ドラマでもアニキキャラ?!松岡昌宏さんの出演ドラマまとめ - Middle Edge(ミドル | ★★★☆★★★歴史タイムッス☆☆☆★★★☆~古今東西歴史関連記事リンク集

★★★☆★★★歴史タイムッス☆☆☆★★★☆~古今東西歴史関連記事リンク集

日本や世界のメディアや個人サイトから歴史関連記事リンクを掲載(リンク切れ御容赦)。また、「古今チップス(現歴史タイムス)」の2005年11月~2014年12月のバックナンバーも。

【解説】「信者の士気上がり献金増加」「一心不乱に働く存在」旧統一教会と政治家とのリアルな ...

TBS NEWS DIG

安倍元総理の銃撃事件で問われている宗教と政治の問題。山上徹也容疑者の母親の多額献金で浮かびあがった旧統一教会関連の訴訟を長年手掛けてきた紀藤正樹 ...

 

【あの二人が帰ってきた!】特別展「ボストン美術館展 芸術×力」は見どころいっぱい - いまトピ

いまトピ - goo

《平治物語絵巻》は、保元の乱のあと実権を握った平清盛らと、それに対抗する源義朝らが争った平治の乱の出来事を描いたもので、この《平治物語絵巻 三条殿 ...

 

ドラマでもアニキキャラ?!松岡昌宏さんの出演ドラマまとめ - Middle Edge(ミドルエッジ)

ミドルエッジ

松岡さんさんは、NHKの大河ドラマに2022年現在3度出演されています。 最初に出演されたのは1994年の「花の乱」。主演は三田佳子さん。足利義政の妻で ..

 

『鎌倉殿の13人』ドス黒い世界観が好きなら『三国志軍師連盟』を見よ

BUSHOO!JAPAN(武将ジャパン)

劉備が建国した蜀は滅びてしまう上に、曹操の魏ですら乗っ取られて終わる『三国志』の憂鬱な幕引き――その簒奪を ... 『鎌倉殿の13人』の承久の乱は13世紀。

 

六角定頼は、先見性が高い武将といわれる理由は?【戦国武将の話】

ラブすぽ

足利尊氏を補佐したことで知られる佐々木道誉(どうよ)は京極氏の一族である。 応仁・文明の乱が始まる頃には、京極氏は北近江で、六角氏は南近江という住み ...

六角定頼[1][2]

 

旧統一教会問題で反応が鈍い自民党 日本人の「忘れっぽさ」に期待しているのか

日刊ゲンダイDIGITAL

日刊ゲンダイ(3日付)によると、自民党の「統一教会『濃厚接触』議員」は32人 ... ドラマ「太平記」「花の乱」、映画「機動戦士ガンダム逆襲のシャア」「優 ...

 

10日に「大規模」内閣改造、松野・林氏は続投…岸防衛相は健康を考慮し交代へ

ライブドアニュース - livedoor

首相は党役員人事について、8日に臨時の党役員会と総務会を開き、一任を取り付ける。 ... 岸田首相、「決める男」にひょう変 · 「加藤の乱」から20年…

 

鎌倉殿の13人:平知康は打たれ強い? 京時代「何度もクビ」に お役御免で井戸落ちも

MANTANWEB(まんたんウェブ)

俳優の小栗旬さんが主演を務めるNHK大河ドラマ鎌倉殿の13人」(総合、日曜午後8時ほか)。7月31日放送の第29回「ままならぬ玉」では、源頼家(金子大地 ...

 

『大三国志 Infinite Borders』生放送で「五周年祭」を公開! これまでの歩みを振り返りながら今後 ...

時事ドットコム

今回の征服シーズン「太師乱漢」は、軍閥董卓が後漢の首都・洛陽に入り、専横を極めた出来事に基づいたシナリオです。プレイヤーの皆様は、反董卓勢力の一員 ...

 

現代尾張弁講座> 「おそうさま」

中日新聞Web

愛知の新着 · 「シーズン安全に」祈願祭 三河大島で海開き · キャラと古生物を比べて学ぶ 豊橋「ポケモン化石博物館」が開幕 · 安城七夕まつりへ向け準備着々 · <Z ...

 

「立つ鳥を濁さず」の意味は?「飛ぶ鳥を濁さず」は間違い? - kufura

kufura

「立つ鳥を濁さず」は、間違いやすいことわざの1つ。今回は、意味や類似表現、よくある間違いをお届けします。 解説していただいたのは、『印象が飛躍的に ...

 

旧・統一協会 40年以上変わらぬ実態 安倍元首相銃撃で波紋広がる 「カルト2世」の苦しみ知って ...

キリスト新聞

その代表的な政治家が岸信介元首相=写真右上、統一教会本部で文鮮明氏と握手を交わす(1973年11月)=であり、その関係は娘婿の安倍晋太郎氏、子息の安倍 ...

 

ほとばしる“欲望”を描いた冒険活劇マンガ『ゴールデンカムイ』が大ヒットを飛ばした理由とは

nippon.com

北海道はもともと少数民族「アイヌ」の土地だった。そのアイヌ本土日本人の支配に対抗するために密かに蓄えた莫大な金塊がある。だがひとりの男がアイヌ ...

 

「近習」の負い目 - 熊本日日新聞社

熊本日日新聞社

主君のそばに使える侍を近習[きんじゅ]といった。浅田次郎さんの小説『柘榴坂[ざくろざか]の仇討[あだうち]』は、大老井伊直弼[いいなおすけ.