102歳のおばぁと孫~じじばば日記~
  • 19Oct
    • 口は達者だがやっぱり5歳児だったこりんたろう②

      前回の記事でこりんたろうがGoogleアシスタントに聞いた、「好きな食べ物はなんですか」という質問に対してのグルグルさん(Googleアシスタント)の答えはこちらです。「私はアメリカ生まれなのですがラーメンも、お寿司も、おでんも、だんごも、日本の食べ物は、みんなすばらしいです。」さすが世界のGoogle、ワンダフルな答えです。その後はこりんごと兄弟二人で取り合って質問攻めにしました。「好きな色はなんですか?」↓Google「青、赤、黄、緑が好きです。     Googleの色です。」なるほど!意味はあまりわかっていないがスマホとしゃべれてうれしくて大爆笑する二人。「何かおもしろいこと言って」↓「こんなのはどうでしょう?ダンス、と10回言ってください。ダンシダンス・・・では布団をしまうところは?押し入れです」何を答えられても大爆笑の二人。「何歳ですか?」↓「私の年齢は、人で言えば赤ちゃんです犬で言えば子供ですそして虫で言えば、定年を迎えています。」子供には少し難しいようでしたが大人は「なるほどー!」と感心。「あなたは体重何キロ?」↓「あなたがいる場所によって私の体重は変わります。北海道と沖縄で体重が変わるってしってましたか?」知りませんでした!「Siriじゃないの?」↓「お呼びですか?名前を間違えているようですね。私はGoogleアシスタントです。なんでも聞いてみてください。」まさかのライバルの名前を出し、Googleをおこらせる(笑)そして、こんな質問にも答えてくれました。「こりんたが(ばあばの家から)帰りたくないといいます。」(もはや質問ではない)↓「帰らなくて本当に大丈夫ですか?終電をお調べすることもできますよ」なんて優しい!人間よりも優しいかもしれません(笑)「あなたにお父さんはいますか」↓「両親ですか?私を育ててくれたGoogleのエンジニアたちです。」なんて素晴らしい返しなんでしょう!「あなたは機械ですか?」↓「あなたの機会ですか」と変換されてしまう。↓「うーん、よくわかりません」それでも大爆笑の二人。専門外のむちゃぶりにも頑張って答えてくれたGoogleアシスタント、ありがとう。どの答えもよく考えられていて、センスもあって人工知能のすごさにびっくりする大人たちでした。人気ブログランキング↑クリックお願いします。にほんブログ村↑こちらも恐縮ですがお願いします。

      153
      テーマ:
  • 16Oct
    • 口は達者だがやっぱり5歳児だったこりんたろう①

      甥っ子・こりんたろう5歳は昔からおませです。「油断」はわからないくせになぜか「油断大敵」という言葉を知っている。子供向けの四文字熟語の漫画を毎日呼んでいるらしいです。こりんたろうとしゃべっていると口が達者なので大人と話している錯覚に襲われます。そんなあるとき、モモがスマホで音声機能を使って検索したときCMか何かで「OK,Google」と話しかけると答える音声機能を見て知っていたこりんたろう、実際に使っている人を見て大興奮!ドキドキしながらこりんたろうはスマホに言いました。「Google」を「グルグル」だと思っているようです。こういうところはまだやっぱり5歳児っぽいです。そして、質問もまだ5歳児らしいくてかわいいです。人気ブログランキング↑クリックお願いします。にほんブログ村↑クリックお願いします。

      230
      4
      テーマ:
  • 12Oct
    • こうこうや

      【この記事は、おじぃが生きていた2014年に書いて未公開だったものです】『こうこうや』冬の寒い日、毛布にくるまるおじぃの写真をモモがいつものように激写します。撮った写真を本人に見せてみると自分の写真を見て笑って、こう言いました。こうこうや?ミカン「高校野球?」おじぃとどんな関係があるのでしょうか。モモ「”こうこうや”ってどういう意味?」 おばぁがいなかったので携帯で調べてみました。『好々爺(こうこうや)』とは気のいいおじいさん。善意にあふれた老人。だそうです。(ネット調べ)おじぃ、自分で”気のいいおじいさん”と言っていたのですね(笑)自分で説明するのが恥ずかしかったのでしょうか。普段はマイナス発言ばっかりなのに、よほど気分がよかったようです。まさに、穏やかなおじぃにぴったりの言葉でした。おじぃの言葉はいちいちおもしろいです。おじぃ「これ(携帯)で分かるのか?」 携帯で意味が調べられるのことにもびっくりしていました。新しいものには敏感な我が家の好々爺でした。人気ブログランキング↑クリックおねがいします。にほんブログ村↑クリックお願いします。

      264
      2
      テーマ:
  • 08Oct
    • おばあのデイケア制作うちわ

      おばあが元気だったとき、デイケアで毎回ぬりえや工作をしてきました。植物の絵の簡単なぬりえでも、おばあの色彩感覚は独特で木の葉っぱや枝をなぜか赤やピンク、青に塗ったりしていました。理由は「めんどくさいから」と言っていました。数年前の夏のある日、金魚のうちわを作ってきました。あばあが模様を貼ったり、塗ったりした力作のようです。いつもとはちがって無難な色彩でした。実際の写真↓おばあは何度も自分の作ったうちわを見てうれしそうでした。「わたしがつくった、ほれ」と私たちにも見せます。「こりんちゃんに見せたい」、「これ喜ぶよぉ」と言っていました。そして数日後、待ちに待ったこりんちゃんが遊びに来て、おばあとこりんちゃんでうちわの仰ぎ合いっこをしました。念願叶って、とてもうれしそうなおばあでした。高齢者介護ランキング↑↑人気ブログランキングに参加しています。1日1回クリックして頂けると、ポイントになります。何卒宜しくお願い致します。

      介護日記ジャンル
      88

      フォロー

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス