企業理念はいつ作れば良いの? | みんなを元気にするセルフビジョン専門家|セルフビジョン|モチベーションアップ|

みんなを元気にするセルフビジョン専門家|セルフビジョン|モチベーションアップ|

「仕事を通してなりたい自分になる」ことを自ら考えるセルフビジョン研修。あなたの仕事は素晴らしい。離職率が50%ダウンした実績を持つ。3Kから3Sへ!(成長、幸せ、したい)


テーマ:
スマホの方はこちらからご覧ください。
https://www.facebook.com/zinzaikaihatu/
 
 

おはようございます。
 
理念スペシャリストの水内です。
 
 
 
 
中小企業の経営者として、企業理念はいつ作れば良いの?と
 
迷っている方が意外と多いのです。今日は企業理念を作る
 
時期について考えましょう。
 
 
 
 
これも一概に、この時期がベストというのはありません。
 
会社の状況によっていつ作るべきかは変わってきます。
 
 
 
 
私がお勧めしているのは創業した時に作るのがベストです。
 
ただ小さい規模で開始する場合は、最初は個人理念でも
 
良いかと思います。創業してしばらくはビジネスが上手く
 
進まず心が折れる時もあるかと思います。その時に理念が
 
ないと辛いです。理念は「心の支え」になります。常に
 
「何のためにこれをやっているのだ」と立ち返る理念を
 
作っておくと良いでしょう。私も随分助けられました。
 
 
 
 
もう一つ、企業理念を作る最適の時期は社員が15名位で
 
さらに大きくしていきたいと考えた時です。サービス業
 
では店舗が5店舗位の時です。これくらいの規模になると、
 
社長の目が隅々まで届きにくくなります。また、さらに
 
大きくしていくためには全社員が進むべき方向を明確に
 
理解しておく必要があります。そのために、企業理念が
 
必要になってきます。
 
 
 
 
それ以外でのお勧めは、経営者が「企業理念を作った方が
 
良いかな?」と考えた時です。経営者がそう思うには必ず
 
理由があります。その理由が明確であれば、その時にぜひ
 
作ってください。
 
 
 
 
今までに何度も言ってきたように、企業理念は作ることが
 
目的ではありません。その後に、どのように浸透させて
 
いくかも考えないと意味がありません。採用のため、とか、
 
会社として体裁が良い、などの理由で作っても無意味に
 
なります。
 
 
 
 
時期も大切ですが「なぜ企業理念を作る必要があるのか?」
 
を考えて作ってください。
 
 
 
 
【今日のポイント】
 
企業理念は作る目的が明確であれば、思い立った時に作り
 
ましょう。
 
 
 
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
 
           水内浩秀のセルフビジョン
 
             みんなを笑顔に!
 
            広げよう、笑顔の輪!!
 
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※