社員が思い通りに動かない | みんなを元気にするセルフビジョン専門家|セルフビジョン|モチベーションアップ|

みんなを元気にするセルフビジョン専門家|セルフビジョン|モチベーションアップ|

「仕事を通してなりたい自分になる」ことを自ら考えるセルフビジョン研修。あなたの仕事は素晴らしい。離職率が50%ダウンした実績を持つ。3Kから3Sへ!(成長、幸せ、したい)


テーマ:
スマホの方はこちらからご覧ください。
https://www.facebook.com/zinzaikaihatu/
 

おはようございます。
 
理念スペシャリストの水内です。
 
 
 
 
今日は「社員が思い通りに動かない」問題について考えます。
 
これもよくあることで、経営者としてかなりストレス度数が高く
 
なる時ですね。私も会社で管理職をしていた時には非常に
 
イライラしていました。
 
 
 
 
社員がこちらの考えた通りに動いてくれないと、全ての
 
スケジュールが変わってしまいますし、場合によっては会社に
 
大きな損害を与えてしまう場合もあります。
 
 
 
 
なぜ社員が思い通りに動かないのでしょうか?例えば、
 
・どこまでやって良いか分からない
 
・何を期待されているか分からない
 
・経営者や上司の指示があやふや
 
・出来上がり状態が分からない
 
などが代表的な理由でしょう。
 
一言で言うと、社員が「行動の基準」を理解していないのです。
 
どこまで何をやるべきなのかが分からないと、行動は取れ
 
ません。
 
 
 
 
ここでも「企業理念」が必要になります。
 
先週、企業理念を考える基準にする必要性を紹介しました。
 
それと同じく、行動も取って良い行動と悪い行動を明確にする
 
必要があります。
 
 
 
 
それが「企業理念」なのです。
 
 
 
 
ただ、ここで勘違いしてはいけないのが、企業理念を作れば
 
社員が思い通りに動くかと言えば、決してそうではありません。
 
企業理念に沿った行動とはどのような行動かを明確にする
 
ことが大切です。自分の仕事に当てはめたらどのような行動が
 
企業理念になるのか、ということを一人一人が明確になった
 
時に自然と社員は経営者の思い通りに動いてくれるように
 
なります。
 
 
 
 
【今日のポイント】
 
企業理念は考える基準と行動の基準を明確にする。
 
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
 
            水内浩秀のセルフビジョン
 
              みんなを笑顔に!
 
             広げよう、笑顔の輪!!
 
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

研修講師|仕事へのモチベーションアップ専門家さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ