotoGPクラスは、ロッシ選手が予選で最終アタック前に転倒し、15位というグリッドからのスタートでした。というわけで、ロッシ選手がどういうレースをするのかが注目されるレースでした。注目のロッシ選手は、スタートで、ロケットスタートを決め、ぐんぐん順位を上げていきます。ライバルのジベルノー選手は、やっと勝利のチャンスが巡ってきた……というのに3位走行中にマシントラブルでリタイア……とことんついてない一年でしたね。レースは、メランドリ選手とヘイデン選手が接近した状態で一位と二位を走行し、5秒ぐらい遅れてロッシ選手が追うという感じでした。途中一時期だけ一位と二位のタイムが落ちて、3秒台まで差は縮まったのですが、ロッシ選手の追い上げもここまで。結局、メランドリ選手が勝って、ヘイデン選手は二位、少し遅れて3位にロッシ選手という結果でした。ライブタイミングとライブビデオを見ながらの観戦で、1位と2位とロッシ選手のタイム差を見ながら観戦したのですが、一時期すごくタイムが落ちた周回を除き、2人とロッシ選手のタイムは、ほぼ同じペースでした。ということは、この2人は、ロッシ選手と同じペースでレースディスタンスを走る能力を備えているといえるわけで、来年は、今年のように行かないかも?と言う期待を抱かせる最終戦でした。(でも、接戦になると誰もロッシ選手には勝てないんだな)

 以上、観戦日記でした。今日は、フルスクリーンにして、ライブタイミングと併用で見るとだいぶん目の負担が少なくなる事を発見しました。