2014/9/27 掛川駅前遊説 | 中央大学辞達学会(弁論部)
2014年10月16日(木) 04時03分09秒

2014/9/27 掛川駅前遊説

テーマ:活動報告

9月27日、浜岡原発視察の翌日に掛川駅前で遊説を行いました。







普段の弁論大会と違い、遊説では聴衆がいない状態から話を始めます。


そこで、我々がテーマとする農業や介護、教育など多岐にわたる問題をいかに魅力的に話して、そこにいる人々をひきつけるかがポイントになります。


我々が話をはじめたとき、こちらを見てくれる方はほとんどおりませんでした。しかし、話を進めるにつれ我々の方向を見て話を聞いてくださる方が、2人、3人、、、と増えていったときは非常にうれしいものでありました。


我々が普段鍛えている弁論は、一般の方々にも伝わってこそ意味があります。だからこそ、こうしてわれわれの考えや思いを外部に伝えることのできる遊説を今後も大切にしていきたいと思います。



以下、遊説に参加した三年生の小暮会員の感想です。


・今回は2度目の遊説でした。テーマは国防問題でした。最近よく起きているサイバー攻撃を例にあげて、直接目に見える攻撃だけでなく、目に見えない攻撃にも注意を払わなければならないというサイバー攻撃対策の重要性を訴えました。聞いてくれる人がいて、問題意識を伝えることができました。




辞達学会さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス