企業理念を作れば良いの? | みんなを元気にするセルフビジョン専門家|セルフビジョン|モチベーションアップ|

みんなを元気にするセルフビジョン専門家|セルフビジョン|モチベーションアップ|

「仕事を通してなりたい自分になる」ことを自ら考えるセルフビジョン研修。あなたの仕事は素晴らしい。離職率が50%ダウンした実績を持つ。3Kから3Sへ!(成長、幸せ、したい)

スマホの方はこちらからご覧ください。
https://www.facebook.com/zinzaikaihatu/
 
 
 

こんばんは。
 
理念スペシャリストの水内です。
 
 
 
 
経営者の中には、企業理念を作ればそれで良いと考えている
 
方が多くいるように感じます。
 
 
 
 
しかし、企業理念を作った段階では第一歩を踏み出した
 
だけです。もしかしたら一歩も踏み出していないかも
 
しれません。つまり、企業理念を作った時からがスタート
 
なのです。
 
 
 
 
会社に新しい制度などを導入しようとした場合の従業員の
 
反応は、2:6:2と言われます。「2割が賛成派、
 
6割が中立派、2割が反対派」になりやすいと一般的には
 
言われています。つまり、企業理念を作っても賛成派は2割
 
いるかどうかだと考えてください。
 
 
 
 
そうすると打つべき手は、中立派の6割を動かすことです。
 
中立派は違う言葉で言うと「様子見」です。しばらく様子を
 
見て、自分がどの立場になるかを決める従業員です。この
 
6割の従業員は何を判断して、自分の立場を決めると思い
 
ますか?
 
 
 
 
その判断基準は2点です。
 
自分にとってメリットがあるか?
 
経営者は本気なのか?
 
 
 
 
この2点を証明できるのは、経営者しかいません。そのため
 
には、徹底的に率先垂範するしかありません。出来なくても
 
結構です。上手く進まなくても結構です。ただ率先垂範し
 
続けてください。従業員は経営者が上手く立ち回るかどうか
 
ではなく、真剣に本気になっているかを見ています。経営者
 
の想いを見ているのです。
 
 
 
 
従業員に経営者の想いが伝わった時に6割の従業員の心が
 
動く可能性が高まります。そこが企業理念浸透の第一歩に
 
なります。
 
 
 
 
企業理念の浸透は、そこまで経営者の覚悟が必要です。
 
中途半端にするのであれば、それは時間と費用の無駄です。
 
企業理念を作る時に、「自分がどの程度真剣なのか」から
 
向き合いましょう。
 
 
 
 
【今日のポイント】
 
企業理念を作って浸透させるには、経営者の覚悟が必要!
 
 
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
 
            水内浩秀のセルフビジョン
 
              みんなを笑顔に!
 
             広げよう、笑顔の輪!!
 
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※