人生に必要なことはビジネスから学んだ | 心はいたってシンプルだった〜マインドフルネスな日々〜

心はいたってシンプルだった〜マインドフルネスな日々〜

ヨガ・マインドフルネス瞑想講師として「心」について日夜考えている児玉美保が、ラジオDJ・スポーツリポーターとして培った「伝える」技術でメンタルヘルスについてわかりやすく読み解く


テーマ:
昔から憧れるのは、




「カッコいい、オンナ」。




先ほど、ひょんなネットサーフィンから、
松さや香さんの文章に出会った。




あんな文章を書きたい。





だから今日は、こんな口調。





先ほど、
2月から始まったビジネス講座の、
最終講義が終わった。





思えば昨年末。




やはりFacebookでたまたま見かけた笑顔の写真に、



「高単価ビジネスオーナーになりませんか?」




と、微笑まれ、




「うん!なりたい!!」




と体験会を即予約した。







体験会でも、
夢のような話しか繰り返されなかったが、
それでも私は



この人について行く!



ということしかアタマになかった。
即申込み。





初めて聞くビジネスカタカナワードに悪戦苦闘しながらも、
今日の日を迎えた。







ビジネスが人生を変える…






とは、
最終講義を終えて今、身を以て心の底から実感していることだ。








以前の私は、

ビジネス=金稼ぎ

としか思えず、



金にがめつい人たちが、
MacBook片手に毎日数字とにらみ合う、
そんな小汚い世界だろうと本気で思っていた。



だから、




オカネ、コワイ。


オカネ、キタナイ。



お札を見れば、




どうせすぐ私の元から去るんだろう!
この、メスブタが!!



並みに嫌悪感を覚え、




オカネに振り回されたくない自分、



でも、




必要に迫られる自分



の板挟みで、

心ばかりが苦しみ、

自問自答しても現状は変わらない。





表は笑って心は泣いて。


心から楽しめない日々だった。






お金の価値を学び積み重ねてきた今日。






この4ヶ月ですでに3桁を手にした仲間、

仕事を辞めて独立の道を選んだ仲間の

凛々しい横顔が眩しく映る。




彼らの顔が、どうしていやしく見えようか。






彼らは、




自らの時間、自らのアイディアで、

必要とする人に、

最高の解決策を提供できているだけのことだ。





心が充実している。





人の役に立っていると、凜としている。





それが、





金額 となって自分に返ってきているだけ




なのである。





言われたことをただこなし、
時間が過ぎて行くのを待つだけじゃ味わえない。





自らの手で、他者貢献を生み出す。




生みの苦しみ、



育ての努力。





味わったからこその、





充実感に満ちている。






みんな変わった。




この4ヶ月で、自分の価値を見付けた。




その自分を活かす場所を、


自らの手で見付けた。






お金がコワイなんて言っている人間は、



ここにはいない。





自分が提供した物の対価だと、


みんなが知っているからだ。








スザッキーに出逢えて本当に良かった。




ビジネスを学べて本当に良かった。






あとはこれを活かす道を、



自らが切り開くだけ。





その先にある、



親孝行旅行の実現を目指して。

児玉美保さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

SNSアカウント