おはようございます晴れ

 

岡山県倉敷で

 

お子さまに「一番の理解者はお母さん!」と
言ってもらえる親子の絆づくりと

 

日本は世界一器用な国♬と
100年後の未来も
胸を張って言えるために


お子さまの手を育てる活動を始動する

 

かりん先生ですビックリマーク

 

1月上旬に

かりん先生の勤める

子どものデイサービスで

 

「小刀で鉛筆削り」を

子どもたちとしました音譜

 

image

自分たちで削った鉛筆たち

 

 

image

小刀はこんな感じのものを

使いました

 

使い方をレクチャーしつつ

進めて行きました

 

小学5年生で

調理実習や

裁縫が

始まりますね音譜

 

それまでに

すこしずつ

いろんな道具に

触れる機会が

あるといいなと思いますラブラブ

 

では今日の本題

 

「手の働き」

について

見ていきましょうキラキラ

 

簡単に言うと

手の基本的な働きは

 

つまむ

 

はなす

 

この2つですビックリマーク

 

1歳ぐらいまでには

この2つの動きが

出来るようになります

 

皆さんは

「つまむ」と「はなす」

どちらが

先に出来るように

なると思いますか?

答えは「つまむ」です。

 

「はなす」は1才前で

ようやく

出来るようになります

 

 

赤ちゃんが

座れるようになる頃から

 

手の育ちは

急成長をはじめますビックリマーク

 

生まれてから1才の誕生日までに

どんな育ちをしていくのか?

明日は、そのあたりを

詳しく見てみようと

思いますキラキラ

 

~今日の手をつかう慣用句~

 

「手垢(てあか)が付く」

 

意味

使い古される。

新鮮みがなくなる。

 

使い方の例

手垢が付いた表現

 

~今日の子どもの才能を引き出す言葉~

こどもの「初めての出会い」を大切に
初めて出会う・鉛筆
初めて出会う・インターネット
 
初めましての出会いの時に
きちんと正しい使い方・方法を
教えてあげる。
 
そうすることで
正しい方法を
子どもは素直に
身に付けることができる
 

~・~・~・~・~・~・~・~

 

本日もお読みいただき

ありがとうございますラブラブ

 

この記事は参考に

なったでしょうか?

 

感想コメントなど

いただくと励みになります

 

 

 

このブログを「お気に入り」に

登録しておくと便利ですよニコ

 

アメブロしている方は

フォローしてね

 

 

今日もみなさんにとって

いい日でありますように音譜