会社の不祥事はなぜ起こる? | みんなを元気にするセルフビジョン専門家|セルフビジョン|モチベーションアップ|

みんなを元気にするセルフビジョン専門家|セルフビジョン|モチベーションアップ|

「仕事を通してなりたい自分になる」ことを自ら考えるセルフビジョン研修。あなたの仕事は素晴らしい。離職率が50%ダウンした実績を持つ。3Kから3Sへ!(成長、幸せ、したい)

スマホの方はこちらからご覧ください。
https://www.facebook.com/zinzaikaihatu/
 
 

おはようございます。
 
理念スペシャリストの水内です。
 
 
 
 
毎日の新聞やニュースを観ていると、残念ながら企業の
 
不祥事が多く報道されています。話を聞きながら、その
 
会社の従業員はどのような気持ちなのかな?と考えると、
 
寂しくなります。自分の会社が世間から悪いように言わ
 
れて、きっと落ち込んでいるでしょう。
 
 
 
 
会社の不祥事も、これも残念なことになくなりません。
 
他の会社が不祥事を起こしても、きっと他山の石なので
 
しょう。もしくは隠蔽に走ることが多いのでしょうね。
 
 
 
 
なぜ不祥事は起こるのでしょうか?
 
 
 
 
報道を観ながら感じることは、
 
会社の視点が、お客様ではなく、自分たちに向いた時に
 
起こる
 
ということです。
 
「自分たちが有利に商売を進めたい」
 
「不良率を増やすと文句を言われる」
 
「商品を売ってしまいたい」
 
などなどの理由により、自分主体で考える時が危険です。
 
 
 
 
つまり、企業理念を全く無視して活動している時に不祥事は
 
起こるのです。私は不祥事を起こした会社のHPを必ず確認
 
します。企業理念ももちろん確認します。
 
 
 
 
報道されるような会社は企業理念がしっかりとあります。
 
「お客様の安心」とか「お客様の幸せ」などの言葉が多く
 
見られます。でも実際には、そのように考えて行動して
 
いません。
 
 
 
 
企業理念がなければ、不祥事が起こる可能性がもっと大きく
 
なります。全員が利益のためだけに走るようになります。
 
 
 
 
だからこそ、企業理念を浸透させなければなりません。
 
浸透していなければ、経営者も従業員もお客様も全員を
 
悲しませる結果になってしまいます。
 
 
 
 
企業理念が浸透している状態と、していない状態の両方を
 
想像して、経営者としてどのような行動を取るべきかを
 
考えてみてください。
 
 
 
 
【今日のポイント】
 
企業理念に反した行動を取った時に不祥事は起こる。
 
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
 
           水内浩秀のセルフビジョン
 
             みんなを笑顔に!
 
            広げよう、笑顔の輪!!
 
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※