社長がやることに不平不満が多い | みんなを元気にするセルフビジョン専門家|セルフビジョン|モチベーションアップ|

みんなを元気にするセルフビジョン専門家|セルフビジョン|モチベーションアップ|

「仕事を通してなりたい自分になる」ことを自ら考えるセルフビジョン研修。あなたの仕事は素晴らしい。離職率が50%ダウンした実績を持つ。3Kから3Sへ!(成長、幸せ、したい)


テーマ:
スマホの方はこちらからご覧ください。
https://www.facebook.com/zinzaikaihatu/

こんばんは。
 
理念スペシャリストの水内です。
 
 
 
 
社員はとかく経営者が決めることに対して不平不満を言い
 
たがるものです。「そんなに言うなら、おまえがやれ」と
 
言いたくなってしまいます。
 
 
 
 
しかしそれでは責任逃れになるだけなので、今日はその
 
問題について考えてみましょう。
 
 
 
 
社員が戦略や施策について不平不満を言う場合は、戦略や
 
施策そのものについて言っている場合は少ないのです。
 
その戦略を行うことで会社がどちらの方向に進もうとして
 
いるのかが分からず不安になっている場合が多いです。
 
何となくは会社がこちらの方向に進もうとしているのは
 
社員は分かりますが、明確に理解できていないのです。
 
不安が不平不満になっているだけなのです。
 
 
 
 
経営者は自分の利益だけのために戦略や施策を立てている
 
わけではありません。「儲かる=他人の問題を解決する」
 
ということですから、戦略によって多くの人が抱えている
 
問題を解決しようとしているのです。それが伝わって
 
いないのです。
 
 
 
 
この問題を解決するのが「企業理念」です。
 
 
 
 
「この戦略や施策を行うのは、企業理念達成のためです」
 
と話し、その戦略がなぜ企業理念達成に関係があるのかを
 
説明すれば、社員は納得するはずです。
 
 
 
 
戦略や施策は全て企業理念達成のためにあるはずです。
 
それを経営者と社員が理解できていれば、戦略や施策に
 
対して意見は出たとしても不平不満は出ないはずです。
 
社員にその点をしっかりと伝えましょう。
 
 
 
 
【今日のポイント】
 
企業理念があれば、会社の方向性が見え前向きになる。
 
 
 
※来週はお休みします。
 
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
 
            水内浩秀のセルフビジョン
 
              みんなを笑顔に!
 
             広げよう、笑顔の輪!!
 
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

研修講師|仕事へのモチベーションアップ専門家さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ