地球に帰還する小惑星探査機「はやぶさ」は13日夜、最後の仕事に挑む。小惑星イトカワの岩石が入っているかもしれないカプセルを、無事に地表に届けることだ。人類が他天体の表面から物質を持ち帰るのは、米・旧ソ連の「月の石」以来で、小惑星からは初めて。過去最速級のスピードで大気圏に突入するカプセルには、宇宙航空研究開発機構(JAXA)の創意工夫が詰まっている。

【写真付き関連記事】はやぶさ君:人気加速 13日に地球帰還

 はやぶさは13日午後8時ごろ(日本時間)、地球から4万キロでカプセルを分離する。カプセルは直径約40センチ、重さ約17キロで「ふたをした中華鍋」のような形。分離後、地球の引力で加速され、秒速12キロで大気圏(高度200キロ)に突入する。東京-新大阪間をわずか約45秒で移動できるスピードは、彗星(すいせい)のちりを持ち帰った米探査機「スターダスト」(06年)並みだ。

 大気圏突入時、カプセルは最高1万~2万度の空気に包まれる。単位面積当たりの加熱効果は米スペースシャトルの地球帰還時の約30倍。カプセル開発に携わった山田哲哉JAXA准教授は「過酷な環境を克服するため選ばれたのが『自分を犠牲にして中身を守る』手法」と説明する。

 カプセル表面の材質は、高温と衝撃に強い炭素繊維強化プラスチック(厚さ平均3センチ)。高温になると内層が徐々に溶けてガスが発生し、外にもれ出してカプセルを包み込む。その結果、カプセル表面は最高約3000度、内部は50度以下に抑えられる。

 高度約10キロでパラシュートが開き、カプセルは秒速10メートルまで減速してオーストラリア南部ウーメラ砂漠に着地する。明るい流れ星のように夜空に描く光跡と、カプセルが発する電波を頼りに着地地点を推定し、捜索隊が夜明けとともに探索を始める。山田准教授は「残された使命を成功させ、カプセルを地球に無事に届けたい」と話す。【永山悦子】

【関連ニュース】
【関連連載】はやぶさの贈り物:2010年・宇宙の旅/1 仕事なく自暴自棄…「不死鳥」と出会い
【関連連載】はやぶさの贈り物:2010年・宇宙の旅/2 かなたの小惑星で岩石採取
<関連記事>小惑星探査機:「はやぶさ」、13日に豪へ 予定軌道到達
【写真特集】日本の主な宇宙開発 ISSなど

ナマハゲなど審査延期=ユネスコの無形文化遺産―文化庁(時事通信)
菅新首相「空白なく対策を」農水副大臣に指示(読売新聞)
芸能人の戸籍謄本を探偵会社に、弁護士懲戒(読売新聞)
参院選勝敗ラインは50議席…菅「奇兵隊」内閣(読売新聞)
首相指名選挙 参院も菅氏指名 第94代首相誕生(毎日新聞)
 日米両政府が28日午前、米軍普天間飛行場の移設に関する共同声明を発表したのを受け、野党は一斉に鳩山政権を批判した。自民党の谷垣禎一総裁は党本部での会合で「今日は一つの山場だ。(政府が対処方針との)二枚舌を使うのか、閣内できちっと整理するのか。とにかく一致団結して戦う」と強調した。予定していた京都府への出張を中止し、午後には東京都内で街頭演説を行う。

 公明党の山口那津男代表は党議員総会で「社民党の福島(瑞穂)党首は真っ向から反対の意見を表明しているが、内閣の意思、首相の意思と一致しないなら連立政権の基盤が崩れている。文言や表現ぶりをどう繕おうと決着の偽装に過ぎない」と指摘した。

 共産党の小池晃政策委員長は毎日新聞の取材に対し「(県外、国外移転という)国民への約束よりも対米合意を優先させた責任は重大だ。従来の議論の枠を超えておらず、(沖縄の)負担軽減にならない。断じて認められず、無条件撤去を求めて戦っていく」と語った。【野原大輔】

【関連ニュース】
普天間:辺野古移設へ 日米が共同文書発表
日米首脳:電話協議で同盟の重要性確認 米が概要発表
普天間移設:鳩山首相、知事会に一部訓練の受け入れ要請
普天間移設:首相に知事冷ややか 負担分散理解は大阪のみ
普天間移設:野党攻勢強める 閣僚の不信任案で揺さぶり

<貧困ビジネス>受給敷金を吸い上げ、生活保護費を食い物に 詐欺容疑で逮捕(毎日新聞)
トラック引きずられ?男性死亡 大阪・港区(産経新聞)
<米沖縄海兵隊>北海道での訓練を公開(毎日新聞)
天下り職員名をホームページで公表 福岡県、きょうから(産経新聞)
普天間移設 鳩山首相、知事会に一部訓練の受け入れ要請(毎日新聞)
 「プロの法律家」による2度目の判断も「不起訴」だった。小沢一郎氏への処分が覆らなかった理由は、再捜査で新証拠が集まらなかったことに尽きる。

 検察当局が再度の刑事処分を判断する上で最も重視したのが、検察審査会の議決で「直接証拠」と評価された衆院議員の石川知裕被告の供述だった。

 石川被告は再聴取で、政治資金収支報告書の提出前に記載内容を小沢氏に報告したことなど従来通りの供述を繰り返した。しかし、小沢氏の関与を裏付ける新たな供述は得られなかった。

 検察内部には「石川被告が任意の聴取でも同じ供述をしたことは、価値がある」との声もあった。しかし、大勢は「具体性に欠ける」と、消極的に評価した。ある幹部は「いつ、どこで、例えばどんな天気のときに報告したのか。詳細が全く出ておらず、場面の供述にすぎない。過去の事件でもこれだけの証拠で起訴したケースはない」と言い切った。

 検審と検察の判断が分かれた背景には、こうした証拠の評価に加え、刑事裁判に対する根本的な見解の相違もある。

 「国民感覚」を反映する機関である検審は、議決で「小沢氏を起訴して裁判所で事実関係と責任の所在を明らかにすべきだ」と言及。刑事裁判の法廷が「有罪か無罪か」を判断する場だけでなく、真相究明の場ともなりうることを示した。今後、再度の審査に入るが、再び起訴すべきだとの議決を出す可能性も十分ある。

 一方、「プロの法律家」である検察は、「起訴権」の行使について「百パーセント有罪と確信できないと起訴できない」との姿勢を貫く。ある幹部は「国民の意見は厳正に受け止めた。だが、検察としての起訴の判断が、それに左右されることはあってはならない」と語った。(上塚真由)

【関連記事】
小沢氏不起訴 信頼裏切る形式的な捜査
「政治とカネ」の悪影響回避へ 閉会急ぐ民主
小沢氏、政倫審出席は白紙に 国会会期延長せず
小沢氏、元秘書、業者…真実を語るのは誰?
大久保被告の訴因変更を決定 東京地裁
中国が優等生路線に?

宮崎の10市町、ワクチン接種を受け入れ(読売新聞)
留学生が元首相らと蒸し料理体験=大分県別府市〔地域〕(時事通信)
<裁判員裁判>強姦致傷→強姦で起訴 被害女性の意向で回避(毎日新聞)
マンション火災、45歳会社員死亡 大阪・和泉(産経新聞)
<公明党>低所得者向け住宅政策…空き家100万戸を活用(毎日新聞)