創造力と挑戦心が育つ!おうちでできないぐちゃぐちゃ遊びの造形教室

横浜市都筑区0~3歳の子どもとママがのびのびと楽しめる造形あそび教室です。絵の具・粘土・新聞紙等をダイナミックに使い創造力と挑戦する心を、ぐちゃぐちゃ遊びで指先を刺激し右脳の発達を促します。同じ年齢の子どもを持つママ同士で育児相談や情報交換もできますよ。

NEW !
テーマ:

●言葉よりも、行動で示す方が効果的に伝わります!

こんにちは、「創造力」と「挑戦する心」が育つ!おうちでできないぐちゃぐちゃ遊び造形教室の会田です。

 

私はよく教室がはじめての方に

 

「お子さんが楽しむかどうかよりも、ママが楽しむようにしてくださいねー^^」

 

ってお伝えしています。

 

 

なぜなら、その方が子どもに「楽しいんだよー!」って思いが伝わるから。

 

 

 

どんなことでもママが先にやって、その行動をお子さんに見せてほしいなーと思ってます。

 

 

そして・・・

 

それを実践してくださった方がこちらに!!


 

『今回は娘を見守って、自分が楽しむ!をいつも以上に意識してみました(^^)』

 

お子さんは、

 

『汚れる = 不快 もしくは、いけないこと と思っているようで、

指先に少し絵の具がついただけで、「洗わなくっちゃ!」と言ったり、絵の具を私に擦りつけていた』んです。

 

 

でも・・・

 

 

やらせようとするのではなく、自分が楽しんで見守ってみた結果がこちらですよー^^

 

 

 

 


横浜市都筑区仲町台で開催しています。
横浜市営地下鉄ブルーライン沿線(中川・センター北・センター南・仲町台・新羽・北新横浜・新横浜・岸根公園・横浜)だけではなく、グリーンライン(川和町・都筑ふれあいの丘・北山田・東山田・日吉本町・日吉)、横浜線(小机・鴨居・中山)、田園都市線(あざみ野、たまプラーザ、江田、市が尾、鷺沼、宮崎台、宮前平、溝の口、藤が丘、青葉台)、保土ヶ谷区(上星川)、都筑区、港北区、緑区、青葉区、川崎市宮前区、麻生区、多摩区、港北ニュータウン、港北NT、東京、埼玉から、また大阪や長野など遠方からも新幹線でもお越しいただいてます。 0歳、1歳、2歳、3歳の未就園児とその保護者のための造形・工作・絵画を中心に行う習い事(幼児教育・幼児教室・親子教室)です。 子どもはのびのび育てたい(のびのび育児・のびのび子育て・のびのび系幼稚園)を目指すママが多く集まっています。 『レッジョエミリアアプローチ』(レッジョ教育・レッジョアプローチ)や『モンテッソーリ教育』を土台とした造形あそび教室は、子どもの個性を大切にしながら、想像力・集中力・自主性・コミュニケーション力・協調性・積極性・探究心・意欲・自立心・右脳・好奇心・挑戦心、自己コントロール力・発想力・表現力、そして創造力を育てます。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

●教室に入って1年!絵の具が手につくことを嫌がっていたのが嘘の様に、今では1番に塗りたくり

こんにちは、「創造力」と「挑戦する心」が育つ!おうちでできないぐちゃぐちゃ遊び造形教室の会田です。

 

10月6日(金)はぐちゃぐちゃ遊び金曜日クラスの日でした。

 

 

この日は「野菜スタンプ」を行いましたよー!

 

 

 

この野菜はなにかなー?

 

 

壁にもぺたぺた♪

 

 

しっかり切り口を見ながら、ぺったん!

 

 

どんな模様かな?

 

 

腕にもつけちゃった!

 

 

これ、不思議な模様!

 

 

絵の具が足りなくなったら運びます。

 

 

 

そして、最後はみんなで一緒にお片付け♪

 

 

野菜スタンプははじめてだったので、どんな反応をするのか私も楽しみにしていました。

野菜を目の前にすると、絵の具につけていいのー?と不思議そうでしたが、ジャガイモとネギが気に行ったようでペタペタ楽しんでいました。

絵の具が混ざって色が変わる様子も発見していて良かったです🎵
家でも何かとあいさんに見せる〜♡と言っています。

次回もよろしくお願いします。

 

 

 

先週もありがとうございました!

野菜スタンプ、子供以上に楽しんでしまいました(^^;;

去年、初めて参加したのも野菜スタンプでした☺︎

この教室に入って1年❗️❗️とっても早く感じます。

絵の具が手につくことを嫌がっていたのが嘘の様に 今では1番に絵の具に手を伸ばし、待ってました〜‼︎と言わんばかり塗りたくり☺︎

娘にも私にもとても刺激的ないい経験を
させて頂いているなーと感謝しています。

いつもありがとうございます。

これからもよろしくお願いします(*´∇`*)

 

 

ありがとうございます!!

 

Mちゃんも1年なんですねー。感慨深い。

 

最初はMちゃんも絵の具に触れられなかったのですが、いまではダイナミックに絵の具で遊んでいます^^

 

 

さて、こちらのクラスはただいま満席です。

 

来年度の募集や、単発募集はメルマガから行っています。

 

ちょっとでも気になったら、登録して募集をお待ちくださいね^^

 

 LINEはこちら→https://line.me/R/ti/p/%40ixq2662m

 

 

メールマガジンはこちらから⇒http://ameblo.jp/zoukeiasobi/entry-12145374426.html

 

 


横浜市都筑区仲町台で開催しています。
横浜市営地下鉄ブルーライン沿線(中川・センター北・センター南・仲町台・新羽・北新横浜・新横浜・岸根公園・横浜)だけではなく、グリーンライン(川和町・都筑ふれあいの丘・北山田・東山田・日吉本町・日吉)、横浜線(小机・鴨居・中山)、田園都市線(あざみ野、たまプラーザ、江田、市が尾、鷺沼、宮崎台、宮前平、溝の口、藤が丘、青葉台)、保土ヶ谷区(上星川)、都筑区、港北区、緑区、青葉区、川崎市宮前区、麻生区、多摩区、港北ニュータウン、港北NT、東京、埼玉から、また大阪や長野など遠方からも新幹線でもお越しいただいてます。 0歳、1歳、2歳、3歳の未就園児とその保護者のための造形・工作・絵画を中心に行う習い事(幼児教育・幼児教室・親子教室)です。 子どもはのびのび育てたい(のびのび育児・のびのび子育て・のびのび系幼稚園)を目指すママが多く集まっています。 『レッジョエミリアアプローチ』(レッジョ教育・レッジョアプローチ)や『モンテッソーリ教育』を土台とした造形あそび教室は、子どもの個性を大切にしながら、想像力・集中力・自主性・コミュニケーション力・協調性・積極性・探究心・意欲・自立心・右脳・好奇心・挑戦心、自己コントロール力・発想力・表現力、そして創造力を育てます。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

●入って1ヶ月少しですが、変わるものですね。自分でお片付けができるようになってきました。

こんにちは、「創造力」と「挑戦する心」が育つ!おうちでできないぐちゃぐちゃ遊び造形教室の会田です。

 

10月11日は幼稚園準備クラス(母子分離)でした。

 

 

前半は自由遊びです。

 

触覚を刺激する遊びが大人気!!

 

この日から、また新しい触覚を刺激する粉が出てきましたよー^^

 

 

「こっちはザラザラでいつもと違う!」

 

「これなぁに~?」

 

の声が!

 

 

混ぜて混ぜて・・・

 

このあと、パンに見立てて遊びました。

 

 

こんなおもちゃで遊ぶ子もいれば

 

 

絵の具も自由に遊びます^^

 

 

 

こちらは紙粘土です。

 

前回、みんなの製作遊びが紙粘土だったので、みんな「またあの粘土したい!」と大人気^^

 

 

「おかお作ったのー!」

 

 

ほかにもいろんな遊びをしたあとに・・・

 

 

 

この日はみんなで野菜スタンプです。

 

 

1つ1つ模様を確かめながら押す子もいれば、絵の具あそびが楽しくなって手に塗りたくりをする子も^^

 

 

いろんな模様があるね^^

 

 

この日のご感想をいただきました!

 

 

いつもありがとうございます。
この間は、息子は電車の中から「今日は絵の具をする」と張り切っていました。
宣言通りに絵の具を満喫したんですね。
それにしても、30分も同じことに集中していられるとは成長を感じます。

お皿で遊んだ話を聞いてみたら「〇〇くん?と遊んだのよ」と思い出し笑いで爆笑していました。
とっても楽しかった様子が伝わってきました。

少しずつ前までは、遊んだおもちゃの片付けがなかなかできず「ママとやる」とか「イヤ」というので、こちらがあの手この手を使ってなんとか片付けがさせていましたが最近はお家で「お片付けして」というと自分でお片付けができるようになってきました。
お教室でお片付けもすることも教えてもらっているお陰だと思いました。
入って1ヶ月少しですが、変わるものですね。
楽しいから飲み込みもいいんですね。


本当に毎回楽しんで帰ってきてくれるので嬉しいです。
お教室からの帰り道「明日もあい先生のお教室に行こう」と言っていました。
「明日はお休みだよ」というと「えー!!」と残念そうでした。
他の習い事の日に、「今日は◯◯に行くよ」と声をかけると「あい先生は?」と聞かれます。
一日1回必ずと言っていいほど、あい先生の話が出てきます。
すごく楽しみにしているようです。

また、来週もよろしくお願い致します。
 
 

ありがとうございます^^

 
また次回もお待ちしてます!
 
 
さて、こちらのクラスはただいま満席でして、来年度の募集は12月頃行う予定です。
 
募集は、メルマガとLINE@から行いますので、ちょっとでも気になったら登録してお待ちくださいね^^
 
LINEはこちら→https://line.me/R/ti/p/%40ixq2662m 
 
 
メールマガジンはこちらから⇒http://ameblo.jp/zoukeiasobi/entry-12145374426.html

 

 

 


横浜市都筑区仲町台で開催しています。
横浜市営地下鉄ブルーライン沿線(中川・センター北・センター南・仲町台・新羽・北新横浜・新横浜・岸根公園・横浜)だけではなく、グリーンライン(川和町・都筑ふれあいの丘・北山田・東山田・日吉本町・日吉)、横浜線(小机・鴨居・中山)、田園都市線(あざみ野、たまプラーザ、江田、市が尾、鷺沼、宮崎台、宮前平、溝の口、藤が丘、青葉台)、保土ヶ谷区(上星川)、都筑区、港北区、緑区、青葉区、川崎市宮前区、麻生区、多摩区、港北ニュータウン、港北NT、東京、埼玉から、また大阪や長野など遠方からも新幹線でもお越しいただいてます。 0歳、1歳、2歳、3歳の未就園児とその保護者のための造形・工作・絵画を中心に行う習い事(幼児教育・幼児教室・親子教室)です。 子どもはのびのび育てたい(のびのび育児・のびのび子育て・のびのび系幼稚園)を目指すママが多く集まっています。 『レッジョエミリアアプローチ』(レッジョ教育・レッジョアプローチ)や『モンテッソーリ教育』を土台とした造形あそび教室は、子どもの個性を大切にしながら、想像力・集中力・自主性・コミュニケーション力・協調性・積極性・探究心・意欲・自立心・右脳・好奇心・挑戦心、自己コントロール力・発想力・表現力、そして創造力を育てます。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

●「指示が聞ける」と「話が聞ける」は違います

こんにちは、「創造力」と「挑戦する心」が育つ!おうちでできないぐちゃぐちゃ遊び造形教室の会田です。

 

この前「叱らない育児の勘違い」を書いたら、結構反響が(;゚Д゚)

 

ありがたいですね♪

 

というわけで、今日はもう1つよくある勘違いを。

 

それは

 

「指示が聞ける」と「話が聞ける」は違います!!!!

 

ということです。

 

 

育てたいのは「話が聞ける子」です。

 

「指示が聞ける子」ではありません!!!

 

 

これ幼稚園選びとかで「見てください!うちの幼稚園の子は、こんなに話をしっかり聞いて、キビキビ動けるんですよ!」みたいな説明ありますけど^^;

 

大体、こういうのは「指示が聞ける」です。

 

指示が聞けるというのは、受動的。

 

大人の意向にそって動く、ということですね^^

 

 

話が聞けるというのは、能動的。

 

話を聞くというのは、自ら相手に興味を持ち、耳を傾ける、聴くために集中するということです。

 

 

指示を聞くのほうが、言葉を聞いて、行動にうつすので「良い」と判断されがちですし、指示をうつすほうが難しいと思ってる方がいるのですが・・・

 

勘違いです!!!

 

大人が子どもに指示をだすときは、大抵かなり短い言葉で行います。

 

「もっと右に行って!」

 

「やめなさい!」

 

「ほら!!お友だち泣いてるよ!謝りなさい!!」

 

とかね。

 

 

そして、このような言葉を聞いてすぐに行動するクセをつけていくうちに・・・

 

子どもは話を聞けなくなります。

 

 

理由として、日常で聞いてる言葉が苦痛なので、耳を傾ける気がなくなる。

 

日常的に聞く言葉が短文なので、長文を聴く力が衰える。

 

言われたことに従うだけなので、自分で考える余地がない。

 

などなど・・・。

 

 

子ども自ら判断し、行動をうつすという行動に必要なのは

 

「話を聞く力」です。

 

話は、聞けるようになってほしいんです。

 

話が聞けるというのは、先ほどもお伝えしたように相手に興味を持ち、集中して聞くこと。

 

コミュニケーション能力や想像力が必要ですし、聞けば聞くほどそれらが伸びていきます。

 

 

 

「指示が聞ける」と「話が聞ける」の違いの1つは、子どもに判断の余地があるかどうか?ということでもあります。

 

指示が聞けるというのは、大人の意向にそって動くということ。

 

話が聞けるというのは、話を聞いた上で、子どもがどうするか考え、判断するということです。

 

 

 

例えば、母子分離クラスではいろんなおもちゃが用意してあって、私がお手本を見せることがあります。

 

そのときに必ず聞くのが

 

「やってみる?」

 

という一言。

 

やるか、やらないか は子どもの判断にゆだねています。

 

もちろん「やらない」の判断もOK!!

 

 

でも、ここで「やらない」の判断をする子は、ある意味「指示が聞けない子」になりますよね。

 

指示が聞ける子は、本当に良い事なんでしょうか??

 

自分で判断ができなくなっているのではないでしょうか?

 

 

 

私が育てたい子どもは、指示が聞ける子ではありません。

 

話を聞き、自分で考え、判断し、行動する子です。

 

 

「指示が聞ける」と「話が聞ける」は違います。

 

 

指示が聞ける子ではなく、話が聞けるように大人は子どもに接していきたいですね^^

 

 

ブログには一般的な話だけですが、 LINEやメルマガ限定では我が家の子育て事情などもあわせて配信しています。 登録してみてくださいねー^^

 

 LINEはこちら→https://line.me/R/ti/p/%40ixq2662m 

 

 メールマガジンはこちらから⇒http://ameblo.jp/zoukeiasobi/entry-12145374426.html

 

 

 

 

 


横浜市都筑区仲町台で開催しています。
横浜市営地下鉄ブルーライン沿線(中川・センター北・センター南・仲町台・新羽・北新横浜・新横浜・岸根公園・横浜)だけではなく、グリーンライン(川和町・都筑ふれあいの丘・北山田・東山田・日吉本町・日吉)、横浜線(小机・鴨居・中山)、田園都市線(あざみ野、たまプラーザ、江田、市が尾、鷺沼、宮崎台、宮前平、溝の口、藤が丘、青葉台)、保土ヶ谷区(上星川)、都筑区、港北区、緑区、青葉区、川崎市宮前区、麻生区、多摩区、港北ニュータウン、港北NT、東京、埼玉から、また大阪や長野など遠方からも新幹線でもお越しいただいてます。 0歳、1歳、2歳、3歳の未就園児とその保護者のための造形・工作・絵画を中心に行う習い事(幼児教育・幼児教室・親子教室)です。 子どもはのびのび育てたい(のびのび育児・のびのび子育て・のびのび系幼稚園)を目指すママが多く集まっています。 『レッジョエミリアアプローチ』(レッジョ教育・レッジョアプローチ)や『モンテッソーリ教育』を土台とした造形あそび教室は、子どもの個性を大切にしながら、想像力・集中力・自主性・コミュニケーション力・協調性・積極性・探究心・意欲・自立心・右脳・好奇心・挑戦心、自己コントロール力・発想力・表現力、そして創造力を育てます。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

●私が別のベビー系教室もどんどん勧めるわけ

こんにちは、「創造力」と「挑戦する心」が育つ!おうちでできないぐちゃぐちゃ遊び造形教室の会田です。

 

「あいさんって、ためらいなく他の習いごと勧めますよね^^;」ってちょっと言われたので、これについて解説します。

 

例えば

来年度から、ぐちゃぐちゃ遊びのプレクラスにするか、幼稚園のプレにするか迷ってる。

 

来年度から、ぐちゃぐちゃ遊びのプレクラスにするか、他のがっちりモンテッソーリをする教室にするか迷ってる。

 

などなど。

 

 

 

そんなとき、話は聞きますけど、どちらにもメリットがあってデメリットがあるので、ほかの教室のメリットはしっかりお話しします^^

 

幼稚園のプレにあって、この教室にないもの。

 

それは絶対的に「幼稚園優先枠」です。

 

行きたい幼稚園があるなら、優先枠ゲットしておくべし!!

 

あと雰囲気をみるためにもプレいっておくといいです。

 

私は、長男をとある幼稚園のプレに通わせて、結局違う幼稚園に入れてます。

 

 

ぐちゃぐちゃ遊びのプレクラスにするか、モンテッソーリにするか・・・など聞かれたときも

 

しっかりモンテッソーリが良いならちゃんと『こどもの家』が良いでしょうし。

 

習いごとでモンテッソーリだったら、私のオススメは田園調布にある『mama coco』さんです^^

 

 

もちろん自分の教室に来てくれたら嬉しいですよ!

 

でも、それだけじゃ意味がないと思っていて・・・

 

ママも子どもも、ほかのところも見て、それでも「やっぱりここが良い!」って戻ってきてくれたら嬉しいです^^

 

さらにいえば「やっぱり〇〇に決めました!」って私がお伝えしたところを選んでくれたら、これもとっても嬉しい!!

 

だって選択肢を増やして、そこになったってことは、ママにとっても子どもにとっても、良い選択になった可能性が高くなったということ。

 

 

別のところを勧めるというのは、自分を選んでもらっても嬉しいし、ほかのところを選んでもらっても嬉しい!!

 

HAPPYすぎる結末しかないです^^

 

 

 

もっと言うと、ちょっと別の理由もあります。

 

これはベビー系の講師の方は、本当に意識してほしいのですが・・・

 

 

まだまだママたちの意識に「本当に赤ちゃんのうちから習い事は必要なの?」という感覚があります。

 

(ちなみに何度もお伝えしてますが、この時期からの教育に効果があるという実験結果が出ています)

 


 

だから他の教室も案内していくことによって、そのママがどこかの教室に通う。

 

それを見て、そのママ友もどこかに通うかもしれない。

 

しかも、あまりよくないベビー系ではなく、こちらで勧めたところに通ってくれたらなお良し!

 

そうするとそのママ友も・・・・

 

と連鎖していって

 

「乳幼児教育の必要性」が広まっていくんです!

 

 

まわりまわって、乳幼児教育全体にメリットがあります^^

 

そうしたら、ぐちゃぐちゃ遊びもまた全体の底上げによって、通いたい人が増える!!

 

というわけ♪

 

ですので、ベビー系の先生!ぜひどんどんまわりの教室も勧めてみてくださいねー^^

(但し!ご自身の教室に自信がなくて、他の教室の方がめちゃくちゃ良かった場合は、全然戻ってこないと思うので、ご自身の教室を良くすることはお忘れなく)

 

ってことを書くきっかけになったのが、その質問をもらったからというのもあるのですが、私がこの考えにめちゃくちゃ同意だからです。

 

目先の自分の利益を追うのではなく、業界全体を応援していくのが良いと私も思いますよ^^

 

ブログには一般的な話だけですが、 LINEやメルマガ限定では我が家の子育て事情などもあわせて配信しています。 登録してみてくださいねー^^


 LINEはこちら→https://line.me/R/ti/p/%40ixq2662m
   

メールマガジンはこちらから⇒http://ameblo.jp/zoukeiasobi/entry-12145374426.html

 

 

 

 


横浜市都筑区仲町台で開催しています。
横浜市営地下鉄ブルーライン沿線(中川・センター北・センター南・仲町台・新羽・北新横浜・新横浜・岸根公園・横浜)だけではなく、グリーンライン(川和町・都筑ふれあいの丘・北山田・東山田・日吉本町・日吉)、横浜線(小机・鴨居・中山)、田園都市線(あざみ野、たまプラーザ、江田、市が尾、鷺沼、宮崎台、宮前平、溝の口、藤が丘、青葉台)、保土ヶ谷区(上星川)、都筑区、港北区、緑区、青葉区、川崎市宮前区、麻生区、多摩区、港北ニュータウン、港北NT、東京、埼玉から、また大阪や長野など遠方からも新幹線でもお越しいただいてます。 0歳、1歳、2歳、3歳の未就園児とその保護者のための造形・工作・絵画を中心に行う習い事(幼児教育・幼児教室・親子教室)です。 子どもはのびのび育てたい(のびのび育児・のびのび子育て・のびのび系幼稚園)を目指すママが多く集まっています。 『レッジョエミリアアプローチ』(レッジョ教育・レッジョアプローチ)や『モンテッソーリ教育』を土台とした造形あそび教室は、子どもの個性を大切にしながら、想像力・集中力・自主性・コミュニケーション力・協調性・積極性・探究心・意欲・自立心・右脳・好奇心・挑戦心、自己コントロール力・発想力・表現力、そして創造力を育てます。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

●叱らない育児の勘違い

こんにちは、「創造力」と「挑戦する心」が育つ!おうちでできないぐちゃぐちゃ遊び造形教室の会田です。

 

「叱らない育児なんて子どもが言うこと聞かなくなってダメになる」

 

「道路に飛び出しそうになっても叱らないなんて危ない」

 

「お友だちを叩いても叱らないなんて!!!そんなことしてるからわがままに育つ!!」

 

なんていう意見などがありますが、

 

それ、勘違いですよーーーー!!!!

 

 

 

まず、叱らない育児というのは、基本的に0~3歳が対象となります。

 

多くの人は「子どもを叱らないなんて!」と言いますが、その子どもの範囲が広すぎる!!!

 

0-3歳のいたずらと4歳以降のいたずらは、全く意味合いが異なります。

 

叱らない育児は、基本的に3歳までを意識してください。

 

4歳以降は叱らないではなく、怒らない育児ですね^^

 

 

 

でも、3歳以下でも叱ることがあります。

 

唯一、それが「命の危険があるとき」です。

 

交通事故につながりそうな飛び出しなどは、叱って止めます。

 

普段は叱らないことによって「これだけはやっちゃダメ」を明確に伝えることができます。

 

では、命の危険がない出来事、でもあまり好ましくない行動というのがあると思います。

 

そんなとき、どうするの?という話ですが

 

そもそも私は、叱らない育児は「環境設定育児」と思っています。

 

環境設定=子どもにとって過ごしやすい環境を作って暮らすこと

 

子どもを叱らないといけない場面を親が作らないようにしていけばいいんです。

 

テーブルの上に置いてあるものをとろうとして

 

「もう!取らないで!!!」

 

ではなく、もともとテーブルの上に置かない。

 

ごはんをこぼすから「こぼさないでよ!」ではなく、もとから下に落としても良いように準備しておく。

 

どうしてもお友だちを叩いちゃう子は、お友だちを叩けないように、ママが間に身体を入れる。

 

電車に乗るときには、事前にしっかり準備する。もしくは、極力電車に乗る回数を減らす。

 

スーパーではなく宅配を利用する。

 

親が工夫したら、叱らなくて良くなる場面はたくさんあります。

 

同じことをしていても、叱る・叱らないはまわりの環境に左右されます。

 

その環境を叱らなくて良いように整えることが、本当の叱らない育児です。

 

 

じゃあなぜ3歳までは叱らない育児で、4歳以降は怒らない育児なのか?

 

それは、子どもの発達に関係があります。

 

子どもは、まだ脳が未熟なので、感情のコントロールがうまくできません。

 

だから泣いてる・怒ってるのを叱っても、そもそもその力が発達していないので難しい。

 

それよりも抱っこして「いいこいいこ」で十分です^^

 

脳が発達すれば、感情のコントロールも自然にできるようなります。

 

 

ほかにも目の前のものに、つい手を伸ばしてしまう。

 

好奇心が勝るというのも同じ。

 

そこを叱ることよりも、好奇心や意欲が伸びていることを褒めるほうが、後々の成長には良い影響があります。

 

 

「〇〇をしたから、〇〇になる」という因果関係がしっかりわかるのも、やっと2歳になってから。

 

他人の気持ちがわかるようになるのは、3歳くらい。(叩かれたら痛いとか)

 

しっかりと他人の目線にたてるようになるのは4歳くらいから。

 

意外と遅いんですよ―――!!!

 

理解できないことを叱っても、子どもは委縮するだけ。

 

なにが悪かったのか?どうしたら良かったのか?が伝わりません。

 

 

優しく、ゆっくりと、どうすれば良かったのかを伝えるだけでいいんです。

 

 

簡単に言っちゃえば3歳までの子どもを叱るというのは、「子どもを叱って、委縮させちゃえば、変な事しないから大人(親)がラク」ということ。

 

叱らない育児は、はっきりいって親の力が試される育児法です。

 

あなたは叱らない育児を勘違いしてませんか?^^

 

 

ブログには一般的な話だけですが、 LINEやメルマガ限定では我が家の子育て事情などもあわせて配信しています。 登録してみてくださいねー^^

 

 

 LINEはこちら→https://line.me/R/ti/p/%40ixq2662m

 

 

メールマガジンはこちらから⇒http://ameblo.jp/zoukeiasobi/entry-12145374426.html

 

 

 

 

 

 

 


横浜市都筑区仲町台で開催しています。
横浜市営地下鉄ブルーライン沿線(中川・センター北・センター南・仲町台・新羽・北新横浜・新横浜・岸根公園・横浜)だけではなく、グリーンライン(川和町・都筑ふれあいの丘・北山田・東山田・日吉本町・日吉)、横浜線(小机・鴨居・中山)、田園都市線(あざみ野、たまプラーザ、江田、市が尾、鷺沼、宮崎台、宮前平、溝の口、藤が丘、青葉台)、保土ヶ谷区(上星川)、都筑区、港北区、緑区、青葉区、川崎市宮前区、麻生区、多摩区、港北ニュータウン、港北NT、東京、埼玉から、また大阪や長野など遠方からも新幹線でもお越しいただいてます。 0歳、1歳、2歳、3歳の未就園児とその保護者のための造形・工作・絵画を中心に行う習い事(幼児教育・幼児教室・親子教室)です。 子どもはのびのび育てたい(のびのび育児・のびのび子育て・のびのび系幼稚園)を目指すママが多く集まっています。 『レッジョエミリアアプローチ』(レッジョ教育・レッジョアプローチ)や『モンテッソーリ教育』を土台とした造形あそび教室は、子どもの個性を大切にしながら、想像力・集中力・自主性・コミュニケーション力・協調性・積極性・探究心・意欲・自立心・右脳・好奇心・挑戦心、自己コントロール力・発想力・表現力、そして創造力を育てます。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

●はさみはいつから使う?

こんにちは、「創造力」と「挑戦する心」が育つ!おうちでできないぐちゃぐちゃ遊び造形教室の会田です。

 

 

ちょっと質問されたので、お答えしましょう!

 

 

はさみはいつから使えますか?

 

 

 

このような質問にいつもお答えする答えは一緒です^^;

 

 

子どもが「使いたい」と思ったら

 

です。

 

 

 

それだけでは答えにならないので、説明します。

 

 

当教室の幼稚園準備クラス(2歳になった次の4月から入室可能)では、多くの子どもたちがはさみに夢中です。

 

 

これは他の子がはさみを使ってるのを見て「はさみ、楽しそう!!」と思ったことから連鎖してきています。

 


左利き用のはさみも用意してあります^^

 

 

でも、おうちだとなかなかそんな機会ないですよねー^^;

 

だからおうちでは、ママがはさみを使って工作などをしていると、はさみを使うといろんなことができる°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°

 

と子どもの目が輝きます!!!

 

子どもがやる気になってから、はさみを持たせる

 

というのが鉄則です。

 

なぜなら、もう2歳なんだから、とはさみを持たせると・・・

 

 

正しいはさみの使い方を覚えられないからです。

 

 

はさみをこちらの意志で持たせようとする

 

 

はさみの持ち方が違う!

 

 

親が正しい使い方を教える



うまくできない

 

 

やりたくない!


負の連鎖が起こります。

 

でも!

 

 

子どもの意志ではさみを使いたい!と思う
 

 

はさみの持ち方が違う!

 

 

親が正しい使い方を教える



うまくできない

 

 

ちゃんと切りたいから、頑張って正しい持ち方をしようとする

 

 

 

入り口が違うと、出口が違います。

 

 

そして1度出口を間違えると・・・再度入り口に立つまでに時間がかかります。

 

 

あ、あとやっぱりはさみは危ないので、やる気がないのにやらせると指切ったりします^^;

 

はさみ持って立ち歩いたり。

 

やる気になってからやらせた方が、集中するし、途中で立ち歩いたりもしないので、もう断然やる気になってからがオススメ!

 

ちなみに、もう1つのポイントとして「はさみを使えるだけの指先や手首の動かし方を得ているのか」というのもあります^^;

 

日常的に指先を使う動きをしていないと、やる気になってもどうしてもはさみができない!ということも。

 

 

はさみを使うための土台を2歳くらいまでにしっかり築いているのも大切。

 

 

大体2歳半くらいになったら、十分はさみも使えるようになってきます。

(指先がうまく使えれば2歳くらい)

 

 

正しい持ち方、とっても大切ですよー!

 

ちなみに教室で使ってるはさみについては、メルマガの5日目で紹介させて頂いてます。

 

はじめてのはさみにオススメですよ♪

 

メルマガもあわせて読んでみてくださいね^^

メールマガジンはこちらから⇒http://ameblo.jp/zoukeiasobi/entry-12145374426.html

 

 

 


 LINEはこちら→https://line.me/R/ti/p/%40ixq2662m 

 


 

 

 

 


横浜市都筑区仲町台で開催しています。
横浜市営地下鉄ブルーライン沿線(中川・センター北・センター南・仲町台・新羽・北新横浜・新横浜・岸根公園・横浜)だけではなく、グリーンライン(川和町・都筑ふれあいの丘・北山田・東山田・日吉本町・日吉)、横浜線(小机・鴨居・中山)、田園都市線(あざみ野、たまプラーザ、江田、市が尾、鷺沼、宮崎台、宮前平、溝の口、藤が丘、青葉台)、保土ヶ谷区(上星川)、都筑区、港北区、緑区、青葉区、川崎市宮前区、麻生区、多摩区、港北ニュータウン、港北NT、東京、埼玉から、また大阪や長野など遠方からも新幹線でもお越しいただいてます。 0歳、1歳、2歳、3歳の未就園児とその保護者のための造形・工作・絵画を中心に行う習い事(幼児教育・幼児教室・親子教室)です。 子どもはのびのび育てたい(のびのび育児・のびのび子育て・のびのび系幼稚園)を目指すママが多く集まっています。 『レッジョエミリアアプローチ』(レッジョ教育・レッジョアプローチ)や『モンテッソーリ教育』を土台とした造形あそび教室は、子どもの個性を大切にしながら、想像力・集中力・自主性・コミュニケーション力・協調性・積極性・探究心・意欲・自立心・右脳・好奇心・挑戦心、自己コントロール力・発想力・表現力、そして創造力を育てます。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

●【掲載】広報かわまた「たっぷり満喫ぐちゃぐちゃ遊び。まさに夢のような時間だったようです」


こんにちは、「創造力」と「挑戦する心」が育つ!おうちでできないぐちゃぐちゃ遊び造形教室の会田です。

 

8月下旬に、福島県川俣町で行われました子育てサポートプロジェクトの第1弾として、アートの力で親子に笑顔を♪をテーマにイベントを行いました。

 

そのときの様子を、川俣町の広報10月号に載せてくださったようです。

 

 

こちらを川俣町の方が送って下さりました^^

 

 

中を見ると、こんなに大きく紙面をさいてくださってます!!

 

 

たっぷり満喫 ぐちゃぐちゃ遊び

 

 

自分の顔や体に絵の具を塗ったり、ママの服に絵の具を付けてみたりと、いたずら大好きな小さな子どもたちにとっては、まさに夢のような時間だったようです。
(広報かわまたより引用)

 

ありがとうございます!!

 

 

 

子どもたちもママたちも本当に良い笑顔でした^^

 

またいつか伺えたらいいなぁ♪

 

 

 

 

ぐちゃぐちゃ遊びは、出張も行っています。

 

ただ絵の具を出すだけじゃない!!

 

ただ遊ぶだけじゃない!

 

 

ぐちゃぐちゃ遊び教室ならではの工夫と遊び方が満載の出張教室です。

 

 

 

出張についてはこちらをご覧くださいね。

 
 
川俣町の皆さま、ありがとうございます♡
 
 
 
===
 
ブログには一般的な話だけですが、 LINEやメルマガ限定では我が家の子育て事情などもあわせて配信しています。 登録してみてくださいねー^^

 LINEはこちら→https://line.me/R/ti/p/%40ixq2662m



 メールマガジンはこちらから⇒http://ameblo.jp/zoukeiasobi/entry-12145374426.html

 

 

 


横浜市都筑区仲町台で開催しています。
横浜市営地下鉄ブルーライン沿線(中川・センター北・センター南・仲町台・新羽・北新横浜・新横浜・岸根公園・横浜)だけではなく、グリーンライン(川和町・都筑ふれあいの丘・北山田・東山田・日吉本町・日吉)、横浜線(小机・鴨居・中山)、田園都市線(あざみ野、たまプラーザ、江田、市が尾、鷺沼、宮崎台、宮前平、溝の口、藤が丘、青葉台)、保土ヶ谷区(上星川)、都筑区、港北区、緑区、青葉区、川崎市宮前区、麻生区、多摩区、港北ニュータウン、港北NT、東京、埼玉から、また大阪や長野など遠方からも新幹線でもお越しいただいてます。 0歳、1歳、2歳、3歳の未就園児とその保護者のための造形・工作・絵画を中心に行う習い事(幼児教育・幼児教室・親子教室)です。 子どもはのびのび育てたい(のびのび育児・のびのび子育て・のびのび系幼稚園)を目指すママが多く集まっています。 『レッジョエミリアアプローチ』(レッジョ教育・レッジョアプローチ)や『モンテッソーリ教育』を土台とした造形あそび教室は、子どもの個性を大切にしながら、想像力・集中力・自主性・コミュニケーション力・協調性・積極性・探究心・意欲・自立心・右脳・好奇心・挑戦心、自己コントロール力・発想力・表現力、そして創造力を育てます。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

●幼稚園に行ってからも、通いたいと思ってしまいます。あいさんのお教室に通ってよかった

こんにちは、「創造力」と「挑戦する心」が育つ!おうちでできないぐちゃぐちゃ遊び造形教室の会田です。

 

10月4日(水)は幼稚園準備(母子分離)クラスでした。

 

この日は、ぴったり中秋の名月。

 

ですので、制作あそびはみんなでお月見といえば。。。の製作をしました。

 

その前に自由時間。

 

登校してきたら、まず自由時間です^^

 

 

教室の子どもたちにはさみブームがきてます。

 

 

どんどんチョキチョキします。

 

 

左利き用のはさみも用意してありますよ^^

 

 

ボタンもできます♪

 

 

こんなおもちゃも人気です。

 

 

お友だちがやってるのを見て、やりたい!の連鎖。

 

おうちだけではなく、同い年の子ども同士が一緒にいるからこそですね^^

 

自分でいろいろ考えながら、工夫して遊びます。

 

 

粘土も連鎖します♪

 

 

お友だち同士で

 

「これ食べてー!」

 

「パクパク♪おいし~!」

 

なんてやり取りもでてきました^^

 

 

 

 

 

粉遊びは、今回も子どもたちから大人気!

 

 

1人がはじめると、他の子も♪

 

たくさん遊んだら・・・

 

 

みんなで製作遊びです。

 

 

この日はお月見だんご作り。

 

 

それぞれが好きなように丸めて、並べます。

 

 

たくさんのお月見団子ができました。

 

 

そしてみんな大好きお弁当タイム♪

 

お弁当が食べ終わった子は、ママたちのお迎えの時間まで自由タイム。

 

 

 

 

自分たちでお片付けもしますよ^^

 

 

この日のご感想をいただきました。

 

 

こんにちは。

あいさん、昨日もありがとうございました。

〇〇、積極的にしゃべってるんですね!!

お友達とのやりとりも出来るようになってるなんて、嬉しいです。

幼稚園の様子はわからないし、リトミックだとほとんど対先生なので、お友達とどの程度のやりとりが出来るのかわからなかったので、嬉しいです。

まさかのお喋りくんに!!

驚きです。

きっとお教室の雰囲気やお友達の雰囲気もあるんでしょうね。


電車の中では、いつも今日は何をしたとかを話してくれるので、私も楽しみです。


だんご3兄弟知ってると思います。
テレビで見たことがあるのと、家でも串とか楊枝に何かさして、「だんご3兄弟」と言ってることあります。


お団子の紙粘土が嬉しかったみたいで、家に帰って袋から出すと、空き箱にお団子を入れて「お土産です。食べてください」と私に何度も持ってきて、「今度はママがお土産持ってきて」と楽しそうに遊んでました。


先週、積み木で遊んでいるときに「お家作った」と言うから、「誰のお家なの?」と聞いたら、「あい先生のお家」と言ってました。
きっとお教室のことを言ってるんだと思います。
積み木で作っちゃう位好きなんですね。

その後も、何度かあい先生のお家作ってました^ ^

やっぱりあいさんのお教室に通ってよかったなと思います。
幼稚園に行ってからも、通いたいと思ってしまいます。



また、来週もよろしくお願いします。


 

 

 

あい先生 えみ先生

 

昨日もありがとうございました!

プレ教室が終わると、いつも元気よく

「今日もお土産つくったのー!」

と自分で工作したものを見せてくれます。

私は毎回それらを、

娘が夜寝た後にじっくりと見ることが至福です(^^)


そしていつも思うのですが、

去年の今頃と比較して、

娘の成長スピードの凄さに、

一人、静かに、圧倒されていますw

「去年の今頃は、娘を抱っこひもして

ゆっくりと歩いて秋空眺めてたなー」

とか思いをはせているのも、

至福の時です♪

 

 

今回は中秋の名月の日に、

プレ教室で手作りお団子を作ってくれたので、

「暑い夏から涼しい秋の季節になったね~」

と娘と一緒に季節の話ができました。

こういう会話が

娘ともできるようになったんだなあと

感動していました。

 

あと、娘が何かをするときに

右利きか左利きかを

しっかりと見て下さり、とても感謝しています。

今時期は両利きでも支障がなくて

むしろいいことであるということも

教えてくださり、ありがとうございました♪

 

プレ教室中に娘が発した

「むにゅむにゅする」という言葉は

おそらく娘の造語ですw
 

娘の言葉ひとつひとつが、

日々の体験や感じたことから

発想されるんだと思うと、

この時期の娘との会話はとても貴重ですね!
 

幼稚園に通うまであと半年もないので、

娘と過ごす今時間を、

もっともっと楽しくしていきたいなあと

思いました^^

どうもありがとうございました!

 

ありがとうございます^^

 

また次回もお待ちしてますね。

 

 

こちらのクラスは、ただいま満席です。

 

来年度の募集は、12月頃行う予定です。募集はLINE@とメルマガから行いますので、登録してお待ちくださいね^^

 

LINEはこちら→https://line.me/R/ti/p/%40ixq2662m 

 

 

 メールマガジンはこちらから⇒http://ameblo.jp/zoukeiasobi/entry-12145374426.html

 

 

 

 


横浜市都筑区仲町台で開催しています。
横浜市営地下鉄ブルーライン沿線(中川・センター北・センター南・仲町台・新羽・北新横浜・新横浜・岸根公園・横浜)だけではなく、グリーンライン(川和町・都筑ふれあいの丘・北山田・東山田・日吉本町・日吉)、横浜線(小机・鴨居・中山)、田園都市線(あざみ野、たまプラーザ、江田、市が尾、鷺沼、宮崎台、宮前平、溝の口、藤が丘、青葉台)、保土ヶ谷区(上星川)、都筑区、港北区、緑区、青葉区、川崎市宮前区、麻生区、多摩区、港北ニュータウン、港北NT、東京、埼玉から、また大阪や長野など遠方からも新幹線でもお越しいただいてます。 0歳、1歳、2歳、3歳の未就園児とその保護者のための造形・工作・絵画を中心に行う習い事(幼児教育・幼児教室・親子教室)です。 子どもはのびのび育てたい(のびのび育児・のびのび子育て・のびのび系幼稚園)を目指すママが多く集まっています。 『レッジョエミリアアプローチ』(レッジョ教育・レッジョアプローチ)や『モンテッソーリ教育』を土台とした造形あそび教室は、子どもの個性を大切にしながら、想像力・集中力・自主性・コミュニケーション力・協調性・積極性・探究心・意欲・自立心・右脳・好奇心・挑戦心、自己コントロール力・発想力・表現力、そして創造力を育てます。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

●みなとみらいで西野亮廣著書『えんとつ町のプペル』の光る原画展行われてます

こんにちは、「創造力」と「挑戦する心」が育つ!おうちでできないぐちゃぐちゃ遊び造形教室の会田です。

 

3連休初日は、久しぶりに戸塚に行って女性起業家たまご塾でした。

 

10時からなのに、勘違いして9時に行くという^^;

 

というわけで9時から16時までガッツリそこにいて、ぐったり...

 

でしたが・・・!!!!

 

どうしても行きたかったのが、これ!!!

 

 

『えんとつ町のプペル展 in みなとみらい』 です。

 

10月5日~16日まで、なんと入場無料!!!

 

行くしかないでしょ!!!

 

 

とりあえず・・・クロスバディオ 緑のギャラリーの場所がわからずかなり迷いました。

 

 

マークイズとクイーンズスクエアとランドマークタワーの中間くらいなことはわかったんですが^^;

 

そこからクイーンズスクエアの中に入ってみたり、ランドマークの中に入ってみたり、横浜美術館の方へ行ったり・・・と

 

ウロウロウロウロ^^;

 

心折れそうになる瞬間(笑)

 

 

と、やった結果・・・

 

横浜美術館やマークイズ から クイーンズスクエアなどにいくための道路を渡るための橋の下にありました。

 

道路に降りるべし!!!

 

 

こんな感じ。

 

 

 

 

入り口にあるこの絵がすごかった!!

 

 

近づいてみてみると・・・

 

 

わかるかなー。

 

ちょっと変ですよね?

 

これ、全て小さな小さな写真をつながてあるんです。

 

遠目でみるとプペルの絵なのに、近くでみると全く違う写真で感動!!

 

高校生のとき、文化祭でこれの白黒バージョンで、なぜかベートーヴェンの絵を作った記憶。

なんでベートーヴェンだったんだろ...?(どうでもいい情報!)

 

 

中に入ると・・・

 

 

光る原画!!

 

こうやっていろんな方の写真などで見てたんですが・・・

 

想像よりずっとキレイでした。

 

 

狭い会場なので、一気に見終わりますが^^;

 

 

 

これが有名な絵ですね。

 

これと・・・

 

 

 

 

この絵!!!

 

これは絵本で見ても、そんなに印象に残る絵ではないのですが・・・

 

写真で撮ってる方が多かったのは、さっきのとこの絵だったなー。

 

これは、めちゃくちゃ迫力ありました!!!

 

 

 

こんな感じでプペルの絵本が山積み!

 

 

プペルに出てくるごみ人間の衣装もありました。

 

これを着て写真を撮ってくれます。

 

 

私はやらなかったです。

1人で仕事着で行って、これを着て写真を撮る勇気がわかなかった( ノД`) 

 

 

クッキーやお茶も売ってました。

 

私はクリアファイルとクッキーを買って帰りました。

 

西野亮廣さんの絵本も著書も売ってましたよー!!

 

 

 

えんとつ町のプペル in みなとみらい

 

10月16日まで^^

 

お見逃しなく♪

 

 

===

 

当教室ではLINE@やメルマガでも情報配信中。

 

登録よろしくお願いします^^

 

 LINEはこちら→https://line.me/R/ti/p/%40ixq2662m 

 

 メールマガジンはこちらから⇒http://ameblo.jp/zoukeiasobi/entry-12145374426.html

 

 

 

 


横浜市都筑区仲町台で開催しています。
横浜市営地下鉄ブルーライン沿線(中川・センター北・センター南・仲町台・新羽・北新横浜・新横浜・岸根公園・横浜)だけではなく、グリーンライン(川和町・都筑ふれあいの丘・北山田・東山田・日吉本町・日吉)、横浜線(小机・鴨居・中山)、田園都市線(あざみ野、たまプラーザ、江田、市が尾、鷺沼、宮崎台、宮前平、溝の口、藤が丘、青葉台)、保土ヶ谷区(上星川)、都筑区、港北区、緑区、青葉区、川崎市宮前区、麻生区、多摩区、港北ニュータウン、港北NT、東京、埼玉から、また大阪や長野など遠方からも新幹線でもお越しいただいてます。 0歳、1歳、2歳、3歳の未就園児とその保護者のための造形・工作・絵画を中心に行う習い事(幼児教育・幼児教室・親子教室)です。 子どもはのびのび育てたい(のびのび育児・のびのび子育て・のびのび系幼稚園)を目指すママが多く集まっています。 『レッジョエミリアアプローチ』(レッジョ教育・レッジョアプローチ)や『モンテッソーリ教育』を土台とした造形あそび教室は、子どもの個性を大切にしながら、想像力・集中力・自主性・コミュニケーション力・協調性・積極性・探究心・意欲・自立心・右脳・好奇心・挑戦心、自己コントロール力・発想力・表現力、そして創造力を育てます。

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。