05年トルコGP決勝

テーマ:
昨日以下の分をアップしたつもりでしたが、ちゃんとアップされていませんでした。

というわけで、また、アップします。(改行付き)














125ccクラスは、ダイジェストで見ただけですが、すごいレースだったようです。6台くらいのトップグループが横になってコーナーにつっこむというすざましいシーンがありました。その中で、日本の小山選手が3位に入り、前回に引き続き表彰台を獲得しました。

250ccは、スタートから、ストーナー選手がトップを飛ばしていく展開でした。追う二位グループは、4台のマシンが横一列になってコーナーにつっこむなど、激しい争いだったのですが、結局ペドロサ選手が制し、一位のストーナー選手を追いかけます。最終ラップでは、テールトゥノーズの激しい争いになるのですが、結局ストーナー選手が守りきりトルコGP初ウイナーとなります。日本人選手ですが、青山選手がデアンジェリス選手との激しい3位争いを制し、3位になりました。デアンジェリス選手は、最後に後から青山選手にぶつかってコースアウトしてしまい、7位に終わりました。青山選手も「残念だ」と言っていましたが、仕方有りませんね。

 MotoGPクラスは、退屈なレースでしたね。途中から、あまりにヒマなんでライブタイミングと併用で見ていました。で、気がついたのがライブタイミングとライブビデオを併用してみると結構面白いと言うことです。ラップタイムを見ながら「バロス選手のタイムが落ちてるな」とか「エリアス選手はこの集団の中で一番良いペースで走っている」とかそう言うのがわかります。ちなみに勝ったのは、メランドリ選手でなんとこれが初勝利です。この人ヤマハで走っていた頃は、ここまで速いライダーだとは思っていませんでした。(我ながら眼力無しw) 来年は、この人当たりが打倒ロッシ一番手なんでしょうか? そのロッシ選手は二位に終わりました。ロッシ選手に勝つには今日のメランドリ選手のように「大逃げ」を打つしかありませんね。つまり、ロッシ選手が追いつけない速度で最後まで逃げ切る、これしか有りません。まあ、それが出来ないからみんな負けているんですが……(笑) それ以外に敢闘賞を上げるとしたら、ワークスのエドワーズ選手をくったエリアス選手ですね。あと、伊藤選手は、ジャンプスタート→罰則無視→失格という流れでレースを終えたようです。

以上、05年トルコGP観戦日記でした。