金平糖のような“浮く”新潟の伝統菓子「浮き星」に新色・真っ黒が登場! IGNITE(イグナイ | ★☆★☆★★☆歴史タイムッス☆☆☆☆★☆★~古今東西歴史関連記事リンク集
新型コロナウイルスに関する情報について

★☆★☆★★☆歴史タイムッス☆☆☆☆★☆★~古今東西歴史関連記事リンク集

日本や世界のメディアや個人サイトから歴史関連記事リンクを収集(リンク切れ御容赦)。また、「古今チップス(歴史タイムス)」の2005年11月~2014年12月のバックナンバーも掲載。

「ムーミン」の直筆原画など280点 初公開漫画も 16日から茨城県近代美術館

毎日新聞

... 日から、茨城県近代美術館(水戸市千波町)で開催される。日本では初公開となる漫画原画やスケッチなど約280点が見られる。【韮澤琴音】.

 

松浦家ゆかり 華やか ひな人形 平戸・松浦史料博物館

47NEWS

... 松浦家のひな人形」が10日、平戸市鏡川町の松浦史料博物館で始まった。最後の藩主・詮(あきら)が、明治期になって娘の結婚記念に購入した .

 

金平糖のような“浮く”新潟の伝統菓子「浮き星」に新色・真っ黒が登場!

IGNITE(イグナイト)

金平糖のように見える、新潟の伝統菓子「浮き星」は、明治33年から続く昔ながらの砂糖菓子である。作っているのは新潟市にある明治屋ゆかり店。

 

萩城下町近代化の変遷見る

47NEWS

... 萩城下町のひみつ」が萩市堀内の萩博物館で開かれている。3月30日まで。 萩城下町など市内5資産を含む全国23資産が2015年に「明治日 .

 

火事をスケッチし戻ると自宅が全焼…刀を筆に持ち替えた浮世絵師・小林清親が描いた東京が美しい

エキサイトニュース

清親が明治初年の東京の風景を描いた『東京名所図』は、当時それまでになかった西洋画のような写実的な画風が話題となり明治9(1876)年から5年 ...

 

寿太郎しのび音頭 保存会 墓地で奉納

47NEWS

... 会長)は9日、日南市楠原の小村墓地で「小村寿太郎侯音頭」を奉納した。会員7人が踊りを通じ、郷土が生んだ明治の外交官の遺徳をしのんだ。

 

〈多久物語〉多久聖廟史蹟指定100年

佐賀新聞

明治維新以降、急激な近代化によって、鉄道や工場など、大規模な土地開発が盛んに行われるようになりました。それに伴い、歴史的な建造物や ...

 

NHK大河ドラマ「青天を衝け」の主人公・渋沢栄一の波乱に満ちた生涯を、その足跡からたどる ...

時事通信

2月スタートの大河ドラマ「青天を衝け」は、幕末~明治期の日本近代化に貢献した渋沢栄一が主人公。本書籍は栄一が生まれた埼玉県北部(現・深谷 ...

 

哲学者の宇波彰氏が死去

産経ニュース

宇波彰氏(うなみ・あきら=哲学者、明治学院大名誉教授)6日、死去、87歳。葬儀は近親者で行う。喪主は次男、拓(たく)氏。

 
【コロナと向き合う】今こそ日本人の創造力を問う「近代日本医学のふるさと」北里柴三郎記念館 ...

Yahoo!ニュース

明治時代の「脚気(かっけ)」【*注1】対策の歴史です。 私自身、政治家として仕事する上で理論が現実と乖離(かいり)する悲劇として脚気問題 ...