2009年04月02日(木) 16時09分01秒

会史

テーマ:etc.

世紀の幕開けである明治34年、東京法学院時代の中大に、花井卓蔵教授を中心として学生有志の力で「生徒練弁会」が、「実力の養成と共に弁論の練習は又欠くべからざる所なるを以つて」組織された。その後明治42年に至り、この練弁会の名称は、花井教授の提案によつて、「辞達学会」と改称され、初代会長に奥田義人(後に中大学長、司法大臣)、副会長に花井卓蔵の両教授が推戴され、その活動は一段と活発化したのである。

花井教授は「雄弁は術に非ずして、人格の発露である。故に雄弁道を歩まんとするものは、この道を通じて、人格の養成をなさねばならない。」とし、単に雄弁のみに終始せず、『論語』衛霊公第十五「子曰辞達而己矣」の精神を旨として空虚な美辞麗句や徒らなる強弁漫語を戒め、自己の所信を堂々と表明し、その意を正しく人に達すべきものであると説かれ、此処に本会会名の出典を求められたのである。かくして、辞達学会は、雄弁の研鎖を通じて人格を練磨する修養団体であり、人格陶治の道場としての根本精神の礎定を見るに至ったのである。


以来、辞達学会は、大正15年『学報』第6号に「我が中央大学が各大学に対して最も誇り得るのは、何といっても辞達学会である云々」と言わしむ程にその隆盛をきわめ、“中大に辞達学会あり”と学内外にその名をおかせたのである。まさに、辞達マンの発する獅子吼の雄叫びは、神田ニコライ堂に木霊し、学生弁論界を凌駕したのである。時代は大正から激動の昭和ヘと移り、辞達学会は創設者花井卓蔵博士の急逝、言論統制の学生弁論界への波及、安保条約に対する学生運動の激化など幾多の苦難に直面した。しかしながら、その都度局面を打開しつつ「辞達」の精神を変えることなく受け継ぎ、それと共に政界、法曹界をはじめ、社会のあらゆる分野に多くの俊英を輩出してきた。

昭和54年、中央大学の多摩移転と共に、我等辞達学会も駿河台を後にした。しかし、その歴史と伝統は多摩の地にも受け継がれ、日々辞達マン・ウーマンの獅子吼は多摩丘陵の草の緑に木霊しているのである。現役会員は、弁論・ディベート・討論等の活動を通じて人格の陶冶、社会文化への貢献を目指し、日夜邁進している次第である。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

辞達学会さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事
 もっと見る >>

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。