岩倉使節団:日本近代化の行方を探る世界一周の旅 Nippon.com この150年の日本の歩 | ☆★☆☆★★歴史タイムッス★★☆☆★★~古今東西歴史遺跡化石リンク集

☆★☆☆★★歴史タイムッス★★☆☆★★~古今東西歴史遺跡化石リンク集

歴史娯楽検証物語サイト「月刊・歴史チップス」のネタ集めを兼ねて日本や世界のウェブやブログから歴史関連記事リンクを収集(リンク切れ御容赦)。また、「古今チップス(現・歴史タイムス)」の2005年11月~2014年12月のバックナンバーも掲載。


テーマ:
なぜ犬養毅は"話せばわかる"と言ったのか

PRESIDENT Online

1855年(安政2年)生に岡山で生まれた犬養毅は、13歳で維新を迎えた。明治9年に慶應義塾に入り、在学中には郵便報知新聞の記者として西南戦争にも ...

 

芳谷炭坑関連の資料展示 岸岳ふれあい館

佐賀新聞

明治時代に県内最大の採炭量を誇った芳谷(よしたに)炭坑に関する資料が、唐津市北波多の岸岳ふれあい館で展示されている。当時の写真や「北波多の自然と ...

 

岩倉使節団:日本近代化の行方を探る世界一周の旅

Nippon.com

この150年の日本の歩みを顧みて感じるのは、3つの大きな時期に分かれて成功と失敗を体験してきたということだ。明治期の約50年は、初期近代化を成功させ、 ...

 

明治東亰恋伽』グッズが買えるWEB専門店“めいこい電子百貨店”がオープン! イベント事前通販も

電撃オンライン

株式会社MAGES.は、『明治東亰恋伽』(通称:めいこい)の8周年に向け、めいこいグッズを取り揃えたWEB専門店「めいこい電子百貨店」を開設することを発表 ...

 

【藤代三郎・馬券の休息(86)】いまはなき競馬場について関東編(1)婦人に人気の板橋競馬

サンケイスポーツ

明治末年にあったという板橋競馬がずっと気になっていたのは、私の生家に近かったからだ。私の生家は、JR池袋駅から徒歩で20分、豊島区の外れにあった。

 

熊谷「長島記念館・邸宅」で名勝指定記念フォーラム、文化財背景にビオラ演奏も

いわき経済新聞

築300年超えの邸宅と蔵を利用し名画や刀剣などを展示する熊谷市の「長島記念館・邸宅」(熊谷市小八林、TEL 0493-39-2025)で5月18日、市の文化財「名勝」 ...

 

源氏一門のルーツが多田に /兵庫

毎日新聞

... のちに名僧・源賢となり、この悲痛な物語は浄瑠璃や歌舞伎にみる、身代わりものの源流となった。 5月19日、兵庫県芸術文化センターで『仲光』が公演される。

 

第七劇場、20周年公演「ワーニャ伯父さん」を三重と韓国で

ステージナタリー

さらに本公演に関連して、6月9日には三重・三重県総合文化センター内のカフェでイベント「『ワーニャ伯父さん』を読んでみよう!」が開催されるほか、7月7日には ...

 

碓氷峠鉄道文化むら、記念掛け紙「峠の釜めし」を数量限定で再度販売

レイルラボ

碓氷峠鉄道文化むらは2019年5月18日(土)、5月19日(日)の2日間、あぷとくん・ミニSL乗り場前の売店で「記念掛け紙バージョンの釜めし」を販売します。

 

子どもの名前「銘切」 刀匠がプレゼント

上毛新聞ニュース

刀に名前などを刻む仕上げの工程「 銘切 ( めいきり ) 」の実演が、太田市立大隅俊平美術館で行われた=写真。 大隅さんの弟子の刀匠、本田正紀さん(45)= ...

 

岡崎 武志・評『殴り合いの文化史』『世にも美しき数学者たちの日常』ほか

毎日新聞

樫永真佐夫『殴り合いの文化史』に登場する人物で、彼らは殴り合った。これこそ古来より、人間の根源的な行為だというのだ。 著者は、リングに立ったこともある ...

 

 

 

 

 

Ameba人気のブログ