御田八幡神社(東京都港区)882~884 | 神様と暮らす家そだて

神様と暮らす家そだて

家族の健康をまもり、言霊の幸わう家づくり。
家族と日本と地球の”健やか”をはぐくむ
うやまう暮し。


テーマ:

神社 御田八幡神社(東京都港区)







御田八幡神社。882番目

祭神 誉田別尊命(ほんだわけのみこと、八幡神)

    天児屋根命(あめのこやねのみこと)

    武内宿禰命 (たけのうちすくねのみこと)

創建 和銅2年(709年)8月、東国鎮護の神として牟佐志国牧岡の地に祀られたのに始まる。寛弘7年(1011年)、武蔵国御田郷久保三田に遷座し、嵯峨源氏渡辺一党の氏神として尊崇された。延喜式神名帳には「武蔵国荏原郡 稗田神社(ひえだじんじゃ)」として記載されている。徳川家康の江戸城入城の際に奇瑞があったことから、現在地である荏原郡上高輪村海岸を開拓して社殿を造営し、寛文2年(1662年)8月に遷座が行われた。Wikiより





御嶽神社。883番目

五光稲荷神社。884番目



山を登っていく途中、もう花になっていたフキノトウ。(もうフキノトウとは言わん?)

うわ~!フキノトウ一杯!!

二三個あればいい天ぷらできるな~。って、フキノトウって取り時短いから、家にあった時も宝の持ち腐れでしたが。





ここがお山のてっぺん。ちゃんと土があって、

下には児童公園がある。



この石碑の裏側に面白い模様ができてる。

人工ではない気がする。でも自然にできたとしたらすごい造形。



ホント、気持ちいい。


ひさださんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス