企業理念を日頃の指導に活かす | みんなを元気にするセルフビジョン専門家|セルフビジョン|モチベーションアップ|

みんなを元気にするセルフビジョン専門家|セルフビジョン|モチベーションアップ|

「仕事を通してなりたい自分になる」ことを自ら考えるセルフビジョン研修。あなたの仕事は素晴らしい。離職率が50%ダウンした実績を持つ。3Kから3Sへ!(成長、幸せ、したい)

スマホの方はこちらからご覧ください。
https://www.facebook.com/zinzaikaihatu/

おはようございます。
 
理念スペシャリストの水内です。
 
 
 
 
今日も「企業理念の浸透」について考えましょう。前回は
 
「経営者の率先垂範」について紹介しました。今日は
 
企業理念を早く社内に浸透する方法を考えていきます。
 
もちろん、率先垂範の後、ということです。
 
 
 
 
企業理念の浸透は「質より量」です。一週間で1時間の
 
話をするよりも、毎日5分でも話し続ける方が浸透します。
 
1日5分だと朝礼の時に話をするのも良い方法です。
 
ただし、理念唱和は話をしたことになりませんのでご注意
 
ください。
 
 
 
 
一番効果的な浸透方法は、「管理職が部下の日頃の指導で
 
企業理念を話す」ことです。企業理念の言葉を言うのでは
 
ありません。大体次のフレーズを頻繁に言うと浸透します。
 
企業理念から考えてベストかな?
 
企業理念から考えればどう?
 
企業理念達成には何をする?

この質問をする時には、管理者は当然ですが自分なりの
 
答を考えておく必要があります。部下が理解していない
 
ようだと、教える必要があるからです。
 
 
 
 
この質問を1日に5回も6回もすれば、どうでしょうか?
 
部下は考える判断基準を明確にすることが出来るので、
 
何かを考える時は企業理念で考えますし、行動も変わって
 
くるはずです。
 
 
 
 
このように日頃の指導は企業理念浸透にとても重要です。
 
管理者が企業理念に沿って指導出来るようになることが
 
必要です。
 
 
 
 
経営者が企業理念を十分に理解した次は、企業理念で指導
 
できる管理者を育成しましょう。
 
 
 
 
【今日のポイント】
 
企業理念を効果的に早く浸透するためには、管理者が
 
キーパーソンです。
 
 
 
 
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
 
           水内浩秀のセルフビジョン
 
             みんなを笑顔に!
 
            広げよう、笑顔の輪!!
 
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※