ひとりごと

テーマ:
これから書くことは酔っ払った勢いで思っていることを書き連ねただけの自己満な文章になるので、興味のある人以外は読まないでください。

最近、色々と考えることがあり自分なりに悩んだりしていました。

そんなときに昨日は仙台に着いてから、バンドを始めた当初からお世話になっている関係者やスタッフの方とご飯に行ってきて昔話に花が咲いて、当時のバンドへの情熱だったり何も知らないピュアさ故の黒歴史だったりと色々思い出しました(まあ要するに初心に帰れた)

バンドを始めたのが約10年前。

その時からの付き合いのある人との会話だったので
「お互い歳をとったね~」
「〇〇ってバンドいたでしょ?〇〇さんって今〇〇してるらしいよ」
など、話のネタはつきません。

食事が終わり帰り道の途中、仙台HooKというライブハウスの前を通りかかったときに
「何だかんだこの場所が一番思い出あるよね」
という話になり、HooKの外観そしてその隣にあるコインパーキングを見て10年前の当時の思い出が昨日のように甦りました。

10年前、仙台でライブをするとしたらほぼ9割いや10割といっても過言ではないほど仙台HooKでライブをしていて、このコインパーキングで機材車を止めてライブ後は出待ちで(当時は出待ちがOKでした)毎回2時間3時間はファンの人と話してたなとか、ローディーをしにきてバンドさんがこのコインパーキングに入ってくるまでガチガチに緊張して待ってたなとか、ライブ後に終電に間に合うように機材を担ぎながらこのアーケードを走ったなとか、この居酒屋で元メンバーと真剣にバンドのミーティングをしたりお互いの夢を語ったなとか、10年前の自分の姿が俺の目に映りました。

そんな俺はスタッフの方と別れてからホテルへの帰り道

コンビニでお酒を買ってもう一度HooKに戻り、この景色を肴に酒を飲みました。







本当にこの景色は俺にとって初心に帰れるかけがえのないものだと感じました。

何だか忘れかけていた大切なものを思い出せた気がします。

絶対福島から出ないと決めていた俺も、気付けば東京に上京して4年。

ぞんびに加入して3年。

こうしてまた仙台でライブで戻ってこれることに感謝して、今日の仙台公演ぶちかましていきます(正味な話、次は仙台HooKでもライブしたい!) よろしくお願いします。

最後に

もし俺のこのくだらないインスタを見ている元メンバーがいたら言いたいことがある。

約5年前に「上京するからバンドを抜けたい」と言ってから絶縁状態になっているけど、俺はもう一度あなたたちとお酒を飲みながら馬鹿な話がしたい。お互い大好きだったバンドの話をしたい。

そして、仲直りをしたい。