企業理念と会社の「存続と発展」 | みんなを元気にするセルフビジョン専門家|セルフビジョン|モチベーションアップ|

みんなを元気にするセルフビジョン専門家|セルフビジョン|モチベーションアップ|

「仕事を通してなりたい自分になる」ことを自ら考えるセルフビジョン研修。あなたの仕事は素晴らしい。離職率が50%ダウンした実績を持つ。3Kから3Sへ!(成長、幸せ、したい)

スマホの方はこちらからご覧ください。
https://www.facebook.com/zinzaikaihatu/
 
 

おはようございます。
 
理念スペシャリストの水内です。
 
 
 
 
会社にとって一番大切なことは何でしょうか?
 
売上ですか?従業員ですか?
 
もちろん両方とも大切ですよね。でも一番大切なのは、
 
会社が存続することです。働き方改革とか言って大騒ぎ
 
していますが、会社が存続できなければ何の意味も
 
ありません。最大の従業員満足は「会社を存続させる」
 
ことです。
 
 
 
 
しかも、単に存続させるだけでは意味がありません。
 
山あり谷ありですが、長い目で見て発展していく必要が
 
あります。そうでないと、経営者も従業員も苦しいだけで、
 
目先の辛さに負けてしまうでしょう。
 
 
 
 
つまり、会社は「存続と発展」をさせる必要があります。
 
それが社会的責任なのです。経営者の一存ではありません。
 
 
 
 
会社が社会的責任を果たして、存続と発展を続けていく
 
ためには「企業理念」が必要になります。企業理念がなく
 
ても一時的に売上は上がるかもしれません。しかし長続き
 
しないでしょう。なぜなら、自分視点で製品やサービスを
 
行っても、そのことはお客様にはすぐに伝わるからです。
 
すぐに見放されてしまいます。
 
 
 
 
企業理念を作って、全員がそれを達成するために行動して
 
いく。そうすれば、その想いは必ずお客様に伝わります。
 
伝わらないとすれば、それは行動をしている「つもり」なの
 
です。まだまだ不十分です。徹底的に行動し続けることが
 
必要です。
 
 
 
 
少しずつ信頼を受けて、売上が増えていきます。売上は
 
信頼を数値で表したものであり、社会への貢献度です。
 
お客様から信頼され売上が高まれば、従業員も自信と
 
誇りを持ち、企業価値は上がります。この好循環を作って
 
いく必要があります。
 
 
 
 
そのために、企業理念を作って行動しましょう。
 
 
 
 
【今日のポイント】
 
企業理念は、会社の「発展と存続」のための第一歩です。
 
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
 
         水内浩秀のセルフビジョン
 
           みんなを笑顔に!
 
          広げよう、笑顔の輪!!
 
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※