「般若心経」を腕に装着! 法事のカンペにもできるオシャレな透明バングルに反響 BIGLOBE | ☆★☆☆☆★☆歴史タイムッス☆☆★★★☆★~古今東西歴史関連記事リンク集

☆★☆☆☆★☆歴史タイムッス☆☆★★★☆★~古今東西歴史関連記事リンク集

日本や世界のメディアや個人サイトから歴史関連記事リンクを収集(リンク切れ御容赦)。また、「古今チップス(歴史タイムス)」の2005年11月~2014年12月のバックナンバーを掲載。

諏訪頼重に焦点 諏訪市博物館で企画展 – Nagano Nippo Web - 長野日報

長野日報

漫画は1333(元弘3)年に足利尊氏の裏切りによって倒された鎌倉幕府執権の北条高時の遺児・時行と、時行をかくまい、養育する頼重の活躍、成長を ...

北条高時[1][2][3][4][5][6][7]

 

第24区 徳野崇行准教授『現代日本と供養文化』 | 駒大PLUS - 駒澤大学

駒澤大学

私は仏教の供養文化、なかでも日本の禅宗における供養儀礼を中心に研究しています。じつは生家が宮城県のお寺で、小学生のときに得度しました。

 

「般若心経」を腕に装着! 法事のカンペにもできるオシャレな透明バングルに反響

BIGLOBEニュース

熱心な仏教徒でなくても、このお経は聞いたことがある、という人は多いだろう。 とはいえ、これを諳んじるのは、普段から読み慣れていないと難しい。

 

スタンフォード大学と東京工業大学の学生の対話も実現!禅とマインドフルネスの国際フォーラム ...

時事通信

... 大学の禅及び仏教のコミュニティ(Stanford Zen Society 及びBuddhist Community at Stanford) と東京工業大学の学生が参加し、対話を行うことが決定。

 

ブラジルに35mの大仏出現=小さな町が仏教で地域おこし=静岡県の永明寺の協力で建立(上 ...

ニッケイ新聞

四国の88カ所巡りから着想を得た「巡礼の道(Caminhos da Sabedoria)」は仏教とキリスト教という異なる宗教間の垣根を無くそうという巡礼旅でもある。

 

難波をうたう 講演会「万葉集・古代史の中の難波」 - 大阪歴史博物館へ

city.osaka.jp

宮が営まれ天皇や貴族たちが繰り返し訪れた難波の地は、国内外の要地を結ぶ津(港)でもありました。人々の往来の中で生まれた歌々を中心に、古代日本の呪術や ...

 

企画展「はじめての古美術鑑賞 ―人をえがく―」根津美術館で、時代ごとに変化してきた“人物画 ...

ウーマンエキサイト

古代近代における人物画の対象の変遷今でこそ人物画は当たり前に描かれているが、古代の日本においては、自分の姿が描かれることは忌むべきことだとされ ...

 

意外?不吉な数字13は日本では幸運な数字 - 大紀元時報

大紀元

神々を迫害し、人類に災いをもたらす悪を象徴するこの2つの伝説的人物は、どちらも13と関連しており、人々が恐れないわけがありません。 また、古代シュメール人( ...

 

犬神の嫁編がついに完結『八雲立つ 灼』5巻に反響続々! 「ますます面白い展開に」 - ライブドア ...

livedoor

古代ロマン&サイキックサスペンスの人気漫画『八雲立つ 灼』5巻が、2021年8月5日(木)に発売。前巻から約8カ月ぶりの新巻発売に、本屋へ発売日当日に駆け ...

 

タリバンは古代イスラエル「失われた10支族」の末裔だった! ユダヤ極秘組織も本気で調査 - トカナ

TOCANA

実は、タリバンの中枢にいるパシュトゥーン人は古代イスラエル「失われた10支族」の末裔であるともいわれ、それは単なる噂にとどまらず多くの根拠がある。