Switch ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド 感想 | やっぱゲ@げぇむ暦30年越のおっさんブログ

やっぱゲ@げぇむ暦30年越のおっさんブログ

やっぱゲ=やっぱりゲーム好き
2児のパパでも果敢にゲームしてるリーマンであります。

家族から、ゲームしてないと死んじゃうと思われてます(笑


テーマ:

2017/3/3発売ということで、約2年遅れでプレイしました。なので巷で大絶賛されていることも知っています。そんな状況でのプレイ感想です。


ちなみにゼルダの伝説シリーズは、これまでひとつもクリアしたことなかったです。途中で挫折。

かじったことあるのは、時のオカリナ、Wiiトワイライトプリンセス、あとDSの2Dのやついくつか。


ブレスオブザワイルド。

感想を一言で言うと、物足りない かな。


こんなこと書くと、

祠は全部回ったのか?

コログは何匹見つけたのか?

と突っ込まれそうですが(笑


ストーリークリアまでの道のりにおいて、物足りなかったと言うことです。


ここで今までクリアしたことのあるオープンワールドゲームをあげますと、

・TESシリーズ オブリビオン、スカイリム

・Fallout3、4、NewVegas

・ウィッチャー3、2

・ホライゾンゼロドーン

と言うところ。


これらと比較するとやはり、味付けが薄いな。あっさりしてるなという感想。


ゼルダをやって再確認したのは、自分はオープンワールドゲームに世界観とそれに見合ったストーリーを求めていたのかなと。(洗練されたシステムよりも!)


ゼルダBotWは、ストーリーがほぼ回想シーン、断片的(時系列ではない)でプレイヤーの想像を膨らませる手法を取っていると思う。これがイイんだよ!という人も多いと思うので個人の趣向の違いかなと思う。(自分は頭が固いのかもしれない)


あと、薄いなと思ったのは

・ストーリーでは厄災が~と重く語られるが、世界はわりと平和で絶望感が薄い

・人々の暮らしも平和そのもの。というか、人が少ない。ホントに国が襲われたの?城以外はその痕跡がほとんど見当たらない。

・勇者アイテムに違和感。なんで磁石?時間止める?ストーリーにまったく説明なく所持してるのも。(いわゆるゼルダシリーズだからで許されてる?)

・大きいダンジョンが四獣神の4つしない。あと城くらいか。

・戦闘が単調


システム面では

・どこでも登っていけるのはすごいが、逆に最初はがんばりメーターが少なくてストレス溜まる

・料理つくるのめんどくさい…一度作ったら簡単に量産したい

・雨で滑るとか、装備に落雷するとかリアルに近づけて逆にストレス溜まる

・温度表示、音の大きさの表示などUIは妙にデジテルチック(非表示でいいんじゃ?)

・シーカーストーンがどう見てもスマホのカタチで違和感がある

・ある装備による敵の体力の数値表示(非リアル)

・リアルと非リアルのアンバランスによる違和感


こんなところでしょうか


逆にすげ~!ってなったのは

・見える範囲どこへでも行ける。登れる。(マップの一番端以外は壁がない)

・アニメ調の美しいグラフィック

・成長はHPとがんばりのみ。あとは装備のみの割り切った難易度調整(わりと好み)

・武器の収拾選択による面白さ(面倒でもあるが)



ひとつ言えるのは、このゼルダでオープンワールドゲームに初めて触れた人はホント幸せだと思います。とても丁寧につくられていますし、オープンワールドの醍醐味はある。


(自分はオブリビオンだったので…バグ多目、日本語訳も変、システムちんぷんかんぷんw


こどもたちにも勧めたいゲームなのは間違いないです。さすが任天堂。


まだまだマップ上で行っていないところもありますので遊んでいきたいと思います。そこで評価が変わってくることもあるかもしれませんしね!







さて、ここで発売当時発売の近かった Switchゼルダ vs PS4ホライゾン は結構話題になったと思います。



やっと自分も両作品クリアしたということで、一言書くとすると、ホライゾンはいいぞ! というところでしょうか。大人向けです。ストーリーもとても素晴らしい。これを機にまたやりたくなりました。


ちょうどこの記事の一つ前のエントリーがホライゾンの話です(2年前の記事w





ズースカさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ