ARMSさん ミッションオイルキャッチタンク | AREA86改め GR Garageスタッフの奮闘記

AREA86改め GR Garageスタッフの奮闘記

AREA86光明池改め GR Garage光明池スタッフのブログです


テーマ:

毎度です

三十路です





当店のショールームにある水槽






約10種類の熱帯魚を飼育しております


只今、エントラーズグッピーが大繁殖中です



結構大きな水槽で





小さい浴槽ほどの大きさがあります



中古品ですが特注の水槽だそうです



この水槽の清掃に使用しています、水作さんのプロホースが4年の使用を経てついに






ご臨終されました






ポンプ部の蛇腹がパックリいってしましました



このプロホース(Lサイズ)はお値段約2000円ほどするのですが、近所のペットショップでは見かけなくなってしまい、400円ほどの安い清掃用ホースを購入したのですが、これが全く使い物にならない



水は吸ってくれるのですが、底砂を吸い上げながらの清掃が全くできず困っておりました


(プロホースは底砂の清掃と水替えが同時にできる非常に優れものです)



以前から亀裂が入っておりだましだまし使用していましたが、ここまでになると吸うものも吸わなくなってしまいます



買い換えようかなと思いネットで検索していると、なんとポンプ部だけの部品供給があることを発見


しかもお値段500円ほど




商品に対するメーカーの拘りを感じました


長く使ってもらえる自信があるから、消耗品の供給があるんだなと




これで、水槽をきれいに維持できます






さて今回はARMSさんの「ミッションオイルキャッチタンク」です


【商品説明】

ミッションオイルを増量してトラブルを未然に防ぐ

壊れやすいトランスミッションの代表例としてアイシン製の6速ミッションがよく挙げられます。その原因として、オイル容量不足による油温上昇で起きる油膜切れのためと考えます。
このオイルキャッチタンクを装着する事により、ミッションオイル量を増やせるので油膜が切れず、圧倒的にミッションが壊れづらくなり、さらにはギヤの入りも良くなります。
また、走行中にオイルが吹いた場合でもタンクで一時的に受けてから徐々にミッション内に戻りますので、常に油量は一定に保たれます。しかも、タンクからオイルが注入できるので交換作業が簡単におこなえます。


86・BRZ 純正6速の場合 2.2L→3.0L





キット内容です



ホース等、丁寧な梱包でした












丁寧な説明書も付属しております



メカニック視点からですと、丁寧な説明書・梱包のメーカーさんの商品は、質や精度が良いように感じます






バッテリークランプがクスコさんの商品でしたので




純正品を手配しております


(付属ステーが純正対応です)





付属ステーとタンク本体を取り付けます



メーカーサイトでは86・BRZ対応でしたが、念のため86の寒冷地仕様(バッテリーサイズ55)に適合なのか確認したのですが


ARMSさんはどうやら86・BRZのバッテリー仕様についてご存じなかったようで、44Bサイズしか適合をとっていない状態でした


ステーのボルト穴間の距離を確認したところ16cmで、寒冷地仕様でもほんの少しバッテリーをずらせば取り付け可能であることは現車で確認済みです


(今回はメンテナンスフリーバッテリーで確認しましたが、補水タイプのバッテリーですとベントプラグが出っ張っているのでクリアランスがぎりぎりになる可能性があります)






ミッション側のアンダーカバーを取り外しまして






ミッションオイルのフィラープラグを取り外します






そこに付属のアダプターを、24mmのスパナで取り付けます


(ガスケットも付属しております)



そのままの状態ですとホース差込口がそっぽを向いていますので


ホース差込口が真上を向くように





10mmのスパナで差し込み口を、閉めこむ方向に回しながら調整します






ミッション後方上部に取り付けられているブリーザプラグのキャップを取り外します



これが一番大変で時間がかかります



目視できないので、指先に全神経を集中させてキャップのカシメを解いて取り外します


作業スペースが狭く、使用できる工具も限られ、近辺にハーネスが通っていますので、ハーネスに注意して少しずつカシメを解きながら下から上にこじるとキャップが外れます



ミッションやマフラーが熱い場合は、火傷注意です






ミッション側に指定されたホースを接続して






エンジン側ではミッションオイル注入の準備をします


ペットボトルを注ぎ口として使用できる親切設計です






説明書に従いブレーキのバキュームホースに接続して、ミッション内を負圧にしてミッションオイルを注入します


0.8L入れますが、2回に分けて注入しました





タンク内が空になると「シュゴゴゴ」と音が鳴りますので、注入完了の判別は簡単です






補充オイルはワコーズさんのスーパーMTを使用しました


(もともとスーパーMTが入っていましたので)



ホースを規定の位置に接続して







完成です



次回ミッションオイル交換時、このタンクから補充できるので便利ですね



お客様に喜んでいただけました




それではまた次回

三十路ボンバイエさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス