少年の成長を軸に描いた独創性の高い幕末もの 『お茶壺道中』 カドブン 本書を読むと、題材選定 | ★☆☆☆☆★歴史タイムッス☆☆☆★★~古今東西歴史遺跡化石リンク集

★☆☆☆☆★歴史タイムッス☆☆☆★★~古今東西歴史遺跡化石リンク集

歴史娯楽検証物語サイト「月刊・歴史チップス」のネタ集めを兼ねて日本や世界のウェブやブログから歴史関連記事リンクを収集(リンク切れ御容赦)。また、「古今チップス(現・歴史タイムス)」の2005年11月~2014年12月のバックナンバーも掲載。


テーマ:
「海軍第三火薬廠」実像追う

読売新聞

第1部では、同校建設システム工学科の助教と講師が、それぞれ「地中に埋もれた海軍第三火薬廠」、「第三火薬廠から探る海軍の建築技術~コンクリートに ...

 

更地になった大槌町の旧役場【東日本大震災パノラマ】Vol.527

産経ニュース

3体の親子地蔵に、すぐそばを流れる大槌川からの風が吹きつける。町長や職員ら多数の犠牲者を出した岩手県大槌町の旧役場庁舎。1月から解体が始まり更地 ...

 

少年の成長を軸に描いた独創性の高い幕末もの 『お茶壺道中』

カドブン

本書を読むと、題材選定のうまさ、モチーフに込めたメッセージのもつ現代性、それを豊かな物語に仕立てる手腕の凄みに改めて感じ入ってしまう。ヒタヒタと潮が ...

 

帰属の「秘話」 16日、県政150周年最終行事で市民団体が披露 /兵庫

毎日新聞

明治13(1880)年、淡路島は元のだった徳島県に戻されるはずだったが、島民の意思で政府方針が覆った--。明治期に淡路の帰属が兵庫県に確定する ..

 

ピエール瀧容疑者の出演映画「居眠り磐音」 該当シーンを再撮影し、予定通り公開へ

サンケイスポーツ

同作は、佐伯泰英氏の同名小説を実写化した時代劇。豊後関前身で人情に厚い主人公が、悪に立ち向かう姿を描く。瀧容疑者は関前国家老・宍戸文六役 ...

 

「戦国の猛将」足跡しのぶ 茂木祖・細川興元没後400年 18日に八雲神社で記念祭

下野新聞

【茂木】江戸時代、茂木を治めた茂木細川祖細川興元(ほそかわおきもと)公の没後400年を記念して、祭られている茂木の八雲神社で18日、威徳を顕彰 ..

 

[書評]『都市空間の明治維新』

朝日新聞社

三田救育所があった薩摩・徳島の江戸屋敷の跡地4万5000坪の地主福島嘉兵衛という人物に著者は注目する。福島(屋)嘉兵衛は参勤交代の人足などの ...

 

第146回 シリーズ「麻生の歴史を探る」名家志村家 後編

タウンニュース

... て貧民を救ったといい、増上寺と増上寺領25ヶ村農民との間に年貢騒動が起こった際、増上寺世話人でもあった弥五右衛門は公儀(幕府)・増上寺に「稲作一向 ...

 

恐竜から鳥への進化を知ろう 絵本の物語に沿ってレプリカなど展示

大分合同新聞

恐竜の絵本のストーリーに沿ってレプリカや化石を展示する「とりになったきょうりゅうのはなし」(大分合同新聞社後援)が16日から、日田市複合文化施設アオーゼ ...

 

平織りの布完成 宮川小3年1部「縄文学習」

長野日報

茅野市宮川小学校3年1部(北原ますみ教諭、36人)が、市の独自教科「縄文科」の一環で2学期末に制作を始めた平織りの布が完成した。足踏み式の高機を ...

 

 

 

Ameba人気のブログ